メディア
3分Biz.
調査リポート
» 2021年10月19日 18時47分 公開

ミレニアル世代の社会人に調査 「遊び」と「仕事」、どっちが優先?(1/2 ページ)

ミレニアル世代(20〜30代)の社会人552人を対象にした、「遊び」に関する調査。

[ITmedia]

 ヤマハ発動機は、ミレニアル世代(20〜30代)の社会人552人を対象に、「遊び」に関する調査を実施した。その結果、ミレニアル世代の社会人の52.5%は、現在のワークライフバランス(以下WLB)に不満を感じていることが分かった。

仕事と遊びの比率(以下リリースより)

 現在の生活において「仕事」と「遊び」の比率はどれくらいか聞いたところ、「仕事」の比率の方が高いと回答した人は50.0%で、「遊び」と回答した人は22.8%だった。

 また、WLBに不満を感じているミレニアル世代の社会人のうち67.5%が、実生活で「仕事」の比率が高い生活を送っていることが分かった。

ワークライフバランスと、仕事と遊びの割合

 「仕事」と「遊び」どちらを優先させたいか聞くと、7割以上が「遊び」を優先したいと答えた。また、有給休暇を取得して遊びに行くことに対して罪悪感があるかを聞いたところ、58.3%が「罪悪感はない」と回答した。

 ただ年代別にみてると、30代前半の社会人は「罪悪感」へのポイントが高かった。罪悪感の理由を聞くと、「周囲の目が気になる」や「周りに迷惑をかけたくない」といった声のほか、「新型コロナウイルス感染症で自粛すべき」との声もあった。

ミレニアル世代社会人の意識
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -