ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カーネギーメロン大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カーネギーメロン大学」に関する情報が集まったページです。

フラッシュドライブの信頼性向上【後編】:
SSDのエラー発生率増大と解決、予防保全の実現
SSDの故障率が増大する条件の特定とその回避策の実装までの流れを解説する。業界がどのようにSSDを改善してきたのかがよく分かる。(2020/9/16)

Bluetoothに脆弱性、中間者攻撃に悪用の恐れ
Bluetooth 4.0〜5.0が影響を受ける。悪用された場合、暗号鍵の強度を弱めたり、認証された鍵を認証されていない鍵で上書きされたりする恐れがある。(2020/9/10)

Innovative Tech:
専用カメラなしで自由視点映像を合成、深層学習で カーネギーメロン大学「Open4D」開発
大がかりなキャプチャーシステムなしで、自由に視点を変えたり人物を消したりできる技術が開発された。(2020/9/9)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(30):
CMMIレベル5の会社はバグゼロで開発できるか? ―― CMMIの落とし穴(その1)
今回は、CMMIを正しく理解し、有効に活用する方法を解説します。(2020/8/31)

Innovative Tech:
見えていない自分の姿勢を推定する「You2Me」 自分視点カメラから深層学習で
カメラに自分が写ってなくても、何をしているのかが分かる。相手がいれば。(2020/8/27)

Innovative Tech:
「バッグが開いてますよ」と教えてくれるスマートファスナー「Zippro」 指紋認証も装備
バックパックが開いたままで歩いていることがなくなるかもしれない。(2020/8/20)

Innovative Tech:
食事をもれなく記録するメガネ「FitByte」 カーネギーメロン大学開発
食べる動きや咀嚼、喉の振動を検出するメガネ型デバイス登場。(2020/8/19)

Innovative Tech:
「あの人、角を曲がった先でどんな格好してるだろう」を推定する技術 カーネギーメロン大学が開発
死角にある人の動きを強化学習で推定する技術が開発された。(2020/8/12)

21世紀企業に啓示を与える100ページ超の報告書:
Appleが“地球の未来を変える2030年までのロードマップ”を公開、ゼロを掲げる理由
Appleが突如発表した、「2020年度進捗報告書」とは何なのか。その詳細を林信行氏がリポートする。(2020/7/22)

Innovative Tech:
水で変形、乾くと戻る“形状記憶”布地 米カーネギーメロン大学開発
形状記憶合金は温度で形状が変化するが、この布地は水分で変化する。(2020/7/16)

スタジオや特殊なカメラは不要:
複数のスマホで撮影したビデオから「4D映像」を生成、カーネギーメロン大
カーネギーメロン大学の研究チームが、スタジオや特殊なカメラを使わなくても、「4D映像」を生成できる手法を開発した。複数の「iPhone」で撮影したビデオ映像を組み合わせ、さまざまな角度から動きを見たり、視線を一時的に遮る人や物体を消去したりできる。(2020/7/13)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
どうして自動運転や電動化に取り組んでいるんですか?
何があなたの原動力ですか。(2020/6/24)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Boston Housing:ボストンの住宅価格(部屋数や犯罪率などの13項目)の表形式データセット
データセット「Boston Housing」について説明。506件のボストンの住宅価格の「表形式データ(部屋数や犯罪率などの13項目)」+「ラベル(住宅価格)」が無料でダウンロードでき、回帰問題などのディープラーニングや統計学/データサイエンスに利用できる。scikit-learn、Keras/tf.keras、TensorFlowにおける利用コードも紹介。(2020/6/24)

Innovative Tech:
ワイヤーで手指引っ張り、バーチャル物体の感触再現 カーネギーメロン大学、「Wireality」開発
肩と手をワイヤーでつなぎ、そのテンションを調整することで仮想物体を認識する仕組み。(2020/5/28)

Googleさん:
Meet、Duo、ハングアウト――3つのGoogleビデオ会議サービス、どう使い分けたらいいの?
Googleがビデオ会議アプリ「Google Meet」の無料版をリリースし、すぐ後に「Google Duo」をパワーアップ。Googleには「ハングアウト」というビデオチャット・テキストチャットアプリもあります。どう棲み分けているんでしょうか?(2020/5/10)

Facebookとカーネギーメロン大学、オプトイン調査に基づく新型コロナ感染マップを公開
カーネギーメロン大学が米国のFacebook上で実施した新型コロナについてのオプトインアンケート調査結果のデータに基づいて、Facebookが全米郡別の感染マップを公開した。アンケートには100万件以上の回答があった。両者はこの調査対象を世界に拡大する計画だ。(2020/4/21)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
常に世界最高の技術をもって社会に貢献するために必要なIT戦略とは――JFEスチール 常務執行役員 新田哲氏
継続的業務改革と先進的IT活用により、顧客基軸で価値を創造することを追及しているJFEスチール。市場の変化に迅速に対応できるグローバルレベルのIT活用先進企業を目指している。(2020/4/7)

インフラメンテナンス×AI(2):
AIの本質は「最適化手法」にアリ!インフラメンテ最大の壁“暗黙知”を言語化するには?
国内の土木分野では、インフラの老朽化という喫緊の課題が差し迫っており、道路橋を例にとれば建設後50年に達するものが6割にも及ぶとされている。建設業界での慢性的な人手不足の解消と、必要とされる事後保全から予防保全への転換で必須とされる新技術と期待されるのが「AI」だ。土木学会とインフラメンテナンス国民会議のシンポジウムから、インフラメンテナンス領域でのAI活用の最新動向を追った(2020/3/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
会社が、「手放したくない」と思う人が、持つフォロワーシップとは
一緒懸命に頑張っているほうだ。指示にも従い、人事考課もよい。でも、あまり報われていない気がする。出世も早くないし、何が足りないのだろうか……。(2020/3/26)

NTT DATA Innovation Conference 2020レポート:
成功するアイデアは単純で素直なもの――それを邪魔するのは“専門的な知識”
身の回りの課題を解決し、役に立つことを素直に考えればイノベーションはやさしい。画像認識、自動運転、AI、仮想現実などロボット工学の世界的権威が、人が楽しく取り組める真のイノベーションとそのために大切な発想法について語った。(2020/2/25)

IBM、アルプスアルパインなど5社:
視覚障がい者の移動を支援する「AIスーツケース」開発へ
アルプスアルパイン、オムロン、清水建設、日本アイ・ビー・エム、三菱自動車の5社は2020年2月6日、視覚障がい者の移動やコミュニケーションを支援するスーツケース型ロボットの開発に取り組むコンソーシアムを設立した、と発表した。AIや触覚インタフェース、ロボティクスなど各社の技術を統合することで技術開発を加速し、2022年の社会実装を目指す。(2020/2/7)

AI搭載の“走るスーツケース”誕生へ 視覚障害者の移動をサポート IBMら5社が共同開発
視覚障害者が利用しやすい「AIスーツケース」の開発に向け、IBMら5社が社団法人を設立した。6月にプロトタイプを使った実証実験を行う。(2020/2/6)

Innovative Tech:
電気製品のインジケーター高速点滅がARマーカーになる「LightAnchors」 カーネギーメロン大学開発、iOSアプリ提供予定
小さなインジケーターライトの高速点滅にエンコードされた情報を読み取ると……。新しいARマーカーの形。(2020/1/2)

経験2年以下でも2500万円:
ソフトウェアエンジニアの報酬が高い米企業は?――Levels.fyiが年次レポートを公開
Levels.fyiは、米国のソフトウェアエンジニアの報酬についてまとめた年次レポートの最新版を公開した。エンジニアを経験年数などから5段階に分けてそれぞれ上位企業5社の報酬を示している。経験年数が2年以下でも、2500万円の報酬を提示する米企業があることが分かった。(2019/12/20)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
【新連載】これからの企業が求めるのはITとビジネスの本質を理解した「ハイブリッド型人材」
1951年の創業以来、さまざまなイノベーションで、顧客の支持を得てきたクレディセゾン。今後もDXにより、革新的なサービスやコンテンツを創造し、さらに50年先まで顧客に寄り添えるファイナンスカンパニーを目指している。(2019/11/20)

目的と仕組みを解説
謎のゆがみ文字列「CAPTCHA」はどのようにして生身の人を見分けるのか
「CAPTCHA」はbotと本物のユーザーを区別し、スパム業者にフォーラムサイトやブログのコメント欄を乗っ取られるのを防ぐ手助けをする。その仕組みを簡潔に解説しよう。(2019/11/2)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

DXを支える富士通のテクノロジー:
「世界初」高速化&精度劣化監視の新AI技術
富士通研究所は2019年10月25日、川崎市中原区の本社で行われた富士通の研究開発戦略説明会で、AI運用時の精度劣化を監視し、再学習なしに自動修復できる「High Durability Learning」と、AI処理を最大10倍高速化できる「Content-Aware Computing」という2つの新技術を発表した。同社によるといずれも世界初の技術という。(2019/10/31)

自分を磨き、競い合い高めていくことが重要:
PR:CTF for GIRLSでも活躍する2人の女性ホワイトハッカーが語る、これからのセキュリティ人材育成
とかく「セキュリティ人材不足」が叫ばれるようになって久しいが、第一線で活躍する人材にせよ、普段の業務に必要なリテラシーを身に付けた人材にせよ、何もないところからは生まれない。日々の業務やコミュニティー活動を通して、この困難な課題に取り組んでいる2人の女性ホワイトハッカーに、その歩みと思いを尋ねた。(2019/8/29)

“データ活用の障壁”はこうすれば乗り越えられる:
PR:リアルタイムに「答え」が得られるデータ分析の統合基盤を構築せよ――“DX時代のデータドリブン環境”の作り方
テクノロジーを活用して新たな価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)。その推進は、ビジネスの核となる「データ」をどう扱い、どう活用するかがカギになる。だが、データの重要性を認識していながら、うまく活用できていない企業はいまだに多い。ではなぜデータ活用が進まないのか、何が阻害要因となっているのか――DX時代に求められるデータ活用の在り方と課題解消法を、アナリティクスにおけるデータマネジメント・ソリューション分野のリーディングカンパニーである米テラデータ・コーポレーション(以後テラデータ)のテクニカルプロダクトマネージャ、渡利洋子氏に聞いた。(2019/9/4)

Facebookとカーネギーメロン大学開発のAI「Pluribus」、ポーカーの6人ゲームでプロに勝利
Facebookとカーネギーメロン大学が共同開発したAI「Pluribus」が、5人のトッププロとの「テキサスホールデム」ゲームで勝利した。(2019/7/12)

中小企業がAIで勝つために
エッジデバイスでの機械学習はデータサイエンティスト不足を解消するか
データサイエンティストは数が少なく高給であることから、企業での雇用が難しくなっている。だが、エッジデバイスのインテリジェンスが大きく向上すれば、データサイエンティストを必要としなくなるかもしれない。(2019/7/3)

倒産したAnkiのCEOとそのチーム、Waymoの自動運転トラック部門入り
倒産したかわいいAIロボット「COZMO」のメーカーAnkiの共同創業者、ボリス・ソフマン氏と12人の元従業員が、米Alphabet傘下の自動運転技術企業Waymoに入社した。ソフマン氏はWaymoの自動運転トラック部門の責任者に就任した。(2019/6/28)

自動運転車向けの安全性評価:
ニューラルネットだって混乱する!その対策は?
安全な自律性を実現すること」は、AIベースの自動運転車の開発者にとって、解決することが最も難しい問題の1つとして挙げられる。米国ペンシルベニア州ピッツバーグに拠点を置く新興企業Edge Case Researchは、認識スタック のエッジケース(境目ぎりぎりで起こる特殊なケース)を識別する安全性評価プラットフォーム「Hologram」を開発している。(2019/6/28)

Google、AI倫理諮問委員会「ATEAC」解散 メンバーに問題ありとの反対を受け
Googleが、AI倫理原則順守目的として3月末に立ち上げた外部諮問委員会ATEACを早々に解散する。メンバーとして反LGBTQ発言を繰り返す保守系シンクタンクの所長やかつて米軍からドローンの仕事を請け負った企業のCEOを指名したことに内外からの批判が高まっていた。(2019/4/5)

GoogleのAI諮問委員会ATEACに「待った」 反LGBTQなメンバー除名の署名運動
GoogleがAI倫理を守る目的で立ち上げた諮問委員会ATEACのメンバーとして、保守系シンクタンクの所長を指名したのは不適切だとして、Google従業員有志が除名を求める署名運動を開始した。(2019/4/2)

Google、AI倫理原則のための外部諮問委員会「ATEAC」立ち上げ
Googleが、昨年6月に発表したAI倫理原則を企業として順守するための外部諮問委員会を立ち上げた。年に4回会議を開催し、成果は報告書として一般公開する計画だ。(2019/3/27)

YouTubeやブログでも学べる
データサイエンティストを目指すなら知っておきたい学習方法
データサイエンスを学ぶ場所と機会は大学の外側にも広がっている。大規模公開オンライン講座(MOOC)やオンラインで公開しているドキュメントなどがあり、データサイエンティストとしてのスキルセット獲得に役立つ。(2019/2/22)

ホワイトペーパー:
「SSD」の寿命を縮め、データ破壊を引き起こす脆弱性とは?
「SSD」の気になる脆弱性が、大学の研究で明らかになった。悪用されるとデータの破損や改ざんにつながる恐れがあるという。どのような脆弱性なのか。恐れる必要はあるのか。(2019/2/8)

長期サポートを確約
「Amazon Corretto」はOpenJDKディストリビューションの本命に躍り出るか
AWSは、Javaのオープンソース実装である「OpenJDK」の独自ディストリビューション「Amazon Corretto」を発表した。Correttoは、Oracleが配布するOpenJDKよりもサポート期間が長い。(2018/12/17)

行動の真意を探り、防止を図る
内部関係者によるソースコードや設計データの盗難はなぜ起きる?
知的財産の盗難には、内部関係者や不満を抱く従業員が関与していることが多い。本稿では、知的財産の盗難と、このような内部関係者による攻撃を防ぐ方法を取り上げる。(2018/11/30)

体当たりッ!スマート家電事始め:
ソニーの新規事業創出プログラムは“次のフェーズ”へ 社外連携に本気
ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」が始動して4年半が経過した。平井体制から吉田体制への転換は今後の方針に影響するのか。SAPを立ち上げたソニーの小田島伸至氏に聞いた。(2018/11/26)

Google Cloudのダイアン・グリーンCEO退任へ Oracleの元プレジデントが後任
VMwareの共同創業者で2015年からGoogle CloudのCEOを務めてきたダイアン・グリーン氏が2019年に退社する。後任はOracleのプレジデントで9月に退社したトーマス・クリアン氏。グリーン氏はAlphabetの取締役には留まる。(2018/11/17)

Publickey:
Amazonプライムデーのサーバ障害、原因は「OracleからAurora DBに乗り換えた」ではない――CTOがCNBCの報道を否定
2018年7月に開催された「Amazonプライムデー」ですが、その初日に一部のWebサイトで障害が発生しました。CNBCはその原因を「AmazonがOracleからAurora DBに乗り換えた」ためと報道しましたが、AmazonのCTOはこれを真っ向から否定。一体どちらが正しいのでしょうか。(2018/10/29)

トップは時給1000ドル:
米国でAI技術者の争奪戦、超売り手市場で賃金上昇
AIの導入拡大に伴い、高いスキルを持ったこの分野の技術者が不足する事態が起きている。(2018/10/24)

あらゆるモノが入力デバイスに変わる?:
「音」と「振動」で分かるモノやヒトの状態、安価に実現する2つの手法
カーネギーメロン大学の研究チームは、周囲で何が起こっているかを音や振動状態から認識できる安価な2つの手法を開発した。これらの手法を用いると、モノやヒトの状態が分かるだけでなく、モノを入力デバイスとして利用できるという。(2018/10/22)

脳同士をつないで意思疎通できる「BrainNet」 ワシントン大学など開発
1ビットの情報を3人の脳が送受信する。(2018/10/1)

「Google Cloud AI」責任者にカーネギーメロン大学のアンドリュー・ムーア博士就任へ
Google Cloud AIの責任者、フェイ・フェイ・リー博士が年内にスタンフォード大学に戻り、カーネギーメロン大学コンピュータ科学学部長のアンドリュー・ムーア博士が後任になる。リー氏はアドバイザーという立場になる。(2018/9/11)

重大な脆弱性をいかに公開するか
Meltdown/Spectreはこうして公開された――Google、Microsoft、Red Hatが明かす真実
「Black Hat 2018」のセッションの中で、GoogleとMicrosoft、Red Hatの担当者が、「Meltdown」と「Spectre」の脆弱性に関する情報を公開するまでの内幕を披露した。(2018/9/7)

Y Combinator、中国支社立ち上げでチー・リュー博士をCEOに
米インキュベーターのY Combinatorが中国に進出する。YC Chinaを立ち上げ、そのCEOとして米Yahoo!、米Microsoft、中国Baiduの幹部を歴任したチー・リュー氏を指名した。(2018/8/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。