ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炭酸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「炭酸」に関する情報が集まったページです。

濃厚・強刺激のエナジードリンク「スティング エナジー〈ゴールド〉」発売 ゴールドとサソリが目印
Webムービーも公開。(2019/5/28)

どこが違うの? 「サイダーとソーダ」「そうめんとひやむぎ」「アイスクリームとアイスミルク」【漫画版】
知ってるとドヤれる。(2019/5/17)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
事前の一策は事後の百策に勝る 常に心掛けていれば何か起きても慌てることはない
「よろこびがつなぐ世界へ」という合言葉で、未来に向かうキリングループ。「食と健康の新たなよろこび」を広げ、たくさんのよろこびがつながる世界を実現するための挑戦を続けている。(2019/5/15)

食べ物の好き嫌いが多すぎてリストを部署と共有している人
逆に何なら食べられるんだ。(2019/4/29)

タピオカ民に朗報! ミスタードーナツのタピオカドリンクがカラフルでおいしそう
魔性の食べ物、味つきタピオカ。(2019/4/25)

PR:【まぜそば・カレー・たまごサンド】「サッポロ本格辛口」の「最強炭酸※」にピッタリな料理を作ってみた
ゴックゴック!(2019/4/22)

ハーゲンダッツの抹茶サロンが期間限定オープン 緑一色なコースメニューで抹茶をたっぷり堪能できそう
圧倒的緑……!(2019/4/11)

商品PRイベントで描かれた絵、「他人の作品に酷似」と指摘 大正製薬「真摯に受け止める」
炭酸飲料「RAIZIN」のPRイベントで、モデルで銭湯絵師の勝海麻衣さんがライブペインティングで描いた絵が、他のイラストレーターの作品に酷似しているとネットで炎上。大正製薬はRAIZINの公式Twitterから、作品の写真が含まれる投稿のRTを削除し、勝海さんも謝罪したが、他人の作品を参考にしたかどうかなど、事実関係には言及していない。(2019/3/29)

タイムアウト東京のオススメ:
デラックスなスタバに行く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/3/5)

大阪ベイタワーに温泉テーマパーク「空庭温泉」がグランドオープン 安土桃山時代をコンセプトに天然温泉や食事処を提供
弁天町駅直結の約5000坪の温泉型テーマパークです。(2019/3/2)

炭酸水メーカー「ソーダストリーム」と、ていねいに暮らしたい
憧れていた“ていねいな暮らし”に一歩一歩。(2019/2/28)

無印良品の「天然水」「炭酸水」自主回収 発がん性疑われる物質が基準値超えて検出
発がん性が疑われている臭素酸が食品衛生法の基準値を超えて検出されたとしています。(2019/2/22)

グローバルに広がる「やってみなはれ」 120周年のサントリー
平成26年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、主人公に国産初の本格的ウイスキー造りを指示した「鴨居商店」社長の口癖は「やってみなはれ」。(2019/2/22)

鳥井商店の創業者:
120周年のサントリー グローバルに広がる「やってみなはれ」
平成26(2014)年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、主人公に国産初の本格的ウイスキー造りを指示した「鴨居(かもい)商店」社長の口癖は「やってみなはれ」。モデルは鳥井商店(後のサントリー)の創業者、鳥井信治郎(1879〜1962年)だ。その生涯を描いた伊集院静氏の小説「琥珀(こはく)の夢」も昨年にテレビドラマ化されるなど、創業120周年を迎えた今、彼のチャレンジ精神は改めてサントリーグループ社員らを鼓舞している。(栗川喜典)(2019/2/22)

最大の“売り”が裏目に:
「ねるねるねるね」が再成長 “健康に悪い”イメージを払拭できたワケ
発売から30年以上経った今も、多くの子どもから親しまれるお菓子がある。これまで8億個以上も売り上げてきた「ねるねるねるね」だ。そんなねるねるねるねがいま、再成長を遂げてる(2019/2/22)

次亜塩素酸化合物との化学反応で:
産総研、産業廃水に含まれたCNTを簡便に除去
産業技術総合研究所(産総研)は、次亜塩素酸化合物(NaClO)を用いてカーボンナノチューブ(CNT)を含む産業廃水から、CNTを簡便に除去する方法を開発した。(2019/2/7)

「ちびまる子ちゃんさくらコーラ」2月23日発売 さくら色とさくらの香りのコーラで春を先取り
お花見や春のイベントにもピッタリ。(2019/2/7)

パナソニックがロボット技術の共創拠点「Robotics Hub」設立
パナソニックがロボティクス分野の共創を進める「Robotics Hub」を東京と大阪に設立した。6つの大学と共同研究を進め、サービスロボットなど次世代ロボットの早期実用化を目指す。(2019/1/25)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

野球を見ながらあの味が楽しめる 串カツ田中、東京ドームに初のテイクアウト専門店オープン
限定フードメニューも。(2019/1/21)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
初めて誰かを愛して、初めて憎んだ<後編>
こんなに好きになっていなかったら憎しみにも変わらなかったのに。(2019/1/19)

月刊乗り鉄話題(2019年1月版):
秩父鉄道の「夜行急行」で夜明かし、その懐かしさにむせび泣く
夜中の長時間停車、駅ですする立ち食いそば!!(2019/1/17)

「和服美人」「輝いて見えます!」 平祐奈、“世界に一つだけ”のオーダー振袖で大人の色気を見せつける
色鮮やかで似合ってる!(2019/1/13)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯を流行らせるには「ウニ推しおじさん」になれ―― 銭湯神ヨッピーが語る、ネットで「水風呂推しおじさん」が増える理由
ヨッピーさん「国民全員が銭湯にハマればGDPが3倍になる」。(2019/1/11)

甘くておいしくてかわいい! 話題のカルディのいちごリキュール「フラゴリーノ」飲んでみた
ごろごろ入ったいちごが人気のお酒です。(2018/12/28)

PR:ファンタがはいだしょうこ画伯とコラボCMを制作する暴挙 「小さすぎる菅田将暉」の絵コンテが公開されてしまう
そんなバナナってレベルじゃない。(提供:日本コカ・コーラ株式会社)(2018/12/26)

渋谷公会堂のネーミングライツをLINEが取得 2019年秋に開設、アミューズらと3社合同で施設運営も
過去にはサントリーが取得して「渋谷C.C.Lemonホール」と命名されている時期がありました。(2018/12/12)

製造業IoT:
消耗品を自動発注するIoT重量計が「Amazon Dash Replenishment」に対応
スマートショッピングは、同社が開発したIoT(モノのインターネット)デバイス「スマートマット」が、Amazon.co.jpが提供を始めた自動で消耗品を再注文するサービス「Amazon Dash Replenishment(Amazon DRS)」に対応したと発表した。(2018/12/5)

萌え4コマ作家の生態を描いた萌え4コマ『がんくつ荘の不夜城さん』 作者が語る「きらら」作品の魅力
『まんがタイムきらら』で連載中の漫画家マンガ。作者の鴻巣覚先生に初のインタビューを実施しました。(2018/11/27)

「あたしに悪いコト教えて」 女子学生に迫られて“悪いコト”を教えるおじさんの漫画が優しい展開でほれる
悪いコトにもいろいろあります。(2018/11/24)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
AIの力でデュアルカメラ超え? 「Pixel 3 XL」の“賢い”カメラの実力を見る
Google純正のスマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が日本に上陸。トレンドに逆らうようにアウトカメラはあえてシングルで、インカメラがデュアルという面白い構成。どんなものなのか、撮り試してみましょう。(2018/11/14)

「喉が焼けました」 平祐奈、20歳の誕生日に“炭酸デビュー” 新鮮リアクションにファンほっこり
コーヒーデビューも見たいな。(2018/11/13)

スピン経済の歩き方:
世界一の印刷インキメーカーが、「食べられる藻」を40年以上前からつくり続ける理由
子どものころソーダ味のアイスを食べて、舌が青色になった人も多いのでは。鏡を見てびっくりした経験があるかもしれないが、いまのアイスを食べても同じように青くなるのだろうか。ならないのである。なぜ青くならないのか気になって調べたところ、意外な事実が判明して……。(2018/11/6)

目が覚めそうな新エナドリ 朝にキメたい強炭酸の「リアルゴールド ロケットスタート」が発売
どうしても目が開かない朝に頼りたい。(2018/11/5)

「アイスクリーム」に賞味期限はある? 意外と知らない食べ物雑学
冷蔵庫にずっと入れっぱなしだ!(2018/10/23)

「元気もらえる」「笑顔最高」 清原果耶の“元気ハツラツ美少女”っぷりがかわいすぎると話題に
高速口パクパクかわいい。(2018/10/22)

水曜インタビュー劇場(液色公演):
マツキヨのエナジードリンクが、たった1日で10倍も売れた秘密
マツキヨのPB商品「エナジードリンク」が売れている。2017年12月に発売したところ、あっという間に火が付き、売り上げが伸びているのだ。「マツキヨ=エナジードリンク」のイメージは強くないのに、なぜヒットしたのか。同社の仕掛人に聞いたところ……。(2018/10/17)

停滞する居酒屋のお酒に新ヒットを:
モンテローザ、焼酎割りのニュー飲料で狙う“ハイボールの次の座”
モンテローザが焼酎の卸や酒蔵と組んで焼酎割りの新ブランド「スパイダー」を売り込む。ハイボールの次のヒットが生まれない居酒屋業界と低迷が続く焼酎業界が手を組み若者にアピール。(2018/10/9)

未知の飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」が気になり過ぎるので買って飲んでみた → 8割コーラ
後味だけコーヒー。(2018/9/18)

【マンガ】小学生でも分かる「炭酸飲料にはアルミ缶が使われやすい理由」
反対に、ジュースやお茶はスチール缶が多いとか。(2018/9/18)

【マンガ】“ラムネが英語ではなくなった”理由
もともとは黒船とともに日本にやってきた飲み物でしたが……。(2018/9/13)

「コカ・コーラ プラスコーヒー」9月17日発売 炭酸の刺激とコーヒーの香りが合体した想像を超えた何かが誕生してしまう
どっちも好きだけど!(2018/9/5)

サントリー「BOSS」に炭酸飲料「ボストニック」登場 コーヒー由来の苦味から放たれるシュワシュワ感
自販機限定商品として発売中。(2018/8/23)

うは、「プシュー」できるぞ! 「ハローキティ新幹線のブレーキハンドル」形のペットボトルオープナー発売
炭酸飲料で「プシュー」。(2018/8/10)

自動車新時代戦略会議:
2050年に電動車100%へ、開発と調達、オープンイノベーションに手厚い支援
経済産業省は2018年7月24日、「自動車新時代戦略会議」の第2回を開催し、2050年までの長期目標に向けた基本方針と今後5年間の重点取り組みについて中間整理案をまとめた。(2018/8/2)

サントリー天然水ブランドからエナジードリンク 「南アルプスPEAKERビターエナジー」
「自然が育んだ素材」と「苦味と強炭酸による刺激」に着目して開発。(2018/7/25)

神戸風月堂「ゴーフル」を木で彫ってみた結果がすごい サクサクッと食べられそうな見た目が本物と間違えそう
木彫りでもこれなら食べられるんじゃないかな……?(2018/7/22)

7月下旬に再販売:
“透明ビール”を飲んでみた 8年越しの開発、アサヒ「クリアクラフト」
アサヒビールがテスト販売を開始した透明な発泡酒「クリアクラフト」。7月下旬から2回目のテスト販売を実施する。技術的なハードルを越え、8年越しで開発された「透明ビール」を飲んでみた。(2018/7/17)

ドライアイス問題を解決:
葬儀業界に新風 ドウシシャの遺体冷却安置台は何がすごいのか?
葬儀業界の“常識”が変わろうとしている。現在、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われているが、ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「メモリアルベッド」ではペルチェ素子によって冷却できるのだという。(2018/7/6)

英国スコットランドの香り:
キリン、スコッチウイスキー「ホワイトホース」のハイボール発売
キリンビールがスコッチウイスキー「ホワイトホース」を使ったハイボールを発売する。スコッチのスモーキーな香りに着目し他のウイスキーは混ぜずに仕上げた。(2018/6/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。