ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブランド品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブランド品」に関する情報が集まったページです。

インポートブランド小売市場、2020年は前年比25.2%減 日本人富裕層の高額品需要がマーケットを支える
 矢野経済研究所は、「国内インポートブランド市場に関する調査」を実施し、現況、ブランド動向、将来展望を明らかにした。2020年、国内インポートブランド(主要15アイテム分野)の小売市場規模は前年比25.2%減の1兆9283億円となった。(2021/9/14)

Supply Chain Dive:
Adidasはatma.ioとの契約で何をしようとしているか 顧客体験を変えるDX投資の中身
消費のトレンドはこの数年で大きな転換点を迎える中、世界中に販売網を持つスポーツブランドAdidasがあるクラウドサービスと契約をして話題を集めている。リサイクル市場の拡大、サステナビリティーを意識したコト消費、オンライン/オフラインを問わない顧客接点など、物の売り方が複雑になる中、ブランドを守り、収益力を上げる仕掛けを探る。(2021/8/27)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(後編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
インタビュー後編はメタバースとブロックチェーンを組み合わせた時に生まれる可能性について。(2021/8/26)

転職は考えている?:
「手取り15万円できついと思うこと」ランキング
ビズヒッツは、手取り15万円の男女500人を対象に調査を実施。手取り15万円できついと思うこと、理想の手取り額について聞いた。(2021/7/30)

コロナ禍で4店舗を展開:
オープン初月で全店黒字化 24時間無人の古着店「秘密のさくらちゃん」を読み解く5つの秘密
コロナ禍でアパレル企業の業績が落ち込む中、続々と出店数を伸ばしている24時間無人の古着店がある。「秘密のさくらちゃん」だ。2020年1月に1号店を出店し、7カ月で4店舗まで拡大、全店でオープン初月黒字化を達成している。秘密のさくらちゃんを読み解く5つの「秘密」を探った。(2021/7/12)

ソフマップとブックオフが協業 リユースやPC・タブレットのサポートサービスで
ブックオフ店舗では7月から「電話&リモート パソコン・タブレット版」の取り扱いスタート。(2021/6/19)

ソフマップ、中古品買い取りアプリ「ラクウル」運営でブックオフと協業 買った物品をBOOKOFFで販売
ビックカメラ傘下のソフマップは中古品買い取りサービス「ラクウル」の運営で「BOOKOFF」を運営するブックオフコーポレーションと業務提携すると発表した。新たにラクウルでミニカーや鉄道模型、フィギュアの買い取りをスタート。買い取った商品をBOOKOFFで販売する仕組みを構築する。(2021/6/18)

3年で100店舗増やす:
なぜ、コメ兵は出店を急ぐのか? 戦略を支える、すごいAI
コロナ禍で多くのリアル店舗が打撃を受けているが、コメ兵ホールディングスは大規模な出店を計画している。傘下のコメ兵、K-ブランドオフそれぞれ今後3年間の間に100店舗出店の予定だ。理由はなぜなのか。また、それを支える「AI真贋」技術とは、何なのか。(2021/6/16)

小寺信良のIT大作戦:
Apple Music「ロスレス配信」の本質と、現実的な楽しみ方
Apple Musicでロスレス、ハイレゾ、空間オーディオが可能になった。ここではハイレゾ、ロスレスをどうやってあまりお金をかけずに聞くか、という提案を。(2021/6/15)

マスク時代に開花する「香りの文化」 香水サブスクじわり人気
 マスク着用が常態化した新型コロナウイルス禍で、香水人気が高まっている。定額で高級品を少量ずつ試せるサービスが若い世代に支持されている。歴史をひもとけば、平安時代に貴族階級を中心にはぐくまれた香りの文化。どのように一般へと広がったのか、その変遷を追った。(2021/5/3)

ネット販売・サブスクはまだ:
緊急事態宣言で苦境の百貨店 各地で閉店相次ぐ
今回の緊急事態宣言の発令で休業要請の対象となった百貨店は、新型コロナウイルス禍による苦境が拡大しそうだ。地方の百貨店はとくに苦しく、全国では百貨店の閉店が相次いでいる。,(2021/4/25)

仲里依紗、ヒカキンファンの長男にドッキリ敢行で自分が感涙 「子どもよりママがはしゃいでておもろい」
ママ大成功。(2021/4/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
元祖女子スマホメーカー「Doov」が5Gスマホを中国で発売していた
中国メーカーは大手の寡占が年々進み、弱小メーカーは次々と消えていっています。Doovも中国ではもはや誰も知らないメーカーとなってしまいましたが、しぶとく製品を出しているのです。しかも5Gスマートフォンを中国で発売したというので、実機を入手してみました。(2021/3/25)

PR:Web会議の「聞き取れない」は解決できる “明瞭な音声”がビジネス成長のカギに
新型コロナの影響で利用が広がったWeb会議。当初はやむを得ず利用していたものの、今ではビジネススタンダードとして積極的に生かす企業も急増している。ただ、リモートでのコミュニケーションは「音声の聞き取りにくさ」が問題になりがちだ。そして、それがビジネスに大きな損失をもたらしている。状況の打開に向け、何が必要とされるのか――。(2021/3/1)

加藤紗里、娘にGUCCIのベビーシューズ 「嫌われものの母親でごめん」「でも愛してます」
娘・りりちゃんにたびたびブランド品をプレゼントしている加藤さん。(2021/2/22)

りゅうちぇる、購入品が届かない“詐欺被害”を告白 不運続くもポジティブ全開「良いお天気だから僕はハッピー」
詐欺被害多いなぁ。(2021/1/30)

「かっこいい母娘」「ブランド品でもイヤミない」 紅蘭、2歳娘との“アルマーニ”リンクコーデに反響
キマってるなー!(2021/1/23)

「人生で一番悔しい」 生駒里奈、フィッシング詐欺被害を告白 被害額は10〜15万円ほど
今回はカード会社が全額補償してくれるそうです。(2021/1/17)

「月50万使う太客には“獲りやすく”アシスト」「裏側を見たら絶対プレイしない」 元従業員が語るオンラインクレーンゲームの闇と法の未整備
オンクレはなぜ24時間営業できたり、高額景品を投入できたりするのでしょうか。(2021/1/4)

ソーシャルディスタンス保つ:
ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店が大幅リニューアル コロナ禍の影響で
ドン・キホーテ新宿歌舞伎町店がリニューアル。ソーシャルディスタンスを保ちやすくした。コロナ禍の影響でレイアウトを変更。(2020/12/22)

問い合わせフォームへの攻撃急増 詐欺メールの“送信元”に
Webサイトに設置された問い合わせフォームを悪用した攻撃が増えているとして、さくらインターネットが、Webサイトのオーナーに注意を呼び掛けている。(2020/12/9)

建物の大規模修繕工事に対応できない会計学と税法(5):
【第5回】建設会社の役割とは、顧客に快楽を与えることである
本連載では、建物の大規模修繕工事で生じる会計学や税法上の問題点やその解決策を千葉商科大学 専任講師 土屋清人氏(租税訴訟学会 常任理事)が分かりやすくレクチャーする。第5回は、建設会社が顧客に満足を与える“価値”とは何かについて、経済学や会計学の観点から多角的に考察していく。(2020/12/2)

PR:スマホ1つでプロの鑑定士が査定してくれる「UTTA!」でブランド品を売ってみたら思わぬ資産価値に気付いた話
「こんなの売れない」と思ってるそのアイテム、実はかなりの値段がつくかもしれません。(2020/11/30)

Amazon.com、偽造品販売対策で米政府機関と協力
プラットフォームでの偽造品販売防止に取り組むAmazon.comが、米連邦政府の知財保護対策組織IPRセンターと協力し、偽造品の米国への侵入を防ぐ共同事業「Operation Fulfilled Action」を立ち上げた。(2020/11/25)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
LINEで“濃い”関係づくり、売り上げ1.3倍に コメ兵が見据える中古品ビジネスの将来像
中古ブランド品売買のコメ兵は、オンラインとリアルの接客を組み合わせたサービスを強化している。コロナ禍では「LINE接客」を活用し、店員1人当たりの平均売り上げが1.3倍に伸びた。デジタル活用の目的は“非接触”だけではない。顧客との“濃い”関係づくりだ。(2020/11/25)

伊藤健太郎の所属事務所、『週刊文春』に「厳重に抗議を行いました」 掲載記事について「事実に反している部分が多数」と説明
公式サイトを通じて伝えています。(2020/11/5)

スマート工場に潜むサイバーセキュリティリスク(4):
生産ラインを緊急停止に追い込む、IoTデバイスのライブラリ改ざん
スマート工場化が加速する一方で高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。本連載ではトレンドマイクロがまとめた工場のスマート化に伴う新たなセキュリティリスクについての実証実験研究の結果を基に注意すべきセキュリティリスクを考察する。第4回となる今回は、工場への導入が増えているRaspberry PiやArduinoなどを活用したIoTデバイスの導入が進む中、ユーザーはどのような点に気を付けるべきかを解説する。(2020/10/26)

女性が魅力を感じるクレジットカード、1位「アメックスプラチナ」 2位「楽天カード」と、「高収入そう」「堅実そう」で票が割れる結果に
正反対のイメージのカードが1位と2位にランクイン。(2020/10/20)

IT基礎英語:
つかみ取る“seize”、犯罪の証拠品から密輸品からチャンスまで
発作、押収、つかみとる……。seizeには多くの意味があり、訳し分けが難しい。(2020/9/28)

メルカリ米国事業が好調に 「ローカライズ」「コロナ特需」が成長のカギ
メルカリが多額の資金を投じ、赤字の要因になっていた米国事業が好調。配送手続きの簡略化やAIを活用した新機能の追加など、米国独自の施策がその要因だという。新型コロナウイルス感染拡大によるEC需要の増加も成長を後押ししたとしている。(2020/9/8)

メルカリが出品禁止ガイドを改定 「xx風」や「xxタイプ」などブランド名やキャラクターの記載もNGに
デザインを似せたものもNGとなります。(2020/8/26)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
三越伊勢丹の「内部留保1500億円」は2年半で消える コロナ禍で“巨額赤字続出”の百貨店業界
米国では新型コロナの影響で、百貨店が次々に経営破綻に追い込まれた。日本の百貨店は果たして生き残ることはできるのか。三越伊勢丹の財務内容からひもとく。(2020/8/24)

GUCCI、PUMA、ミズノなどブランドロゴを無断使用したハンドメイドマスクにご注意! メーカー「許可できるものではない」
オークションサイトやフリマサイトで1万円を超える値段で売買されていました。(2020/8/16)

メルカリ、台湾の大手マーケットプレース「Shopee」と連携 海外在住でも商品買いやすく
フリマアプリ「メルカリ」に出品された一部商品を台湾や東南アジア地域向けのECサイト「Shopee」上で閲覧、購入できるサービスをメルカリが開始。台湾を皮切りにグローバル展開を強化する。(2020/8/12)

今日のリサーチ:
コロナ収束後の中国 生活者に根強い「第2波」への警戒心――博報堂生活綜研(上海)調査
afterコロナを世界に先駆けて迎えたとされる中国ですが、生活者のマインドは、まだまだ明るくはないようです。(2020/6/23)

偽サイトが大量発生 首相官邸や新聞社も標的に 見破り方と、マネされない方法とは?
首相官邸や新聞社などの公式サイトを模した偽サイトが増加し、IPAや警察が注意を呼びかけている。偽サイトを駆使した詐欺は、活発に活動したり、息を潜めたりという“波”が繰り返されてきたが、最近また盛んになっている。どうすれば見破れるのか。(2020/6/9)

3Dプリンタニュース:
ミマキのフェイスシールド無償提供プロジェクト、製造時間の短縮で多くの申し込みに対応
ミマキエンジニアリングは、同社の3Dプリンタを活用した簡易式フェイスシールドの製作/無償提供プロジェクトにおいて、2020年5月20日時点で901件(合計2万9312個)の申し込みを受け、既に666件(合計1万5366個)分の出荷を行ったことを発表した。(2020/5/25)

3Dプリンタニュース:
ミマキが3Dプリンタでフェイスシールドを製作、希望者へ無償提供
ミマキエンジニアリングは、韓国のSindohとの共同ブランド品であるFDM方式3Dプリンタ「3DFF-222」を用いて簡易式フェイスシールドを製作し、希望者に対して無償提供を開始する。(2020/4/24)

今日のリサーチ:
「SNOW」「Ulike」「LIPS」――SHIBUYA109 lab.「女子高生・女子大生のスマホの必須アプリ調査」
女子高生・女子大生の「ダウンロード必須アプリ」9選とは。(2020/3/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
トリコロールカラーがおしゃれなGalaxy Z Flipの「Thom Browne Edition」 約32万円
「Galaxy Z Flip」は、海外では「ミラーゴールド」に加え、ファッションブランド「Thom Browne」とコラボしたモデルもあります。スマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」や「Galaxy Buds+」のおそろい品も付属します。値段は2万3000ポンド(約32万円)とかなりしますが、ブランド品であり美しいデザインの製品です。(2020/3/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
世界シェア10位、Tecnoの最新スマホ「Camon 12 Pro」は高コスパのカメラフォン
スマートフォンの世界シェア10位内には意外なメーカーが入っています。それがアフリカなどで人気のTecno(テクノ)。中国の伝音科技(Transsion)が展開するブランドで、アフリカではシェア上位に顔を出すメジャー製品です。そのTecnoの上位モデル「Camon 12 Pro」を紹介します。(2020/2/16)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
ブラック企業、セクハラ、解雇、引きこもり……38歳女性に刻まれた「氷河期という呪い」
国などによる支援が始まったロスジェネ。この世代が負った“傷”は、果たしてキャリアや金銭の損失だけか。ブラック企業勤務から一時は引きこもりになった女性の半生から追う。(2020/2/5)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
すかいらーくの「24時間営業撤廃」を手放しに喜べないワケ
「ガスト」や「ジョナサン」を手がけるファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、24時間営業を全廃すると発表した。本件は「働き方改革」という文脈で片付けられやすい。しかし、問題はそれほど単純ではない。これは新たな”実質値上げ”の類型だ。(2020/1/24)

東急電鉄が「サブスクパス」を導入、狙いは?
東急電鉄が「サブスクパス」の実証実験を開始すると発表した。東急線全線や東急バス全線の乗り放題を基本にしているが、なぜこのようなサービスを始めたのか。(2020/1/24)

QRコード決済対応のガチャガチャ登場 2020年6月からサービス開始予定
主要なスマホ決済サービスに順次対応します。(2020/1/23)

コード決済が使えるカプセルトイ自販機が登場 PayPayなどに対応
PayPayなどのQRコード決済に対応するカプセルトイ自販機「ピピットガチャ」が登場。利用者が小銭を用意する手間を省ける。(2020/1/21)

テレ朝モーニングショー「女性専用車両は戦場」「女たちのバトルに迫ります」――女VS女の構図を作って茶化す番組のあり方について考えた
テレ朝広報部「視聴者の方からは様々なご意見をいただいております」。(2020/1/19)

メルカリの独自データから判明:
クリスマス直前、フリマアプリで「紙袋」が大量に売れる謎 データから分析
クリスマス直前に中古の「紙袋」が大量に売れているという。メルカリの独自データから判明。謎の消費行動を考察する。(2019/12/23)

スマホで60秒 AI画像解析でブランド品の真贋判定を行う月額サービス
メキキは、質屋および買い取り店向けのブランド品AI鑑定サポートサービスを開始した。商品の相場調査もあわせて行える。(2019/12/3)

「Apple Watch Series 5」の常時表示を試す 使い勝手やスタミナはどう?
Apple Watchの最新モデル「Series 5」では、待望のウォッチフェイスの常時表示に対応……したのだが、バッテリー持ちなど機能面で気になる点も多い。併売される「Series 3」の倍近いお金を出して買うべきものなのかどうか、チェックしていこう。(2019/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。