ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディーラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディーラー」に関する情報が集まったページです。

モビリティサービス:
MaaSを強化するモービルアイ、日本ではバスのウィラーと協業
WILLERとモービルアイは2020年7月8日、日本や台湾、ASEANでのロボタクシーの提供に向けた戦略的パートナーシップを結んだと発表した。(2020/7/10)

コロナ禍のカジノ事情「海外編」:
オンラインカジノに移行へ コロナ禍で存続の危機に立たされる世界のギャンブルビジネス
IRの中で多くの人が集まってゲームをするカジノは、新型コロナウイルスに感染しやすいといわれる密集集団を作りやすい。それだけに再開するにあたっては感染防止策がキーポイントになる。(2020/6/18)

あの会社のこの商品:
電動スクーター「ブレイズスマートEV」は、なぜ3000台以上も売れているのか
名古屋市に本社を置く自動車ディーラーのブレイズが開発した電動スクーター「ブレイズスマートEV」が注目を集めており、売れ行きも好調だ。人気の秘密を取材したところ……。(2020/5/22)

「飛べるんで」と先に鬼ヶ島に向かうキジ、船を漕げない犬 マンガ“桃太郎で多分あったシーン”が味わい深く行間を埋めてくる
飛行能力は強い。(2020/4/26)

東京オートサロンで注目:
ダイハツ、新型「タフト」の先行予約開始 人気の“軽クロスオーバー”を投入
ダイハツ工業は4月1日、新型軽クロスオーバー「タフト」の先行予約を開始した。発売は6月を予定している。(2020/4/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタが始めるブロックチェーンって何だ?
トヨタ自動車は、ブロックチェーン技術の活用検討の取り組みを発表した。同社は、4月からグループを横断する「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」を立ち上げ、あらゆるモノ、サービスを、「安全・安心」かつ「オープン」につなぐ新しいサービスに取り組んでいくという。(2020/3/23)

トヨタ「新型コロナ」自社工場で感染者を確認 ホンダや日産など国内メーカー「COVID-19」対応発表まとめ
国内の自動車・バイクメーカーのコロナ対応情報をまとめました(2020/3/22)

AIが予測する、コロナショックで増益する企業、減益する企業
テキストマイニングを用いてAIで企業や経済の先行きを分析するxenodata lab.(東京都渋谷区)は、新型コロナウイルスの国内上場企業への影響予測を公開した。それによると、世界的に感染が拡大した際の影響は、各業界共通で部品サプライヤーへの減益影響が大きいと予測された。(2020/3/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
米国の新型コロナ“急拡大”で迫りくる「中国復活」の脅威
世界的に新型コロナウイルスの感染が拡大している。日本の経済活動において影響力が大きい米国でも、多くの州で非常事態宣言が出された。米国は今、どのような状況なのか。このまま感染拡大が続けば、先に復活した中国の力が増すことにもつながりかねない。(2020/3/12)

事前申し込みは4月13日から:
新たなご当地図柄入りナンバー、5月に交付 知床、葛飾、伊勢志摩など17地域のデザインは?
国土交通省は、新たな「地方版図柄入りナンバープレート」の交付を5月11日に始めると発表。知床、葛飾、伊勢志摩など17地域が新たに導入する。(2020/3/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの役員体制変更の狙いは何か?
4月1日、トヨタは役員体制を大幅に変更し、階級の階層を減らしてシンプル化した。具体的には従来の「副社長」を廃止して「執行役員」に一本化した。一見狙いが分かりにくい人事制度改革だが、実は骨太な方針に沿ったものだ。(2020/3/9)

どうなる? 次世代車の整備(1):
高度化する自動車技術、修理や整備は追い付けるか
自動車技術の高度化は、快適性の向上や環境負荷の低減など、自動車が抱える多くの課題を解決し、持続的な自動車社会の形成には不可欠なものです。同時に車両技術の高度化に伴い、整備や修理の技術にも変化が求められます。(2020/3/9)

視点:
サプライウェブ――新たなプラットフォームビジネスの可能性
固定的な「チェーン=鎖」ではなく、あらゆる調達先・納品先と自由につながることができる「ウェブ=クモの巣」への進化こそが、「サプライマネジメントの未来の姿」なのだ。(2020/3/9)

国内顧客数は半年で1000社増:
機能が進化するWeb/ビデオ会議クラウドのZoom、2020年中にクラウドPBX、大阪データセンターを提供へ
新型肺炎との関連でも注目されるクラウドWeb/ビデオ会議サービスのZoomが2020年3月5日、日本における事業の状況と、製品の進化について説明した。2020年中にクラウドPBXサービスを提供開始する。また、大阪データセンターを稼働開始し、高度な可用性ニーズに対応するという。(2020/3/6)

「スバルの正規ディーラーに車預けたら営業時間外に持ち出されて交通事故起こされた」 担当者が顧客の車を無断使用し、出勤時に事故を起こしたのでは?と物議
これはつらい……。(2020/2/28)

日産セレナに「車中泊対応モデル」爆誕 これで寝られるぞぉぉ!【画像22枚】
車中泊したい皆さんオトーサンお待たせしました。(2020/2/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
10年後「自家用車激減」の衝撃――オワコンになる意外な業界とは?
進むカーシェアや自動運転技術。10年後には自家用車が最大25%減少の予測も。大打撃を受けそうな意外な業界とは?(2020/1/24)

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始
自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。(2020/1/23)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(6):
「TaaS」の出現により、商用車メーカーはトラックを売らなくなる!?
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第6回は、物流の主な担い手であるトラック業界を大きく変えるであろうTaaS(Truck as a Service)を取り上げる。(2020/1/23)

正社員40万人のデータを集計した「平均年収ランキング2019」 全体平均は408万円、やっぱり強い「専門職」
生涯賃金も大きな差がつきます。(2020/1/20)

ビジネスパーソンの平均年収は408万円、都道府県別にみると?
他人の年収は気になるところだが、ビジネスパーソンはどのくらいの給与を手にしているのだろうか。パーソルキャリアが調べたところ……。(2020/1/20)

今注目の「IR」……日本に必要なのか? 外国のIRに勝てるのか?
増え続ける訪日外国人旅行者。それでもIRは必要?(2020/1/5)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(5):
鎖から蜘蛛の巣へ、「サプライウェブ」の世界が見えてきた
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第5回は、サプライチェーンマネジメントの進化の方向性となる「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」へのトランスフォーメーションを取り上げる。「サプライウェブ」の世界とはどのようなものなのだろうか。(2019/12/23)

「乗り心地も見晴らしも最高」「日本には二台しか入ってない」 アレク、川崎希からプレゼントされたベンツに感激
のんちゃん強い。(2019/12/22)

乙女ゲーム風の謎ストーリーが展開 トヨタ「カローラ」を杉田智和、櫻井孝宏、福山潤が熱演
どのカローラも個性がちょっと強すぎる……。(2019/12/21)

マクラーレン販売店に窓から珍客が突っ込む 3200万円もする高級車の上に「初めからここにいましたよ?」みたいな感じで居座る
華麗なる着地。(2019/12/10)

「いちいち面倒くさいことされた、、、」 アレク、妻から高級車のプレゼントも車内に“浮気防止用ドライブレコーダー”
仕方なし。(2019/12/3)

所有から利用へ:
「スマートドライブ」「カルモ」「akippa」「Zuora」 移動×サブスクの未来を語る
これからの自動車関連ビジネスについて、MaaSとサブスクリプションビジネスのトップランナーたちが語り合った。(2019/11/27)

Mobile Weekly Top10:
Touch IDが恋しい? いまだに人気の古いiPhone/トヨタがモバイル決済に本腰?
iPhone 8/8 Plusはいまだに根強い人気を誇っています。Touch IDが手放せない人が少なくないのでしょうか……?(2019/11/25)

車載ソフトウェア:
PR:要件が厳しく複雑な車載ソフトウェア開発、コストをどう低減するか
車載ソフトウェア開発は、安全性の担保やメンテナンス性確保のためのコーディング規約順守などさまざまな要件が課される。最近は自動運転システムの開発やOSS(オープンソースソフトウェア)の活用増加など、単にソース単体レベルでの対応を超えたところで配慮すべき内容が増えてきた。こうした状況に対応してテクマトリックスが新しく提案しているのが、車載ソフトウェア開発向けのツールチェーンともいえるソリューションである。(2019/11/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスの向こうに見える福祉車両新時代
還暦もそう遠くない筆者の回りでは、いまや最大関心事が親の介護だ。生活からクルマ消えた場合、高齢者はクルマのない新たな生活パターンを構築することができない。そこで活躍するのが、介護車両だ。トヨタは、ウェルキャブシリーズと名付けた介護車両のシリーズをラインアップしていた。そしてTNGA以降、介護車両へのコンバートに必要な構造要素はクルマの基礎設計に織り込まれている。(2019/11/18)

上期減収減益も強気のシャープ 業績回復の決定打はあるのか
2019年度上期(19年4月〜9月)の連結業績が減収減益となったシャープ。大幅な巻き返しが求められる下期に向け、どのような戦略を描くのか。(2019/11/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
「フェス化」で激変する東京モーターショーのかたち
東京モーターショーを見守ってきた筆者が気づいた「変化」とは?(2019/10/31)

特集:サブスクリプション×DX:
リコーの挑戦、複合機製造業のサービスプロバイダー化とは
オフィス用複合機メーカー、リコーはペーパーレス化によって消耗品ビジネスからの転換を余儀なくされた。製造業が「モノを作って、売る」という従来型のビジネスから脱却するために変革したものとは。(2019/10/21)

アレクサンダー、妻・川崎希に新型ポルシェを買ってもらう 「乗り心地は魔法の絨毯レベル」「のんちゃんありがとう」
本当によい妻を持ったな。(2019/9/26)

車載情報機器:
トヨタがSDL対応のディスプレイオーディオを標準装備に、ナビアプリはLINE
トヨタ自動車は2019年9月17日、東京都内で会見を開き、「カローラ」のセダンタイプとワゴンタイプを全面改良して、販売を開始したと発表した。セダンタイプは「カローラ」、ワゴンタイプは「カローラツーリング」に車名が変わる。(2019/9/18)

PR:課題解決+売上アップ! オーレはいかにして「攻めの業務改善」を実現したか
大判印刷のインターネット通販サイト「プリオ」を運営するオーレは、ユニークな組織運営と、ラクスのメール共有・管理ツール「メールディーラー」によって、売上を大幅にアップしたという。同社代表の松岡氏に話を聞いた。(2019/8/26)

生産数はたったの15台のみ アルファ ロメオ、SUV「ステルヴィオ」の特別モデル「モノクロームエディション」発売
8月31日から正規ディーラーで販売開始。(2019/8/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「画像認識」について。(2019/8/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
400万円オーバーのBセグメント DS3クロスバック
一般に高級ブランドというものは、長い歴史があり、ブランド論がとやかく言われる前から「高級品」として世の中にイメージが共有されているものである。DSは2010年代という、技術もマーケティングも高度に発達した時代にこれに挑もうとしている。そこは大変興味深い。DS3クロスバックがこれにどう挑むのか。(2019/8/19)

9月リリース予定:
岐阜ダイハツ販売「AI店員」導入へ 24時間顧客対応可能に
岐阜ダイハツ販売が9月に「AI店員」を導入へ。名称は「LinKa」。査定と来店予約を担当する。オンライン店舗「ウェルカムストア」で利用可能。導入の背景とは?(2019/8/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型タントデビュー DNGAって一体なんだ?(後編)
多くの人が「新世代プラットフォーム」の名前だと勘違いしているが、DNGAはトヨタのTNGAと同様に、企業まるごとの強靭化計画であり、設計や生産のみならず、部品調達や人材教育まで、ダイハツの企業経営全体を強化する新しい経営思想だ。10%以上の大幅なコストダウンとともに、将来の開発や改造を最初から織り込んで設計されている。その効果は、タントでも福祉車両に見ることができる。(2019/8/13)

鉄チンホイール用の「ホイールカバー」 でも「プリウス」はアルミホイールなのにカバー付き、なぜ?
最初は意味分かんねーと思いましたが、「ほほー、まぁ分かる」な理由でした。(2019/8/6)

PR:次世代ERPは「自動で分析」「Xデータと連携」――SAPが描く“仕事をラクにする”企業システム
(2019/8/5)

その名もゴリアテ ごりマッチョ感がマシマシになるシボレー製ピックアップトラック6輪化カスタムキット爆誕、米カスタムメーカーが限定販売
旧約聖書の巨人兵「ゴリアテ」にちなんだ6輪化カスタム。(2019/8/2)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
EVでのドライブはフォントとUIの近未来
この連載の旅シリーズ、鉄道、空に次いで、今回は車、それも電気自動車(EV)の旅に見るフォントとデザインがテーマだ。(2019/7/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルが生まれ変わるために  その2
北米での取材の途中、いくら議論しても結論は出なかった。そこで帰国後、スバル本社でもう一度取材を行う。しかし、本社に出向いても、結局のところスバル側に投げてあった「戦略があるかないか、あるなら具体的な戦略を教えて欲しい」という質問には明確な回答はなかった。スバルは変わらなくてはならないことをすでに十分分かっているはずだ。しかしながらその変革を実現していく組織改造が、まだ始まっていないのだと思う。(2019/7/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルが生まれ変わるために その1
筆者を、スバルは北米の有力ディーラーへと招待した。ペンシルバニア州アレンタウンの「ショッカ・スバル」は、新車・中古車を合わせた販売数で全米1位。新車のみに関しても、全米最多級である。「スバルは他と違う」と、この自動車販売のプロフェッショナルは、本気でそう思っている。けれど、具体的に何がどう違うのかが全く説明されない。北米ビジネスの成功について、何の戦略があり、何をしようとしているのか、それを知りたいのだ。(2019/7/22)

エクスペリエンスギャップを埋める:
SAPが80億ドルで買収したQualtrics、メルカリも活用するXM(Experience Management)とは
2019年1月、SAPはアンケート調査ツールを提供するQualtricsを80億ドルで買収した。「SAP NOW Tokyo 2019」で明かされたその戦略的意図とは。(2019/7/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。