ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DROID RAZR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DROID RAZR」に関する情報が集まったページです。

gooスマホ部:
アプリをSDカードに移動させたい
本体メモリがいっぱいになってしまったので、アプリをSDカードに移したいのですが、どうすればよいですか?(2014/10/30)

Motorola、声で起動できる新DROID三兄弟を発表
うわさの「Moto X」より一足先に発表された新DROIDシリーズは、48時間持続バッテリーがウリの「MAXX」、厚さ約7ミリの「ULTRA」、コンパクトながらすべての新機能を楽しめる「MINI」の3モデル。いずれも新プロセッサMotorola X8を搭載し、音声起動が可能だ。(2013/7/24)

調査リポート:
iPhone 5、米国と英国の端末満足度調査でトップを逃す
iPhone 5は英国と米国ではともに、Android端末に王座を譲る形となった。(2013/2/12)

AXGPでさらに快適:
目指したのは“Best of Google”なデバイス――Motorolaに聞く「RAZR M」
ソフトバンクモバイルから登場したMotorola Mobility製のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」。Google傘下となって初の製品であり、また初めてソフトバンク向けに供給されるMotorolaの端末でもある。その開発の狙いを聞いた。(2012/10/31)

渋谷109前に巨大「RAZR M」が降ってきた?――“FULL-SCREEN”体感ゲームでオリジナルグッズをプレゼント
モトローラ・モビリティは、ソフトバンクモバイルから発売された「Motorola RAZR M 201M」のタッチ・アンド・トライイベントを東京・渋谷の109前で実施した。11月3日・4日にも行う。(2012/10/29)

写真で解説する「RAZR M 201M」
「RAZR M 201M」は、ソフトバンクモバイル初となるMotorola製のスマートフォン。狭額縁設計、全面ディスプレイのコンパクトなボディと背面には鋼鉄の5倍の強度を持つというKEVLAR(ケブラー)ファイバーを使用(ホワイトはPET)し、素材独特の模様が外観の特徴となっている。(2012/10/15)

SoftBank 4G対応:
おサイフケータイにも対応した話題のグローバルモデル――「RAZR M 201M」
「RAZR M 201M」は、コンパクトでスリムなボディに4.3インチのQHD表示タッチパネルを搭載した全面ディスプレイといえるモデル。グローバルモデルでありながら、AXGPやおサイフケータイに対応している。(2012/10/9)

海外モバイルニュースピックアップ:
きらめくジョブズ氏のiPhoneケース
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ジョブズ氏をスワロフスキーのクリスタルで描いたiPhoneケース、Apple製品を破壊するアート、過激な端末耐久テストトップ10、英ブランド調査でAppleがトップに など。(2012/9/26)

写真で見る「RAZR HD」「RAZR MAXX HD」
Google傘下になって初めてMotorolaが発表した新型スマートフォン「RAZR M」「RAZR HD」「RAZR MAXX HD」。このうち大容量バッテリー搭載モデルのRAZR HDとRAZR MAXX HDを写真でチェック。(2012/9/12)

Mobile Weekly Top10:
海外で新製品ラッシュ 次期iPhoneも今週登場(たぶん)
9月第1週は、ドコモの秋モデル発表に続いて海外でも新製品の発表ラッシュだった。中には日本での発売が予定されているものもあり、注目を集めた。ちなみにAppleは日本時間の13日午前2時から米国で発表会を開催する。ここでは次期iPhoneが披露されるとみられている。(2012/9/10)

石野純也のMobile Eye(8月27日〜9月7日):
秋モデルをタイムリーにそろえたドコモ/日本投入も期待の「Xperia V」「GALAXY Note II」
夏モデルが出そろってまだ間もない中、ドコモから早くも秋モデルが発表された。海外ではドイツで開催されたIFAでもSamsungやSony Mobileが新機種を発表。NokiaやMotorolaの新モデルもお目見えした。今回はドコモの秋モデルを中心に、この2週間で発表された新機種を振り返りたい。(2012/9/8)

バッテリーは2000mAh:
LTE&おサイフ対応で日本市場にも投入――写真で見る「RAZR M」
MotorolaがGoogleの子会社になってから初めて世に出すAndroidスマートフォンの「RAZR M」「RAZR HD」「RAZR MAXX HD」。なかでも小型モデルのRAZR Mは、日本市場への投入も検討されているモデルだ。(2012/9/6)

「Androidの1日当たりアクティベートは130万台」──シュミット会長がMotorolaのイベントに登壇
Motorolaの新DROID RAZRの記者発表イベントに登場したGoogleのエリック・シュミット会長が、1日当たりのAndroidのアクティベーション数は130万台で、タブレットはそのうちのわずか7万台であることを明らかにした。(2012/9/6)

Motorola、大容量バッテリー搭載の「Droid RAZR M」「Droid RAZR HD」発表
Motorolaが9月5日(米国時間)、「Droid RAZR」の新モデルを発表した。コンパクトなボディに長持ちするバッテリーを搭載した「Droid RAZR M」と、大画面・大容量が特徴の「Droid RAZR HD」、特大容量のバッテリーを持つ「Droid RAZR MAXX HD」の3機種をラインアップする。(2012/9/6)

Google傘下のMotorola、「DROID RAZR HD」を発表 初のChromeプリインストール機
Motorola MobilityがGoogle傘下になって初のAndroid端末を発表した。Webブラウザとして従来の「ブラウザ」ではなく「Google Chrome」がプリインストールされている。(2012/9/6)

Motorolaも9月5日に新端末を発表か? Verizonとの共同イベント招待状を配布
Appleが次期iPhoneを発表するとうわさされている9月12日に先立つ5日午後、Motorolaがニューヨークで発表イベントを開催する。同日午前中には、NokiaがMicrosoftと共同の発表イベントを開催する。(2012/8/20)

Google傘下のMotorola、4.5インチのAndroid端末「ATRIX HD」を発表
5月にGoogleによる買収が完了したMotorola Mobilityが、MotorolaブランドのAndroid 4.0スマートフォンを発売する。(2012/7/6)

Google、Motorola買収を完了 サンジェイ・ジャCEOは退任
Googleが125億ドルのMotorola Mobility買収を完了し、サンジェイ・ジャ氏に代わりGoogle幹部のデニス・ウッドサイド氏が新CEOに就任した。(2012/5/23)

海外モバイルニュースピックアップ:
スマホ人気、若い低所得者層に波及
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックはスマホ所有率に関する米国の調査、ZTEの新モデル、EricssonのBelAir買収など。(2012/2/22)

スリム×ハード×クレバー:
国内市場に「MOTOROLA RAZR」が“再参入” 狙いはモトローラのブランド浸透
モトローラ・モビリティがauのAndroidスマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」の製品説明会を開催。ブランド名にふさわしいスリムさだけでなく、ハードさとクレバーさも兼ね備えた“RAZR”の魅力を紹介した。(2012/1/19)

写真で解説する「MOTOROLA RAZR IS12M」
あの“MOTORAZR”がAndroidになってカムバック――「MOTOROLA RAZR IS12M」は厚さ7.1ミリのボディにデュアルコアCPUを搭載したグローバルモデル。オススメの端末設定をユーザーに“提案”するという「smart action」を搭載している。(2012/1/17)

ボタン電池1個で1〜2年稼働する機器も――新たな市場を生むBluetooth 4.0とは
体重や血圧などの計測データが自動でスマホに送られたり、PCから離れると自動でロックがかかったり、家の中で迷子になったカギを音で探せたり――。こんなことを可能にするのが低消費電力を実現したBluetooth 4.0だ。その特徴と市場の今後についてBluetooth SIGのチーフ マーケティングディレクターに聞いた。(2011/12/7)

組み込み技術 フォトギャラリー:
「ARM TechCon 2011」(後編)――腕時計……と思ったらAndroid端末
2011年10月25〜27に米カリフォルニア州サンタクララで開催されたARM主催の技術者向けイベント「ARM TechCon 2011」。本稿では前編に引き続き、展示の一部を写真で紹介する。注目は、SkypeやFacebookなどのアプリを動かせるAndroidベースの腕時計型コンピュータだ。(2011/11/2)

Google、「Nexus One」のAndroid 4.0アップデートはしないとコメント――英報道
Googleは、2010年12月に発売した「Nexus S」はAndroid 4.0にアップデートするが、2010年1月発売の「Nexus One」はアップデートの対象外だと認めた。(2011/10/27)

Motorola XOOM、初のAndroid Ice Cream Sandwich搭載タブレットとなるか
Android Honeycombを搭載した最初のデバイスはMotorolaの「XOOM」だった。では、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)を最初に搭載するのはXOOM 2になるのだろうか。(2011/10/22)

Google、「Nexus S」向けAndroid 4.0を準備中――Engadgetが報道
Googleが、Android 2.3端末「Nexus S」のAndroid 4.0へのアップデートを準備中であることを認めた。“理論的には”Gingerbread端末はIce Cream Sandwichにアップデートできるようだ。(2011/10/20)

Motorola、7.1ミリ厚のAndroid 2.3端末「DROID RAZR」を発表
Motorolaが“カミソリのように薄い”スマートフォン「DROID RAZR」を発表した。米国ではVerizonが10月末から予約を受け付ける。(2011/10/19)

Motorolaの「RAZR」がAndroid端末として復活 厚さ7.1ミリ
超薄型携帯電話として話題になったMotorolaの「RAZR」がAndroid搭載で帰ってきた。(2011/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。