ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バッシング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッシング」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Marketing Dive:
Appleの新iPad Pro広告動画は「1984」で解放されたクリエイティビティーをディストピアに戻す暴挙
ピアノや彫刻などの芸術品を大型プレスで破壊する映像は、Apple史上稀有な失敗となった。(2024/5/10)

宮内庁インスタ、開設3週間でフォロワー100万人 情報発信「切り札」 活用には課題も
宮内庁がInstagramに開設した公式アカウントのフォロワー数が、4月1日の運用開始から3週間で100万人に到達した。皇室の方々へのバッシングを契機に動き出した情報発信強化の「切り札」ともいえるSNS。滑り出しは順調に見えるが、皇室特有の用語の解説や情報ニーズの把握など、課題も多そうだ。(2024/4/23)

「ギャンブル依存症」の現実や対処法を描く漫画に注目 借金をし親にはウソを、そして盗みにまで手を染めて
依存症という「病気」に、周囲の人間はどう対応するべきか? 作者の三森みささんに詳しい話を聞きました。(2024/3/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
JAL新社長は「女性、元CA、元東亜」 異分子トップを生んだ過去の苦い経験
JALは1月17日、鳥取三津子専務が4月1日付で社長に昇格すると発表。「女性、元CA、元東亜」というまさに異分子なトップは、どうして生まれたのだろうか? 元CAで健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/1/26)

ポン・ジュノ、「パラサイト」俳優死去を受け声明発表 捜査に関する真相究明求める「安全上の問題はなかったか」
48歳で亡くなった俳優のイ・ソンギュン。(2024/1/15)

YUSHI、野良猫「汚い」発言でバッシング&謝罪へ……騒動煽った“美しいドブネズミ”に「平気で容姿罵倒するくせに」
YUSHI選手が2022年に投稿したTikTok動画が拡散されていました。(2023/12/14)

「ハイエナにたかられる気分」 テイラー・スウィフト、お騒がせセレブの“でっち上げ”ビデオを非難 バッシングで人間不信に「酷く落ち込んだ」
『TIME』誌のインタビューに応じたテイラー。(2023/12/12)

「名優トム・ハンクス」を生んだ映画「フィラデルフィア」 その裏に秘められた「戦い」とは……(2024年米大統領選挙を映画で予習)
米ニュージャージー州在住の冷泉彰彦さんが解説。(2023/11/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
西武池袋ストライキから憂う「賃金が下がり続けた先進国」の未来
8月31日、そごう・西武の労働組合が、国内百貨店では61年ぶりのストライキを実施した。昔は珍しいものではなかったストライキが減りゆく間、日本はどのように変わってきたのか。そしてストライキとは何のためにあるのか。河合薫氏が解説します。(2023/9/8)

スピン経済の歩き方:
処理水をめぐって“愛国サンドイッチ”の危険性 企業が「日本人」とうまく接する方法
日本のホテルや飲食店に、音声読み上げソフトを用いてこんな嫌がらせ電話がかかってきている。原発の処理水をめぐって、バッシングが起きているわけだが、中国ビジネスを展開していくうえで気をつけなければいけないことがある。それは日本人で……。(2023/8/30)

スピン経済の歩き方:
大正製薬がサントリーを痛烈批判! 「業界の慣習を守れ」リリースは、なぜ世間に響かないのか
大正製薬のリリースが物議を醸している。サッカーの三浦知良のCM起用をめぐって、サントリーウエルネスを批判しているわけだが、いまひとつ共感を得られていない。その理由は……。(2023/8/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ビッグモーター「社長の報酬返上」でも、痛くも痒くもない そのカラクリ
中古車販売の大手企業であるビッグモーターが、自動車保険金の不正受給問題で揺れている。渦中の兼重宏行社長は役員報酬を1年間0円とすると発表した。このような役員の報酬返上は、実は社長にとって全く懐が痛くも痒くもならない場合があるため、惑わされないようにしたい。(2023/7/21)

益若つばさ、再婚の可能性について言及 「息子が20歳になるまでは」と説明も、骨折後に心境の変化「結構ショックで……」
仙骨を骨折した際に医師から「もう二度と子どもを産めないかもしれない」と告げられていたとのこと。(2023/6/20)

AI規制の訴えと米政府の反応【後編】
静かに世界で進んでいた「“危ないAI”規制」の実態とは?
米国の非営利団体が、AI技術の規制を米政府に要求する書簡を発表した。実際にはそれ以前から、各国政府はAI技術の規制に向けて動いている。具体的な動きを整理しよう。(2023/5/30)

AI規制の訴えと米政府の反応【中編】
どんなに嫌いでも「AIバッシングに乗ってはいけない」のはなぜ?
米国の非営利団体は、米政府に対してAI技術の規制を強化するよう求めた。この主張に賛同しない人の中には、過度な規制強化は“逆効果”だと考える人がいるという。それはなぜなのか。(2023/5/23)

林修さん「年収890万〜920万ないと社会のお荷物」発言の切り抜きに法的処置 「私の見解ではない」
SNSの利用に関して注意を呼びかけました。(2023/5/17)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
「謝罪会見トレーニング」は個人にも必要な時代になるか?
1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「Weekly Top10」。今回は2023年3月13日から19日までの7日間について紹介。(2023/3/24)

スピン経済の歩き方:
「謝罪会見は正直にしゃべればいい」の誤解 「大丸別荘」前社長の発言を振り返る
大浴場の湯を年に2回しか入れ換えていなかった老舗旅館「大丸別荘」の元社長が遺体で見つかった。自殺防止の観点からこの話を扱うのはよくないが、同じような悲劇を繰り返さないために何か提言できることはないのか。記者会見の発言を振り返ると……。(2023/3/14)

てんちむ、元交際男性の「デ〜ブ」発言へ“誰もいい気しない” コメント欄で「ムカついてきた」「死ぬまで詫びろ」
交際破局を報告した際に容姿イジり発言がありました。(2023/2/16)

Googleの会話型AIサービス「Bard」はなぜChatGPTに後れを取ったのか?
Googleが、対話アプリケーション用言語モデル(LaMDA)を搭載した実験的な会話型AIサービス「Bard」を発表しました。2022年11月に公開されたChatGPTに対抗するサービスとなります。当面は対話アプリケーション用言語モデル(LaMDA)のフル機能を利用できるわけではなく、Bardの回答が品質、安全性、信頼性などの基準を満たしていることを確認するとしています。(2023/2/14)

スピン経済の歩き方:
「賃上げの予定なし」7割の衝撃 中小企業で働く人は「安月給」のままなのか
城南信用金庫と東京新聞が中小企業を対象に、調査を実施した。それによると、7割以上が「賃上げの予定なし」と回答した。中小企業で働く人は、このまま「低賃金」が続くのか。(2023/1/25)

「錆びた鉄のスイング」「ゴロキング」 松井秀喜、ヤンキース時代にファンが猛バッシング オーナーも「こんなにパワーのない選手を大金を払って取った覚えはない」
良いプレイをすると称賛も。(2023/1/10)

“未成熟なAI”を公開する難しさ【第4回】
AIチャットbotの“不適切な発言”を防ぐには何をすればよいのか?
Meta Platformsが公開したAIチャットbot「BlenderBot 3」は、未成熟な状態だったことから物議を醸した。AIチャットbotに不適切な言動をさせないために、開発元の企業がすべきこととは何なのか。専門家に聞いた。(2022/12/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
脱「1皿100円」で沈むスシロー、くら寿司 値上げが受け入れられない根本原因
くら寿司が2022年10月期決算を発表し、2期連続の営業赤字となった。回転寿司業界では値上げが進み、「1皿100円」時代が終焉を迎えようとしている。一方で、値上げは反発を招くもの。どうすればいいのか。(2022/12/16)

“未成熟なAI”を公開する難しさ【第3回】
MetaのAIチャットbotが物議 「教師データをネットで調達」はありなのか?
Meta PlatformsのAIチャットbot「BlenderBot 3」は、インターネットユーザーが生成するデータを機械学習に用いる。このことがBlenderBot 3の限界を定めているとの見方がある。どういうことなのか。(2022/12/14)

AIは仕事を奪う? いまだ残る懸念は【後編】
若者ほど「AI」で損をする? 人工知能は仕事を乗っ取る“ターミネーター”か
「AI技術の活用により、より有意義な仕事に時間を割くことができる」という価値観が浸透しつつある。それでもAI技術に対する懸念は消えておらず、影響を受けるのは若者という見方もある。その理由は。(2022/12/5)

“未成熟なAI”を公開する難しさ【第2回】
AIチャットbot「BlenderBot 3」が物議 Metaは何かを間違えたのか?
公開当初の未成熟さから物議を醸したMeta PlatformのAIチャットbot「BlenderBot 3」。何が問題を招いたのか。Metaの取り組みに不十分な点はなかったのか。(2022/11/30)

AIは仕事を奪う? いまだ残る懸念は【前編】
AIチャットbotで人材採用 介護事業者が実感した“これだけのメリット”
AI技術はビジネスに有用だという見方は一般化しつつあるが、「仕事を奪われるのではないか」という考えもいまだにある。実際にそうなのか。ある介護事業者がAIチャットbotを人材採用に活用して得た利点を紹介する。(2022/11/29)

調査で分かった「AI」の残念な事情【後編】
「AIであれば金が付く時代」はもう終わり 予算を確保し続けるには?
効果が明確ではなくても、目新しい技術であれば投資対象としての魅力を放つことがある。ただし、それは永遠には続かない。目新しさを失ったAI技術に、投資を続けるにはどうすればよいのか。(2022/11/28)

名優モーガン・フリーマン、カタールW杯サプライズ出演もバッシングの的に 同国の人権侵害巡り「恥を知れ」
「ネルソン・マンデラを演じた人が」という落胆も。(2022/11/22)

スピン経済の歩き方:
NTT「初任給3万アップ」が、日本の「賃上げ」に繋がらないこれだけの理由
NTTが新入社員の初任給をアップする。現在の初任給を見ると、大卒が21万9000円だが、来年4月入社の新入社員は25万円に。3万円もアップするので話題になっているが、このことによって日本企業の賃上げは広がるのだろうか。(2022/11/22)

調査で分かった「AI」の残念な事情【前編】
“AI失敗企業”が2割 数はこなすも結果が出ない
Deloitte AI Instituteの調査により、企業の間ではAI技術の活用が広がっているものの、実際の成果が芳しくないことが明らかになった。何が起きているのか。調査結果から探る。(2022/11/21)

“未成熟なAI”を公開する難しさ【第1回】
MetaのAIチャットbot「BlenderBot 3」が公開直後に“バッシングの嵐”に
Meta Platformが公開したAIチャットbot「BlenderBot 3」が物議を醸している。何が起きているのか。インターネットユーザーの声から実態を探る。(2022/11/15)

仲本工事さんの妻・純歌、週刊誌内容を強く否定「誓って違います」 繰り返す過熱取材に「怖くて仕方ありません」
仲本さんは18日に交通事故に遭い、19日に81歳で亡くなりました。(2022/10/31)

「AIが本当に描きたい絵」が「闇深すぎ」と話題に 怒ったようにも見える女性像に5万いいね
AIが人間不信に……?(2022/10/26)

実写「リトル・マーメイド」「ブレット・トレイン」……物議をかもす配役のリアルな事情とは? ハリウッドのキャスティングディレクターにも聞いてみた
どの意見にも、それぞれのファンの真実がある。(2022/10/16)

スピン経済の歩き方:
16億円もかけたのに、なぜ「国葬」がチープに感じたのか 「低賃金」ならではの理由
16億円をかけた「国葬」が、その額のわりに「安っぽい」という指摘が出ている。確かに、パイプ椅子が並んでいたり、祭壇が薄く見えたりしたが、それ以外にも理由があるのではないか。筆者の窪田氏は「安いニッポン」が影響しているのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2022/10/4)

「同性婚は気持ち悪い」自民党の愛知県議の投稿に非難相次ぐ 「また自民党」「呆れ果てるレベル」
渡辺県議が謝罪 面識ない女性に「ホテルまで来て」と連絡【10月5日11時00分追記】(2022/9/28)

スピン経済の歩き方:
スノーピークは「法的措置」を準備してはいけない、これだけの理由
アウトドアブランドの「スノーピーク」が、怒りのリリースを発表した。同社の山井梨沙社長が「不倫辞任」したことに対して、全く関係のないデマが増えているので、やった人間を訴えると警告しているのだ。しかし、スノーピーク社のスタンスにもやもやしている人も多いのではないだろうか。なぜかというと……。(2022/9/27)

矢沢永吉、台風14号が上陸予定の福岡で公演決行 「ご自身の判断で必ず安全を確保できる方、帰路につける方のみご来場ください」
台風14号は13時現在九州に接近中。(2022/9/18)

「こんなこと言ってくれる人この世にいるんだね」 峯岸みなみ、結婚後初のYouTubeで明かした夫・てつやの言動がすてきすぎる
対談相手は“もう1人のてつや”。(2022/9/13)

スピン経済の歩き方:
トヨタの危機管理は「さすが」なのか 香川さんの「CM放映停止」
トヨタ自動車の危機管理が称賛されている。俳優・香川照之さんとの契約更新をしない方針を明らかにしたことを受け、「さすが、トヨタ」などと評価されているわけだが、本当にそうだったのか。振り返ってみると、精細を欠いている部分があって……。(2022/9/6)

スピン経済の歩き方:
「KDDIの会見、やらなくてよかったんじゃね」問題 どう考えるべきか
KDDIの大規模な通信障害を受けて、興味深い問題が持ち上がっている。原因がよく分かっていない状況の中で、「会見を開く必要はあったのか」という指摘がある一方で、「早ければ早いに越したことはない」という意見もある。果たして、どちらが“正しい”対応なのだろうか。(2022/7/5)

中西アルノ、自粛期間の“フラッシュバック”に苦しむ 初ミニライブ後に心境明かす「苦しさは私が背負った業」
中西さん「自分自身に首を絞められている」(2022/6/22)

スピン経済の歩き方:
ユニクロの「フリース1000円値上げ」は正しい、なるほどの理由
ユニクロがネット上で叩かれている。「秋冬モノで1000円前後の値上げを予定している」と発表したところ、「高すぎる!」などと厳しい声が相次いでいるのだ。同社の値上げは“間違って”いるのだろうか。いや、実はそんなことはなく……。(2022/6/21)

ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」
ともさかさん「時代が変わっても起こることは何も変わってない」(2022/5/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事で死ねて本望? モーレツ社員の危険すぎる“過剰適応スパイラル”
先日、アクセンチュアが違法な残業で書類送検されました。コンサルや他の業界でも「この業界は、働いてなんぼの世界」「仕事が好き」「もっと会社に貢献したい」などと考える社員が、自ら進んで働きすぎてしまうことがあります。これは、長時間労働を一掃するのが極めて難しい原因の一つです。この難題と、どのように向き合っていくべきでしょうか。(2022/3/25)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
不妊治療助成に学生出産奨励……、政治家の「産めよ増やせよ」が「女に死ねというのか」と炎上
一人っ子政策を廃止して「3人目容認」に舵を切り、不妊治療の助成や育児休業拡充を次々に導入した中国。国会に相当する全国人民代表大会では、政治家が出生率向上に向けさまざまな提言を行ったが、女性の立場や社会の実情を無視した的外れなものも少なくなく、ネットではブーイングの嵐だった。(2022/3/17)

スピン経済の歩き方:
業界トップの「イセ食品」に衝撃! なぜ卵のように転がり落ちたのか
「森のたまご」などで知られるイセ食品が、債権者から会社更生法を申し立てられた。鶏卵業界のトップがなぜ追い詰められたのか。背景に“つくりすぎ問題”があって……。(2022/3/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ウクライナ侵攻で広がる「企業版経済制裁」、ロシア国民はマックやスタバから締め出される
グローバル経済の広がりは経済制裁のあり方にも大きな変化をもたらしたようだ。これまで「経済制裁」といえば、「国際社会」対「政府」という、公的な措置のイメージが強かった。しかし、一企業が国に匹敵するほどの力を持つようになった現代では「企業」対「政府」という意味でも十分に効果のある制裁を加えることが可能になっている。(2022/3/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。