ニュース
» 2011年07月15日 21時33分 UPDATE

学生の顔タグ、動くポスターで大学案内――佐賀大学がオープンキャンパスでAR活用

佐賀大学が、オープンキャンパスに「セカイカメラ」「junaio」などのAR技術を活用。在学生の顔タグや動くポスターで大学を紹介する。

[ITmedia]
Photo 在学生 顔タグ

 佐賀大学は、オープンキャンパスに「セカイカメラ」「junaio」などのAR技術を活用すると発表した。

 8月10日に開催されるオープンキャンパスを皮切りに、随時ARコンテンツを作成。8月10日には、junaioの技術を応用した「動くポスター」「AR大学案内」、セカイカメラを活用した「在学生 顔タグ」「キャンパス案内エアタグ」を提供する。

 動くポスターは、在校生のポートレート写真を掲載したポスターにスマートフォンをかざすと、在校生が受験生に向けたメッセージをしゃべりだすというもの。在学生 顔タグでは、大学の敷地内に浮かぶ顔タグをスマートフォン上でタップすると動画が起動し、学生からのメッセージを聞くことができる。

 キャンパス案内エアタグは、大学敷地内の学部棟付近に設置された案内タグをタップすることで、各学部の紹介や研究室の風景などを画像とテキストで閲覧できるもの。AR大学案内では、大学案内の写真にスマートフォンをかざすと、学生からのメッセージや学園祭風景、サークル活動などの動画を視聴できる。

 今後は、同大学の文化教育学部美術・工芸課程の学生もコンテンツを作成する予定。またYouTube佐賀大学チャンネルを開設し、作成したコンテンツをインターネット上でも閲覧できるようにする。

photo セカイカメラ
photo junaio
photo セカイカメラ
photo junaio

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.