調査リポート
» 2011年01月24日 22時11分 UPDATE

調査リポート:高速データ通信のスピード比較、WiMAXがLTEを上回る――MMD研究所調べ

MMD研究所が全国の主要都市20カ所でモバイルデータ通信のスピードテストを行った結果、ほぼすべてのスポットでWiMAXの通信速度がLTEを上回った。

[ITmedia]
Photo 高速データ通信カードを使った地域別実測比較調査の結果

 MMD研究所は1月21日、NTTドコモ、UQコミュニケーションズ、イー・モバイルが提供する高速データ通信サービスのスピードテストの結果を発表した。全国主要都市合計20カ所で実施したもので、一部地域を除くほぼすべてのエリアでUQ WiMAXが最高速度をたたき出した。

 調査は1月7日から同13日まで、首都圏、北海道、中部、関西、中国、九州のJR駅など、全国主要都市20カ所で実施したもの。調査対象のデータ通信カードは、UQコミュニケーションズの「MW-U2510SS2」(UQ WiMAX)、イー・モバイルの「D41HW」(EMOBILE G4)、NTTドコモの「L-02C」(Xi)の3機種で、スピード計測サイトには価格.comの「ブロードバンドスピードテスト」を採用。平日14時から23時までの時間帯に同じ条件下で各3回計測を行い、最高速のデータを比較した。

 その結果、スピードでは首都圏の主要スポット、地方の主要都市ともに、一部の地域を除くほぼすべてのエリアでUQ WiMAXに軍配が上がった。

 今回の調査エリアでは、UQ WiMAXとEMOBILE G4はいずれも問題なく接続できたが、ドコモの高速データ通信は半数にあたる10カ所がLTEではなくHSPAの接続となるなどエリア面では物足りない状況だった。しかし、3Gモード(HSPA)への切り替えを含めて比べると、EMOBILE G4のエリアやスピードに迫る結果が得られた。

 なお、USB端末を接続してから回線につながるまでの時間を比べると、数秒の差ながら、UQ WiMAXが最もストレスなく接続できたとしている。


■各キャリアの高速データ通信サービス

キャリア サービス名 通信方式 通信速度
NTTドコモ Xi LTE 屋外:下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbps、屋内の一部エリア:下り最大75Mbps/上り最大25Mbps
イー・モバイル EMOBILE G4 DC-HSDPA 下り最大42Mbps/上り最大5.8Mbps
UQコミュニケーションズ UQ WiMAX モバイルWiMAX 最大40Mbps、上り最大10Mbps

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.