ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブランド品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブランド品」に関する情報が集まったページです。

盗品、現金、ウランまで……不適切出品後絶たないオークションサイト
御朱印が出品されるオークションサイトやフリマアプリは、気軽に個人間の売買ができるため利用者が多い。一方で、盗品や危険物、現金などの不適切なものが出品されたこともあり、業者側は対策に追われている。(2019/5/16)

石野純也のMobile Eye:
分離プランでキャリアの戦略はどう変わる? ドコモとソフトバンクの決算で見えたもの
NTTドコモとソフトバンク、それぞれの通期決算が発表された。業績はどちらも好調で、売上高、営業利益とも前年度と比べて増収増益を記録した。ドコモは6月1日に導入する新料金プランで、最大4000億円の減収が見込む。反転に向けては、非通信領域を強化していく構えだが、これはソフトバンクも同様だ。(2019/5/11)

西村博之が語る「令和ニッポンの処方箋」【後編】:
ひろゆき流“オワコン日本”の幸福論―― 他人とズレていたほうが幸せになれる!!
ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言。最終回は“オワコン日本”でも「おいしく」生きていくための方法論。(2019/4/26)

シャープが公開:
「AI」に過信は禁物 不足分を補い積極的に利活用を
シャープがこのほど、独自に開発した主な最新技術を一堂に集めて公開した。年内に発売したいという一眼レフ程度の大きさにまで小型化した8K対応のカメラや、橋などの老朽化を画像解析で診断するシステムなどのように、まだ市場に出していないものも多かった。(森一夫)(2019/4/22)

爆買から一転:
中国人旅行者はなぜ青森と佐賀に殺到するのか?
「爆買」のイメージの強い中国人観光客だが、実は都市部で買物をするための訪日は減ってきており、別の地域の人気が高まっている。特に中国人が注目しているのが青森と佐賀だ。その理由は?(2019/3/5)

Amazon.com、機械学習採用のコピー品検出・削除ツールをブランドに与える「Project Zero」
Amazon.comが、ブランドコピー(偽ブランド品)撲滅を目指す「Project Zero」を米国で開始した。参加ブランドに機械学習ツールを無料で提供し、セルフサービスで自社ブランドのコピーをAmazonから削除させる。削除データはAmazonのツール強化に利用する。(2019/3/3)

頭脳放談:
第225回 なぜ「IntelのCPU不足」はなかなか解決されないのか?
2018年からIntelのCPU不足が続いているという。その原因は最新の10nmプロセスの立ち上げが思ったように行かないこと、といわれているが、筆者は他にも原因があるように思う。(2019/2/26)

狙われる日本:
訪日外国人による「偽造クレカ」犯罪 その巧妙な手口とは……
インバウンド(訪日外国人客)による消費が増加する日本国内で、偽造クレジットカードで高級ブランド品などを購入する事件が相次いでいる。偽造対策が遅れている日本を外国人犯罪グループが標的にしており、摘発される外国人は急増。偽造カードの持ち込みやブランド品購入などの役割を細分化するなど、手口は巧妙化している。(2019/2/15)

B2Bリユース市場元年:
PR:会社の不用品、どうすればいいのか? 企業フリマ「ReSACO」が解決
オフィス移転やレイアウト変更などで、「机やイスがいらなくなった。どうしたらいいのか」と処理に悩んでいる担当者もいるのでは。そんな人にオススメのサービスが登場する。企業フリマの「ReSACO」だ。聞き慣れないこのサービス、どのようなものなのかというと……。(2019/2/6)

高級ブランド品市場の3割を支える:
マックにトヨタも……D&Gだけじゃない! 中国市場、半端な理解の危険性
中国人の高級ブランド好きは有名である。今や高級ブランド品市場の32%を中国人消費者が支えており、今後も増え続けるというのが大方の予想だ。“巨龍”と称され、世界中で注目される中国市場だが、生半可な理解で進出すると、虎の尾を踏むことになりかねない。(ノンフィクション作家・青樹明子)(2019/1/18)

その手口とは?:
大阪・ミナミ「半グレ」ぼったくりバー
西日本最大級の繁華街、大阪・ミナミで、大阪府警が、多数のガールズバーを経営する不良集団「半グレ」を一斉摘発した。半グレのメンバーは客を脅し、時には暴力を振るって法外な料金請求を繰り返し、毎月5千万円以上を売り上げていた。その収益は半グレのリーダーに集められ、一部は暴力団にも上納。府警の捜査によって明らかになったぼったくりガールズバーの手口と、暴力とカネで統率された半グレの実態とは……。(2019/1/8)

CloseBox:
「散財ではなかった」 そう思えた10製品
「2018年に買って良かったもの」をまとめてみた。(2018/12/31)

「UX」チーフエンジニアに聞く:
レクサスの好調を支える“若さ”と“挑戦”とは何か
トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の販売が好調。11月末には初のコンパクトクロスオーバー「UX」も投入し、活況のSUV市場で顧客層の拡大を狙う。チーフエンジニアを務めた加古慈さんに、UXに込めた思いや課題などを聞いた。(2018/12/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2018年に乗った特筆すべき日本のクルマ(前編)
2018年もいろいろなクルマの試乗会に行った。もちろん全ての試乗会に呼ばれるわけではないので、あくまでも筆者が試乗した範囲で「特筆すべきクルマ」について振り返りたい。前後編で6台の日本のクルマを紹介する。(2018/12/25)

8年連続赤字企業を救った戦略:
どん底から復活したメガネスーパーは、なぜ「安売り」と決別できたのか
わずか数年前、倒産寸前まで追い詰められていたメガネスーパーの「V字回復」が注目を浴びている。どのようにどん底からはい上がったのか。失敗と復活の背景には、眼鏡業界のビジネスモデルの変化を踏まえた戦略の転換があった。詳しく解説する。(2018/12/6)

「敗軍の将語らず」 バンク独立のDMM、70億円で買収→5億円で手放す
DMM.comは昨年10月末、バンクを70億円で買収したが、1年余りで、バンクの創業者がMBO(経営陣買収)を実施し5億円で買い戻すことになった。(2018/11/7)

「teacha」などに続き……:
エンタメ特化型フリマ「メルカリ カウル」終了 約1年半で「メルカリ」に統合
メルカリ傘下のソウゾウが、エンタメ特化型のフリマアプリ「メルカリ カウル」を12月に終了する。「メルカリ」と機能が重複してきたためで、今後は同アプリに統合する。(2018/11/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ピカピカ仕上げでカラフル 中国キャリアの独自スマホにも注目
スマートフォンの本体カラーが最近華やかになっています。数年前から各社が採用するガラス仕上げの高級感あるボディーデザインは今でも人気です。ところがここ1年ほどの間に、中国では光沢感を高めたカラフルな背面仕上げのスマホが増えています。(2018/10/23)

U&Iターンの理想と現実(50):
徳島編:IT系イベントは東京比で100分の1――僕がUターンで失ったもの
アイデアソンもねえ、ハッカソンもねえ、勉強会もそれほどやってねえ。AIねえ、ブロックチェーンねえ、たまにあるのはRubyくらい――そんな徳島で僕は絶対的幸福を手に入れました。(2018/10/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
壁に! 背中に! “自作空間”を拡張するアイテムがアキバで注目を集める
ROGロゴを壁に照射できるスポットライトやCORSAIR製チェアなど、マシンの枠組みを超えた新製品が複数見られるようになった。次世代GeForceの深夜販売イベント情報も。(2018/9/19)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)

第20回自動認識総合展:
RFIDタグメーカーだった村田製作所、RFIDソリューションベンダーに生まれ変わる
村田製作所は「第20回自動認識総合展」において、これまでも提案してきたUHF帯RFIDタグに加えて、リーダーで読み取ったデータを基幹システムで利用できるようにする「RFIDミドルウェア」や、収集したデータの見える化を行うクラウドベースの「BIダッシュボード」などを展示した。(2018/9/13)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)

撮影者は前田敦子? 勝地涼、結婚後初バースデーで盛り上がるもファンからは「嫁さんとの2ショットが見たいです」の声
あっちゃんもニッコニコだろうなぁ。(2018/8/21)

ソフマップが衣料品買い取りを実施 ベクトルと提携
ソフマップとベクトルが戦略的事業提携の締結を発表した。(2018/7/30)

ソフマップでブランド衣料買い取り ベクトルと提携、女性客取り込み狙う
ソフマップが、古着の買い取り・販売を手掛けるベクトルと提携。8月1日からソフマップの一部店舗で、衣料品やバッグなどのブランド品の買い取り受け付けを始める。新規の女性顧客開拓を狙う。(2018/7/30)

即時買い取り「メルカリNOW」終了 わずか9カ月で 「メゾンズ」「teacha」も終了
即時買い取りサービス「メルカリNOW」が8月20日に終了へ。開始からわずか9カ月で役目を終える。「メルカリメゾンズ」と「teacha」も終了する。(2018/7/20)

週末アキバ特価レポート:
「週末になくなるかも」――「970 EVO」にヒートシンク追加モデル
SamsungのM.2 NVMe SSD「970 EVO」シリーズに、長尾製作所製作のヒートシンクがオマケされる限定モデルが登場。価格は据え置きでアキバ各店に入荷している。ただし在庫は……。(2018/7/14)

メルカリが5周年 「総取引件数2.8億回」「最高額商品は315万円のダイヤ」など歴史を数字で振り返る
一番「いいね」を集めたのは、子どもが出品した「ドングリ」。(2018/7/3)

メルカリ上場、初値は5000円 公開価格を66%上回る
メルカリが東証マザーズに新規上場した。初値は5000円と、公開価格の3000円を66%上回った。(2018/6/19)

今日のリサーチ:
メルカリ、民泊、カーシェアリングなどC2C(個人間取引)市場が拡大――矢野経済研究所調べ
拡大が続くC2C(個人間取引)市場、今後の成長が期待できるのはどの分野でしょうか(2018/6/7)

メルカリ、マザーズ上場へ 東証が承認
東京証券取引所が、メルカリのマザーズ上場を承認した。(2018/5/14)

石原卓児社長インタビュー:
70周年“ブランドのコメ兵”が直面した「2つの危機」
中古ブランド品リユースでトップを走るコメ兵。今年で70周年を迎えた同社は、「2つの危機」に直面した。危機的状況をどう乗り越えたのか。石原卓児社長にインタビューした。(2018/4/3)

「われわれはディスラプターだ」などと考えたことはありません:
メルカリ ビジネスディベロップメントに聞く、体験価値をスピーディーに生み出せる本当の理由
各業種でITサービス開発競争が活発化している。ただ「優れたユーザー体験をいかに迅速に開発・提供するか」というとテクノロジーに閉じた観点になりがちなものだが、この競争に勝つためには、サービス企画全体を俯瞰する視点、取り組みが不可欠となる。では具体的に、価値あるサービスを作るためにはどのようなスタンス、取り組みが必要なのか? メルカリ 事業開発部 部長 小野直人氏に話を聞いた。(2018/3/29)

小売・流通アナリストの視点:
アマゾン・ゴーの出現は既存小売にとってピンチなのか?
レジのないコンビニ「アマゾン・ゴー」が一般客向けにオープンした。利便性が高いなどと評判が良いが、一方で既存の小売業にとっては脅威になるのは事実だ。ただ、すべてが取って代わられるかと言えば、決してそうとも言い難い。(2018/2/21)

持ち物現金化アプリ「CASH」、金券・外貨の買い取り開始
持ち物を即座に現金化できるアプリ「CASH」が、金券や商品券、外貨の買い取りに対応した。(2018/2/20)

群馬県では初:
セブン‐イレブンと前橋市、地域活性化で連携協定
コンビニ最大手のセブン‐イレブンと前橋市が「地域活性化包括連携協定」を締結した。地産地消や子育て支援などに取り組む。(2018/1/29)

“いま”が分かるビジネス塾:
縮小するクリーニング店 打開策は?
クリーニング店のビジネスが厳しい状況に追い込まれている。直接的な原因はコインランドリーの増加だが、状況はもう少し複雑だ。労働者の賃金やライフスタイルの変化など、複数の要因が絡み合っている。そしてシェアリングエコノミーの台頭がこの状況を加速させる可能性が高まっている。(2018/1/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
品のある稼ぎ方、使い方
品のない稼ぎ方をしていると、リスペクトがなくなるので、長続きしない。品のある稼ぎ方と、品のない稼ぎ方には、決定的な違いがある。(2017/12/21)

不用品買い取り業者ってどうやって選べばいいの? お得な選び方を教えて!
さまざまな不用品買い取りサービスの違い、選ぶときに押さえておきたいポイントなどをご紹介。(2017/12/18)

約半数が使い方を後悔:
年収1000万円以上がボーナスの使い方で“後悔”したこと 1位は……
高所得者がボーナスの使い方で“後悔”したことは? ワコム調べ。(2017/12/7)

持ち物現金化「CASH」、最低査定額を「1000円」に 「メルカリNOW」対抗
持ち物現金化アプリ「CASH」の最低買い取り額が1000円に。「メルカリNOW」対抗とみられる。(2017/11/27)

スマホ撮影で即査定・買い取り 「メルカリNOW」スタート 「CASH」対抗か
メルカリが、スマホカメラで撮影するだけですぐに不要品を現金化できる「メルカリNOW」をスタートした。(2017/11/27)

スマホなど買い取り「カウマエニーク」 宅配・持ち込み両対応、「Tポイント」なら金額アップ
家電や携帯電話、ブランド品などの買い取りサービス「カウマエニーク」をヤフーが公開した。買取代金を「Tポイント」で受け取ると、買い取り金額が最大35%分上乗せされる。(2017/11/20)

いらんモノは「KANTE」で売ろう〜 コメ兵、ブランド品を鑑定付きで売買できるフリマアプリを始動
独自システム「KOMEHYOカンテイ」で、コメ兵による真贋鑑定を経て取引されるので安心。(2017/11/8)

本以外も売れる:
BOOKOFF初の「買取専門店」が中目黒にオープン
ブックオフコーポレーションが、初の買取専門店「BOOKOFF総合買取窓口 中目黒店」をオープンした。(2017/11/7)

真贋判定:
コメ兵、ブランド品フリマアプリに参入 鑑定付きで不安解消
ブランド品リユース最大手のコメ兵がフリマアプリに参入。(2017/11/7)

「一夜だけ億万長者の生活」をするにはいくら必要か?
一瞬のセレブ。(2017/9/18)

ブランド品に特化した「メルカリ」姉妹アプリ公開 自動査定、偽ブランド品購入者への返金など対応
初心者でも高値でブランド品が売却できるサポート機能などが特徴。(2017/8/21)

メルカリ姉妹アプリ第3弾:
ブランド品特化「メルカリ メゾンズ」自動査定で簡単出品
フリマアプリ「メルカリ」の姉妹アプリ「メルカリ メゾンズ」が提供開始。ブランド品に特化し、自動査定で簡単に出品できる。3年以内に年間1200億円の流通高を目指す。(2017/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。