ニュース
» 2009年12月18日 22時56分 UPDATE

UQ、屋内エリアの整備に本腰――WiMAX小電力レピータの包括免許を申請

UQコミュニケーションズが総務省に、WiMAX小電力レピータの包括免許を申請。屋内エリアの整備を本格化させる。

[ITmedia]

 UQコミュニケーションズは12月18日、総務省関東総合通信局にWiMAX/WiMAX小電力レピータの包括免許を申請した。

 電波を中継するレピータは、屋内や移動車両での通信をサポートする役割を担うもので、WiMAX/WiMAX小電力レピータでは屋内外ともWiMAX電波を用いる。機器は京セラと共同で開発し、免許取得後2009年度内の導入を予定している。

 UQコミュニケーションズは今後、レピータを活用してホテルのロビーや地下街などの屋内施設、住宅、オフィス、鉄道車両内などの屋内エリアの整備を進める計画だ。

Photo 分離型小電力レピータの利用シーン
Photo 鉄道車両用小電力レピータの利用シーン
Photo 一体型小電力レピータの利用シーン

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう