ニュース
» 2017年05月31日 13時45分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2017:AMD、最大16コア・32スレッドの超ハイエンドプロセッサ「Ryzen ThreadRipper」を発表 2017年夏以降出荷予定

AMDの「Ryzen(ライゼン)」にゲーミングやプロフェッショナル用途向けのハイエンドモデルが登場する。その最上位モデルでは、16コア・32スレッド処理に対応するという。

[井上翔,ITmedia]

 AMDは5月31日(台湾時間)、「COMPUTEX TAIPEI 2017」に開催に合わせて実施した報道関係者向け説明会において、ゲーミング・ハイエンド向けのハイエンドプロセッサ「Ryzen ThreadRipper(ライゼン・スレッドリッパー)」を2017年夏に出荷を予定していることを発表した。

Ryzen ThreadRipperの概要 Ryzen ThreadRipperの概要
Ryzen ThreadRipperを手にするジム・アンダーソン氏 Ryzen ThreadRipperを手にするAMDのジム・アンダーソン氏。アンダーソン氏は同社のコンピューティング・グラフィックス担当のシニアバイスプレジデントを務める

 Ryzen ThreadRipperは、最上位モデルで16コア・32スレッド構成となる。PCI Express 3.0のレーンは64個用意し、DDR4メモリコントローラは4チャネル分確保している。

 このプロセッサの動作には、新しいチップセット「AMD X399」を搭載するマザーボードが必要となる。同チップセットを搭載するマザーボードは、ASRock、ASUS、GIGABYTEやMSIなどから発売される見通しだ。

X399マザーボードを発売予定のメーカー X399を搭載するマザーボードを発売予定のメーカー
ASUSのROGブランドマザーボード 発表会場に参考展示されていたASUSの「ROG(Republic of Gamers)」ブランドのX399搭載マザーボード

 なお、今回の発表ではRyzen ThreadRipperの具体的なラインアップは発表されなかった。後日改めて発表するという。

取材協力:TAITRA

関連キーワード

Ryzen | AMD | ASUS | COMPUTEX | ASRock | ギガバイト | MSI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう