ニュース
» 2010年10月19日 14時30分 UPDATE

ネットスーパーの注文をiPadで――ソフトバンク・テクノロジーがECプラットフォームを提供

ソフトバンク・テクノロジーが、iPadに対応するネットスーパー向けECプラットフォームをSaaS型サービスとして提供する。

[ITmedia]

 ソフトバンク・テクノロジーは、iPadに対応するネットスーパー向けプラットフォームを、日本おつかいサービス(JOS)に提供すると発表した。

 JOSは、ネットスーパー事業で知られる三金が中心となって設立した企業で、全国のスーパーマーケットを対象にネットスーパーサービスを提供。このサービスでは、ネットスーパーのオーダー端末としてiPadを貸し出し、PC操作が苦手な顧客層の開拓を目指している。

 ソフトバンク・テクノロジーは、JOSの事業開始に向け、ECパッケージ「C-OMPS SellingClub」をベースに、ネットスーパー向け機能とiPad対応機能を強化した「ネットスーパー向けプラットフォームサービス」を開発し、SaaS型サービスの提供を開始した。

 JOSは、独自に開発したネットスーパー向けサービスとネットスーパー向けプラットフォームサービスをパッケージ化して、全国のスーパーマーケットに販売する。

Photo サービスイメージ

 ソフトバンク・テクノロジーは10月19日、20日の2日間にわたって東京ビッグサイトで開催される「ダイレクト・マーケティング・フェア2010 eコマース展」の同社ブースで、開発中のiPadアプリによるデモンストレーションを実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.