ニュース
» 2010年10月28日 16時53分 UPDATE

冬春モデルでスマートフォン7機種投入――ドコモの山田社長

2010年度第2四半期の決算会見に臨んだNTTドコモの山田隆持社長が、冬春モデルのラインアップに言及。7モデルのスマートフォンを投入するとした。LTE対応のモバイルWi-Fiルータも開発中だという。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo NTTドコモ 代表取締役社長の山田隆持氏

 2010年度第2四半期の決算会見に臨んだNTTドコモの山田隆持社長が、11月8日に発表を予定している冬春モデルのラインアップに言及。スマートフォンは、Galaxy S、Galaxy Tabを含む7モデルを投入する予定とした。この7モデルには、日本のローカルサービスであるおサイフケータイやワンセグに対応したモデルも登場するという。

 山田氏は利益の向上に向けて、「パケットARPUを上げるのが大本命」とし、利用者のデータARPUが高いスマートフォンに期待を寄せている。冬春モデルのラインアップを充実させることで、さらなるパケットARPUの向上を目指したい考えだ。

 スマートフォンについては、auがスマートフォンを主軸に据える戦略に舵を切っており、来年にはスマートフォンとフィーチャーフォンのラインアップの比率が半々になると説明している。山田氏は同社の今後のスマートフォンとフィーチャーフォンのシェアについて、「いつごろスマートフォンとフィーチャーフォンが同じになるかと(動向を)見ているが、3〜4年後にはそうならないか、と思っている」という見方を示した。

 山田氏はiモード向けコンテンツの施策にも触れ、一般開発者がコンテンツを販売できるようにするiモード版ドコモマーケットを11月下旬に開始する予定であると説明。8月から開発者に声をかけており、数百のコンテンツが集まっているという。「音楽や書籍なども提供し、iモードでもいろいろ楽しめるようにしたい」(山田氏)

 さらに、12月下旬の商用サービス開始を予定しているLTEについては、2011年度の早い段階にLTEと3Gに対応するモバイルWi-Fiルータを投入すべく、開発を進めていることを明らかにした。なお、モバイルW-Fiルータについては、国際ローミングに対応する端末もリリースする予定だ。

sa_doco02.jpgPhoto 冬春モデルで7機種のスマートフォンを投入。2011年度の早い段階で、LTEと3Gに対応するモバイルWi-Fiルータを投入する予定だ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.