ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チェルノブイリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チェルノブイリ」に関する情報が集まったページです。

「あれ?俺ノミネートされてる?」 平岳大、Netflix「Giri / Haji」で英国アカデミー主演男優賞ノミネート
されています!(2020/6/5)

【自宅でプレビュー】絶対に生で見たい画家の中の画家「ピーター・ドイグ展」
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、博物館・美術館の大半はいまなお臨時休館中。無観客の展示風景や作品をSNSなどで発信する各館の試みが注目されているが、「再開のあかつきには生で見てほしい」というのが本音であり、切なる願いだろう。(2020/5/15)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
訪日インバウンド施策はなぜうまくいかないのか
2019年は訪日外国人数が過去最多となった。2020年はオリンピックイヤーとして成長がさらに加速すると期待される。しかし、多くの企業や自治体が「訪日インバウンド」に向けて打つ施策には、何かが欠けていないか。(2020/2/7)

物悲しくも美しい 「廃墟に取り残されたピアノ」を撮影した写真
切ない気持ちになる。(2018/5/3)

ヒトが入れない「立ち入り禁止区域」にロボットが潜入するバラエティ番組、TBSが放送
TBSテレビは、立入禁止区域や危険地帯などに潜入するバラエティ番組「立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG」を放送する。(2017/12/26)

チェルノブイリをVRで探訪できる「Chernobyl VR Project」のPS VR版が登場 近日発売予定
悲劇によって廃墟となった都市を訪れる体験プロジェクト。(2017/8/20)

WannaCryで明らかになった生産システムのセキュリティ、「理想」と「現実」の間
ランサムウェア「WannaCry」はITシステムのみならず、自動車生産拠点を稼働停止に追い込むなど猛威を振るい、亜種の発生もあっていまだに予断を許しません。WannaCryが浮き彫りにした生産システムが内包する「2つの問題点」と業務を守る「2つの対応策」を解説します。(2017/7/26)

総務省、ランサムウェア「Petya」に注意喚起 海外で大規模な被害
欧州を中心に、「Petya」と呼ばれるランサムウェアにる大規模な被害が発生しているとし、総務省が注意呼び掛け。(2017/7/3)

Petya亜種による世界サイバー攻撃、65カ国に拡大 会計ソフト更新の仕組みを悪用か
Microsoftは、ウクライナの会計ソフトの更新の仕組みが悪用され、同国から欧州に感染が広がったと推定している。(2017/6/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
やっかいな「ダークツーリズム」に近づいてはいけない
北朝鮮で拘束されていた米大学生が解放された。ただ、その学生は意識不明のまま米国に移送され、その後死亡する。そもそも、なぜこの学生は国交のない北朝鮮に行くことができたのか。調べてみると、「ダークツーリズム」の存在が見えてきた。(2017/6/29)

世界で新手のランサムウェア攻撃が多発、重要インフラや大手企業も被害
ランサムウェア「Petya」の新しい亜種による大規模攻撃が発生。ウクライナを中心に、重要インフラがダウンするなどの大きな被害が出ている。(2017/6/28)

これがディストピア…… 英国のホラー映画が描く近未来のロンドンが廃虚マニアを引きつけそう
これは引き込まれてしまいそう。(2017/5/20)

電力自由化、先進国はこう動いた(5):
1社がシェア独占、15年経過したイタリア電力自由化の現在
世界には多くの電力自由化先行国が存在する。日本に先行した国々ではどういう変化が起こったのか。こうした変化を紹介するとともに日本のエネルギー産業における将来像を探る。第5回は、イタリアの電力自由化後の動向を紹介する。(2017/1/16)

「眠らない日本人」が眠るには――睡眠をトータルで考える「Sleepdays」が体験会
(2016/11/16)

YouTubeが動画視聴時間から25カ国のゲーム人気を分析 「GTAV」「マイクラ」「ポケGO」が世界的な支持
国別のランキングでは、アメリカでアメフトゲーム「Madden NFL '16」がトップに。日本では……?(2016/10/11)

スピン経済の歩き方:
「ベーコンやソーセージでがんになる」研究の伏線は20年前の「ホットドッグ戦争」
世界中のソーセージやベーコン愛好家たちの間に衝撃が走った。国際がん研究機関が、加工肉の摂取によってタバコやアスベストと同じレベルの発がん性があると公表したのだ。しかし、この問題の背景には、さまざまな思惑がからんでいて……。(2015/11/3)

ウクライナの腹ぺこキツネさん、おじさんからもらったパンで見事なサンドイッチを作る
そのまま口にくわえてドロン。(2015/4/29)

烏賀陽弘道の時事日想:
福島原発に近い「国道6号線」が開通――そこで何を目にしたのか
原発事故後、3年半ぶりに「国道6号線」が開通した。除染作業の人員や物資を輸送するために道路部分だけが開通したが、住民が戻らないままのエリアはどんな姿に変わり果てたのか。筆者の烏賀陽氏が現地リポートする。(2015/1/22)

すずまり流“続く”健康管理:
睡眠は誰にでもできるお金のかからない健康法である!
睡眠がもたらす最大の効果は「脳の休息」。今年1年の健康は、まず睡眠を見直すことから始めてみてはどうでしょう。(2015/1/13)

新連載・烏賀陽弘道の時事日想:
朝日やNHKが選ばれない時代に、私たちが注意しなければいけないこと
インターネットが勃興し、新聞やテレビといった旧型マスメディアが衰退しつつあると言われている。結果、何が変わったのか。筆者の烏賀陽氏は「ニュース・センターが消滅した」という。その意味は……。(2014/11/20)

小寺信良のEnergy Future:
ヘラクレスの「戦い」を覚悟したドイツの野望と痛み、日本はどうか
原発全廃の方針や、太陽光発電・風力発電の勢いばかりが伝わってくるドイツのエネルギー事情。だが、石炭と原子力の組み合わせから幾分なりとも脱却するには20年以上の取り組みが必要だった。ドイツで熱関連の住宅設備に取り組むスティーベルエルトロン(Stiebel Eltron)、その共同オーナーであるウルリッヒ・スティーベル博士に、企業から見たドイツのエネルギー政策とドイツの実情を聞いた。(2014/9/22)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/11/25)

明日から「朝型人間」になる!:
典型的な「夜型人間」だった私が朝型になれた理由
夜型人間から心機一転、朝型生活に挑み、試行錯誤のうえ見つけたのはとっても簡単な早起きメソッドだった。本連載ではシンプルな早起きの方法を紹介するとともに、早起きがきっかけで舞い降りた数々の幸運の事例も紹介していきます。(2013/10/25)

話題の著者に聞いた“ベストセラーの原点”:
『アニバーサリー』著者 窪美澄さん
登場人物の女の人の人生が変わってしまう。それがいいことか悪いことかは分からないが、人生が大きく変わった節目という意味ある。(2013/10/18)

イグノーベル賞に輝いた“ガスマスクになるブラジャー”が売ってるって知ってる?
カップがマスクになるんだよ。(2013/7/31)

インタビュー:
ゲームに賭けてきたからこそ見せたい意地がある 業界からはみ出たおっさんたちは「モンケン」で何を壊すのか
インタビュアーは「モンケン」プロジェクトに30万円を出資した、「ゲームのちからで世界を変えよう会議」代表・Noah氏でお送りします。(2013/6/17)

窪美澄、新刊『アニバーサリー』を語る
『ふがいない僕は空を見た』で第24回山本周五郎賞、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞を受賞した窪美澄さん。彼女の最新作『アニバーサリー』刊行に併せ、さまざまなテーマで話を聞いた。(2013/5/8)

小寺信良のEnergy Future(23):
世界に勝つ日本の製造業、洋上風力発電の巻
風力発電には、2050年時点における全世界の電力需要の2割以上を満たす潜在能力がある。当然設備の需要も大きく、伸びも著しい。しかし、小さなモジュールをつなげていけばいくらでも大規模化できる太陽光発電とは違った難しさがある。効率を求めて大型化しようとしても機械技術に限界があったからだ。ここに日本企業が勝ち残っていく余地があった。(2013/1/31)

窪田順生の時事日想:
「震災がれき」騒動に乗じて、被災地に運び込まれている怪しいモノ
岩手県の「震災がれき」の搬出が開始され、各地の自治体や市民の動きを伝えるニュースが増えてきた。この問題にメディアの目が向いている時というのは、似たような産業に携わっている人からすればありがたいことなのだ。なぜなら……。(2012/10/9)

MONOistオートモーティブセミナーリポート:
プロセス改善あっての機能安全、ISO 26262はツールにすぎないことを理解すべし
MONOistオートモーティブフォーラム主催のセミナー「まだ間に合う! ISO26262に準拠せよ 〜プロセス改善から始める機能安全対応〜」の基調講演に、ISO 26262や機能安全規格について詳しい知見を有する、日本自動車研究所の小谷田一詞氏と、東京海洋大学大学院教授の佐藤吉信氏が登壇した。本稿では、小谷田氏と佐藤氏の講演を中心に、同セミナーのリポートをお送りする。(2012/9/14)

東日本大震災ルポ・被災地を歩く:
警戒区域の解除は南相馬市に何をもたらしたか
2012年4月1日に一部解除された警戒区域。一時帰宅もできるようになった南相馬市では、新たな日常が見られるようになっている。(2012/8/29)

正しく怖がる第一歩:
見えない不安を見える数字に――福島で放射能と向き合う(後編)
3.11から1年以上経過したが、いまだに放射線量を計測する機器に対するニーズは高いという。6月上旬に福島市に測定器のトレーニングセンターを開設した、PCショップを展開するサードウェーブに取材した。(2012/6/25)

何かがおかしいIT化の進め方(54):
IT関係者は、原発事故から何を学ぶべきか
第53回では、新幹線建設における「優れた全体構想策定」の在り方について考察した。今回はその続編として、“作られた安全神話”が崩壊した「原子力発電システム」のコンセプトについて考え、BCPや情報セキュリティ対策、ITシステム開発・運用の在り方を見直してみたい。(2012/5/10)

何かがおかしいIT化の進め方(52):
“影”から目を背けてきた原発とIT
個々の情報の入手は容易になり、その分だけ価値が低下し、代わって知恵が求められる時代になった。応用力と、行動するための理解力、説明力、説得力、そして“多種の情報”の組み合わせが生み出す知恵という価値――今、IT関係者には情報にかかわる能力が求められている。(2012/3/9)

松田雅央の時事日想:
原発を再利用したテーマパークに行ってきた
ドイツとオランダの国境近くに、原発を再利用したテーマパークがあることをご存じだろうか。この原発は1986年に完成したが、一度も稼働することなく廃止。実業家の手によって生まれ変わった施設は、一体どんなところなのだろうか。(2012/2/29)

これは美しい:
生命が蝶となって飛翔する「Book Of Life」という本
書物が蝶となり飛び立とうとしている様を描いた金属作品。しばらく眺めてしまう美しさです。(2012/2/12)

【図解】人生の大問題:
ユダヤ人に学ぶ、日本人が生き残る方法
東日本大震災を経験した日本人がこれからの人生を生き残るには、私たち自身が各自で計画し、実行しなければなりません。そのための残り時間は極めて少ないのです。(2012/2/9)

“消えた原発記録”、訴訟が情報開示で果たす役割とは
2011年末に毎日新聞が報じた、福島原発事故後の最悪シナリオを記した文書。「訴訟での文書提出命令申立てが情報公開のきっかけになったのではないか」と話すのが福島原発の安全性についての訴訟の原告となっている江藤貴紀氏だ。“消えた原発記録”が明るみに出た過程について、日本外国特派員協会で解説した。(2012/2/7)

世界の再生可能エネルギー(4):
原子力大国ウクライナはどこに向かうのか
東欧の大国ウクライナは、原子力発電への依存度が約5割に達する。今後さらに依存度を高めていく計画だ。一方、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)にも力を入れており、風力発電や太陽光発電の普及を目指す。(2012/1/6)

Googleの地域別年間検索ランキングが面白い 栃木は大島優子、香川はやっぱり……!
「Google 年間検索ランキング 2011」の地域ごとの結果が面白い。例えば栃木県は3位の餃子を抑え、1位は大島優子。「うどん県」こと香川県は予想通り(?)の結果に。(2011/12/1)

生放送を見た人も見ていない人も:
誠のUstream「ビジネステレビ誠」、第1回放送はメガネ祭り?
毎月1回、誠の誌面を動画に再編成して放送するUstream生番組「ビジネステレビ誠」。第1回放送で紹介した商品や記事など、詳しい内容をまとめました。(2011/10/21)

市販のサラダは何ベクレル? 秋葉原で放射能測定を体験した
今後数十年、私たち日本人が付き合っていかなければならない放射能問題。生活の基礎となる食品の放射線量測定を行える施設が秋葉原にできたと聞き、実際に体験してみることにした。(2011/10/20)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
事故から25年、チェルノブイリ原発ツアーに参加してきた
25年前、福島第一原子力発電所と同じレベル7の事故を起こした、ウクライナのチェルノブイリ原発。それにも関わらず、今でも同国では電力供給の半分を原子力発電でまかなっている。現地を訪れ、街の人の声を聞き、ウクライナで事故はどのように受け止められているのかを調べた。(2011/10/4)

定点観測:
「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(7月8日編)
電子書籍ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/7/8)

チェルノブイリの今とは ジャーナリスト高世仁さんが取材報告
東京電力福島第1原発事故後の4月上旬に、チェルノブイリ原発事故で被害にあった人々を取材したジャーナリストの高世仁さんが、現地で見たものを報告する。司会はジャーナリストの岩上安身さん。配信は7月8日17時30分〜。(2011/7/8)

ロシアのトリビア、あなたは知っていますか
「ロシア」と聞いて、最初に思い浮かぶものは何ですか? この質問に対し「寒い」と答えた人が最も多く、次いで「北方領土問題」と続いた。M1・F1総研調べ。(2011/7/7)

ガイガーカウンターガイド:
ガイガーカウンター比較――TERRA-P MKS-05
「TERRA-P MKS-05」は、チェルノブイリ原子力発電所が残るウクライナのECOTEST製で、β線とγ線が検出できる。操作ボタンが2つと非常にシンプルなガイガーカウンターだ。ロシア製、ウクライナ製の製品は総じてつくりがよいが、なかでもTERRA-Pの完成度は特に高い。(2011/7/4)

原口一博×武田邦彦 それでも原発は必要か(1):
なぜ信用できないのか? 政府が発表する原発情報に
原発事故を受け、日本全体が揺れている。国民の多くは「政府の言っていることが信用できない」と不信感を抱いているが、なぜこのような事態に陥ったのか。この問題について、原口一博議員と武田邦彦教授が語り合った。(2011/7/1)

萩原栄幸が斬る! IT時事刻々:
数字や用語の意味を知る――原発事故編
世間に存在するさまざまな数字や専門的な言葉は、一見すると非常に難解であり、時に間違って使われてしまうことがある。今回は原発事故で登場した数字や用語について、その意味するところを考えてみたい。(2011/6/25)

同情が非難に変わるとき:
日本と海外で感じる“原発”の温度差
震災発生直後は米国でも震災関連のニュースが毎日のように報道されていた。海外でも日本国内とほぼ同じ情報が得られるが、その解釈は“住む場所”で異なる。(2011/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。