ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ビートルズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビートルズ」に関する情報が集まったページです。

CloseBox:
Amazonプライム解約しなくてよかった ゲーム・オブ・スローンズ最終章が始まるじゃないか
史上最高のドラマと評判の「ゲーム・オブ・スローンズ」が始まる。世界最速で見る方法は?(2019/4/15)

新元号「令和」で「いとしのレイラ」が脳内再生される人たち
なぜか脳内再生されてしまう、1970年発表の名曲。(2019/4/1)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

「冷蔵庫に洗濯機入れておいて」 理解の向こう側な言い間違いをする母を描いた漫画に「楽しそう」「友だちになりたい」
ポール・マッカトニーとは魂で会話できる。らしい。(2019/3/5)

米FedExが歩道走行する配送ロボ Segway発明者が開発
Walmartをはじめとする小売り企業向けに提供する。(2019/2/28)

元々は個人商店だった:
ジャズの名門「ブルーノート」 80年の歴史を支えた日本との軌跡を振り返る
米ブルーノート・レコーズが創立80周年を迎えた。ジャズ専業でこれほど歴史を重ね、新作を出し続けているレコード会社は他にない。その歩みは波乱に富むが、発展に大きな役割を果たしたのが日本だった。日本のレコード会社で同社の担当者として、40年以上をともに歩んだ音楽プロデューサー、行方均(なめかた・ひとし)(67)が、“ブルーノート日本史”を語る。(2019/2/18)

ITmedia NEWS TV:
昭和を止めるな!? ミニチュアで“昭和”を振り返る
(2019/2/16)

全く新しいビートルズ映画「Let It Be」制作中 ピーター・ジャクソン監督で
(2019/1/30)

NAMM 2019:
フレディ・マーキュリーそっくり歌手がAIでますますそっくりに?
クリムゾンテクノロジーが音声AI変換技術「リアチェンvoice for macOS」を展示していた。(2019/1/28)

「逆に目立ちません?」 鈴木紗理奈、眼鏡&マスクの“ガチ変装”がジョン・レノンそっくり
二度見してしまいそう。(2019/1/20)

Google検索のナレッジグラフ、偽情報の拡散に悪用も 研究者が指摘
ユーザーはGoogleの検索結果をうのみにする傾向があることから、ナレッジグラフは偽情報を拡散させたり、政治目的で悪用されたりする恐れもあると研究者は指摘している。(2019/1/11)

もしもビートルズがマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」をカバーしたら? 時代を超えた「ひとりで演奏してみた」動画に称賛の声集まる
クセまで再現するクオリティーの高さ。(2018/12/25)

立ちどまるよふりむくよ:
復活! 初代ウォークマン 動かないカセットプレーヤーで音楽を聴く方法
カセットテープって知ってます?(2018/12/21)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

「オシャレが襲ってくる!!!!」 青山に初めて行ったレポート漫画に「あそこは東京育ちでも怖い」と共感の声
すんげーとこ来ちまった!(2018/12/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
2台のAmazon Echoでステレオ再生? 実際に試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は2台のAmazon Echoをペアにしてステレオ再生を行う方法を紹介しよう。(2018/11/29)

GarageBandオンザラン:
GarageBandにジミヘンとリンゴがやってきたので新iPad Proが欲しくなる
ジミ・ヘンドリックスのワウワウ、リンゴ・スターのグルーヴ。これが簡単にできる。そう、iPhone X以降か新しいiPad Proならね。(2018/11/9)

ナンバガ、ゆら帝、フジファブ……日本のオルタナ全推しな『ロッキンユー!!!』は「99%に無視されて1人に刺さる」ロック漫画だ
邦オルタナ好き、問答無用で読むべし。(2018/11/2)

Apple Musicでビートルズ「グラス・オニオン」新作ミュージックビデオ公開 ホワイト・アルバム50周年で
「ホワイト・アルバム」といってもジョジョのスタンドではない。エロゲでもない。50年前のビートルズのアルバムだ。その中に収録された楽曲のミュージックビデオが新たに作られ、公開された。(2018/11/1)

「Happy Bday To Us」 ジョン・レノンの次男、若かりしころの父との2ショット公開で誕生日を祝福
ジョン・レノンと息子ショーンはどちらも10月9日生まれ。(2018/10/10)

「えっ、呼ばれてはない」 RAD野田洋次郎、ZOZO前澤社長の月旅行同行に期待の声あがる
「月と地球を見た洋次郎はどんな曲を作るのかな」などファンの妄想膨らむ。(2018/9/19)

ポール・マッカートニー、YouTubeでコンサートを日本時間9月8日にライブ配信へ
ポール・マッカートニーが9月7日にニューヨークで開催するコンサートをYouTubeでライブ配信する。日本でも視聴できる見込み。(2018/9/6)

「肉米肉米」「麺麺麺麺……」 水卜麻美アナ、インスタを始めるもやっぱり飯テロと化す
水卜ちゃんらしすぎる。(2018/8/2)

「これは良い」「泣ける」 ポール・マッカートニー、“あの横断歩道”に降臨してファン熱狂
最高かよ!(2018/7/25)

ITはみ出しコラム:
ネットの自由と著作権はもっとうまく両立できる? 物議を醸すEUの著作権新指令案
欧州連合(EU)では、新しい著作権についての指令案が物議を醸しています。この著作権新指令案は7月5日(現地時間)に否決されましたが、9月の再投票に向けて改善していきます。(2018/7/8)

ドラマ「高嶺の花」出演の「銀杏BOYZ」峯田和伸、ファンを熱狂させるバンドマンが役者をやる理由とは
汗だくになって歌っていた「銀杏BOYZ」峯田和伸は変わってしまったのか。(2018/7/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「マジメ」から「クリエイティブ」へ――どうすればクリエイティブになれるのか?
「クリエイティビティなんて、天から選ばれた一握りの人たちのものでしょ」と思いがちだが、実際には全ての人が「クリエイティブになれる素質」を持っている。(2018/7/5)

頭にかぶるハンズフリー傘「アタマンブレラ」爆誕 カメラや釣りなど両手を使いたいシーンに
でっかい帽子を被った感じです。(2018/6/22)

中学校の英語の授業ってテンションおかしくなかった?
歌わされた洋楽、まだ覚えてる。(2018/6/16)

ソニー、「Queen」の著作権を持つEMI Music Publishingを完全子会社化
ソニーは、音楽出版会社のEMI Music Publishingを完全子会社化する。EMIは、Queen(クイーン)やサム・スミスなど、楽曲200万超の著作権を保有している。(2018/5/22)

「レプリカ車の参加は不可」!! ホンモノの超絶名車・旧車が集うイベント「日本海クラシックカーレビュー」がすごい
2018年は9月2日に開催。10年以上参加してきた筆者が“先だって”見どころを紹介。(写真64枚)(2018/5/22)

「伝説がまた一つ増えた」 YOSHIKI、ポール・マッカートニーの2ショットに興奮が止まらない
マジのポールじゃん……。(2018/4/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
オンキヨーのスマートスピーカー「P3」と「Amazon Echo」を比較して分かったこと(実力チェック編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はオンキヨーのAlexa対応スピーカー「P3」の実力を、Alexa対応スマートスピーカー「Amazon Echo」と比較しながらチェックする。(2018/3/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

「一線越えた」神回はこうして生まれた 湯浅政明、「DEVILMAN crybaby」を語る
永井豪「まさしく、ちゃんとデビルマン」。(2018/1/15)

「スマスピ」おしゃべり広場:
スマスピ魔女Eufy Genieのいる暮らし
Amazon Prime会員なら3480円で同居できる。(2018/1/15)

Facebookで使える音楽拡大──ブルーノ・マーズやポール・マッカートニーも
Facebookが複数の著作権管理団体と契約し、ユーザーがアーティストの著作権を侵害せずに使える楽曲を拡大すると発表した。ブルーノ・マーズやポール・マッカートニーの楽曲をFacebookだけでなく、Instagram、Oculus、メッセンジャーなどで使えるようになる見込み。(2018/1/15)

宇多田ヒカルの全アルバム&シングル、定額制音楽配信で解禁 国内音楽市場で大きな契機となるか
Apple MusicやLINE MUSICなど9つの配信サービスで、宇多田ヒカルさんのほとんどの音源が一挙配信開始。(2017/12/9)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「この曲なんだっけ?」を解決 Amazon Echoで再生した楽曲を自動リスト化してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon Echoで再生した曲一覧をGoogleスプレッドシートに書き出すためのIFTTTアプレットを紹介する。(2017/12/9)

元SMAP3人が72曲メドレーを生披露 「前前前世」に「ultra soul」、恋ダンスも【楽曲一覧あり】
声を枯らして熱唱しました。(2017/11/5)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Homeは「Let It Beを再生して」で曲をかける? アルバムをかける?
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」での音楽再生についてお届けする。(2017/11/2)

iPhone X発表会を林信行が語る それは人類が向かう確かな行き先
「私が進むのはパックが向かう方向、それまであった場所ではない」。iPhone誕生10周年を飾るAppleスペシャルイベントを林信行が振り返る。(2017/9/14)

デアゴスティーニ、アナログレコードが付いてくる「ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション」――創刊号「アビイ・ロード」は1990円
(2017/8/1)

話題のアナログレコード! 気になる人のための手頃で満足度の高い機器購入ガイド
(2017/8/1)

「残業を乗り越えるサントラ」がAmazonの人気プレイリストに ゴジラが残業の到来を告げE.T.が帰宅をうながす神構成
「帝国のマーチ」など、苦境を思わせる曲を挿入するメリハリのつけかたも秀逸。(2017/7/28)

GarageBandオンザラン:
「愛を止めないで」をGarageBandピアノ弾き語り コードを止めないでベースだけ動かして
iPhoneかiPadがあれば、小田さん気分で弾けちゃいます。(2017/7/13)

「カッコ良すぎます」「ほんと憧れる!」 夏木マリ、流し目イケメンショットでファンを痺れさせる
痺れるぅ!(2017/7/12)

CloseBox:
初代iPhone発売10年後、再び手にしてわかった「今も使えるぞこれ!」
2007年発売のiPhoneが今も手元にある。まだ実用的かどうか、ある方法でテストしてみた。(2017/7/10)

GarageBandオンザラン:
ガレバン起動して20秒で始めるアンド・アイ・ラブ・ハー1本指弾き語り iOS版GarageBand書籍出版記念
「ガレバンおじさん」こと松尾が執筆したiPhone、iPad用GarageBandの本が本日7月8日に発売されたので、その連動企画第2弾です。(2017/7/8)

GarageBandオンザラン:
ガレバン起動して10秒で始めるヘイ・ジュード2本指弾き語り iOS版GarageBand書籍出版記念
ガレバンはいいぞ、ということで、iPhone、iPad用GarageBandの本が7月8日に発売されます。その連動企画です。(2017/7/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。