ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビートルズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビートルズ」に関する情報が集まったページです。

盗まれたポール・マッカートニーのベースギターが51年ぶりに本人のもとへ ファン立ち上げた捜索プロジェクトの成果
修理すればまた演奏できるそう。(2024/2/19)

「おひとりさま」に人気が高い海外の旅行先は? 阪急交通社が調査
1人で行く、海外旅行先で人気が高いのはどこか。阪急交通社が調査結果を発表した。(2024/2/3)

“ギター神”エリック・クラプトン、ガザの子ども支援に反響は真っ二つ わが子亡くした大御所の善意に「失望した」「尊敬する」と相反する声
日本からもチケット購入可能です。(2024/1/16)

磯部孝のアパレル最前線:
三陽商会「バーバリーショック」から復活? 7期ぶり黒字の裏側
三陽商会の2023年2月期連結業績は、売上高が582億円(会計基準変更前の前期は386億円)、営業損益が22億円の黒字(同10億円の赤字)、純損益が21億円の黒字(同6億6100万円の黒字)となった。本業のもうけ=営業損益が黒字になるのは7期ぶりで、「バーバリー」のライセンス事業を失って以来初となる。(2023/12/22)

Google、過去25年で最も検索されたトピックを「ウォーリーを探せ」的ゲームで紹介
Googleは、検索ロゴを変えるGoogle Doodleで、25年で最も検索されたトピックを探すゲームを公開した。「テイラー・スウィフト」などの検索語を表す絵を「ウォーリーを探せ」のように見つけてクリックしていく。(2023/12/13)

「人類の進化」カプセルトイに挑戦! → まさかの“進化失敗”に「人類の本質は猿のままなのでは」と悲しい笑い
単なる4人組になっちゃった。(2023/12/8)

アンジェラ・アキ、約10年ぶりに日本で活動再開! 新曲はミュージカル「この世界の片隅に」のため書き下ろし
2013年に日本での活動を休止し、アメリカで作曲を学んでいたアンジェラ・アキさん。(2023/11/22)

「愛は勝つ」KANさん61歳で死去 10月には思い出の地を再訪「最後まで復帰への想いは途切れることはありませんでした」
お悔やみ申し上げます。(2023/11/17)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、11月から12月に行くべきアート展
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/11/14)

ビートルズ、“最後の新曲”の日本盤CDリリースへ 感動呼ぶMVは2000万回再生を突破
“ザ・ビートルズ最後の新曲”として注目を集める「ナウ・アンド・ゼン」。(2023/11/7)

AIがサポートしたビートルズの新曲「Now And Then」リリース(動画あり)
“ビートルズの最後の新曲”、「Now And Then」がYouTube MusicやApple Musicなど、各種ストリーミングサービスでリリースされた。故ジョン・レノンがカセットテープに録音した音質の悪いデモから生成AIが“クリスタルクリアに”抽出したボーカルとピアノに、ポールとリンゴが演奏を加えた。(2023/11/3)

異色のタッグ:
ディズニープラスがHuluと組む狙い パートナー戦略はSVOD業界の“標準”になるか
動画配信サービスのディズニープラスとHuluは7月、月額制で両サービスを視聴できるプラン「Hulu | Disney+ セットプラン」の提供を開始した。なぜ、ディズニーはHuluと“異色”のタッグを組んだのか。両社の経営層に聞いた。(2023/10/26)

ポール・マッカートニー、オノ・ヨーコは“邪魔”だった ビートルズ後期を振り返っての告白に共感の嵐
解散したとき批判の的になったオノ・ヨーコ。(2023/10/17)

“玄関開けたら……?” 天才モデルトイプーによる大人気シリーズに「ぬいぐるみですよね?」「優勝!!」と盛り上がる声続々
表情がまたイイ……。(2023/10/7)

この中に「ビートルズのメンバー」が4人隠れています【言葉探しパズル】
盤面の文字をつなぐと……。(2023/9/21)

カセットテープで絵を描く!? ボブ・マーリーやジョン・レノン、テープで描いた肖像画がレトロで渋い
古き良き時代が垣間見れるアート。(2023/8/23)

ふわふわワンコにカメラを向けた瞬間……! モデルスイッチが入るプロ顔負けの姿に「可愛すぎてたまらない」
かわいいのプロフェッショナル。(2023/8/6)

ウーピー・ゴールドバーグ、死後の“ホログラム復活”を遺言で拒否 ホイットニー、AI美空ひばりなどが議論に
AIで新曲も発表できるようになった昨今。(2023/7/13)

Perfume、ロンドンでの「Abbey Road」再現ショットの裏側がほっこり 周囲の人々の気遣いに「優しい世界ですね」
楽しそうで最高。(2023/6/18)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
大御所が相次いでAIによる新作投入を発表 The Beatlesにブラック・ジャック/YouTubeの収益化要件が緩和
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、6月11日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/6/18)

ポール・マッカートニー、ジョン・レノンの音源からAIで“ビートルズ最後の曲”を完成させたと明かす
あきらめてきたことがどんどん可能に。(2023/6/14)

ポール・マッカートニー、AIでビートルズの“新曲”作成中
ポール・マッカートニーは、ジョン・レノンが死の直前に録音した曲をビートルズの“新曲”として年内にリリースするとBBCに語った。低品質録音からAIでレノンの声を抽出する。(2023/6/14)

初心者でも分かる生成系AI入門:ChatGPTが開いた「AIブーム3.5」の扉(後編)
何かと話題の生成系AI。「こんな間違った回答が返ってきた」という点でも話題だが、AIをよく知っている人にとっては当たり前のことで……。その理由や、生成系AIが現在抱えている課題について解説します。(2023/6/9)

「G7参加のバイデン大統領らはゴム人間だ」という陰謀論 トンデモに思える言説が日本でも広まった理由
陰謀論に詳しいライターの雨宮純さんが解説。(2023/6/5)

とにかく明るい安村、英オーディション番組で世界的評価 現地でトレンド入りする反響「TONIKAKUを首相に」「ロイヤルファミリーの前でこれを」
現地でのステージネームは「TONIKAKU」。(2023/6/4)

とにかく明るい安村、英番組の準決勝で大爆笑かっさらう 惜敗するも拍手喝采「今後も番組よばれそう」
かっこよすぎるな!(2023/6/3)

三船美佳、“旅サラダ”卒業で過去のパニック障害や突発性難聴を公表 「ロケ中、倒れてしまったり」「いつ死んでもおかしくない程」
大変な思いをして撮影に臨んできた三船さん。(2023/3/26)

娘にビートルズを見せて「この人たち誰か分かる?」と聞くと…… 予想外だけどなるほどな答えに笑ってしまう【米】
そうきたか。(2023/3/6)

飼い主の「カモン!」にこたえた大型犬が湖に大ジャンプ ダイナミックな飛び込みが気持ちいい【カナダ】
助走も完璧!(2022/12/21)

古代サンプラーがアプリになるまで:
自作のiOS音楽アプリをAndroid対応させたい…… Googleの「Flutter」を使ってみたら簡単さに驚き
メロトロンアプリのAndroid対応に向け、Google製フレームワーク「Flutter」で開発を始めた製作チーム。マルチプラットフォーム対応ができるうえ、各プラットフォームでレイテンシーも抑えられた。(2022/11/30)

Social Media Today:
TikTokが「ライブコマース」事業をどうしても成功させたい切実な理由
TikTokが著名人を囲い込むライブコマースプラットフォームと提携すると報じられている。TikTokは今後ライブコマースに力を入れることになりそうだが、その理由は何か。(2022/11/28)

Amazon Musicでプライム会員は1億曲以上聞けるように→「聞きたい曲を押すと他の曲が流れる」「シャッフル再生しかできない」と不満の声続出
これはつらい……。(2022/11/2)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
「Tesla Model 3」で犬連れ旅行にチャレンジ 北軽井沢へ1泊旅
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この連載では、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマをリポートします。(2022/10/6)

マイケル・ジャクソンやフレディ・マーキュリーが生きていたら? AIが描いた写真に「目頭が熱くなった」「故人にやることじゃない」の声
面影を感じて涙があふれそう。(2022/9/27)

Appleスポンサードのスーパーボウル・ハーフタイムショー、メインはリアーナに決定
AppleがPepsiCoに代わってメインスポンサーを務める2023年のスーパーボウル・ハーフタイムショーのメインアーティストがリアーナに決定した。リアーナにとって数年ぶりのステージだ。(2022/9/26)

Apple、スーパーボウルのハーフタイムショースポンサーに
Appleはスーパーボウルのハーフタイムショーのスポンサーになる。NFL(ナショナルフットボールリーグ)と複数年の契約を結んだ。ドクター・ドレなどが出演した2022年のショーのライブ視聴者数は1億2000万人以上だった。(2022/9/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「AirPods Pro(第2世代)」と初代を比較して分かった! 驚きの「音質」「ノイキャン」性能
Appleが9月23日に発売する完全ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro(第2世代)」は、見た目では第1世代からの変化は乏しい。しかし、実際に使ってみると、第1世代から大きく進化していることが良く分かる。発売に先駆けて実際に試してみた所感を記事としてまとめたい。(2022/9/22)

CloseBox:
最後に、日本ソフトバンクに出版事業部があった時代について話そう
最終回です。1990年代あたりを雑に語ります。(2022/8/23)

ジュリアン・レノン、2020年に改名「ジョンの息子ではなく自分として」 有名すぎる父持つ苦悩
「ジョン・レノンと呼ばれても自分のことだとは思えない」(2022/7/21)

主人公は金髪美少女 「ゴルゴ13」スピンオフ『Gの遺伝子 少女ファネット』が連載開始
スピンオフ第1弾「銃器職人(ガンスミス)・デイブ」コミックス発売も決定。(2022/7/15)

本田雅一の時事想々:
ワイヤレススピーカーでアップルに圧勝、知られざる「ソノス」の実力
日本では無名な米オーディオメーカーの「ソノス」。ユニークなワイヤレススピーカーで急成長し、IT業界の巨人も一目置く存在になった企業だ。なぜ、ソノスは急成長したのか。商品の持つ強みとは。現地で新商品を取材したITジャーナリストの本田雅一氏が解説する。(2022/5/25)

古代サンプラーがアプリになるまで:
「サンプラーの元祖」メロトロンの構造がアナログの極みすぎる そして複雑な楽器の著作権問題について
メロトロンの著作権については2つの派閥がある。(2022/2/24)

「世界で一番大好きだよ」西郷輝彦さんの三女・今川宇宙が父への思いをつづる 亡くなる前日の様子も報告
「父がどれほど愛されているか改めて実感しました」(2022/2/22)

「新しい筋トレかも」「謎の儀式してるの?」 すごい体勢で前足ちょいちょいしまくる猫ちゃんが面白かわいい
新しい招き猫かな?(2022/2/19)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「ボヘミアン・ラプソディ」みたいな曲できる? Appleが買収したAI作曲ベンチャーが何者か気になる
Appleが買収したAI作曲を手掛けるベンチャー「AI Music」が何者か調べたら、意外と面白かった。(2022/2/8)

「ぬいぐるみですよね」「衝撃のかわいさ」 モフモフなトイプーの写真に、本物の犬かどうか2度見する人続出
マフラーがよくお似合い。(2022/2/2)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
競合ひしめく音楽サブスク、どう使い分けてる? IT系編集者2人の場合
複数加入している人も多いであろう音楽サブスクサービス、使い分けはどうしているのか。2人のIT系編集者が振り返る。(2022/1/18)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
一生かけても消費できないコンテンツに怯える 映像サブスクの深淵を覗き込んだ話
アマプラ、ネトフリ、ディズニー、アップル、群雄割拠の映像サブスクについて語りました。(2022/1/17)

高木ブー、高校時代の“スリム姿”に驚きの声 70年前の貴重ショットに「好青年でステキ」「デートしてほしい」
優しい雰囲気はそのまま。(2022/1/15)

2021年JC・JK流行語大賞を総括する 「第4次韓流ブーム」と「推し活」という2つのキーワード
2021年下半期、全国の女子中高生内で流行したトレンドを押さえた「2021年の流行語大賞」が発表された。消費文化論の視点から、ランキングから見えてきた2つのキーワードについて考察する。(2021/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。