ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブレードPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブレードPC」に関する情報が集まったページです。

仮想化特有の課題を払拭
1人5万円台で手に入る、仮想化不要のリモートデスクトップとは
ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。(2016/12/1)

CADニュース:
造船大手の設計部門向けに仮想デスクトップ環境を構築
ネットワンシステムズは、造船大手のジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所の設計部門向けに、3次元CAD設計業務用の仮想デスクトップ環境を構築したことを発表した。(2015/11/10)

TechTargetジャパン用語事典
VMware App Volumes(旧称:CloudVolumes)
VMware App Volumes/CloudVolumes(2015/8/19)

図解でわかるVDI:
PR:普及が進むデスクトップ仮想化――「仕組み」と「メリット」を知る
クライアントPCからデスクトップ環境を切り離し、サーバ上で稼働させる「VDI(Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化基盤)」が注目されている。決して最新技術ではないものの、ネットワークの大容量化や画面転送プロトコルの高速化などの技術革新により、ここに来て普及の兆しをみせている。(2014/1/6)

導入事例:
中央大、学生4500人が私物PCで利用する“バーチャルPC室”構築の舞台裏
学生が私物のPCやタブレット端末から学内のICT環境を利用する――そんな仮想デスクトップクラウド環境を中央大が構築。システム構築の舞台裏を同大副学長に聞いた。(2013/9/25)

デスクトップ仮想化製品紹介:Ericom
費用は従来の2分の1以下、イスラエル発のハイブリッド型デスクトップ仮想化製品
デスクトップ仮想化製品の導入には“初期費用”という壁があった。ところが、従来製品の約2分の1から4分の1で導入できる製品があるという。Ericom Softwareの「PowerTerm WebConnect」を紹介する。(2012/8/15)

日立シンクライアント「FLORA Se/FLORA bdシリーズ」
シンクライアントが実現する「セキュア」で「省電力」なVDI
近年、注目を集めているVDIソリューションだが、導入に当たっては使い勝手や管理性、セキュリティに万全を期したい。その際に有力な選択肢となるのが最新のシンクライアント製品だ。(2012/7/30)

XenDesktopとの違いは?
SMBに最適なオールインワンデスクトップ仮想製品「VDI-in-a-Box」
SMB向けに特化したVDIソリューション「Citrix VDI-in-a-Box」。VDIに必要な機能を網羅した仮想アプライアンスとして提供され、物理サーバ1台からVDIを始められる。本稿では、VDI-in-a-Box の機能の他、XenDesktopとの違いも解説する。(2012/5/17)

クライアント仮想化の投資対効果は3年で300%超――IDC調査
クライアント仮想化製品を使えば、投資に対して3年間で3倍以上の効果が得られ、およそ1年1カ月で投資コストを回収できるという。(2012/4/11)

3つのテーマで開発
ここまで分かった! XenServer 6.0の新機能
米Citrix Systemsは2011年7月5日、「XenServer 5.6」の次期バージョン「XenServer 6.0」のβ版を発表した。「クラウド」「デスクトップ」「エンタープライズデータセンター」をテーマに、大幅な機能強化を図る。(2011/7/14)

デスクトップ仮想化製品紹介【第1回】
デスクトップ仮想化の仕組みとメリット
企業の経営課題であるコンプライアンスの強化や情報漏えい対策を背景に、デスクトップ環境を集中管理する仕組み「デスクトップ仮想化」が注目を集めている。(2010/7/29)

仮想化リーダー企業に聞く2010年の戦略【第2回:シトリックス・システムズ】
FlexCastとXenAppを備えたXenDesktop 4で、デスクトップ仮想化の本格普及を目指す
“デスクトップイノベーション”を戦略に掲げるシトリックスは2010年、デスクトップ仮想化への動きをさらに加速する。同社は企業のデスクトップ環境をどう変革しようとしているのか。(2010/5/21)

デスクトップ仮想化って何?(後編)
どれを選ぶか 3大ベンダーのデスクトップ仮想化技術比較
世界3大仮想化ベンダーであるヴイエムウェア、シトリックス、マイクロソフト各社のデスクトップ仮想化ソリューションの特長を見ながら、選択に役立つポイントについて考えてみたい。(2010/5/18)

デスクトップ仮想化って何?(前編)
デスクトップ仮想化がもたらす柔軟で堅固なIT基盤
2010年が元年といわれるほど注目されているデスクトップ仮想化。かつて期待されたシンクライアントやサーバベースコンピューティングとは何が異なるのか。(2010/5/12)

国内市場動向から読み解く仮想化
【導入効果】コスト削減以外の仮想化導入メリットを見いだすには?
サーバ、ストレージだけでなくデスクトップ領域まで仮想化の取り組みは広がっている。しかしそこで留意しなくてはならないのが仮想化そのもののクオリティだ。それがコスト削減以外の仮想化導入メリットだといえる。(2010/1/14)

ワコール、百貨・量販店のクライアントPC環境にシンクライアントを採用
ワコールは、全国に展開している百貨・量販店のクライアントPC環境を日立製作所の「セキュアクライアントソリューション 統合型」でシンクライアント化した。今後適用範囲を拡大していく意向。(2009/12/17)

エンカレッジ、仮想化対応のシステム操作監視ツールを発売
エンカレッジ・テクノロジは、システムの操作内容を記録、監視できるソフトの最新版「ESS REC 4.3」を発売した。(2009/11/16)

旭化成、研究開発部門にシンクライアント導入
旭化成の研究開発部門で日立のシンクライアント環境が導入された。「Citrix XenDesktop」を用いた統合型と呼ばれるソリューションだ。(2009/6/1)

PR:シン・クライアントが不況に打ち勝つコスト削減を果たせる理由
クライアントPCの管理において発生するコストや負荷、そして内部統制上のリスクなどに悩む情報システム担当者は少なくないはず。その課題を抜本的に解決するソリューションとしてシン・クライアントという選択肢があるが、まさに決定版ともいえるシン・クライアント方式が登場したようだ。コスト削減の特効薬となり得る「統合型」シン・クライアントの特長を探る。(2009/5/25)

実用期に入った次世代IT基盤
今すぐ検討したい普及期の仮想化技術
仮想化技術は今、基幹システムへの適用すらも現実的なレベルに熟成された。仮想化により、企業内の各システムは再構成され、IT基盤を一変させる。その導入の参考になるコンテンツを集めた。(2009/5/27)

シンクライアント導入の課題と対策
ブレードPC、仮想PCの課題を克服する6つのアイデア
ブレードPC、仮想PCによるPC統合など、シンクライアント化を実践する企業が徐々に現れてきた。スムーズな導入と使いやすいシステムを実現するために、課題と対策法を洗い出す。(2009/4/9)

「Z」の名を冠する“究極のWS”──日本HP、デスクトップWS新シリーズ「Z Workstation」を投入
HPがXeon 5500シリーズ搭載のワークステーション新シリーズ「Z Workstation」を発表。CADやハイエンド3D編集、ファクトリー用途といったプロ向けはもちろん、ハイエンドゲーマーなどのコンシューマー層にも訴求する。(2009/4/6)

ユーザーも楽なのがシンクライアント:
PR:認証基盤やFeliCaとの組み合わせでセキュアな環境を実現
セキュリティやTCOの面でPCより有利とされるシンクライアント。しかしPCからのクライアントの移行には不安を感じる向きも少なくない。そんな中、伊藤忠テクノソリューションズでは、サン・マイクロシステムズのシンクライアント「Sun Ray」を導入/活用するためのソリューションを提案している。(2009/3/30)

往時の半額以下で導入可能?:
ブレードPCはコスト・運用負荷軽減の決定打になるか
各企業ともクライアントPC管理の厳格化を進めているが、従来型PCに対しその機能を制限したり、使用状況を管理したりするのは手間もかかるし、ユーザーに負担を強いることにもなる。解決の糸口として期待されているのがシンクライアントである――。(2009/2/23)

日本HP、シンクライアントをセットで半額提供するキャンペーン
日本ヒューレット・パッカードは、シンクライアント/ブレードPCなどをセットにし半額で提供するキャンペーンを開始する。(2009/1/15)

要に椿姫にヴィヴィアンも!!:
“Small is Big”な「HP Mini 1000」で新たなスタンダードを創造する
日本HPが低価格ミニノートPC「HP Mini 1000」の発表会を開催した。デザイナーのヴィヴィアン・タム氏や芸能人が登場する華やかなイベントになった。(2008/11/26)

目的別に選ぶシンクライアント【第2回】
シンクライアントの導入検討、これだけは知っておきたい
各種あるシンクライアント実現方式の中で、自社のビジネス課題の解決にはどれが適しているのか? ガイドラインを提示するとともに、ユーザー意識調査の結果から読み取れる最近のトレンドを紹介する。(2008/10/31)

PR:時代のニーズに応える仮想デスクトップというアプローチ
クライアントPCを、データセンター内のサーバ上の仮想マシンとしてホスティングするVDIのソリューションは、エンドユーザー、運用管理者、経営者のいずれに対してもメリットを与える優れたシンクライアントソリューションである。本稿では、今、VDIソリューションを選択する意義について考える。(2008/10/22)

ただ堅いだけではない:
HPは“日本でも”本気です――ノートPC新ブランド「HP EliteBook」発表会
日本ヒューレット・パッカードがビジネス向けPCのラインアップを一新。航空機をモチーフにした堅牢PC「EliteBook」シリーズが登場した。(2008/10/3)

目的別に選ぶシンクライアント【第1回】
“再ブーム”のシンクライアント、その実現方式を理解する
情報漏えい対策やIT全般統制、グリーンITなどのニーズから、今シンクライアントに注目が集まっている。具体的に導入検討を始める前に、まずはシンクライアントの各実現方式をしっかり理解しておこう。(2008/10/1)

デスクトップの仮想化でグリーンIT:
デスクトップも2.0時代へ、シトリックスが包括的な仮想化ソリューションを発表
ハードウェアやOSを仮想化してデータセンターに集約、オンデマンドで必要なWindowsデスクトップ環境を瞬時に用意できるXenDesktopは、情報システムの仮想化を全社規模に拡大するものだ。IT部門は、単一のOSイメージを管理すればよく、また、ストレージも大幅に節約できる。グリーンITも実現できる一石二鳥だ。(2008/6/24)

NEWS
日本HP、耐久性と接続性を高めたモバイルシンクライアント新モデル
天板やパームレストに陽極酸化アルミニウムを採用するなど、堅ろう性を高めたノート型シンクライアントをリリース。7.2Mbps高速データ通信カード同梱モデルも提供する。(2008/6/23)

CTCと日本HP、Vistaベースのシンクライアントを建材商社に導入
伊藤忠テクノソリューションズと日本HPが共同開発したシンクライアントシステムを伊藤忠建材が全社450台のPCに導入した。(2008/2/29)

日本通運の海運事業部、業務PCを撤廃 シンクライアント環境へ
日本通運は、2008年度にも海運事業部管内の全業務PCをシンクライアントに移行する。ネットワーク再編やPCのリース満了を機に、シンクライアント環境に移行し管理負荷の削減を狙う。(2008/1/29)

日本通運、PC2700台を日本HPのシンクライアントに移行
日本HPは、日本通運のPC2700台を日本HPのブレードPCとシンクライアント端末に全面移行する。(2008/1/29)

「スカパー!」のコールセンター、ブレードPC860台を展開へ
DNCCは、2008年度末までにブレードPC860台を導入する。コールセンター業務は加入者情報を扱うだけでなく、人員の流動性が高く、セキュリティと運用管理コストの低いブレードPCを選択した。(2008/1/23)

日本HP、スカパー!のコールセンターにブレードPCを360台導入
日本HPは、スカパー!の顧客情報を管理するデータネットワークセンターに、ブレードPCを360台導入した。(2008/1/23)

Citrix Presentation Serverが実現する“アプリケーションの仮想化”とは:
PR:次世代のクライアント環境として熟成したシンクライアントシステム
企業を悩ませるセキュリティ対策や内部統制対策、これらに効果的に作用しつつ、運用コストの低減も図る。それが「アプリケーションの仮想化」を提供するシトリックス・システムズの「Citrix Presentation Server」である。(2007/12/27)

NEWS
日立、シンクライアントソリューション関連製品を拡充
セキュリティPC「FLORA Seシリーズ」の導入・利用を容易にするソリューションを販売(2007/11/26)

NTT-IT、大規模SBCシステムに対応したマジックコネクト2.0を発売
NTTアイティは、大規模なSBC環境での利用に対応し、USBキー1つでPCをシンクライアント化できる「マジックコネクト2.0」を発売する。(2007/10/16)

日本HP、ブレードPCの最上位機種を発表
日本HPは、同社のクライアント統合ソリューション「HP RCS(HP Remote Client Solution)」の核となるブレードPCの最上位機種となる「HP bc2500 Blade PC」を発売した。(2007/8/30)

NEWS
日本HP、ブレードPCの最上位機種「HP bc2500 Blade PC」を発売
デュアルコアプロセッサ搭載で処理性能を現行機種から約7割強化し、シンクライアントユーザーの利便性向上のために管理ソフトウェアの仮想化機能を拡張(2007/8/30)

アパレル業界初のHP CCI導入、ニューヨーカー
CTCと日本HPは、ニューヨーカー全店舗にシンクライアント導入を開始したことを明らかにした。全国規模で多店舗展開している大手小売店がシンクライアントを採用するのは国内初であるという。(2007/8/28)

HP、NASAから56億ドルの長期調達契約獲得
NASAはPC、ワークステーション、サーバ、プリンタなどの製品をHPから購入する契約を結んだ。(2007/5/24)

NEWS
日本HP、シンクライアント製品を12%値下げ
日本HPが、シンクライアント製品「HP Compaq t5720 Thin Client」を12%値下げする価格改定を実施した。テレワーク環境への支援を含め、シンクライアントの普及促進を狙う。(2007/5/24)

Column
仮想デスクトップ――デスクトップ集中管理の新アプローチ
VDI(仮想デスクトップインフラ)は、急速に脚光を浴びているが、言葉だけが先行してしまいそうな気配も漂っている。VDIとは何なのだろうか。(2007/4/11)

元麻布春男のWatchTower:
仮想化技術に見るインテルとAMDの個性
新世代のCPUに必須の機能なのにユーザーにその効果がイマイチ認識されない「仮想化技術」。インテルとAMDのそれぞれ異なるアプローチから「仮想化技術」普及の道を探る(2007/3/19)

HP、シンクライアント2機種を発表
HPが、新しいシンクライアントを発売する。また、CCIブレードPCの国際展開やパートナー企業ソフトへの対応拡大も発表した。(2007/1/27)

究極の情報漏えい対策が新ワークスタイルを創生【前編】
日立の提言「情報は持たなければ漏えいしない」
日立製作所が自社で実証しながら提案する「セキュアクライアントソリューション」。モバイルPCからHDDを取り去り、「情報を持たない、出せない」抜本的な情報漏えい対策を実現しています。さらに、情報を一切持ち歩かないシステムが、どこでも仕事ができるワークスタイル改革へと導きます。(2006/12/6)

セッションが切れても作業の続きを継続――日本HPがシンクライアント向け管理ソフト
日本HPは10月4日、シンクライアント端末からブレードPCへのリモートデスクトップ接続を一元的に管理する「HP Session Allocation Manager(SAM)」を発表した。(2006/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。