ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「炭酸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「炭酸」に関する情報が集まったページです。

リサイクルニュース:
レゾナックが川崎市と海洋プラスチックごみリサイクルの実証実験を開始
レゾナックは、川崎市とともに、川崎港の海面清掃で回収した海洋プラスチックごみを、水素およびアンモニアなどの化学品原料やCO2にリサイクルする実証実験を開始すると発表した。(2024/4/10)

急成長がえげつない! 寺田心、学ラン姿の成長した姿を披露 「マッチ」新CMで共学に転生
すっかり心さんだ。(2024/4/10)

材料技術:
城東テクノが高い柔軟性と強度を持ち“JIZAI”な造形が可能なPPを開発
城東テクノは3Dプリンタ用ポリプロピレン「JIZAI」を開発したと発表した。(2024/4/9)

LIBリサイクルの水熱有機酸浸出プロセス開発の取り組み(2):
グリーン溶媒と水熱条件の基礎知識、LiFePO4からリチウムを回収する流通式水熱装置
本連載では東北大学大学院 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センターに属する研究グループが開発を進める「リチウムイオン電池リサイクル技術の水熱有機酸浸出プロセス」を紹介する。第2回ではグリーン溶媒と水熱条件の基礎知識や著者の研究室で利用している流通式水熱装置について紹介する。(2024/4/10)

環境負荷の低減に貢献:
半導体材料の製造時に出る「使用済みプラ」、接着剤や肥料に再利用
レゾナックは2024年3月28日、半導体材料の製造過程で生じる使用済みプラスチックを水素や炭酸ガスに換え、資源として循環させる検討を開始したと発表した。同年1月に初回の実証実験を行い、技術的に問題なくガス化できることを確認している。(2024/4/5)

脱炭素:
地盤改良工事でCO2を固定化、実地盤で実証実験 東洋建設とエア・ウォーター
東洋建設とエア・ウォーターは、軟弱地盤を改良する深層混合処理工法(CDM工法)で使用するセメントスラリーにドライアイスを混入し、実地盤にCO2を固定化する実証実験を行った。(2024/4/3)

研究開発の最前線:
全固体リチウムイオン電池の基部素材として有望な候補物質を発見
東京理科大学とデンソーは、これまでに報告されている酸化物固体電解質よりも幅広い温度域で高いリチウムイオン伝導度を持つパイクロア型固体電解質を発見したと発表した。(2024/4/3)

「そこまでするなら、仕返しします」 物騒なタイトルと思いきや……島に移住した大学生の“ご近所トラブル”にほっこりする人続出
これはうれしい仕返し。(2024/3/30)

急に売れ出してサントリーもびっくり!? 調べてみたら「JJ」ブーム ジャスミン焼酎をリニューアルした背景
2019年ごろから、サントリーの「ジャスミン焼酎〈茉莉花(まつりか)〉」が急に売れ出した。不思議に思って調査をしてみると、意外なブームが背景にあることが分かった。(2024/3/28)

「サントリー天然水」から新商品 炭酸水市場の成長を受け「強炭酸」「高密度」で訴求
「サントリー天然水 SPARKLING」として、3月26日に業務用商品を先行発売。その後、5月に一般発売する。(2024/3/26)

材料技術:
カーバイドスラリーと排ガス由来のCO2を原料にしたCCU材料の製造技術を開発
白石工業は、鴻池組、高圧ガス工業、吉澤石灰工業とともに、アセチレンガス製造時の副生成物であるカーバイドスラリーと排ガス由来のCO2を原料とする軽質炭酸カルシウム(カーバイド軽カル)の製造技術を共同開発したと発表した。(2024/3/21)

これでいつでもドクターペッパーが飲めるぜ! 愛があふれて「日本ドクペ地図」を作った愛好家たち
急に飲みたくなったときに助かる……!(2024/3/10)

推しの全てを“激見”したいあなたへ 「LIVE master GEKIMI推し活エナジードリンク」3月4日発売
ノンカフェイン・ノン炭酸がうれしい。(2024/3/4)

「みかん缶のシロップ」がドリンクになり「夢の飲み物」と話題  開発は若手社員、「思わず『わかる!』と共感を呼ぶ商品」目指す
子どもの頃こっそり飲んでたやつ。(2024/2/23)

Marketing Dive:
コカ・コーラに学ぶイノベーション スパイスの利いたコーラや涙の味がするコーラを開発する理由とは?
北米市場で3年ぶりに新フレーバーを市場投入するCoca-Cola。TikTokのEコマースマーケットでは、さらに変わった製品を実験販売する。(2024/2/16)

『ど根性ガエル』スピンオフアニメが令和にやってきたでやんす! オール関西弁のボケツッコミが楽しいそろ谷作品「ど根性ガエルやねん」
根性根性ど根性。(2024/2/16)

新建材:
大林組がカーボンネガティブの注入材を開発、トンネル補修工事のCO2削減
大林組は、トンネル覆工裏込め注入技術「スペースパック工法」で使用する可塑性注入材について、製造時のCO2排出量を最大130%削減するカーボンネガティブタイプを開発した。従来と同じ性能や施工性を維持しながら、インフラ補修を低炭素化する。(2024/2/15)

新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」
ウイスキーの赤ちゃん。(2024/2/11)

「ジン」ブーム背景に参入障壁の低さと自由度の高さ サントリーが牽引、相次ぐ地方参入 
30年に国内ジン市場を23年比で2.1倍の345億円まで引き上げる計画を示した。こうした動きに呼応するように、近年は地方の小規模蒸留所によるクラフトジン製造への参入も相次ぐ。ブームが広がる背景には何があるのだろうか。(2024/2/8)

施工:
大阪・関西万博会場にCO2排出量を低減する地盤改良工法を初適用
竹中工務店は、コンクリート解体材由来のCO2固定微粉を使用し、従来の工法と比較してCO2排出量を低減する地盤改良工法を開発。大阪・関西万博の三菱未来館の地盤改良の一部に同工法を初適用し、地盤改良体としての性能を満たしていることを確認した。(2024/2/8)

リサイクルニュース:
レゾナックのKPRプラントの過去〜現在、プラからアンモニアを作れる量を拡大
レゾナックは「nano tech 2024 第23回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展し、川崎プラスチックリサイクル(KPR)事業で運営しているKPRプラント(神奈川県川崎市)の取り組みについて紹介した。(2024/2/7)

材料技術:
新反応性物質によるCO2の熱分解に成功、高効率プラントの概念設計を完成
新潟大学、東京大学生産技術研究所、信州大学、コロラド大学ボルダー校は、太陽集熱によるCO2の分解に新反応性物質を使用する技術を開発したと発表した。(2024/1/31)

捨てたらもったいない! タマゴの殻の意外な有効活用法に「なるほど」「感謝しかない!」菜園アドバイザーが解説
そんな方法が!(2024/1/31)

PR:温泉、うなぎ、文化財! 熊本県は冬でもアツアツ→手作りの「KUMA-ATSU METER」で温度を測ってきた
第2弾は「人吉球磨」を旅します!(2024/2/2)

製品動向:
CO2収支マイナスのテトラポッドを開発 製造時の排出量112%削減
鹿島建設と不動テトラは、製造工程のCO2排出量が実質ゼロ以下の「カーボンネガティブコンクリート」を使用した消波ブロック「CUCO-SUICOM(クーコスイコム)テトラポッド(CUCOテトラ)」を開発した。一般的なコンクリートで製造したテトラポッドと比較して、製造段階のCO2排出量を112%削減できたという。(2024/1/30)

「シーリングスタンプ、裏側から見たことある?」→クセになる美しさを4万人称賛 「めちゃくちゃ好き」「着眼点が天才すぎる」
ずーっと見ていられる。(2024/1/31)

フラワーパーク内に:
「よみうりランド眺望温泉 花景の湯」3月に誕生、特徴は?
よみうりランドは、フラワーパーク「HANA・BIYORI」内に「よみうりランド眺望温泉 花景の湯」を3月6日にオープンする。(2024/1/29)

今日のリサーチ:
2023年スーパーマーケットの売れ筋ランキング
160万人のレシートデータから見る購買動向調査の結果です。(2024/1/24)

材料技術:
TBMが排ガス由来のCO2とカルシウム含有廃棄物を用いたプラ代替素材を開発
TBMは、スイス東部のダボスで開催された世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」で、カーボンリサイクル技術を使用した「次世代LIMEX」を発表した。(2024/1/24)

“史上最強”炭酸水を作れるサーバー、アサヒ飲料が開発 ペットボトルでは得られない
アサヒ飲料が、“史上最強炭酸”と銘打った強炭酸水を作れるサーバー「EXTRA BURST(エクストラ・バースト)」を開発した。(2024/1/22)

闘病→断酒→21キロ激痩せの「次長課長」河本準一、“10年ぶりのハイボール”がしみじみ感動もの「五臓六腑に染み渡る」「一気によみがえったわ」
大酒飲みから膵炎となり闘病していた河本さん。(2024/1/17)

土屋太鳳、産後初の雑誌撮影で“変わらぬ美スタイル”披露も……ママの悩み吐露に共感も「太鳳ちゃんでも努力してる」
『美的』3月号の表紙を飾り、ウエスト“チラ見せ”ショットも。(2024/1/16)

新建材:
戸田建設と西松建設がCO2排出量ゼロ以下のコンクリ共同開発に着手
戸田建設と西松建設は、炭酸カルシウムを材料に用いたCO2排出量がゼロとなる環境配慮型コンクリートの実用化を2024年度内に目指している。(2024/1/16)

『ちいかわ』最新話、禁酒状態のくりまんじゅうが“限界”に…… 酒の代わりにコーラをあおる姿に「リアルすぎる」
自販機の柿の種とビールは高いのに買いたくなる時あるよね。(2024/1/15)

導入事例:
九州地整がバクテリアによる「自己治癒コンクリート」を採用 154tのCO2削減
九州地方整備局 宮崎河川国道事務所が、ヤマウの自己治癒コンクリート「Basilisk」を用いたプレキャストコンクリート製品「FAボックス」を初施工した。ひび割れの自動修復によりインフラ更新を先延ばしすることで、2現場合計で154.38トンのCO2排出量を削減する。(2024/1/9)

1分足らずで急速冷却:
常温缶が「生ビール」に 爆ヒット「サントリー生ビール」開発部署が繰り出す次の一手
2023年に発売し、大ヒットを果たした「サントリー生ビール」。同商品を企画・開発した部署から、新たなサービスが出ている。その名も「nomiigo(ノミーゴ)」。常温の缶ビールが、わずか1分足らずに「生ビール」へと変貌する仕組みのビールサーバで、アフターコロナ需要を狙う。(2024/1/5)

年間アクセスランキングベスト10:
「ChatGPT」快進撃、みんな大好き「任天堂」「Z世代」他 2023年に最も読まれた記事ランキング
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2023年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2023/12/31)

大ヒットしたスポドリ「DAKARA」はなぜ麦茶に? 社内の反対を押し切った起死回生の一手とは
サントリー食品インターナショナルが発売したのが「ライフパートナーDAKARA」。人気商品に成長したダカラだったが、その後低迷。起死回生の一手として、スポーツドリンクらしからぬ転身を図った。(2023/12/30)

ちいかわ、炭酸水に閉じ込められた!? グラスに映り込んだ哀愁の表情に「変顔」「天才すぎるww」の声
アッ!!(2023/12/29)

「缶コーヒーを飲まない若者」に人気のボス缶 なぜ「2カ月で2000万本」も売れたのか
2023年3月発売の「ボスカフェイン」の販売が好調だという。「カフェインを摂取できる」ことを打ち出すパッケージが、なぜ「缶コーヒーをあまり飲まない若い人」をターゲットに好調な売れ行きを示しているのか。(2023/12/26)

親「炭酸飲料は骨を溶かすから禁止」 → ものすごく腑に落ちない理由で“解禁”された話がちょっとシュール
うれしいけど納得いかない。(2023/12/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

工場ニュース:
リチウムイオン電池からレアメタルを高効率回収、三菱マテリアルが技術開発へ
三菱マテリアルは、子会社の小名浜製錬の小名浜製錬所の敷地内に、リチウムイオン電池リサイクル技術の確立に向けたパイロットプラントを建設する。(2023/12/22)

洗面所や風呂場の鏡にできる「ウロコ汚れ」 落ちない汚れにはどんな洗剤を使えば良い?
汚れの落とし方を解説。(2023/12/15)

米飲料メーカーのERP導入 上手な製品選定に必要な考え方とは
米飲料メーカーのTalking Rainは既存システムの限界を感じ、ERPの導入を決めた。プロジェクトを導いたホーナー氏は、製品選定において重要なことは慎重かつ綿密な計画だと話す。(2023/12/15)

IPF Japan 2023:
プレス機の動くスライドになぜ硬貨が立つ? 三菱電機らがCFRP関連技術を展示
三菱電機は「IPF Japan 2023(国際プラスチックフェア)」において、ミライ化成、郷製作所、放電精密加工研究所とともにCFRPの成形から2次加工までの技術を展示した。(2023/12/13)

小学生「僕よりデュエマ弱いくせに!」 → デュエルでボコボコに勝利して勉強させた塾講師に「その道塞いでくれる先生って貴重」の声
これぞプロのデュエリスト。(2023/12/13)

洗剤メーカーが“年末の大掃除”に役立つリストを公開 「クエン酸」「重曹」などの洗浄剤の使い分けが一覧できて分かりやすい
これは便利な一枚。(2023/12/11)

「年齢制限あり」で人気の温浴施設 2位「両国湯屋江戸遊」、1位は?
年齢制限を設けている温浴施設で、人気の場所はどこか。ニフティ温泉が調査結果を発表した。(2023/11/26)

アップサイクル:
「塩ビクロス」でアップサイクルの壁面材、積水ハウスとフクビ化学
積水ハウスとフクビ化学工業、エスエスピーの3社は、複合素材のために、廃棄処理が困難とされる「塩ビクロス」に新たな価値を与えて再生したアップサイクル内装壁面建材を共同開発した。(2023/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。