ニュース
» 2016年02月09日 16時01分 UPDATE

MousePro、Xeon E3 v5を搭載したハイエンドデスクトップWS

マウスコンピューターは、最新のXeon E3 v5シリーズを搭載したミドルタワー型デスクトップWS「MousePro W400」シリーズを発表した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは2月9日、最新のXeon E3 v5シリーズを搭載したミドルタワー型デスクトップWS「MousePro W400」シリーズを発表、本日より販売を開始する。

 Skylake世代の最新XeonプロセッサとなるXeon E3-1200 v5シリーズの搭載に対応したミドルタワー型のワークステーションで、メモリは最大DDR4 64GBまでの搭載に対応。グラフィックスカードはQuadro M5000やGeForce GTX TITAN Xもサポート、デュアルGPU構成も選択可能となっている。

photo MousePro W400シリーズ

OSはWindows 8.1 Pro 64bit版を導入。標準構成価格はXeon E3-1220v5搭載の下位モデル「MousePro-W481BQ06B」が18万4800円、Xeon E3-1230v5搭載の中位モデル「MousePro-W481SQM4X」が27万9800円、Xeon E3-1270v5搭載の上位モデル「MousePro-W481XGTXF」が37万9800円だ(いずれも税別)。

マウスコンピューター/G-Tune

top_features1_icon_1_1422933195.jpg

→PC USER特設ページ「mouse station」
超コンパクトなスティック型PC「m-Stick MS-NH1」が人気沸騰! 4K対応IGZO液晶+GTX 970Mの快速ゲーミングノートも!!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.