ニュース
» 2015年09月10日 04時46分 UPDATE

iPad Air 2の性能をminiのボディに凝縮:「iPad mini 4」発売 ボディはさらに薄く6.1ミリに

6.1ミリへ薄型化したボディに、A8チップを採用して性能を1.3倍に。800万画素iSightカメラも内蔵した。

[ITmedia]

 米Appleが開催したスペシャルイベントで7.9型タブレットの新モデル「iPad mini 4」が発表された。国内Apple Storeでの出荷予定日は4〜6日営業日。

og_ipadmini_001.jpg 7.9型タブレット「iPad mini 4」

 9.7型タブレットの現行モデル「iPad Air 2」と同じフルラミネートディスプレイ技術を採用することで、ボディを薄型化したのが見どころ。また、プロセッサがA8に強化され、A7を搭載していたiPad mini 3/mini 2に比べて性能を1.3倍に、モーションプロセッサもM8になり、グラフィックス性能は1.6倍に向上した。

 ディスプレイは従来と同じく7.9型IPS方式で解像度は2048×1536ピクセル (約326ppi)。ボディサイズは、134.8(幅)×203.2(奥行き)×6.1(厚さ)ミリと、わずかに大きくなっているが、7.5ミリから6.1ミリへとさらに薄型化している。

og_ipadmini_002.jpg ボディの厚さは6.1ミリ

og_ipadmini_003.jpg iPad Air 2と同じフルラミネート技術を採用

 本体前面に内蔵されるFace Time HDカメラは従来と同じ120万画素だが、背面のiSightカメラは800万画素になり、スローモーションビデオ撮影にも対応。また、システムの強化にともない、静止画のバーストモードもサポートしている。

og_ipadmini_005.jpg 背面のiShigtカメラが800万画素になった

 細かいところではワイヤレス機能も強化されている。従来はIEEE802.11a/b/g/nだが、iPad Air 2と同じIEEE802.11a/b/g/n/ac(MIMO)に対応。BluetoothもiPad Air 2と同じv4.2に変更された。このほかセンサー類は、デジタルコンパス、GPS、加速度センサー、ジャイロスコープ、指紋認証センサー(Touch ID)に加えて、新たに気圧計を搭載した。バッテリー駆動時間は最大約10時間。

 ラインアップは、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルで各16/64/128Gバイトが用意される。価格(税別)は、Wi-Fiモデルの16Gバイト版が4万2800円、64Gバイト版が5万3800円、128Gバイト版が6万4800円、Wi-Fi+Cellularの16Gバイト版が5万6800円、64Gバイト版が6万7800円、128Gバイト版が7万8800円。

og_ipadmini_004.jpg カラーバリエーションは、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色

og_ipadmini_006.jpg ちなみにスペシャルイベントでのiPad mini 4の扱いは、「iPad Pro」のついでに紹介されたスライド1枚のみだった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-