ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「位置情報検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報検索」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

特集・ミライのクルマ:
5Gで変革が起きる!? 「コネクテッドカー」の最先端
「コネクテッドカー」とは何か? 今回は通信機能を装備して、インターネットにつながって人々の生活をより豊かにできる自動車と定義したうえで、その現状を考察してみたい。(2017/12/1)

App Town ライフスタイル:
スタッフサービス、ユーザーの志向に合わせた求人レコメンドアプリ「Alicamo」リリース
スタッフサービス・ホールディングスは、プロフィールに沿った最適な求人特集を提案するアプリ「Alicamo」をリリースした。(2016/2/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface Pro 4」のモバイル活用で分かった実力と盲点
先代から着実な進化を遂げた「Surface Pro 4」は、プライベートのモバイルシーンでどれだけ役立つのか? 今回はハイキングにも持ち出して、その実力をチェックした。(2015/12/12)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
2020年の東京オリンピックはITインフラを再構築する絶好のチャンス
7月4日に開催された「第30回記念 ITmedia エグゼクティブセミナー」の基調講演に、セコム 前会長である木村昌平氏が登場。セコムでの経験を交え、「東京五輪に向けた世界最高水準のIT社会づくり 〜イノベーションと情報セキュリティを考える」をテーマに講演した。(2014/8/6)

ソフトバンク、専用ソフトで障がい者の社会生活を支援する「アシストスマホ」サービスを開始
ソフトバンクモバイルは、シャープ製「シンプルスマホ 204SH」を活用した障がい者向けの支援サービス「アシストスマホ」を開始した。(2014/3/25)

会社のパソコンの危機を、新しいパソコンで乗り切る!:
PR:サヨナラ、Windows XP。
2014年4月に迫ったWindows XPのサポート終了。サポートが終わったOSで動いているパソコンは、ウイルスをはじめとするマルウェアへの感染リスクが高まり、情報漏えいの危険度が増すなど、ビジネスにさまざまな影響を及ぼします。そうした問題を一掃できるのが、新しいOSで動く最新のパソコンへの入れ替えです。しかも、業務の効率化による生産性の向上や、さまざまなコスト削減による経費節減などの効果も。パソコンの入れ替えは、まさに“一挙両得の対処法”なのです。(2014/1/16)

「夜景のきれいなレストラン」をカーナビで音声検索 Googleとクラリオンが提携
クラリオンとGoogleが技術提携。音声認識技術と位置情報を活用したカーナビゲーションシステムを年内に製品化するという。(2013/5/10)

App Town ライフスタイル:
インクリメントP、街の情報を共有・発見できる投稿型アプリ「colorTown」
「colorTown」は、街のおすすめスポット情報をユーザー同士でシェアできる投稿型アプリ。生活エリアをフォローして気に入った情報をストックできる。(2013/4/23)

マニア垂涎、「周波数帳ミニ2012-2013」「BCLラジオカタログ」がiOSアプリに
三才ブックスが周波数データ集「周波数帳ミニ2012-2013」と、BCLラジオ全50機種をカタログ風に紹介する「BCLラジオカタログ」を電子書籍として復刊。(2012/4/24)

TI CC4000:
測位機能を搭載したGPS受信IC、用途は物流管理/産業機器からスポーツ/ヘルスケアまで
日本テキサス・インスツルメンツの「CC4000」は、GPSを利用して位置や時刻、速度を迅速に計測できる受信ICだ。物流管理や産業用通信機器、スポーツ、ヘルスケアといった幅広い用途を対象にしている。(2012/4/13)

「Evernote Food for iPhone」、アップデートで食事記録や位置情報検索機能を追加
「Evernote Food for iPhone」がアップデートされた。ユーザーから要望の多かった食事記録や位置情報のほか、インタフェースの改善や多言語対応などの機能が追加された。(2012/4/6)

Google、PCとモバイルでの位置情報検索結果共有機能を発表
PCで調べたレストラン情報などを、iPhoneやAndroidのGoogle検索ページで1タップで表示できるようになる。(2012/3/6)

10機種29色で登場:
“2台目”ニーズをとことん追求、超小型や据え置き電話機型、スマホの着信を取れる個性派モデルも――ウィルコムの秋冬モデル
「だれとでも定額」が100万契約を突破するなど、2台目需要の喚起が大当たりしたウィルコム。秋冬モデルは、2台目、3台目のニーズを追求したモデルを軸に展開。フリスクサイズの超小型端末や、スマホとBluetooth接続すると“発着信できるハンドセット”として使える端末など、個性派端末も投入する。(2011/9/21)

子どもに携帯は必要? 震災で意識が変化
子どもに携帯電話を持たせることについては、「防犯に役立つ」と考える人がいる一方、「まだ早い」と考える人もいる。しかし、東日本大震災を経て、その意識には変化が生じているようだ。ブランド総合研究所調べ。(2011/7/14)

Google Mapsのモバイル版、利用者が2億人を突破
Googleによると、Google Mapsの利用の40%以上はモバイル端末からで、モバイル版Google Mapsのユーザー数は2億人を超えた。(2011/5/26)

東京電力の計画停電エリア・スケジュールを調べよう 関連サービスまとめ
東京電力の計画停電エリア・スケジュールを簡単に調べられるネットサービスをまとめて紹介する。(2011/3/15)

Google、地域情報戦略の本格化に向けた動き
Googleは、Hotpotの利用地域拡大やLatitudeへのチェックイン機能追加などにより、foursquareやGowallaに後れを取っている地域情報関連ビジネスを急ピッチで強化している。(2011/2/9)

アプリストアからデバイス+クラウドへ:
2011年に注目される10のモバイル技術――Gartner予測
Gartnerが、モバイルWebや位置認識技術、ウィジェットなど、企業の戦略に影響を与える可能性のある10の技術をピックアップした。(2010/3/24)

米Google、LatitudeやBuzzで位置情報のマッシュアップを目指す
Googleは、ユーザーのプライバシーを最優先にしつつ、ロケーションベースサービスを融合させたレコメンデーション機能を提供しようとしている。(2010/3/9)

「テレビに出た場所」をもっと身近に――「ブラタモリ提供ブラアプリ」の狙い
NHKの人気テレビ番組「ブラタモリ」と連携したiPhoneアプリ「ブラタモリ提供ブラアプリ」。テレビに出た場所をモバイル端末を使ってユーザーと結びつけることで、番組を追体験する楽しさが生まれ、地域産業の活性化にも役立てられると担当者はみる。(2010/1/29)

「場所」に対してつぶやくTwitterアプリ「ランブリン」の挑戦
「これまでの検索エンジンは、あくまでPCのためのもの」――。モバイルインターネットによる情報と人の新しい“つながり”を目指し、関心空間が開発した「ランブリン」。「位置」ではなく「場所」という観点で独自のサービスを構築し、地域活性化にもつながるプラットフォームに育てていきたい考えだ。(2010/1/15)

App Town ソーシャルネットワーキング:
つぶやき+エリア情報で“今、ここ”の最新情報を――iPhoneアプリ「ランブリン」
関心空間が、Twitter機能にエリア情報を組み合わせたiPhoneアプリ「ランブリン」をリリース。今、いる場所周辺のつぶやきを見たり、特定のスポットに対してつぶやいたりできる。(2010/1/6)

Flash Liteで“ここまで”できる:
PR:事例で検証! Flashの導入でケータイサイトはこう変わる
VGA解像度の携帯電話が登場し、LTE時代に向けて通信速度が高速化する中、携帯サイトをリッチ化する動きが加速している。中でも注目を集めているのは、見栄えや操作性を向上さるFlash Liteだ。Flash化で携帯サイトはどこまで変わるのか、どんなユーザーメリットを提供できるのか――。Flash変換ソリューションを手がける、りーふねっとの岡社長に聞いた。(2009/9/16)

「コロカの動員力に注目」:
菊正宗酒造、コロプラの“位置ゲー”販促サービスで日本酒をPR
菊正宗酒造が、コロプラの携帯向け位置情報ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と連動した来店・販売促進サービスを展開。リアル店舗でしか入手できないお土産カード「コロカ」を利用する。(2009/8/25)

リアルタイムの「緯度経度を提供」:
Twitter、位置情報表示の新API公開へ
Twitterがリアルタイムの位置情報をつぶやきに追加するためのAPIを公開する。(2009/8/21)

君の街では何が見つかる?:
位置情報で現実とリンクした冒険――カヤックの“位置ゲー”「しらべる」
カヤックが、RPG的な要素を持った“位置ゲー”「調べる」をリリース。現在地を“しらべる”ことでアイテムを獲得し、服や武器を作ることができる。秋にはiPhoneやAndroidへの対応も予定。(2009/8/10)

コロプラ、携帯位置情報ゲームと連携した九州団体バスツアーの実証実験
旅行をしながら、携帯ゲーム内でお土産アイテムを獲得――携帯位置情報ゲーム「コロニーな生活☆PLUS」と九州3県を巡る旅行を連動させたツアーが開催される。(2009/7/31)

1日1回、安否メールを家族に送る「毎日連絡メール」を搭載――シニアケータイ「832T」
東芝製の「832T」は、端末を開閉することで安否メールを家族に送信する「毎日連絡メール」を搭載したシニアケータイ。ボタンが光って操作を教えるガイド機能や、すぐに自宅に電話できる「自宅ボタン」を備えた。(2009/5/19)

ナビッピドットコム、ケータイからグループ管理が行える法人向けの位置情報サービス
ナビッピドットコムは、外回りの機会が多い企業向けの位置検索サービス「位置情報ASPサービスDP2」を4月20日から提供開始する。グループリーダーが現場に出ていても、ケータイからスタッフの位置を確認して管理が行える。(2009/4/15)

「ぐるなび」がiウィジェットに対応──グルメサイトでは初登場
(2009/2/13)

Gmailに「どこから発信」を表示する機能
Gmailの署名に、現在いる場所の情報を自動で追加できる機能が利用可能になった。(2009/2/12)

モバイル検索のYahoo! oneSearchがWindows Mobileに対応
Yahoo! oneSearch Shortcutに新機能が追加。またWindows Mobileでも利用できるようになった。(2009/2/10)

GPS機能で検索できるホテル検索サイト「iホテル」を開設
(2009/1/22)

携帯サイトでGPS利用の店舗検索が可能に――セルバのASPサービス
(2008/12/3)

D2C、「iエリア」の検索連動型広告を提供
(2008/12/1)

NTTレゾナント、地域検索連動型広告サービスを携帯向けに提供
(2008/11/13)

「ぐるなびデリバリー」をリニューアル──リピート注文やGPS検索機能を追加
(2008/10/21)

アプリックス、RFIDタグ利用の位置情報検索システムを開発
(2008/9/25)

山車は今、どこ?――熊谷うちわ祭りに「どこ・イルカサービス」のシステム
(2008/6/10)

「どこ・イルカ」にレンタルプラン登場、期間限定の月額料金無料キャンペーン
(2008/1/9)

家族の見守り端末「どこ・イルカ」にレンタルプラン
(2007/12/14)

位置情報検索サービス「どこ・イルカ」の体験談募集キャンペーン
(2007/11/12)

家族見守り端末「どこ・イルカ」にPCからの検索機能
(2007/11/5)

ナビッピ、法人向け位置情報ASPサービスを7月から開始
ナビッピドットコムは、携帯3キャリアに対応する法人向け位置情報検索サービス「位置情報ASPサービス DP」を7月から提供する。日報作成機能を持ち、最大13カ月分の行動履歴を記録できる。(2007/6/1)

「どこ・イルカ」が“うちわ祭り”で活躍──山車の位置情報検索で
(2007/5/16)

ケータイネットの現場から:
ケータイ検索が“使えない”理由
「なぜこんなサイトが上位なんだ」――携帯検索の結果は、掲示板の他愛ない書き込みなど“使えない”情報が上位に出ることがままある。携帯サイトの構造は、PCとは大きく異なるためだ。(2007/4/25)

ドコモ、3月末に「DLPサービス」を終了
NTTドコモは、法人向け位置情報サービス「DLP(DoCoMo Location Platform)サービス」を2009年3月末に終了すると発表した。(2007/2/1)

グルメサイト「HotPepperPockets」にGPS検索機能などを追加
(2006/10/26)

「PSPはカーナビになりました」――GPSレシーバー+カメラで広がるPSPの世界
携帯ゲーム機としての用途だけでなく、“多目的なデジタルデバイス”として進化を続けているPSP。年末からは本格的なカーナビ用途にも使える「MAPLUSポータブルナビ」をはじめ、さらに幅広いユーザーに向けたPSPの商品展開が本格化するようだ。(2006/9/29)

ナビッピ、ビジネス向け「位置情報ASPサービス for Vodafone」を開始
(2006/8/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。