ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「物流拠点」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「物流拠点」に関する情報が集まったページです。

ドローンが自律飛行、山間部の集落に日用品を配送 長野県伊那市でスタート
長野県伊那市が、ドローンを使って山間部の集落に日用品を配送するサービスを開始。伊那市の山間部は過疎化が進み、周囲との高低差もあるため、高齢者が頻繁に買い物に出掛けるのは難しい。ドローンは利用者が購入した食料品など最大5kgを積み込み、約7km離れた地点まで自律飛行する。(2020/8/5)

工場ニュース:
生産と在庫を一元管理できる物流拠点として福島工場に新倉庫を建設
アイカ工業は、化成品を製造する福島工場に危険物立体自動倉庫を新設した。新倉庫を、生産現場に在庫をまとめる「生産立地型拠点」とすることで、拠点間の輸送や複数倉庫への入出庫などをなくして合理化を図り、トータルコストを削減する。(2020/8/3)

Weekly Memo:
シリコンバレーの投資家が注目する「アフターコロナ時代の技術トレンドとビジネスモデル」とは
アフターコロナ時代の技術トレンドとビジネスモデルは、これまでとどう変わるか。多くの急成長企業を支えてきた実績を持つ米国シリコンバレーの投資家が、このテーマについて講演した。その中から筆者が印象深かった話を取り上げたい。(2020/7/27)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(11):
新技術の対立構造に見る、サプライウェブ時代を見据えた戦略的投資の難しさ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第11回は、サプライウェブ時代を見据えた戦略的投資を検討するに当たって、有望なターゲットと成り得る幾つかの領域と、その選定に際しての視点を紹介する。(2020/7/27)

「謎の無線」「知らないおっさん」「死角の老婆」 トラックドライバーたちの「リアル怪談」漫画に背筋がゾッ
山中でのホラー体験からあわや大惨事になりかけた話まで、いろんな話が詰まってます。(2020/7/26)

基幹系と情報系という分け方はもう古い:
PR:基幹系と情報系システムの一体化で“即アクション”のデータ経営を実現するには
収集したデータを“そのとき”分析してこそ価値のあるインサイトが得られる。顧客体験を向上させて収益増につなげるには、今まで以上にスピードが必要だ。スピーディーなビジネスを実現するデータ基盤の作り方とは。(2020/7/22)

FAニュース:
リアルハプティクスとMR技術による食品包装の空気漏れ検査システムを開発
情報システムエンジニアリング、慶應義塾大学、モーションリブは、リアルハプティクスとMR技術を組み合わせた食品包装の空気漏れ検査システムを共同開発した。力触覚を数値化して評価するため、人の感覚に依存しない安定した検査結果が得られる。(2020/7/15)

100年前からあるビジネスモデル:
サブスクを成功させるか、失敗させるか、キモは「3+1」
多くの企業がサブスクビジネスを始めている。当初の目標を達成できずに苦しんでいるところも多いようだが、どこに問題があるのか。成功事例をひも解くと、共通点が見えてきて……。(2020/7/14)

アスクル、20年5月期は営業利益95%増 「LOHACO」の収益性が改善
アスクルが2020年5月期の通期連結決算を発表。営業利益が同95.1%増の88億2100万円に伸びた。一般消費者向けECサイト「LOHACO」の収益性の改善などが好決算に寄与した。(2020/7/10)

NHK「クローズアップ現代+」で「ネット通販の闇」特集 怪しい商品の物流拠点に潜入取材も
「不良品マスク」が届くといったネット通販の問題に迫ります。(2020/7/10)

【7年前の今頃は?】Amazon、ヤギを雇う 岐阜県の物流センターで「雑草もぐもぐチーム」結成
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/7/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1日で300万円稼ぐ“ドライブスルー魚屋”も登場 コロナ禍で見直された販売形態の魅力
コロナ禍をきっかけにドライブスルーが見直されている。緊急事態宣言が解除された後も、需要がありそうだ。1日で300万円を稼ぐ“ドライブスルー魚屋”も登場している。(2020/6/30)

日立と日本マイクロソフト、製造/ロジスティクス分野のソリューションで提携 東南アジア、北米、日本へ展開
日立製作所と日本マイクロソフトは、東南アジア、北米、日本での製造/ロジスティクス分野のデジタルソリューションの展開で戦略的提携を締結。日立のソリューション群「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせ、生産性向上や業務効率化を支援する。第1弾は、2020年7月からタイで開始する。(2020/6/29)

製造マネジメントニュース:
日立とマイクロソフトが提携拡大、製造・流通分野で「Lumada」と「Azure」を融合
日立製作所と日本マイクロソフトは、東南アジア、北米、日本における製造と流通分野向けの次世代デジタルソリューション事業に関する複数年にわたる戦略的提携に合意。第1弾として、日立が2020年7月からタイにおいて提携に基づくソリューション提供を開始する。(2020/6/29)

日立と日本MS、製造・物流向けソリューションで提携 LumadaとAzureで業務効率化を支援
日立製作所と日本マイクロソフトが、製造・物流業界向けのソリューション事業で提携。「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせて提供し、工場の運用最適化、物流の最適化、リモートでの作業支援などを行う。(2020/6/26)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(10):
世界で最も愚直な会社、アマゾンの脅威
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第10回は、従来のセグメンテーションでは捉えられないプラットフォーマーの代表的存在であるアマゾン(Amazon.com)の戦略について取り上げる。(2020/6/23)

PR:石油小売販売会社が“未知の領域”EC事業を開拓 成功の裏にあった新時代のビジネスマッチングサービスとは?
(2020/7/1)

工場ニュース:
分析機器メーカーが手指除菌用アルコールを自社生産、欧米拠点の社内利用向け
分析機器大手のアジレントは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって供給が不足している手指除菌用アルコールの生産を行っている。同社の工場やオフィス、物流センターなどでの社内利用分となる。(2020/6/5)

物流クライシス! ITは現場の課題を解決できるのか?:
PR:最新ITが生きる物流現場、成功のカギ見極めよ
高速道路の隊列走行、物流ドローン、自動運転、AIピッキングシステム、拡張可能な自動倉庫など、物流現場へのIT導入に対する期待が高まっている。だが押さえるべきポイントを読み違えると“惨事”を招く結果となりかねない。国内最大の物流ニュースサイト「LogisticsToday」の赤澤裕介編集長が、物流現場で陥りがちな具体例を示しつつ、IT活用で押さえるべきポイントを考察する。(2020/6/1)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
コロナ禍でも好調ワークマンの意外な死角「在庫問題」――決算から徹底分析
コロナ禍でも好調な数少ないアパレル企業、ワークマン。しかし「在庫問題」という死角も。緻密な決算分析から迫る。(2020/5/29)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(9):
物流施設デベロッパーにおける「モノ売り」から「コト売り」への進化
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第9回は、2000年代に物流施設に「所有と利用の分離」という概念を持ち込んだ物流施設デベロッパーが、どうすればサプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーなれるのかについて取り上げる。(2020/5/28)

産業動向:
東急不動産がニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングやJA三井リースと業務提携
冷凍冷蔵設備のフロンガス規制や老朽化による新築と建替え需要が拡大していることを受け、東急不動産は、ニチレイ・ロジスティクスエンジニアリングやJA三井リースと業務提携し、冷凍冷蔵設備構築への対応力を強化した。(2020/5/25)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
量販店からコンビニまで 店頭に在庫が並ぶタイミングは?
大型量販店や小規模なショップ、さらにはコンビニなど、世の中にはさまざまな業態の販売店があるが、メーカーから出荷された製品が店頭に並ぶタイミングは、その業態ごとに大きく異なる。これらの傾向について、業態ごとの違いの他、曜日や時間帯ごとの傾向をまとめて紹介する。(2020/5/1)

米国に学ぶ:
新型コロナでどう変わるのか? 食品スーパーの未来
新型コロナの感染拡大で、食品スーパーが大きく変わろうとしている。日本でも営業時間を短縮したり、入場を制限したりしているが、米国ではどのような取り組みをしているのか。大手3社の事例を見ると……。(2020/4/22)

ブリヂストン、従業員向けにウレタン製マスクを生産 週に10万枚のペースで
ブリヂストンが、ウレタン製マスクを自社生産。国内グループ企業の従業員に配る。自社グループの生産ラインを用いて週に10万枚のペースで内製する。(2020/4/17)

日本のネット通販に追い風 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
これまで、成長限界説がささやかれているインターネット通販業界だが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で実店舗での消費が落ち込む中、需要が急増している。(2020/4/9)

【経済インサイド】日本のネット通販限界説に構造変化 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
 小売り店舗が充実する日本国内での成長限界説がささやかれていたインターネット通信販売が、変わろうとしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、学校の臨時休校措置やテレワークの推進などにより、外出を控える「巣ごもり消費」でネット通販需要が急増。消費者の利便性を高める新サービスも相次いでいる。消費の主戦場としての存在感が高まり、業界内の主導権争いも激しさを増してきた。(2020/4/8)

日本のネット通販限界説に構造変化 新型コロナで揺らぐ実店舗の優位性
小売り店舗が充実する日本国内での成長限界説がささやかれていたインターネット通信販売が、変わろうとしている。(2020/4/8)

セブンが配送にトヨタの燃料電池トラック、栃木県でも実証へ
セブン‐イレブン・ジャパンが配送における燃料電池トラックの活用実証のエリアを栃木県にも拡大。都内とは異なる気象条件や道路条件で走行テストを行い、配送に伴うCO2の削減の活用に役立てる狙いだ。(2020/4/8)

新型コロナの影響で:
ワイヤレスジャパン 2020、開催を12月に延期
リックテレコムと日本イージェイケイは、2020年5月13〜15日に開催予定だったワイヤレス関連の展示会「ワイヤレスジャパン2020」と「ワイヤレスIoT EXPO 2020」を延期すると発表した。(2020/4/6)

濃厚接触者ではない:
アマゾンの物流拠点で2人目の新型コロナ感染者 1人目の感染者と同じエリアで業務
アマゾンの物流拠点で2人目の新型コロナの感染者が確認された。3月24日に1人目の感染者が確認されている。新たな感染者は濃厚接触者ではないが同じエリアで働いていた。(2020/4/2)

ウェアラブルニュース:
ヒアラブルデバイスによるグループ通話ソリューションを物流拠点に導入
リコーは、BONXが開発し、リコーがビジネス向け展開を進めるヒアラブルコミュニケーションデバイス「BONX Grip」およびクラウドサービス「BONX for BUSINESS」をコクヨロジテムが導入し、全国の物流拠点での運用を開始したと発表した。(2020/4/2)

新型コロナ感染者の出たAmazon倉庫従業員が閉鎖を求めスト決行 リーダーは解雇
新型コロナ感染者が出たニューヨークのAmazon倉庫の従業員が、倉庫閉鎖と2週間の自宅待機を有給にするよう求め、ストライキを決行した。Amazonは同日、ストライキのリーダーを安全を守るための就業ルールを守らなかったとして解雇した。(2020/3/31)

ヤフー親会社、打倒アマゾン・楽天に“次の一手” ヤマトと組んでEC事業を強化 川邊社長「ナンバーワンになる」
Zホールディングスが、ヤマトホールディングスと業務提携する。「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で、出店者の受注から出荷までの業務をヤマトHDが代行するサービスを6月30日に始める。出店者の負担を軽減して出品・販売のサイクルを加速し、先行するアマゾンジャパンや楽天に対する競争力を高める。(2020/3/24)

Amazon.com、新型コロナ対策で物流拠点での配送に優先順位付け 生活必需品を優先
Amazon.comが、新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピング急増し、生活必需品が不足していることを受け、物流拠点での配送に優先順位を付け、対象商品以外の配送を一時停止する。まずは米国とEU圏で実施する。(2020/3/18)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(8):
RaaSやTaaSをも超える、サプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーとは
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第8回は、RaaSやTaaSの以上のポテンシャルを持ち、サプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーとなり得る、ソフトウェアメーカーのビジネスチャンスについて取り上げる。(2020/3/18)

米Amazon、新型コロナの影響で10万人新規雇用 通販需要が急増
米Amazonは、新型コロナウイルスの感染に伴うネット通販の需要が増えているとして、米国内で10万人を新規雇用すると発表した。(2020/3/18)

米Amazon、10万人を追加採用 時給も引き上げ 新型コロナで通販ニーズが高まる
最低時給は17ドルに。(2020/3/17)

アマゾン、ネット通販の需要急増で10万人新規雇用 米国
 【ニューヨーク=上塚真由】米インターネット通販大手アマゾン・コムは16日、新型コロナウイルスの感染拡大で通販需要が増えているとして、米国内で新たに10万人を雇用すると発表した。また、米国内などで従業員の時給を一時的に引き上げたことも明らかにした。(2020/3/17)

2月23日には「1日の売り上げ」最高記録を達成:
餃子の王将、「7カ月連続」で過去最高売り上げ 「増税&新型コロナ」のダブルパンチを食らっても絶好調の秘訣とは
王将フードサービスが絶好調だ。2020年2月まで、7カ月連続で「同月比過去最高売り上げ」を更新。2月23日には、今期3回目となる1日単位での「創業以来過去最高売り上げ」を達成。消費増税&新型コロナのダブルパンチにも屈さずカウンターパンチを出せている秘訣はどこにあるのか。小売・流通アナリストの中井彰人氏に聞く。(2020/3/16)

リテール業界を疲弊させる46兆円の無駄をAIで解消――サントリーや日本ハムも参画
「AIによる棚割」が人間を超える日は来るのか。(2020/3/11)

FAニュース:
椿本チエインがAI画像認識技術を開発、0.15秒で98.55%の認識率と99.99%の正解率
椿本チエインは形状や色などで商品の属性を自動的に判断するAI画像認識技術を開発した。世界最高水準の認識速度と精度を実現。AIベンチャーが開発に協力した。(2020/3/9)

ドローン:
倉庫内を実験場に、マイクロドローンによる施設管理サービスを開発
東京流通センターとアイ・ロボティクス、三菱地所は、ドローンを使用した施設管理サービスの開発で協業を開始した。倉庫内の一部でマイクロドローンの飛行実験を重ね、高所・狭所点検など人手や通常のドローンでは困難なサービスの開発のほか、将来的にはドローンとIoT(設備のセンサーなど)を組み合わせたデジタルツインソリューションにも取り組む。(2020/3/4)

通販サイト「LOHACO」2日間休店 新型コロナで注文急増、自社での出荷・配送に遅れ
通販サイト「LOHACO」が3月4日から2日間休店する。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、注文数が大幅に増えたという。(2020/3/2)

国際物流総合展2020:
ニトリも採用した自動物流倉庫、さらなる自動化に向けオカムラがAGVを開発中
オカムラは、「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」において、物流向けのロボット製品を展示した。(2020/2/28)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(7):
「RaaS」が“手でモノを運ぶ作業”から人を解放する
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第7回は、従来の物流現場で人が担ってきた「作業」を物流ロボットなどで自動化するRaaS(Robot as a Service)を取り上げる。(2020/2/27)

スマートリテール:
トライアルが首都圏初のスマートストア、リテールAIによる流通情報革命の現場に
トライアルカンパニー、サントリー酒類、日本ハム、日本アクセス、ムロオ、フクシマガリレイがリテールAI(人工知能)プラットフォームプロジェクト「REAIL(リアイル)」の戦略について説明。トライアルとして首都圏初のスマートストアとなる長沼店にリテールAIなどを全面採用し実証を進めていく計画だ。(2020/2/26)

書籍取次の日販とトーハン、雑誌返品の物流拠点を統合へ 合理化で出版物流網の維持を図る
「物流問題の最終的な解決までには、なお多くの取り組みが求められる状況」。(2020/2/21)

国際物流総合展2020:
物流倉庫でトイレが足りない問題、LIXILが新発想で解決へ
LIXILは、「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」において、さまざまな施設に簡単にトイレを追加設置できる可動式アメニティーブース「withCUBE」を展示した。物流倉庫を中心に2020年4月から受注を開始する予定だ。(2020/2/21)

AIの企業導入の実際【後編】:
AI製品「Salesforce Einstein」&「SAP Leonardo」導入事例
AIの導入事例は珍しくなくなったが、特定製品の実際についての情報はまだ少ない。ここでは「Salesforce Einstein」と「SAP Leonardo」の事例を紹介する。(2020/2/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。