ニュース
» 2009年05月20日 19時02分 UPDATE

東芝、国内での携帯電話生産を終了

東芝は5月20日、携帯電話の生産体制を見直すと発表。日野工場で行っている携帯電話の製造業務を、2009年10月から海外のEMS企業に委託する。

[園部修,ITmedia]

 東芝は5月20日、携帯電話生産体制の見直しを発表した。日本国内向け携帯電話の国内生産を止め、海外の受託生産(EMS)企業へ生産を委託する。国内の携帯電話市場は、販売方式の変更に伴う買い換えサイクルの長期化などにより、販売台数が大きく減少。国内での自社生産を継続するのは難しいと判断した。

 今回の見直しにともない、現在東芝の携帯電話製造拠点となっている日野工場は、生産管理業務と製造委託先での新機種生産の立ち上げ支援、修理・サービスなどを行う拠点に転換する。日野工場で製造に従事する従業員200人は、東芝グループ内で再配置する予定。携帯電話の開発・設計業務は、引き続き日野工場で行う。なおスマートフォンの生産は、国内向け、海外向けともに中国の東芝情報機器杭州で行っているため、今回の見直しには含まれない。

 ちなみに国内大手端末メーカーのシャープやパナソニック モバイルコミュニケーションズでは、携帯電話の生産は国内拠点と海外拠点両方で行っているが、NECのように国内向け端末を100%日本国内で生産している端末メーカーもある。市場規模の縮小が続くようだと、国内での生産を見直す端末メーカーがほかにも出てくる可能性がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.