ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

「BNPパリバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BNPパリバ」に関する情報が集まったページです。

詳細判明まで先送り:
仏ルノー、ゴーンCEO解任見送り ボロレCOO暫定トップに
仏自動車大手Renault取締役会は、東京地検特捜部がカルロス・ゴーンCEO兼会長を逮捕したことを受け、ティエリー・ボロレCOOを暫定トップに指名した。(2018/11/21)

政府は「万全」強調:
増税対策、家計負担1兆円台に軽減 万全強調の政府に過剰の声も
来年10月に政府が予定している消費税率10%への引き上げに伴う負担軽減策は、家計負担を大幅に圧縮する効果がありそうだ。(2018/10/30)

新型Apple Watch、スイス腕時計の脅威に
(2018/9/14)

実体経済超えるマネー膨張:
広がらなかった金融不安、銀行外マネー膨張には警戒
「宴の終わり」には楽観と悲観が交互に訪れることを思い返しておくべきかもしれない。(2018/2/19)

ボラティリティー連動型ファンド:
米国株、自動取引で一段安の展開も
8日の米国株は再び急落したが、市場ではコンピューターを使った自動取引でさらに売りが膨らむのではないかとの見方が浮上している。(2018/2/9)

進展はいかに?:
日本のキャッシュレス化を考える
17年5月に日本政府は「キャッシュレス決済比率」を民間消費支出に占めるクレジットカード、デビットカード、電子マネーによる決済の割合と定義。今後10年間にキャッシュレス決済比率を4割程度とすることを目指すという。日本のキャッシュレス化の進展状況と今後の課題について整理したい。(2017/12/28)

製造マネジメントニュース:
PSAがGMからオペルなど欧州事業を買収、2020年に黒字化達成へ
GMは、ドイツのオペル(Opel)や英国のボクスホール(Vauxhall)などの欧州事業をPSAグループに譲渡する。譲渡金額は22億ユーロ(約2650億円)。これにより、欧州の自動車市場におけるPSAグループのシェアは17%となり、フォルクスワーゲングループに次ぐ第2位となる。現在、オペルとボクスホールは赤字だが、PSAグループへの統合によるシナジー効果で2020年までに黒字化する計画だ。(2017/3/7)

ビジネスニュース 企業動向:
ファウンドリ市場で揺らぐTSMCの優位性、サムスンの追い上げ加速で
ファウンドリ市場で圧倒的優位に立っているTSMCだが、その地位を揺るがしかねない“懸念事項”が少しずつ表面化し始めている。14nm FinFETを早々に製造したSamsung Electronics(サムスン電子)の存在や、スマートフォン市場の鈍化などが、その筆頭として挙げられる。(2015/4/23)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMCの成長は鈍化か、Apple「A9」の製造がSamsungに戻る可能性も
堅調な伸びを見せているTSMCだが、アナリストらは、2015年は成長がやや鈍化すると予測している。スマートフォン市場の成長が緩やかになることに加え、Appleが次世代プロセッサ「A9(仮)」の製造をSamsungに戻すと可能性があるからだ。(2015/1/20)

ビジネスニュース 企業動向:
TSMC、16nm FinFETのリスク生産を開始
TSMCが16nmプロセスを適用したFinFETのリスク生産を開始した。開発スケジュールは予定よりも早く進んでいるようだ。今後は、AppleやQualcommなどが、新しい世代のFinFETの製造を、TSMCとSamsung Electronicsのどちらにどの程度発注していくのかが注目される。(2014/11/18)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第13回 ドミノ・ピザから盗みたい、“意外なものをメディアに活用する”斬新な発想のコツ
DVDをメディアに見立てて展開したドミノ・ピザのバイラルキャンペーンが世界中で話題を呼んでいる。最近は意外なモノが広告メディアとして活用され始めている。(2013/6/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
売りが先行、引け際にギリシャ問題の進展が伝わり小幅高
(2012/2/15)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
格下げ懸念や芳しくない景気指標を受けて乱高下
(2011/8/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
住宅指標の好転や好調な企業決算を受けて堅調
(2011/2/17)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
好調な経済指標を受けて底堅い堅調な展開
(2010/11/4)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
強弱感の対立する経済指標の発表を受けてまちまちの展開
(2010/8/2)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
経済指標は堅調で一時プラスとなるも、信用収縮は続き軟調
(2010/5/6)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
低金利継続や商品市況高を受けて堅調だが雇用統計を控えて上値が重い
(2009/11/5)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
世界的な景気底入れ機運を好感して大幅高
(2009/8/4)

フランスに行ってみますか?:
サルコジのしたたかさは暗黙知
EU議長国であるフランスの指導者として金融危機にいち早く対処したサルコジ大統領。欧州経済の連合政府を提案するなど積極的な取り組みが目立つ。ドイツをはじめとするEU諸国はサルコジの“腹の底”をよく理解しているが故に、距離を保ちつつ落としどころを探っている。(2008/11/21)

「東京駅が街になる」――超高層タワー・グラントウキョウが完成
東京駅周辺で最も高いツインタワーが完成した。大丸東京店がリニューアルオープン、地下街がつながった。東京駅を1つの街に――ツインタワーがその足がかりとなりそうだ。(2007/11/5)

週1回リアルタイム連載「誠倶楽部」:
逆回転が元に戻った時が“買い”とは?
大荒れ相場の影響をまともに受けた「誠倶楽部」。市場に翻弄される中で、モバゲータウンで人気を集めるディー・エヌ・エーはどうなったか? 株主優待前を狙った吉野屋ディー・アンド・シーの株価は上がったのか…?(2007/8/27)

独立調査の独立性
投資目的や仕入先や顧客の評価、就職などのために、誰しも企業の実力を評価する必要に迫られたことが何度かあるだろう。そんなとき、ほとんどの場合は、いわゆる「専門家の意見」といういうものにある程度は頼らざるを得ない。(2005/8/23)

SunのFire V20zサーバ、欧州の大手銀行がグリッドに採用
(2004/9/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。