調査リポート
» 2009年03月13日 14時32分 UPDATE

ケータイの買い替えサイクル長期化――2010年度には3.6年に

新料金プランの導入に伴う端末価格の上昇から、長期化傾向が続く携帯電話の買い替えサイクル。MM総研の調査によると、2010年度には3.6年まで長期化する見込みだという。

[ITmedia]

 MM総研は3月12日、携帯電話の買い替えサイクルに関する調査結果を発表した。

 同調査によれば、2008年度の販売台数は3765万台に落ち込む見通しで、これは過去最高を記録した2007年度の5065万台と比較して、25.7%の減少となる。買い替えサイクルも2007年度の2.2年から、2008年度には3.1年と1.4倍に長期化する見通しだ。

 MM総研では、今後の携帯端末の需要は、2010年度の3353万台までは減少傾向が続くと見ており、買い替えサイクルは2010年度に3.6年まで長期化すると予測。その後は長期化傾向が鈍化することで2013年度には3.7年になる見通しだという。

Photo 国内の携帯電話市場と買い替えサイクルの推移

 今後5年間の携帯電話市場についてMM総研では、3500万台前後で推移し、大幅な回復は見込めないと予想する。ただしデータ通信や携帯電話以外の製品を利用した通信サービスには、一定の需要があるとし、通信機能を搭載した製品とサービスを特定のターゲット層に訴求し、ユーザーニーズを掘り起こすことが、モバイルブロードバンド市場の活性化につながると分析している。

 この調査は2月9日から3月6日まで、個人名義の携帯電話を持つ15歳から78歳までの一般人を対象に行った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.