連載
» 2016年07月13日 06時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10はすぐ使う気がなくても、7月29日までにアップグレードした方がいい? (1/2)

2016年7月29日の無料アップグレード期限が迫り、Windows 7/8.1からWindows 10に移行すべきか悩んでいるならば、ひとまずアップグレードしてしまうのも手だ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

Windows 10のアップグレードは一方通行ではない

 混乱を巻き起こしたWindows 10の強引な無料アップグレード推進策だが、Microsoftが「Windows 10を入手する(Get Windows 10:GWX)」アプリを改善したことで、事態は沈静化しつつある。

 泣いても笑ってもWindows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期間は2016年7月29日に終了し、以後はWindows 10が有料になる。Microsoft Storeでの直販価格は、Windows 10 Homeが1万9008円、Windows 10 Proが2万7864円(いずれも税込)。この期間を逃すと、Windows 10の導入コストは決して安くはない。

Windows 10 Windows 7/8.1からWindows 10の無料アップグレードは2016年7月29日に終了。公式サイトではカウントダウンも始まっている

 筆者としては、「いずれWindows 10にするつもりだが、今はまだしたくない」あるいは「どうすべきか迷っている」というユーザーには、現時点でひとまずアップグレードしてみることをおすすめしたい。「Windows 10では動作しないが、継続利用したいソフトウェアやハードウェアがある」や「慣れた環境を変えずにPCの寿命まで使い続けたい」など明確な理由がない場合、アップグレードを前向きに検討して損はないだろう。

 なぜならば、「無料アップグレード期間中にWindows 10へアップグレードしておくと、1カ月以内ならばWindows 7/8.1の環境に戻せるほか、仮に戻して7月29日を過ぎてしまったとしても、後から好きなタイミングでWindows 10に無料アップグレードが行える」からだ。

Windows 10 今はまだWindows 10を使うつもりがなくても、取りあえずいったんアップグレードしてしまうのも手だ。アップグレード後にすぐダウングレードしても、再びアップグレードできる

 GWXアプリまたはWindows Updateの指示に従ってWindows 10にアップグレードすると、ユーザーがそれまでWindows 7/8.1で使っていたWindows環境は「Windows.old」というフォルダにまとめて保存される。これにより、アップグレード後1カ月以内であれば、いつでもWindows 7/8.1の旧環境に戻せるのだ。

Windows 10 Windows 7/8.1からWindows 10にアップグレードすると、「Windows.old」というフォルダが作成される
Windows 10 Windows.oldフォルダの中には、Windows 7/8.1の旧環境がそのまま保存されている。Windows 10から旧環境へダウングレードを行うと、ここに保存された情報がそのまま書き戻される
Windows 10 Windows 10で「設定」を開き、「更新とセキュリティ」→「回復」の順に選ぶと「Windows 8.1に戻す」という項目が出現(もちろん、Windows 7からアップグレードした場合は「Windows 7に戻す」の表示になる)。アップグレード後の1カ月間はいつでも旧環境に戻せる
Windows 10 Windows 10から旧バージョンのWindowsに戻そうとすると、何度か確認してくる。その途中でアンケートも出現する

 注意点としては、旧環境にダウングレードした際、一部のアプリケーションの設定が無効化され、再インストールを求められるケースがあることが挙げられる。この方法で100%完全に旧環境を取り戻せるわけではない。また、場合によってはアップグレードもしくはダウングレードが何らかの理由で失敗してしまう不具合が発生する可能性もある。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.