ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「使い捨てカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「使い捨てカメラ」に関する情報が集まったページです。

「80年代ヤンキー部屋」や「ゲーム好き小学生部屋」を再現 「なつかし部屋再現展」がガチすぎたから想いを共有したい
うわあああああああああ(爆発)!(2019/11/2)

キヤノン、小型軽量防水の新カメラ「iNSPiC REC」を限定販売 付け外しが簡単ですぐ撮れる
被写体を肉眼で見ながら撮るディスプレイレス仕様。仕上がりは連携したスマホアプリから見られます。(2019/10/17)

富士フイルム、写真フィルムを3割以上値上げ 原材料など高騰
富士フイルムが、写真フィルム製品の一部を30%以上値上げ。原材料や物流コストの高騰が原因という。(2019/5/10)

「写ルンです」防水タイプが2019年12月に出荷終了 通常タイプは値上げへ
写真フィルムの原材料および物流のコスト上昇を受けて。(2019/5/10)

「KODAK」のロゴが入った中国製「レンズ付きフィルム」の偽造品が流通 購入と現像をしないよう注意喚起
偽装品は外装に中国語などが記載されています。(2019/3/30)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(前編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではない。今回はソニーとキヤノンの新製品を取り上げ、その実力をチェック。(2019/2/8)

「なんと華やかな面々!」 映画「SUNNY」大人チーム&若手チームの密着ショットが美女の展覧会
大根監督うらやましい。(2018/9/1)

篠原涼子が違和感ゼロのeggポーズ! 映画「SUNNY」大人チームの5ショットに「無敵感がスゴい」の声
若手チームの“写ルンです”オフショットも話題の同作。(2018/8/1)

広瀬すず、池田エライザらが90年代風コギャルに変身 “写ルンです”で撮り合った写真がチョベリグ
完全に当時の空気。(2018/7/22)

革職人が作った本気の仕上がり 「写ルンです専用ケース」がかっこいい
どんどん愛着がわいてきそう。(2018/7/9)

残るはカラーだけ:
富士フイルム、白黒フィルム・印画紙の販売終了 安定供給が困難に
富士フイルムイメージングシステムズが、白黒写真用フィルムと印画紙の販売を終了する。「安定的な供給が困難となったため」という。(2018/4/6)

「20歳になったらこの日、この場所に集まろう」 → 「小学校の同窓会、誰も来んかった」 せつなすぎると話題
ツイートが拡散されたことで、結果的には小学校時代の仲間と交流できたそうです。よかった。(2018/4/1)

流行語大賞「インスタ映え」とは何だったのか 2017年を振り返る
2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれた。世代を問わず注目を集めた言葉だが、実際にはどのようなことが起きていたのか。(2017/12/27)

10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」
10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、1位が「インスタ映え」、2位が「熱盛」、3位が「ンゴ」――こんな調査結果が発表された。(2017/11/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
軍事用語として誕生したVUCA――激変するビジネスの戦場でリーダーはいかに立ち振る舞うか
ビジネス環境が、不安定で不確実性が高く、複雑かつあいまいな「VUCA」の時代とは、どのような時代なのか。また、VUCAの時代において、リーダーにはどのような役割が求められるのだろうか。(2017/7/27)

2017年内提供予定:
ぺんてるが“落書きVR”を開発中 なぜ?
文房具大手のぺんてるが、デジタルコンテンツを手がけるアルファコードと共同で“落書き”体験ができるVRコンテンツの開発を進めている。一体なぜなのだろうか?(2017/7/5)

初代「写ルンです」っぽくなるプレミアムキット、数量限定販売
(2017/6/15)

フィルム写真データをスマホに直送、カメラのキタムラが新サービス
カメラのキタムラがネガフィルムの現像データをスマホに送るサービスを開始。フィルム1本当たり1400円で受け付ける。(2017/5/23)

“家族でデータ通信をシェア”は普通? 若者によく使うアプリを聞いてみた
(2017/2/11)

年間5000万ケース突破:
「午後の紅茶」躍進を支えたマーケティング
2016年に発売30周年を迎えたキリン「午後の紅茶」。節目の年に、初の年間5000万ケースの販売を達成した。その飛躍を支えたマーケティング施策とは……。(2017/1/16)

雲の上なら見晴らし最高、初日の出フライトの「特等席」っぷり
見晴らしの良い上空から初日の出を眺められる「初日の出フライト」。地上の天候が悪くても年に1度のシャッターチャンスを逃すことがないとして、人気が拡大している。(2017/1/2)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(後編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。この記事では、3名の選考委員と、ITmedia Mobile編集部の意見を見ていきます。(2016/12/29)

バファローズポンタ、契約更改で来季も応援継続 またあのリアクションが見られるぞ!
バファローズが負けたときのほうがかわいい、あのリアクションが2017年シーズンでも!(2016/12/22)

「写ルンです」にはスマホカメラにはない“緊張感”があった
安価で、簡単な操作で写真が撮れることで大流行したレンズ付きカメラ「写ルンです」。最近新たなブームが来ているようですが、当時の使い方はこんな風でした。(2016/8/6)

LINEスタンプ感覚?:
「動く絵文字みたいでカワイイ」 10代がGIF動画にハマる理由
10代にとってGIFは新鮮! 初めてGIF動画を見た若者は何を思った?(2016/7/13)

要望により第2弾! 写ルンです30周年アニバーサリーキットが数量限定で発売
第2弾の着せ替えは「写ルンです FLASH」のデザイン。(2016/7/2)

MEMS発振器メーカーの“生き残り”:
「シリコンは水晶に必ず勝てる」――SiTime
かつては水晶の独壇場だった発振器市場において、MEMSの存在感が高まっている。温度補償機能を備えていない最もシンプルなタイプの発振器では、MEMSの出荷数が既に水晶を上回っている。そのMEMS発振器市場でシェア90%を獲得しているのがSiTimeだ。(2016/6/2)

コンビニ探偵! 調査報告書:
2020年、コンビニから「エロ本」「タバコ」が消えてしまうかもしれない
コンビニはたくさんの商品を扱っているが、消えていく商品も数多い。販売不振で撤去されるだけでなく、「反社会的なモノを置いていていいのか!」といった世論の声を受けて、消えていく商品もあるかもしれない。それは……。(2016/3/14)

写ルンです30歳! 初代デザインのカバーなどが入ったアニバーサリーキット 4月8日に発売
懐かしい? それとも新しい?(2016/3/11)

スマホ世代のJKが抱える問題とは? リクルートのフォトアルバム作成アプリ「picmiina」が若者の青春を守る
リクルートの「picmiina」は、女子高生をターゲットにしたフォトアルバム作成アプリ。実際にモノとしてアルバム手帳が届くという体験がイマドキの若者にとっては新鮮だと開発担当者は語る。(2015/1/13)

写メール:
カメラ付きケータイ「J-SH04」が未来技術遺産に登録――マビカ試作機や写ルンです、“パスポートサイズ”も
国立科学博物館は、シャープのカメラ付き携帯電話「J-SH04」や電子スチルカメラ「マビカ」試作機、レンズ付きフィルム「写ルンです」などを重要科学技術史資料(未来技術遺産)として選定した。(2014/8/27)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
1泊2日で16フライト!「アイランドホッピング」でひたすら飛行機に乗り続けてみた
飛行機に乗る――それは、出張や旅行のためとは限らない。「飛行機に乗ること」それだけを目的とした旅もある。今回体験した奄美諸島をめぐる1泊2日の「アイランドホッピング」が、まさにそうだった。(2014/7/11)

杉山淳一の時事日想:
え? もう新車?──JR東日本が急ぐ、「新・山手線」投入のワケ
えっ、もう新車? JR東日本が山手線の新型電車E235系を2015年に導入すると発表。現在の山手線電車E231系はまだ10年ちょっとしか経っていない。新車の導入サイクルを短くしたその理由は……。(2014/7/11)

広田稔のMacでGO!(24):
今から始める超入門!! iPad+iPhotoの写真管理術(前編)
「デジタルって便利ー!」と多くの人が恩恵を受けたものの1つに、写真が挙げられるだろう。今回はiPadとiPhotoを活用した写真管理術を紹介。(2013/12/3)

雑談・品質工学 長谷部先生との対話(1):
あなたが作っているコレ、一番大切な機能はどれ? に即答できますか
想定を超える利用者の使い方を想定して品質を作りこむって? 「理解するのに随分時間がかかった」というタグチメソッドコンサルタント 長谷部先生に、体当たりで疑問をぶつけてみた。(2012/7/2)

海外モバイルニュースピックアップ:
「Google I/O 2012」のプレゼンテーション、海外メディアの反応は
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、「Google I/O 2012」のプレゼンに対するメディアの反応、2013年にタブレット端末がPCの販売数を上回るという予測、自宅作業の実態 など。(2012/6/28)

どうなる? 鉄道の未来(おまけ):
“金太郎あめ”車両が、増えた理由
鉄道に乗っていて「どの車両も同じようなものだなあ」と感じたことがある人もいるのでは。なぜ特徴のない車両が増えてきたのか。その背景について、共同通信の大塚記者と時事日想で連載をしている杉山氏が語り合った。(2012/6/2)

勝手に連載!「海で使うIT」:
秋の巡航を“自慢”するなら、フルハイビジョンの「Xacti DMX-CA100」がいいみたい
ついに夏が終わる! が、舟遊びは、いい風が吹き始めるこれからがオンシーズン。というわけで、秋の連休に最新の“防水”Xactiをじっくりと使ってみたっ!(2010/9/17)

ケータイカメラ進化論:
ケータイカメラの誕生
今や携帯電話に必須となったカメラ機能。当初は“撮るため”だけに使われていたが、最近ではセンサーや各種の認識用途など活用の幅が広がっている。この連載ではケータイカメラの進化の過程をたどりながら、新たな活用の可能性を探る。(2010/4/7)

-コデラ的-Slow-Life-:
ワイドは使いやすいがテレは…… FUJI「TW-3」の実写
電池交換と簡単なクリーニングだけで復活したFUJI「TW-3」。実際に撮ってみると、それなりの写りではあったのだが、逆光には弱かった。(2010/3/29)

ケータイ世代の女性が企画:
男の知らない“きれい”とは――4000枚以上の写真から完成したカシオ端末の「美撮り」
カシオ日立モバイルコミュニケーションズの中澤優子氏は、入社2年目にして、同社のソフトバンクモバイル向け1号機の開発チームに抜擢された。周りは年の離れた男性ばかりという環境の中、彼女に課せられたのは「女性向けモデルの企画」。そこで考案したのが「美撮りモード」だった。(2009/12/15)

-コデラ的-Slow-Life-:
しっとりとした表現力、さすがのFUJINONレンズ
登場した当時は認知度が低かったFUJICAのカメラ。しかし、筆者が30年前に買ってもらったFUJICA ST701をクリーニングして、改めて撮ってみると、その味のある描写に驚いた。(2009/11/16)

ウルトラマンとコラボしたレンズ付きフィルム コダックが発売
ウルトラマンとコラボレーションしたレンズ付きフィルムをコダックが発売。レンズ付きフィルムのラベルをユーザーが自由にデザインできるコダックのサービスを利用した。(2009/10/13)

レビュー:
3D撮影を手軽に楽しもう――富士フイルム「FinePix REAL 3D W1」
富士フイルムの「FinePix REAL 3D W1」は、2つのレンズで立体写真が撮れるユニークデジカメ。何気なく撮ったカットが立体に見えるのは、実に楽しく不思議なものだ。(2009/9/30)

アイデア・スイッチ:
優れた発明家たちの思考手順を再現する「9Windows」
アイデアを考え出すこととは、「既存の要素をたくさん集め、シャッフルし、新しい組み合わせをつくる」こと――今回は斬新なアイデアがほしいときに効率的な発案のステップ「創造の手順書」について紹介します。最終回を記念しプレゼントも用意しました!(2009/8/11)

文具王の「B-Hacks!」:
文具王的名刺交換術
名刺交換はビジネスの入り口。大事だと思っていてもついつい整理が面倒になる。そんなあなたに、iPhoneやScanSnapを活用した名刺交換術をご紹介しよう。(2009/6/19)

松村太郎のiPhone生活:写真:
第20回 iPhoneのカメラがミラクルを起こす──「ToyCamera」
銀塩カメラの世界では、何とも不思議な写真が撮れる「トイカメラ」が人気だ。iPhoneアプリ「ToyCamera」では、そのトイカメラで撮れるような写真がiPhoneのカメラで撮影できる。(2009/1/14)

最も利用しているカメラのタイプは? 最近のカメラ事情
カメラを購入する予定がある人は、どのタイプを考えているのだろうか。C-NEWS編集部の調査によると、「コンパクトデジタルカメラ」が最も多く、次いで「デジタル一眼レフカメラ」。デジタル一眼レフカメラを購入したいと回答したのは、30代の男性が多かった。(2008/12/15)

-コデラ的-Slow-Life-:
一眼レフの生きた歴史、ASAHI PENTAX SP/SPF
現在の一眼レフの基礎を築いた1964年登場の「PENTAX SP」と、それから約10年後に発売された開放測光搭載モデル「PENTAX SPF」。この2つのPENTAXボディを“ニコイチ”にする修理を行ってみた。(2008/11/21)

エコな“使い切りデジカメ”が防水仕様で登場
プラザクリエイトは、液晶ディスプレイ付きの“使い切り”デジタルカメラ「ECO digi MODE」のウォータープルーフタイプを8月15日に発売する。(2008/8/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。