ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「aQuantive」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「aQuantive」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftが2.8兆円もかけて「LinkedIn」を買収した理由
世界で4億人以上の会員を抱えるビジネスSNS「LinkedIn」がMicrosoftのサービスとなる。約2.8兆円というMicrosoft史上最高額の買収は、その価値に見合うものなのだろうか。(2016/6/17)

Microsoft決算、Surfaceの9億ドルの評価損が響き、予想を下回る純利益
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高は10%増加したものの、Surface RTの大幅値下げなどによる9億ドルの評価損計上が響き、純利益はアナリスト予測を大きく下回った。(2013/7/19)

買収案件:
Facebook、広告配信プラットフォーム「Atlas」をマイクロソフトから買収
米Facebookは2013年2月28日、マイクロソフトの広告配信プラットフォーム「Atlas Advertiser Suite」(Atlas)の買収を発表した。(2013/3/12)

Facebook、Microsoftの広告配信技術「Atlas」を買収
Facebook Exchangeなどの広告ツールを強化しているFacebookが、Microsoftの広告配信テクノロジー「Atlas Advertiser Suite」を買収すると発表した。(2013/3/1)

Microsoft決算、上場後初の赤字 aQuantive買収の営業権減損で
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高は4%増、純利益は営業権減損などの特殊要因を除くと6%増だった。(2012/7/20)

Microsoft、オンラインサービス部門で約62億ドル償却へ
2007年にGoogleに対抗すべくオンライン広告ネットワークのaQuantiveを約63億ドルで買収したが、ほぼ全額を減損処理することになった。(2012/7/3)

Microsoft、Skypeを85億ドルで買収
うわさ通り、MicrosoftがSkypeの買収を正式に発表した。SkypeはXboxやKinect、Windows Phoneをサポートすることになる。(2011/5/10)

不振プログラムを相次ぎ終了:
Microsoft、Windows 7などのコアビジネスに再注力へ
EncartaやSoapbox、Popflyなどを次々と終了し、傘下のRazorfishを売却。一連の動きは、MSが伝統的な得意分野に注力する方針を打ち出したことを示している。(2009/8/12)

広告コンサルティング企業:
Microsoft、傘下のRazorfishを5億3000万ドルで仏Publicisに売却
電通なども名乗りを上げていたMicrosoftの子会社Razorfishの売却先は、フランスの広告代理店Publicis Groupeに決定した。(2009/8/10)

「リターゲティング」でコンバージョン6倍に MS、アドネットワーク活用の新広告商品
マイクロソフトは、特定ユーザーに効率的にリーチするターゲティング広告商品「DRIVEpm Selector Program」の販売を始めた。(2009/3/5)

Microsoft、次世代オンライン広告プラットフォーム開発で大手メディアと協力
Dow Jones OnlineやNew York Timesなどが「Microsoft PubCenter」の開発段階から機能に関するアドバイスを提供する。(2009/2/24)

MSが広告事業を強化 新ブランド「マイクロソフト アドバタイジング」で
マイクロソフトはオンライン広告事業を強化し、7月1日から「マイクロソフト アドバタイジング」ブランドで展開する。(2008/7/1)

バルマー氏の後任もいない:
Microsoftの次なるリーダーは誰だ
ビル・ゲイツ氏が去ったあと、Microsoftにおけるリーダーシップはどうなるのだろう。(2008/6/26)

MS、テレビ広告サービスのNavicを買収
MicrosoftはNavic買収により、テレビ広告事業を強化する。(2008/6/19)

MicrosoftのYahoo!買収断念が意味するもの
MicrosoftとYahoo!の攻防は当面、終わった。両社と顧客、業界にとってそれは何を意味するのか。(2008/5/12)

MS、オンライン広告管理のRaptを買収
Raptは、MicrosoftのほかNBCやReutersなどのメディア企業を顧客に持ち、広告収益管理ソリューションを提供している。(2008/3/15)

激変のネット広告市場で出遅れ:
おいしいロングテールは後回し、MSNのネット広告戦略
(2008/3/10)

「日本のネット、優先的に投資」――MSの戦略
MSNのトップページが4月にリニューアルするほか、ユーザーが動画を投稿できる「Soapbox」をMSNビデオに追加する。MSは「大きな投資をしてでも、オンラインサービスを加速させる」という。(2008/3/10)

MS、オンライン広告効果測定の新手法「Engagement Mapping」
Engagement Mappingは、「直前のクリック」だけを報告する従来の広告測定法とは異なっている。(2008/2/26)

Microsoft、Logitech買収でAppleに対抗?
この買収が実現すれば、MicrosoftはPC周辺機器やゲームアクセサリーの分野で一気に優位に立てるだろう。(2008/1/17)

MS、米大手スーパーマーケットと次世代ショッピングカートで提携
買い物リストとともにターゲティング広告を表示するディスプレイを付けたショッピングカートを提供する。(2008/1/15)

MSとViacom、広告、コンテンツなどで5億ドル規模の提携
MicrosoftはMTVなどのコンテンツをMSNやXbox 360 LIVEで配信し、ViacomはMicrosoftの広告システムを利用する。(2007/12/20)

MS、オンライン地図のMultimapを買収
Microsoftはこの買収により、Multimapの技術をVirtual EarthやLive Search、広告プラットフォームなどに活用する。(2007/12/13)

米上院議員、GoogleのDoubleClick買収の徹底調査を要求
米上院議員はFTCに、この買収がオンライン広告市場やプライバシーに与える影響の精査を求めている。(2007/11/21)

バルマーCEO、Microsoftの買収戦略を語る
FacebookやYahoo!を買収するとのうわさもあるMicrosoftだが、今後5年間は毎年約20社を5000万〜10億ドルで買収する計画だ。(2007/10/19)

MS、広告関連部門を新設
Microsortが、買収完了したaQuantiveの事業のほか、AdCenter、ゲーム内広告などをまとめた新部門を設立した。(2007/8/14)

Hotmail容量が“Gmailの2倍”に
統合オンラインサービス「Windows Live」はソフトとの連携を強化し、シングルサインオン化で利便性を高める。MSNはターゲットを明確に定めて広告事業を拡大する。(2007/8/3)

Windows LiveはIDを統合:
ソフトウェアとサービスの融合を果たす――MSNとWindows Liveの事業戦略
マイクロソフトはMSNとWindows Liveの2008年度事業戦略説明会を開催。Silverlight、Soapbox、Windows Live Mailなど、新しい取り組みをアピールした。(2007/8/3)

MS、オンライン広告のaQuantiveを60億ドルで買収
オンライン広告企業の買収が相次ぐ中、MicrosoftがaQuantiveを買収。買収金額は、GoogleのDoubleClick買収金額の約2倍の60億ドルに達する。(2007/5/19)

今年のネット広告はビデオが拡大、ポップアップは衰退へ
ネット広告業界に関する展望報告書によれば、今年はオンラインビデオやゲームなどの成長が見込めるという。(2005/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。