ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「使い捨てカメラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「使い捨てカメラ」に関する情報が集まったページです。

週末に「へえ」な話:
マッカーサーも常連だった!? 88歳「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の伝説
東京・銀座にあるビヤホールが「登録有形文化財」として登録されたことをご存じだろうか。「ビヤホールライオン 銀座七丁目」の建物のことである。この店は1934年にオープンしていて、ホールはほぼ当時のまま。店内はどうなっているのかというと……。(2022/4/23)

100年後の世界はどうなっていると思う? “魔法のアイテム”スマホを握って未来を考える展覧会を見てきた
スマホは、過去の人にとっては“魔法のアイテム”だ。カメラも電話も音楽再生もできるなんて信じられないだろう。でも、僕たちだって100年後の世界を想像するのは難しい。そんな未来を考えるヒントをくれる展覧会を見てきた。(2022/1/6)

社長のお話プログラムも:
銚子電鉄の車両でサウナ 千葉県銚子市でワーケーションプログラム実施
宿泊施設検索サービスを手掛けるStayway(ステイウェイ、川崎市)が、「銚子電車を活用したサウナワーケーション」の参加者を募集すると発表した。(2021/8/24)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
ドコモケータイを振り返る 50xシリーズで高機能化が進み、FOMAが3Gの普及を後押し
ITmedia Mobileの20年を振り返る企画として、国内キャリアが2001年から2020年に発売した主要な「ケータイ」「スマートフォン」をピックアップしてまとめた。第1回はNTTドコモのケータイだ。iモードの対応機種「50xシリーズ」や、3Gサービス「FOMA」の普及に貢献した「90xシリーズ」を中心に紹介する。(2021/7/9)

役者であることは自分の誇り――日曜劇場「ドラゴン桜」で話題、志田彩良の人生を変えた転機と母への“反抗心”
「ドラゴン桜」の“秀才”小杉麻里役で注目を集めています。(2021/6/27)

招待制の写真SNS「Dispo」読本(後編) ロールへの招待状 撮影した後がまた楽しい
ちょっと変わった写真SNS「Dispo」の魅力をたっぷり解説する前後編の後編。(2021/3/30)

招待制の写真SNS「Dispo」読本(前編) 使い捨てカメラ、トイカメラとはまた違う魅力の撮影アプリ
招待制だからうけてる? 使い捨てカメラとかトイカメラとかなんでしょ? というだけに止まらない、Dispoの魅力をライターの納富廉邦さんが熱く紹介。(2021/3/17)

Clubhouse、そしてDispo 招待制というハードルがありながら緩くつながれるアプリに人気が集まる時代
おしゃべりSNSのClubhouseに続いて、Dispoという写真系SNSが人気だ。この2つに共通するのは招待制だという以外に、こんなことがある。(2021/2/25)

褐色肌に細眉、写ルンです…… 佐藤ノア、益若つばさとの“平成ギャル”ショットに「この2人、最強すぎる」
平成みが深い。(2021/2/21)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
撮る、あげる、楽しい 感熱紙にプリントするインスタントカメラの遊び方
感熱紙のロールをセットし、シャッターを押すとそこにプリントされるカメラが登場した。ケンコートキナーが発売した「KC-TY01」である。(2020/11/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

“紙”でできた台湾発デジタルトイカメラ「Paper Shoot」がかわいい! 実際に撮ってみた
エモーショナルな写真が撮れます!(2020/9/23)

佐野ひなこ、水着や制服など“秘蔵ショット”一挙公開にファン沸き立つ 「なんのご褒美だ!」「写真集にしてほしい」
スワイプが忙しい。(2020/8/28)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
あぁ懐かしの「いい旅チャレンジ20000km」 令和のデジタル環境で国鉄時代の濃いアナログゲームやってみた
「あの頃」にマジ参戦していた達人の皆さんをお呼びして、いざ! ……ホントにできるのか?(2020/6/24)

「1988年のディズニーランドに行ってきた」 平成生まれが昭和レトロやバブル期を再現して撮影する「タイムトラベルガール」が面白い
情報収集は基本的に国会図書館で行っており、小道具や衣装はメンバーの持ち込み。(2020/4/25)

デザインの力:
機能をとことんそぎ落とした“キヤノンらしくない”デジカメ「iNSPiC REC」
キヤノンから“キヤノンらしくない”デジカメ「iNSPiC REC」が発売された。シンプル過ぎるその見た目はトイカメラのようにも見えるが、このカタチになったのには理由がある。製品企画担当者に「iNSPiC REC」の開発背景と狙いを聞いた。(2020/2/28)

「カメラ向けたらこの顔するパパすてき」 中尾明慶、息子が撮影した“パパの顔”が優しくてほっこり
妻の仲里依紗さん「生活感満載の背景で映えてない」。(2020/2/22)

コスプレ撮影の行列、その先にある“カメコたちの人間模様” エッセイマンガ『野良カメコのピラミッド』作者インタビュー(3)
「臥薪嘗胆を続けて、“至福の60秒”を待つのです」(2020/2/27)

「80年代ヤンキー部屋」や「ゲーム好き小学生部屋」を再現 「なつかし部屋再現展」がガチすぎたから想いを共有したい
うわあああああああああ(爆発)!(2019/11/2)

キヤノン、小型軽量防水の新カメラ「iNSPiC REC」を限定販売 付け外しが簡単ですぐ撮れる
被写体を肉眼で見ながら撮るディスプレイレス仕様。仕上がりは連携したスマホアプリから見られます。(2019/10/17)

富士フイルム、写真フィルムを3割以上値上げ 原材料など高騰
富士フイルムが、写真フィルム製品の一部を30%以上値上げ。原材料や物流コストの高騰が原因という。(2019/5/10)

「写ルンです」防水タイプが2019年12月に出荷終了 通常タイプは値上げへ
写真フィルムの原材料および物流のコスト上昇を受けて。(2019/5/10)

「KODAK」のロゴが入った中国製「レンズ付きフィルム」の偽造品が流通 購入と現像をしないよう注意喚起
偽装品は外装に中国語などが記載されています。(2019/3/30)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(前編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではない。今回はソニーとキヤノンの新製品を取り上げ、その実力をチェック。(2019/2/8)

「なんと華やかな面々!」 映画「SUNNY」大人チーム&若手チームの密着ショットが美女の展覧会
大根監督うらやましい。(2018/9/1)

篠原涼子が違和感ゼロのeggポーズ! 映画「SUNNY」大人チームの5ショットに「無敵感がスゴい」の声
若手チームの“写ルンです”オフショットも話題の同作。(2018/8/1)

広瀬すず、池田エライザらが90年代風コギャルに変身 “写ルンです”で撮り合った写真がチョベリグ
完全に当時の空気。(2018/7/22)

革職人が作った本気の仕上がり 「写ルンです専用ケース」がかっこいい
どんどん愛着がわいてきそう。(2018/7/9)

残るはカラーだけ:
富士フイルム、白黒フィルム・印画紙の販売終了 安定供給が困難に
富士フイルムイメージングシステムズが、白黒写真用フィルムと印画紙の販売を終了する。「安定的な供給が困難となったため」という。(2018/4/6)

「20歳になったらこの日、この場所に集まろう」 → 「小学校の同窓会、誰も来んかった」 せつなすぎると話題
ツイートが拡散されたことで、結果的には小学校時代の仲間と交流できたそうです。よかった。(2018/4/1)

流行語大賞「インスタ映え」とは何だったのか 2017年を振り返る
2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれた。世代を問わず注目を集めた言葉だが、実際にはどのようなことが起きていたのか。(2017/12/27)

10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」
10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、1位が「インスタ映え」、2位が「熱盛」、3位が「ンゴ」――こんな調査結果が発表された。(2017/11/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
軍事用語として誕生したVUCA――激変するビジネスの戦場でリーダーはいかに立ち振る舞うか
ビジネス環境が、不安定で不確実性が高く、複雑かつあいまいな「VUCA」の時代とは、どのような時代なのか。また、VUCAの時代において、リーダーにはどのような役割が求められるのだろうか。(2017/7/27)

2017年内提供予定:
ぺんてるが“落書きVR”を開発中 なぜ?
文房具大手のぺんてるが、デジタルコンテンツを手がけるアルファコードと共同で“落書き”体験ができるVRコンテンツの開発を進めている。一体なぜなのだろうか?(2017/7/5)

初代「写ルンです」っぽくなるプレミアムキット、数量限定販売
(2017/6/15)

フィルム写真データをスマホに直送、カメラのキタムラが新サービス
カメラのキタムラがネガフィルムの現像データをスマホに送るサービスを開始。フィルム1本当たり1400円で受け付ける。(2017/5/23)

“家族でデータ通信をシェア”は普通? 若者によく使うアプリを聞いてみた
(2017/2/11)

年間5000万ケース突破:
「午後の紅茶」躍進を支えたマーケティング
2016年に発売30周年を迎えたキリン「午後の紅茶」。節目の年に、初の年間5000万ケースの販売を達成した。その飛躍を支えたマーケティング施策とは……。(2017/1/16)

雲の上なら見晴らし最高、初日の出フライトの「特等席」っぷり
見晴らしの良い上空から初日の出を眺められる「初日の出フライト」。地上の天候が悪くても年に1度のシャッターチャンスを逃すことがないとして、人気が拡大している。(2017/1/2)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(後編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。この記事では、3名の選考委員と、ITmedia Mobile編集部の意見を見ていきます。(2016/12/29)

バファローズポンタ、契約更改で来季も応援継続 またあのリアクションが見られるぞ!
バファローズが負けたときのほうがかわいい、あのリアクションが2017年シーズンでも!(2016/12/22)

「写ルンです」にはスマホカメラにはない“緊張感”があった
安価で、簡単な操作で写真が撮れることで大流行したレンズ付きカメラ「写ルンです」。最近新たなブームが来ているようですが、当時の使い方はこんな風でした。(2016/8/6)

LINEスタンプ感覚?:
「動く絵文字みたいでカワイイ」 10代がGIF動画にハマる理由
10代にとってGIFは新鮮! 初めてGIF動画を見た若者は何を思った?(2016/7/13)

要望により第2弾! 写ルンです30周年アニバーサリーキットが数量限定で発売
第2弾の着せ替えは「写ルンです FLASH」のデザイン。(2016/7/2)

MEMS発振器メーカーの“生き残り”:
「シリコンは水晶に必ず勝てる」――SiTime
かつては水晶の独壇場だった発振器市場において、MEMSの存在感が高まっている。温度補償機能を備えていない最もシンプルなタイプの発振器では、MEMSの出荷数が既に水晶を上回っている。そのMEMS発振器市場でシェア90%を獲得しているのがSiTimeだ。(2016/6/2)

コンビニ探偵! 調査報告書:
2020年、コンビニから「エロ本」「タバコ」が消えてしまうかもしれない
コンビニはたくさんの商品を扱っているが、消えていく商品も数多い。販売不振で撤去されるだけでなく、「反社会的なモノを置いていていいのか!」といった世論の声を受けて、消えていく商品もあるかもしれない。それは……。(2016/3/14)

写ルンです30歳! 初代デザインのカバーなどが入ったアニバーサリーキット 4月8日に発売
懐かしい? それとも新しい?(2016/3/11)

スマホ世代のJKが抱える問題とは? リクルートのフォトアルバム作成アプリ「picmiina」が若者の青春を守る
リクルートの「picmiina」は、女子高生をターゲットにしたフォトアルバム作成アプリ。実際にモノとしてアルバム手帳が届くという体験がイマドキの若者にとっては新鮮だと開発担当者は語る。(2015/1/13)

写メール:
カメラ付きケータイ「J-SH04」が未来技術遺産に登録――マビカ試作機や写ルンです、“パスポートサイズ”も
国立科学博物館は、シャープのカメラ付き携帯電話「J-SH04」や電子スチルカメラ「マビカ」試作機、レンズ付きフィルム「写ルンです」などを重要科学技術史資料(未来技術遺産)として選定した。(2014/8/27)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
1泊2日で16フライト!「アイランドホッピング」でひたすら飛行機に乗り続けてみた
飛行機に乗る――それは、出張や旅行のためとは限らない。「飛行機に乗ること」それだけを目的とした旅もある。今回体験した奄美諸島をめぐる1泊2日の「アイランドホッピング」が、まさにそうだった。(2014/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。