ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クラウドアプライアンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウドアプライアンス」に関する情報が集まったページです。

DX推進:
PR:アジャイル開発から始まる、製造業のデジタルトランスフォーメーションへの道
「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の波は製造業にも押し寄せている。リーンやカイゼンのアプローチは日本の製造業の得意とするところだが、このアプローチはDXを進める上でも有効である。イノベーティブなデジタルサービスの開発を支援する「Pivotal Labs」や、パブリッククラウドサービスである「Microsoft Azure」との連携によってクラウドネイティブな基盤である「Pivotal Cloud Foundry」を提供しているのがPivotalジャパンである。(2019/5/27)

Weekly Memo:
構想7年、「Azure Stack」の本格展開でMicrosoftのクラウド戦略はどう変わるのか
Microsoftが、自社パブリッククラウドの機能をオンプレミスで利用できる「Azure Stack」を日本で本格展開し始めた。実は、この新製品が実現するまでには、およそ7年にわたるシナリオがある。本コラムの記録を基にそれを解き明かしたい。(2017/12/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ビジネス化するランサムウェア
巻頭特集は、ランサムウェアに感染した2つの組織の対応をレポート。身代金を払うべきか否か? また、PowerShell製ランサムウェアについて解説する。事例は、パナマ文書の解析プロジェクトについて。他に、これから注目の最新フラッシュ技術、クラウドストレージアプライアンスの選び方を解説。(2016/6/10)

プライベート、パブリック、ローカルを統合
必要なのはどのタイプ? クラウドストレージアプライアンスの選び方
プライベート/パブリッククラウドとローカルの間に設置し、各種ストレージを統合するのがクラウドストレージアプライアンスだ。目的や用途に最適なアプライアンスを選ぶには、その機能を理解する必用がある。(2016/6/3)

ホワイトペーパー:
「レディメイド」がスピーディで効率的なクラウド基盤構築に適する3つの理由
手軽に、かつスピーディにプライベートクラウド基盤を構築するには、あらかじめ設計・構築・検証済みの“レディメイド”型製品が適している。その理由を検証していこう。(2015/7/17)

ホワイトペーパー:
情シスの悩み解決! 仮想化共通基盤はレディメイド型製品で「早い・安心・簡単」構築を
仮想化共通基盤の導入時の課題は、「早い・安心・簡単」を実現するレディメイド型製品なら解決できる。レディメイドのメリットと特長を早速見てみよう。(2015/7/10)

NEC、仮想化/クラウド基盤システムの最新版発売
仮想化やクラウドサービスの基盤向けに最適化した統合型システムの最新モデルとなる。(2015/7/7)

NEC、SDN対応仮想化&クラウドサービス基盤の新製品
NECが、SDNに対応した仮想化・クラウドサービス基盤の新製品「Cloud Platform Suite R4.1」を発売する。(2014/10/28)

PR:勝ち組企業に学ぶ、究極の次世代経営モデルとは?
「失われた20年」という長いトンネルを抜けた日本経済は、ようやく次なる成長に向けた転換点にあるが、この20年のあいだにも成功を収めた、いわゆる「勝ち組企業」は存在する。一橋大学ビジネススクール教授の名和高司氏に彼らの秘訣や究極の次世代経営モデルについて話を聞いた。(2014/8/27)

“Steel”を冠する「Riverbed Application Performance Platform」発表の意図:
PR:リバーベッドが志向する「ロケーション・インディペンデント・コンピューティング」とは?
WANだけでなく、アプリケーションやデータがどこにあっても最適な状態を維持するためのテクノロジとしてラインアップを刷新、Steelを冠にいただく製品群のねらいを取材した。(2014/8/18)

オンプレミス型システムは縮小、NECがクラウド基盤製品を世界で展開
クラウド市場はサービス利用型にシフトする――NECは独自予測をもとに、クラウド事業者に焦点をあてた統合型システム製品を展開する。(2014/5/20)

NEC、SDN対応の共通基盤向け統合型システムを発売
仮想化環境の統合やクラウド基盤が構築可能な「Cloud Platform Suite」をSDN(Software-Defined Networking)に対応させた。(2014/4/11)

NECに聞く統合型システムに込めた想い:
PR:スピード重視のビジネスに「レディメイド」が応える理由とは?
ビジネスがITに期待する「スピード」に応える新たなテクノロジーとして登場したのが「統合型システム」だ。2011年から「Cloud Platform Suite」を提供するNECは、「レディメイド型製品」というコンセプトを掲げ、ITでビジネスに貢献したいという企業をサポートしている。Cloud Platform Suiteが提供するメリットを探る。(2013/12/18)

プラットフォームの集大成、NECが垂直統合型マシンを投入
「NEC Solutions Platforms」というハード・ソフト一体型製品では、データベース、アプリケーション、クラウド向けに10モデルをラインアップする。(2013/4/3)

NECも「垂直統合型製品」の出荷をアナウンス
NECはパートナーと共同で「垂直統合型製品」を出荷する。データベース関連ではOracle Databaseの他、次期SQL Server「Hekaton」搭載モデルのリリースも予告している。(2013/4/3)

サービス事業者が重要なターゲット:
「クラウドDevOps」サービスを国内で正式発表、日本IBM
日本IBMは2月26日、アプリケーションの開発から検証、デプロイメント、運用までのプロセスを同社クラウドサービス上で完結できるサービス、「IBM SmarterCloud Application Services(SCAS)」を国内で正式発表した。2012年12月に提供開始していたという。(2013/2/26)

アナリストに聞く PaaS市場動向
【市場動向】2012年はPaaS元年にならず、市場拡大は2014年以降か?
「2012年はPaaS元年」という見方があった。実際の2012年の市場はどの程度拡大したのか。ITの調査会社であるIDC Japanに市場動向を訊いた。(2012/12/18)

滋賀県庁がプライベートクラウドを構築、NECのパッケージを採用
滋賀県庁が構築したプライベートクラウド基盤にNECのパッケージが採用された。(2012/11/8)

NEC、クラウド基盤パッケージに中規模向けモデルを追加へ
「Cloud Platform Suite」に中規模の仮想化基盤構築向け製品をラインアップした。(2012/8/30)

IaaS型クラウドソリューション「N-Block」
特定ベンダーにロックインされない「オープン」なクラウド基盤
クラウド基盤を効率的かつ柔軟に構築する方法として、特定ベンダーの技術に縛られないオープンな技術が注目を集めている。日商エレクトロニクスの「N-Block」は、これを全面採用したクラウドソリューションだ。(2012/6/21)

早大がプライベートクラウド環境を構築へ
早稲田大学は、約50システムをNECや学内のIT基盤に順次統合する。(2012/5/7)

Weekly Memo:
三者三様のWindows Azureパートナーシップ
日本マイクロソフトが4月、クラウド事業でNEC、日立製作所と相次いで提携した。この動きからWindows Azureパートナーシップのありようについて考察したい。(2012/5/1)

ニュース解説 CTCとマイクロソフトがクラウド事業で協業:
Windows Azureパートナーシップに新展開
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)との協業で見えてきたマイクロソフトのWindows Azureパートナーシップにおける新展開とは――。(2011/11/11)

どれを選ぶ? パブリッククラウド比較【第2回】
代表的な4つのPaaSを比較、使いやすいものはどれだ?
企業利用の視点に立って代表的なPaaS(Amazon EC2、Google App Engine、Force.com、Windows Azure)の機能やサービスを比較した。(2011/10/27)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(25):
Java開発者が知らないと損するPaaSクラウド8選
(2011/8/29)

NEC、クラウド基盤パッケージ「Cloud Platform Suite」の新製品発表
クラウド構築に必要なハード/ソフトをパッケージ化したNECの「Cloud Platform Suite」に、ユーザーが必要な分だけのリソースを利用できる「リソースプーリング」が盛り込まれた。(2011/7/19)

Weekly Memo:
マイクロソフトが予告する新たなWindows Azureパートナー
マイクロソフトがWindows Azureの協業パートナー拡大を急いでいる。とくにシステム開発を含めたパートナーとして、富士通に続く日本メーカーの名も挙がっているようだ。(2011/7/11)

自社システムのAzure適性チェック
Windows Azure導入前に確認すべき3つの項目
Microsoft製品を広く採用している企業にとっては魅力的に映る「Windows Azure」だが、自社システムの運用状況によっては導入しない方がよい場合もある。Azure導入前に確認すべき3つのチェック項目を紹介する。(2011/7/5)

専用クラウドを短時間で構築するアプライアンス、日本IBMが発表
日本IBMは、ワークロードパターンによるソフトウェアの自動構成で専用クラウドを短時間に構築できるという専用アプライアンスを発表した。(2011/6/14)

【ニュース解説】Windows Azureサービス協業:
蜜月ぶりが目立った富士通とMicrosoft
Windows Azureを活用したクラウドサービスの提供開始を発表した富士通とMicrosoft。記者会見では両社の蜜月ぶりが目立った。(2011/6/8)

アナリストいわく「Dellはクラウドを正しく理解している」
Dellのクラウド戦略、その狙いと製品を探る
クラウドサービスと製品を着実に強化してきた米Dell。彼らのクラウド戦略はユーザー企業に受け入れられるだろうか?(2011/6/1)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

監視・資産管理・セキュリティ・自動化:
PR:クラウドを見据えたサービスマネジメントに求められる4つの視点
リソースの平準化や、コスト削減といった効果をもたらすクラウド環境だが、情報システム部門にとっては、従来の物理環境に比べて、仕事の負担は増える一方。クラウド環境の導入を成功させるには、管理負荷の軽減に取り組むことが必須である。それを実現するソリューションについて、「監視」「資産管理」「セキュリティ」「自動化」という4つの視点から考えてみた。(2011/4/11)

伴大作の木漏れ日:
「Lindacloud」はクラウドコンピューティングの新たな主役
Lindacloudの取材を通じて僕は、クラウドは「アプライアンス」のためのプラットフォームだとつくづく感じた次第である。(2011/4/1)

NTTDATA Innovation Conference 2011レポート:
急ピッチでグローバル対応している――NTTデータ山下社長
主催者講演を務めたNTTデータの山下徹社長は「日本企業におけるIT投資は現状、81%が既存システムの維持に費やされ、極端に新規向けが少ないという課題がある」と指摘した上で、同社の製品やサービス提供の方向性を示した。(2011/2/16)

NTTデータ、2011年3月期第3四半期決算は四半期ベースで増収増益を達成
NTTデータの2011年3月期第3四半期(累計)業績は増収減益。ただし、第3四半期(2011年10月〜12月)は、売上高が前期比6.2%増の2802億円、営業利益が前期比23.0%増の205億円と増収増益であった。(2011/2/2)

MicrosoftとHP、企業向けクラウドサービスアプライアンスを発表
両社が2010年1月に締結した2億5000万ドル規模の提携の成果として、データウェアハウスやBI向けのターンキーシステム4製品を発表した。(2011/1/20)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

クラウド界の「パンダ」になる?:
普通のサーバに価値あるソフトを組み込む――Lindacloud
クラウド化したいが、パブリックにも、プライベートでもマッチしないと考えている企業に対するNTTデータの解答が「Lindacloud」だ。アプライアンスとして導入し、国内有数のSI実績を持つ同社のノウハウを手軽に享受できるという。(2011/1/11)

プライベートクラウドソリューション最前線
大手ITベンダーを中心に、プライベートクラウドソリューションを紹介する。(2010/11/18)

仮想環境のプーリングと自動化が鍵
プライベートクラウド向けインフラを検討する
プライベートクラウドを検討する企業が注意すべきポイントと、インフラのビルディングブロックとなる主な製品を紹介する。(2010/11/4)

Microsoft、Windows Azureで既存アプリを動かせる「VM Role」発表
Microsoftは開発者向けカンファレンスPDCで、Windows Azureの新機能やアプリストアの「Windows Azure Marketplace」を発表した。(2010/10/29)

プライベートクラウドソリューション最前線【第2回】
SAP ERPを使った基幹システムをサービス提供するNECのクラウド
NECのクラウドサービスには「SaaS型」「共同センター型」「個別対応型」の3タイプがある。共同センター型では、自社基幹システムで構築したグローバル標準プロセスベースのSAPシステムを顧客にサービス提供する。(2010/10/27)

クラウド基盤の運用コストを30%減:
NEC、リソースプーリングシステムの構築支援サービスを開始
NECはクラウド環境のリソースプーリングシステムを最短2〜3カ月で構築可能とするサービスを開始する。同時に運用管理ソフト「WebSAM」のうち、クラウドの運用を担う機能をパッケージした「WebSAM DC運用パック」を販売開始する。(2010/10/26)

プライベートクラウドソリューション最前線【第1回】
企業内クラウド環境を迅速に構築可能なIBMのプライベートクラウドソリューション
日本IBMが提供する企業向けクラウドソリューション「Smart Business」は、ニーズの高い6つの適用分野を主軸にサービス・製品を配置。ターンキー製品である「IBM CloudBurst」はプライベートクラウドの迅速な立ち上げを可能とする。(2010/10/22)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
Amazon初のクラウド事業投資、その裏にある戦略とは
Amazonが事業投資したCirtas systemsは、エンタープライズ市場向けの製品を発売するストレージ事業者である。自社でもエンタープライズ向けのソリューションを強化しているAmazonがなぜこの会社に投資をしたのか、オルタナティブ・ブロガー 鈴木逸平氏が考察しました。(2010/10/5)

伴大作の木漏れ日:
モンスター・メインフレーム
日本IBMがメインフレームの新版「IBM zEnterprise 196」を発表した。本コラムではメインフレームを取り巻く環境の変化や各ベンダーの戦略をひも解きたい。(2010/8/17)

NEWS
マイクロフォーカス、負荷テストツール「SilkPerformer 2010」をリリース
Adobe FlexやAjaxにおけるシミュレーション機能やクラウドエージェントを利用した負荷テストなどを実現する。(2010/7/30)

Microsoftはまだ伝統的ビジネスに依存――決算数字が示す同社の現状
Microsoftの頭はクラウドに入っているかもしれないが、本体は依然としてデスクトップに結び付けられたままだということを同社の決算数字が物語っている。(2010/7/26)

Microsoft WPC 2010 Report:
Microsoftのイベントでビル・クリントン氏がスピーチ 富裕国と貧困国のギャップを埋めよう
Microsoftのケビン・ターナーCOOは、クラウドビジネスにおける同社の準備状況をアピールした。ビル・クリントン氏は世界の不平等に対し「わたしたちができることは何か」と問い掛けた。(2010/7/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。