連載
» 2015年12月04日 19時27分 UPDATE

週末アップルPickUp!:やだほっこり CMでApple StoreとMicrosoft Storeの従業員がハグ

各社のホリデーシーズン向けCMが面白い。

[らいら,ITmedia]

 クリスマスまであと3週間。クリスマス商戦に向け、各社が個性の光る広告を次々と打ち出しています。

 その中でも、米Microsoftが12月1日に公開したホリデーシーズン向けCMは、ライバル企業のAppleが登場するというちょっと珍しい内容です。

“古くからの友人”に歌を届けるCM

 ニューヨーク5番街にあるMicrosoftの旗艦店に集まったのは、各州から選ばれた同社の従業員たち。

og_applepickup_001.jpg 動画ページの概要によると、メンバーはお互い初対面だったそう

 レッドやグリーンなど、Microsoftのロゴカラーの帽子を被った彼らは、「“古くからの友人”に特別なメッセージを届ける」ため、続々と店舗を出ていきます。

og_applepickup_002.jpg 2015年11月16日、ニューヨーク。Microsoftの従業員が古くからの友人にスペシャルメッセージを届ける

 歩いて向かった先は、同じ5番街の数ブロック離れたApple Store。ライバルの店舗前に到着したMicrosoftの従業員たちは、地元の少年少女合唱団とともに、クリスマスキャロル「Let There be Peace on Earth」(地には平和)を歌い始めました。

og_applepickup_003.jpg Apple Storeの前で突如歌い始めるMicrosoft従業員たち

og_applepickup_004.jpg 驚きながらも楽しそうに眺める通行人たち。アメリカらしいリアクションです

 歌声を聞きつけ、Apple Store店内から続々とスタッフが出てきました。ビデオには思い切りAppleのロゴが映り込んでいて、シチュエーションだけを考えるととてもシュールです。

og_applepickup_005.jpg 赤いユニフォームを着たApple Storeのスタッフが表へ出ていきます

 歌が終わり、歓声と拍手が沸き起こります。Apple Storeスタッフの中には、喜びのあまりMicrosoftの従業員にハグする人も。

 長年熾烈なライバル競争を続けている両者が向かい合い、世界平和を願う歌を歌い、信頼のハグをする。ここまでどストレートにいちゃいちゃされたら、批判するのも野暮ってものですね。

og_applepickup_006.jpg Apple Storeの前で両者がハグ。これはほっこり

 近年は両者の関係性が少しずつ変わってきています。今年9月にAppleが開催したスペシャルイベントでは、iPad ProのデモンストレーションにMicrosoft Officeが使われ話題となりました

 Microsoftが「Surface Pro 3」のCMでMacBook Airと比較し揶揄(やゆ)する一方、Appleのティム・クックCEOは、Surface bookを中途半端だと断じたこともありましたが、両者の批判合戦はお決まりのパフォーマンスのようなもの。その普段のパフォーマンスを逆手に取ったのが今回のCMと言えそうです。

 ちなみに2015年のAppleのホリデーシーズン向けCMは、スティービー・ワンダーを起用した超豪華な内容です。MicrosoftのCMとどのくらい制作費に差があるんでしょうね(ゲス顔)。

og_applepickup_007.jpg スティービー・ワンダーとアンドラ・デイが「Someday At Christmas」を歌う豪華なCM

 来年、AppleとMicrosoftの関係はどのように変化しているのか楽しみですね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-