ニュース
» 2009年06月25日 00時10分 UPDATE

Android上で双方向のVoIP通話に成功――ソフトフロント

ソフトフロントは、マルチOS/マルチプラットフォーム対応を目指す同社のSIP/VoIP技術がAndroidに対応したことを明らかにした。

[ITmedia]
Photo SIPダイヤラアプリケーションイメージ

 ソフトフロントは6月24日、Android上で同社のSIP/VoIP技術を核とした双方向VoIP通話が成功したと発表した。双方向VoIP通話は、HTC製のAndroid端末とソフトフロントの通信アプリケーション「SIPダイヤラ」で実現。SIPダイヤラは電話番号で相手を指定して通信ができるため、ソフトフォンやメッセンジャーなどのP2Pアプリケーションへの応用が可能だという。

 同社はこれまで、SIP/VoIP技術についてマルチOS、マルチプラットフォーム展開を図っており、今回新たにAndroidにも対応した。これにより、Androidプラットフォームでのさまざまな通信アプリケーションの開発が容易になり、電話機能に加えてインスタントメッセージやプレゼンスなどの機能も搭載可能になった。

 ソフトフロントは今後、同技術をOpen Embedded Software Foundationと協力し、組み込み機器市場でのSIP/VoIPフレームワークの構築とAPIの標準化を推進し、AndroidのVoIP市場での普及をサポートするとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.