ニュース
» 2010年07月08日 16時38分 UPDATE

スパイア、頓智ドットと業務提携 「セカイカメラ」上の広告事業に参画

モバイル広告のスパイアが頓智ドットとの資本・業務提携を発表。「セカイカメラ」上の広告・マーケティング事業を両社共同で推進する計画だ。

[ITmedia]

 スパイアは7月7日、スマートフォンにおける広告・マーケティング事業を強化するため、頓智ドットが実施する第三者割当増資を引き受け、頓智ドットが運営する「セカイカメラ」上の広告・マーケティング事業を共同で推進すると発表した。

 セカイカメラは、モバイル端末のカメラで撮影した現実の映像に「エアタグ」と呼ばれる情報をオーバーレイ表示する、AR(拡張現実)技術を利用したサービス。頓智ドットは今後、セカイカメラ上でAR技術を用いたソーシャルゲームのプラットフォームを構築する計画だ。両社は同プラットフォーム上で、スパイアがこれまでモバイル広告事業を通じて培ってきたノウハウや知見を活用しながら、広告・マーケティング事業を展開するとしている。セカイカメラのユニークユーザーやトラフィックを活用した広告商品の開発に加え、エアタグによる街中やイベント会場のプロモーションなどに取りくむ予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.