ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ディーラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディーラー」に関する情報が集まったページです。

下見するフリしてスーパーカーを盗む カーディーラーで白昼堂々と行われたクルマ泥棒の犯行
こうなってはセールスマンも見送ることしかできない。(2021/9/9)

【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
キャタピラーが注力する長距離での建機の遠隔操作、アリゾナのマシンを展示会場で操縦
日本キャタピラーは、「第3回 建設・測量生産性向上展」で、現場をより安全に、そしてより生産性を向上させることを掲げ、マシンを含めた最新のICT施工に対応する製品群を展示した。ブースでは、日本初公開となる長距離での遠隔操作を可能とするオペレーターステーションの実演も行った。(2021/9/6)

興奮を抑えきれなかったか 新しいクルマを手に入れた男性、うれしさが暴発 店内でうっかりアクセル全開、ガラスウインドウを突き破って外に
幸せな1日になるはずが、最悪の日に。(2021/9/5)

’80s国産名車・NSR250R [MC18]完調メンテ【識者インタビュー:現代の視点でも戦闘力は十分】
今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は’80〜’90年代の2スト全盛時代を象徴する名車・ホンダNSR250R[MC18]を紹介。本記事ではモトールエンジニア・藤田浩一氏のインタビューとおすすめモデルをお届けする。(2021/9/3)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
交通事故撲滅に向けたウオーターフォールチャートが作れたらいいのに
「これをすれば事故が何件減らせる!」と目標を立てられるといいですよね。(2021/9/1)

ホンダ「モンキー125」限定版! ホットウィール・コラボ仕様がタイで登場!
モンキー125×Hot Wheelsコラボダイキャストモデルが発売。(2021/8/31)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)

ホンダ、NSXの最終モデル「NSX Type S」発表 究極の性能と美しさを追求、日本30台限定・2794万円から【写真で見る】
シビれるかっこよさ……! 新デザインで迫力マシマシ、出力向上も。(2021/8/30)

「ところでポーカーってやったことあります?」 初心者が突然ポーカーやってみたらトッププロに勝った話
いきなり「世界のヨコサワ」さんが出てきてガチビビりしながらプレイしてきました。(2021/9/17)

これが近未来のポーカーか……! サミーが本気で作ったポーカーハウス「m HOLD'EM目黒」に行ってみた
日本でもブーム到来中のテキサスホールデムが遊べるお店が8月27日にオープン!(2021/8/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
アフガニスタンで日本車が注目されている、なぜ?
アフガニスタンでイスラム武装勢力タリバンが、アフガン政府を追い出したニュースが話題になっている。新たな政権が誕生しようとしているわけだが、その一方で、日本車が注目されている。欧米のメディアがフォーカスしていて……。(2021/8/26)

ワンフェス2021[秋]が中止に 新型コロナウイルス感染拡大を受けての決断
2020[秋]、2021[冬]に続いての中止となりました。(2021/8/23)

ジョブ型導入も:
「EV100%」への変革見据え、組織をどう変える? ボルボ・カー・ジャパン人事の狙い
ボルボ・カーズは、30年までに完全な電気自動車(EV)メーカーとなることを宣言した。日本市場でも同様に、EVへの転換とオンライン販売の強化に注力する。100年に一度の大変革期の中で、経営の転換に耐えうる組織にするために必要なこととは──?(2021/8/25)

ボルボ・カー・ジャパンCEOの組織論:
「iPhoneにタイヤを付けた」ような車が主流になる中、日本が世界に追いつくためにすべきこと
ボルボ・カー・ジャパンの代表取締役社長=マーティン・パーソン氏は、日本の現地採用でボルボに入社し、スウェーデン本社に異動したという異色のキャリアの持ち主だ。日本の現場と世界の潮流の双方を知るパーソン氏に、グローバルな視点から見た日本企業の現状や進むべき方向性について話を聞いた。(2021/8/23)

製造マネジメントニュース:
製造業のビジネス変革加速、シンクロンがSLMソリューション提供企業と合併
アフターサービス業務向けソリューションを展開するシンクロンは2021年8月20日、フィールドサービス管理ソリューションやワランティ管理ソリューションを展開するマイズとの合併を発表した。(2021/8/23)

話題:
ロードスターを再び レストアに賭けた町工場
マツダを象徴するスポーツカー「ロードスター」が登場してから30年あまり。4代にわたってモデルチェンジされてきたが、旧型モデルはいまも根強い人気がある。この往年のロードスターを見事によみがらせることで話題の町工場がある(2021/8/22)

大事な封筒を放置していたら…… コザクラインコちゃんがまさかの開封→飼い主「ぎゃー!!」と焦る事態に
中身は無事!(2021/8/14)

視点:
自動車OEMに求められるもう一つのDX
自動車メーカーは、CASEによって車両及びビジネスモデルそのものへの変革を求められるのと同時に、ヒト・モノ・カネの視点でもう一つの企業経営・運営での変革が求められる。(2021/8/10)

oricon MEが調査:
満足度の高い「車検」と「タイヤ専門店」ランキング 店の雰囲気や接客力の違いは?
oricon MEは実際のサービス利用者を対象に、満足度の高い車検とタイヤ専門店を調査した。それぞれの分野で1位になったのは?(2021/8/4)

わんこの肉球ぺたっ ホンダ純正カーアクセサリー「Honda Dog」がかわいいぞ
肉球シフトノブ、肉球だ肉球だ……!(2021/8/2)

安全な自動運転実現に向け:
ADAS/自動運転関連事故の報告命令、重要トピックQ&A
米運輸省道路交通安全局(NHTSA)によるSAE(Society of Automotive Engineers)レベル2のADAS(先進運転支援システム)搭載車に関する衝突事故の報告を義務付ける事故報告命令。その重要トピックについて、NHTSA独自の言葉を用いながら、Q&A形式で概要をまとめる。(2021/7/21)

高級ブランドも採用した山梨県の紙ストロー 一気に攻勢
森林の管理・保全の国際認証である「FSC」認証を得た唯一の国産紙ストローで、水に浸しても1時間以上耐えられるなど優位性を訴える。(2021/7/5)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハイブリッドやEVのバッテリーはいつまでもつ? 寿命を決める温度管理
EVで気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。寿命はバッテリーの特性によっても異なるが、実際の車両では温度管理などのマネジメントによるところが非常に大きい。(2021/7/5)

借りられるかが事前に分かる 銀行ローンの横断マッチング、クラウドローンが事前審査サービス開始
個人と銀行をマッチングし、銀行から自動車ローンなどの融資提案を受けられるプラットフォーム「クラウドローン」に、新機能の事前審査バージョンが登場する。信販会社のオリコが事前に審査を行うことで、借りられるかどうか、また利率が判明した状態で、複数の銀行からのオファーを受けられるようになる。(2021/7/1)

ハンバーグ師匠、ハーレー新車に一目惚れ 呪われた(?)愛車「SLピンクのハーレー」はどうなる?
SLピンクから「デッドウッドグリーン」に乗り換えか?(2021/6/22)

伊藤忠のネットワークを活用して日本人好みのスマホを厳選:
美品の“3つ星スマホ”のみを販売 中古スマホサービス「にこスマ」の戦略
伊藤忠商事の100%子会社として2019年2月に設立されたBelongは、独自の厳しい検査基準を設けて国内外から良品・美品の中古スマホを集めて提供している。その検査基準で得られた人気は高く、「2020年の売上は2019年と比べて4倍から5倍」だという。大きな売上を獲得する中古スマホ取扱企業に話を聞いた。(2021/6/16)

渋谷に1億円のポーカールーム誕生! YouTuber・世界のヨコサワとひろきが「日本にクリーンなポーカーを広めたい」理由
「ポーカーを日本の文化にする」ことを目標に、豪華絢爛なポーカールームに賭ける男たちの熱すぎる想いを取材しました。(2021/6/12)

オリコンが調査:
満足度の高い「カー用品店」ランキング 3位「イエローハット」、2位「ジェームス」、1位は?
oricon ME)は、「カー用品店」における顧客満足度調査の結果を発表した。1位になったのは?(2021/6/3)

新宿店ではコレクションを展開:
ISETAN MEN’SとBMWがコラボ MINI Clubmanの特別仕様車発売
伊勢丹新宿店メンズ館とビー・エム・ダブリューは、2社でデザインを共同開発した特別仕様車「MINI Clubman Savile Row Edition(クラブマン・サヴィル・ロウ・エディション)」を期間限定で販売している。(2021/6/3)

自動車ディーラーのDX
若手の成績アップ、毎月の受注増加を確実に――自動車ディーラーのAIセンター
自動車ディーラーは、車検時期到来を軸として見込み客のリストをExcelベースで作り、営業活動に役立てる。だがこの方法は手間も掛かり、個人の業績にもばらつきが出る。確度の高い見込み客を導き出し、確実に受注を増やす方法がある。(2021/6/2)

米国による制裁後もファーウェイは死なず Androidを代替するHarmonyOSはどんな状況なのか
米国が口火を切った米国製品禁輸措置により、Huaweiは多大な被害を受けた。そして、現在はどうなのか。(2021/5/31)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(4):
脱炭素に向けた日本の自動車政策はどう進む、「欧州に追従する必要はない」
国土交通省と経済産業省は2021年5月19日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第5回の会合を開き、業界団体などを対象としたヒアリングの結果をまとめた。(2021/5/31)

日本にいながら海外旅行気分が味わえる「トリミング海外旅行」の漫画が楽しそう 「平和すぎて好き」「インスタで流行らそう」
トリミングって、すっかり一般用語になりましたね。(2021/5/29)

自動車業界の1週間を振り返る:
人間らしく会話を続けるGoogleのLaMDA、自動車で使える日が待ち遠しい
土曜日です。1週間、お疲れさまでした。じめじめした憂鬱な天気が続きますね。ここ数年は大雨に関連した災害のニュースが目立ちます。何事もなく雨の季節が終わるのが一番ですが、何事もないことを祈るばかりでは仕方ありませんので、少しでも備えておきたいですね。(2021/5/22)

化学企業トップが目指す「グロース企業」カギを握るOODAカルチャーとは
「グロース企業の文化を見習え」――。半導体材料などで知られる化学メーカー、JSRの会長が語ったのは、成長の仕組みや戦略ではなく、企業文化の作り方だった。「脱PDCA」で飛躍を目指す。(2021/5/21)

いまさら聞けない自動車業界用語(13):
2020年度の業績発表がスタート、自動車メーカーの決算のみどころは
今回は自動車メーカーの決算の注目ポイントについて説明します。決算の数字を把握しておくことは、自動車業界で働く上で非常に重要です。(2021/5/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
内燃機関から撤退? そんな説明でいいのかホンダ
ホンダは新目標を大きく2つに絞った。一つは「ホンダの二輪・四輪車が関与する交通事故死者ゼロ」であり、もう一つは「全製品、企業活動を通じたカーボンニュートラル」。そして何より素晴らしいのは、その年限を2050年と明確に定めたことだ。ホンダは得意の2モーターHVである「e:HEV」を含め、全ての内燃機関から完全卒業し、EVとFCV以外を生産しない、世界で最も環境適応の進んだ会社へと意思を持って進もうとしている。(2021/5/3)

修理する権利とコネクテッドカー(1):
マサチューセッツ州の修理権改正案は自動車業界にどんな影響を与えるか
診断データは、修理工場が車両の状態をよりよく理解し、車両の潜在的な問題を分析かつ特定し、クルマの修理に役立つものだ。この記事では、そうしたデータの扱いに関する「修理する権利(修理権)」を分析し、幾つかの課題について解説する。(2021/4/28)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタがいよいよEVと自動運転 ライバルたちを一気に抜き去るのか、それとも?
トヨタは最新の運転支援技術を採用した新機能「Advanced Drive」をレクサスLSとMIRAIに搭載。さらに、先日の上海モーターショーでは新しいEVを発表した。そして驚いたのは、トヨタが今さら水素エンジンにまで触手を伸ばしてきたことだ。(2021/4/26)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
「TQMのカイゼンがDX推進のドライバになる」はあり得るか
TQM(総合的品質管理)の実践は、DX推進効果もあるのではないでしょうか。2019年にデミング賞大賞を受賞したトヨタ自動車九州のTQMの取組事例を例に、考察してみましょう。(2021/4/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
メーカー直販EC、カーシェア、EV化の三重苦 日本の自動車ディーラーは今後どうなる?
ここ5年ほどで、自動車ディーラーの店舗が大きく様変わりしてきている。10年に1回はリフォームなどで清潔感や先進性を維持するのが通例となっているが、このところディーラー再編に伴う建て替えと、新しいCIに沿ったイメージへの転換に向けた建て替えという2つの理由で、かなりの数のディーラーが、それまでと一新する装いを放ち始めたのだ。だが、そんな戦略もコロナ禍ですっかり狂ってしまった。(2021/3/15)

知られざる無線機の威力:
PR:リモートワークで課題の「雑相」不足とBCP対策を一気に解決! 今、ビジネスに「無線機」を導入するべき理由
リモートワークで課題となるコミュニケーション不足。特に、オフィスにいたときのような雑談や相談といった「雑相」をどう再現するかがカギとなっている。こうした雑相不足の解消に有効なのが、IP無線機だ。少々意外にも感じるが、リモートで気軽なコミュニケーションをする上で、IP無線機はどういった点に強みがあるのだろうか。(2021/3/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
「新車全てEV」「エンジンに投資しない」という欧米勢、熱効率50%に尽力できる日本勢
週末です! 1週間、おつかれさまでした。今週もさまざまな自動車関連のニュースがありましたね。モノづくりに関するニュースではありませんが、BMWの日本法人に関する報道がちょっと気になりました。(2021/3/6)

顧客起点でデザインするサービスイノベーション(4):
製造業が「サービス化」を実現する4つのパターンとそのポイント
製造業がサービス化を実現するためのポイントとしてサービスイノベーションの手法や事例について紹介する本連載だが、第3回となる今回はPoC(概念実証)など、ソリューション開発におけるアジャイル型の取り組みや、将来の実務適用を加味したアーキテクチャデザインについて、その有効性と方法論について紹介する。(2021/2/22)

FAニュース:
工作機械の遠隔保守を支援する、数値制御装置向けサービスを北米地域に拡大
三菱電機は、IoT技術により工作機械の遠隔保守を支援する「iQ Care Remote4U」の数値制御装置向けサービス地域を北米地域へ拡大し、サービスを開始した。工作機械のダウンタイムを短縮し、生産性を向上する。(2021/2/15)

緊急事態宣言発令を受け中止になったワンフェスが2月7日にWeb開催へ
「ウェブワンフェス 2021[冬]」の特設サイトは2月5日17時公開予定です。(2021/2/4)

「株式取引システムは3社くらいに収れんする」auカブコム社長、プラットフォーム化へ意欲
自社の取引システムをAPIとして提供し、プラットフォーマーを目指すとしているのが、ネット証券大手のうちの1社、auカブコム証券だ。2012年から株式取引のAPIを開放してきたが、20年7月には投信販売機能のAPI提供を始めた。さらに8月にはREST APIを使った高速発注環境を開放、10月には先物とオプションのAPIを開放、さらに他証券会社向けに貸株サービスをSaaS形式で提供するなど、矢継ぎ早にAPI提供を進めている。(2021/2/1)

MONOist 2021年展望:
自動車に「ソフトウェアファースト」がもたらす競争力を考える
今後、ソフトウェアが担う役割を拡大していく要因は、クルマがユーザーの手元に来た後に機能を拡充するアップデートを行おうとしている点です。以前は車両購入後のソフトウェア更新というと、ナビゲーションシステムの地図データのアップデートや、クルマの修理で制御プログラムを修正するのが中心でした。スマートフォンで好みのアプリを追加したり、より良い最新の状態にアップデートしたりするようにクルマが変わっていけば、クルマの使い方や価値も大きく変化します。(2021/1/13)

ワンフェス2021[冬]が中止に 緊急事態宣言の「上限5000人」超えるため
残念ながら「2020[秋]」に続いての中止に(2021/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。