ニュース
» 2011年07月19日 14時54分 UPDATE

IIJ、スマートデバイス向けコンテンツの著作権を保護・管理するDRMサービス提供

マイクロソフトが提供するデジタル著作権管理システム「PlayReady」を用いたDRMサービスを、10月以降に提供する。

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、マイクロソフトが提供するデジタル著作権管理システム「PlayReady」を用いたDRMサービスを、10月以降に提供すると発表した。

 PlayReadyはマイクロソフトによるデジタル著作権管理システム。著作権保護されたコンテンツをWindows PCだけでなく、Android、iOSなどを搭載したスマートデバイスで実装できる。

 今春発売の一部のスマートフォンからPlayReadyが搭載され始めたことを受け、IIJはPlayReadyを搭載したスマートフォンのコンテンツ保護に対応するDRMサービスを提供。これによりコンテンツ事業者は、自社でDRMシステムを構築、所有することなく、短期間で著作権が保護されたコンテンツの配信サービスを開始できる。

 IIJではサービスの利用検討者を対象に、9月から試験サービスを提供する予定だ。

関連キーワード

DRM | 著作権 | IIJ | PlayReady | Android | 著作権保護 | iOS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.