ニュース
» 2018年04月18日 17時06分 公開

GIGABYTE、Radeon RX 580カードを内蔵したThunderbolt 3外付けグラフィックスボックス

CFD販売は、台湾GIGABYTE製のThunderbolt 3接続対応外付けグラフィックスボックス「GV-RX580IXEB-8GD」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 CFD販売は4月18日、台湾GIGABYTE製の外付けグラフィックスボックス「GV-RX580IXEB-8GD」の取り扱いを発表、4月下旬に出荷を開始する。予想実売価格は8万5000円前後だ(税別)。

photo GV-RX580IXEB-8GD

 Thunderbolt 3接続に対応した外付け型のグラフィックス拡張ボックスで、Radeon RX 580搭載グラフィックスカードを内蔵。450W電源ユニットを備えており、ノートPC側への給電機能も利用できる(給電にはPD 3.0対応が必要)。

 映像出力はHDMI×1、DisplayPort×3の4基を備えマルチディスプレイ出力もサポートする。他にUSB 3.0ポート×3、充電用のQuick charge 3.0対応USBポート×1も備えた。

photophoto

 LED発光ギミックも内蔵。本体サイズは96(幅)×212(奥行き)×162(高さ)mm、重量は約2.38kg。対応OSはWindows 10だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう