ニュース
» 2017年12月07日 14時22分 公開

Let'snote用バッテリーで新たな発火事故が発生 約14万個が交換対象に

パナソニックは、同社製ノートPCのバッテリーパックで2017年に連続して発火事故が発生したと発表、リコールを実施する。

[ITmedia]

 パナソニックはこのほど、同社製ノートPCのバッテリーパックで2017年に連続して発火事故が発生したと発表、新たなリコール社告を実施する。

 同社では2014年5月28日/11月13日、および2016年1月28日にリコール社告を行いノートPC用バッテリーパックの交換と回収を実施してきたが、リコール社告の対象外としていたバッテリーパックによる発火事故が2017年に発生。新たなリコール社告を実施するとともに、バッテリーパックの無料交換を開始する。

photo 対象機種

 対象モデルおよび該当するバッテリーパックの品番/製造期間は以下の通りで、国内販売モデルでは計14万2019個のバッテリーが対象となっている。

photo

 バッテリーパックの品番とロット記号の確認、申し込みについてはこちらから可能だ。回収申し込みを行った利用者には、2018年1月下旬より交換用バッテリーパックの発送が開始される。なお対象製品の利用者には、交換までの間はバッテリーパックを取り外して利用するよう呼びかけが行われている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう