ニュース
» 2010年01月06日 15時19分 UPDATE

App Town ソーシャルネットワーキング:つぶやき+エリア情報で“今、ここ”の最新情報を――iPhoneアプリ「ランブリン」

関心空間が、Twitter機能にエリア情報を組み合わせたiPhoneアプリ「ランブリン」をリリース。今、いる場所周辺のつぶやきを見たり、特定のスポットに対してつぶやいたりできる。

[ITmedia]

 関心空間は1月6日、Twitterのつぶやきにエリア情報を組み合わせたiPhone向けアプリ「ランブリン」をリリースした。App Storeからダウンロードでき、価格は350円。

 Twitterのつぶやきに位置情報を付加して扱うことで、店や駅、イベント会場などのスポットに対してつぶやけるようにするアプリ。利用者は今いる場所や、これから行く場所で何が起こっているかを、エリアのつぶやきを通じて把握できるようになる。

 一般利用者だけでなく、店舗のオーナーやショップスタッフなども自分が関わるスポットからつぶやけるなど、リアルタイムの情報告知や宣伝にも利用できるという。

Photo ランブリンのUI。左からエリアタイムライン、スポット画面、ガイド画面コンパスモード、情報ボックス画面

 関心空間は、ランブリンのエリア展開を積極的に行う計画で、表参道のイルミネーション特設Webサイトでの試験導入や今春開催予定の葉山芸術祭をはじめ、恵比寿、吉祥寺、下北沢などでの展開を予定している。

関連キーワード

Twitter | iPhone | App Store | iPhoneアプリ | GPS | 位置情報検索


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.