ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「上海万博」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「上海万博」に関する情報が集まったページです。

中国語版レリゴー? 北京冬季五輪の招致ソングがアナ雪「Let It Go」そっくりと海外で話題に
途中から「Let It Go」が脳内再生されるというコメントも。(2015/8/4)

上海モーターショー2015 リポート:
中国市場で勢いを見せつけるフォルクスワーゲン、グループ内抗争の影響は軽微
中国市場で苦戦する日本の自動車メーカーに対して、大きな成功を収めているのがフォルクスワーゲングループだ。2015年4月開催の「上海モーターショー(オート上海)2015」では、国際格のモーターショーの前夜に開催される「フォルクスワーゲングループナイト」を開催し、同グループの中国市場に対する意気込みを示した。(2015/5/20)

新連載・スピン経済の歩き方:
なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか
成田空港内のトイレで、TOTOのウォシュレット設置率がアップする予定だ。現在、第1・第2ターミナルでの設置率は3割ほどだが、今年の9月には100%にするとか。それにしても、なぜ成田空港が「ウォシュレット押し」なのか。その理由は……。(2015/4/7)

現代中国インターネットの覇者たち:
米国スタイルで“チャイニーズ・ドリーム”をつかんだ百度
今や6億1700万人を超える中国のインターネット人口。その巨大市場を作り上げたといっても過言でないのが、検索サービス大手の百度だ。北京本社への取材などから同社の成長をひも解く。(2014/5/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「X経営」の実践こそがグローバル市場における日本企業の本質的な勝ち方
“失われた20年”と言われる不況の時代にも、成長している企業はあった。その企業がどのように成長したのかを学ぶ方が、失われた20年を嘆くよりも有効ではないか。(2014/4/30)

ZTE Spring Media Luncheon 2014:
スマートフォン、ウェアラブル製品、ネットワーク――ZTEの日本戦略を聞く
ここ2年ほど日本ではスマートフォンを投入していないZTEだが、日本ではどのようにモバイル事業を展開していくのだろうか。ZTEジャパンの代表取締役を務めたこともある、ジャン・リンフォン氏に話を聞いた。(2014/1/21)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中華“おサイフ”も秒読み段階!──2013年下半期の中国市場は「LTE」「NFC」に注目せよ
移動体通信事業者がスマートフォン中心にビジネスをシフトする中で、2013年後半は、中国でもLTEとNFCが本格的なサービスを開始する予定だ。(2013/8/5)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第7回 秒読み開始となった中国のLTEサービス
中国のLTEサービスがいよいよ本格化する。年内には100都市以上にエリアが拡大される予定で、中国にも高速通信時代が到来しようとしている。(2013/2/28)

ローソンの海外物語(中国編):
中国で接客サービスが向上している、その理由は?
中国に行ったとき、「店員の言葉遣いが日本とは違うなあ」と感じた人も多いのでは。しかし最近では外資系企業の参入などにより、サービスの向上が見られます。現地のローソンではそうした流れに対し、どのように対応したのでしょうか。(2012/7/25)

本物も、偽物も飲み込む:
日本製フィギュアとグッズに大行列。中国上海イベント「中国国際動漫遊戯博覧会2012」(CCG)に行ってみた
日本のアニメ、コミック、ゲームが人気なのは中国も同様。上海にて開催された第8回「中国国際動漫遊戯博覧会2012」(CCG EXPO 2012)では本物を求めるユーザーの姿があった。(2012/7/17)

GIS 2012:
「PC+プリンタの出荷台数、1秒あたり4台のペースに」――中国市場、Ultrabookに注力するHP
米Hewlett-Packardが5月9日から5月10日の2日間にわたり、中国上海で開催したイベント「Global Influencer Summit 2012」では中国市場、そしてUltrabookへの注力が繰り返し語られた。日本市場向け製品の投入はあるのだろうか。(2012/5/11)

生き残れない経営:
企業人よ、もっと怒れ! そして行動を起こせ!
自分たちの身を守るために傍観を決め込んだり、自己中心だったりしてはならない。自己主張をしなければ、事態は動かない。(2012/1/10)

よいしょよいしょとはしごを昇る 人型ロボット「夢ROBO」を見てきた
日本人の勤勉さを表現したロボット「夢ROBO」。黙々とはしごを昇り降りする姿は、人間のように見える。(2011/11/10)

日本人は“共食い”がお好き? 言われて気付く、身近な共食いキャラ
前掛けをつけた豚が自ら「おいしい豚あります」──早大生であふれる高田馬場駅の近くある店の看板だ。中国から来て驚くのは、こういった「仲間を売る」動物キャラクターが日本の看板にたくさん存在することだ。(2011/8/22)

「北京のアキバ(?)」で買う海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「中国・北京」編
中国の首都、北京。もちろん中国でも3G対応USBモデムやプリペイドSIMカードをそこそこ手軽に購入できる。ただ、若干のアクセス制限がかけられているので利用できないサービスがあることは少し注意しておこう。(2011/8/17)

リーマン・ショック時ほどは減らない!?――JTB夏休み旅行動向調査
JTBは「2011年夏休み(7月15日〜8月31日)の旅行動向」見通しを発表。総旅行人数は前年比2.8%減の7458万人と2年ぶりに減少、特に海外旅行人数は同5.8%減の228万人と大きく減少すると予測した。東日本大震災の影響で、地域によって予約状況は異なっているようだ。(2011/7/5)

上海最新ラグジュアリーホテル、ザ・ペニンシュラ上海へ
上海市内では21世紀に入ってから多くの名だたるラグジュアリーホテルが相次いでオープンしてきた。中でも、今いちばん注目すべき最新のホテルが「ザ・ペニンシュラ上海」。(2011/6/3)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第1回 加入者数8億5000万、「数」より「質」の向上が進む中国市場
世界最大の携帯電話利用者数を抱える中国。3Gの開始やモバイルTV、NFCなど最新技術の採用が進む中国の最新携帯電話事情を連載でお届けする。今回は、中国携帯電話市場の最新の動向についてリポートする。(2011/5/10)

変わりゆく中国の日系製造業(1):
中国企業に部品提供を始めた日本のサプライヤ
生産拠点から「市場」に変化しつつある中国の中で、日系製造業はどのような活動をしているのでしょうか? 現地から最新動向を紹介します。(2011/3/9)

マスコミ四媒体の広告費、6年連続で減少
電通は2月23日、「2010年の日本の広告費」を発表した。昨年(2010年1〜12月)の総広告費は5兆8427億円、前年比98.7%と3年連続の減少となった。(2011/2/23)

採用から給料、メンタルヘルスまで――2010年の企業人事を振り返る
サッカーワールドカップや上海万博など大きなイベントがあった2010年。日本の企業内部ではどのような変化があったのだろうか。採用や給料、メンタルヘルス不全への対策まで、企業人事で注目されたことを振り返ってみた。(2011/1/7)

2010年編集後記:
ふぞろいの編集者たち【後編】
いよいよ年の瀬も押し迫る中、2010年のITmediaエンタープライズも最後(たぶん)の記事更新を迎えました。2010年を気ままに振り返る編集後記をお届けします。(2010/12/30)

タイムアウト東京つぶ子のオススメ:
お試しあれ! 飲んだ後に小龍包という小宇宙
お仕事ばかりではいけません。エグゼクティブならば、若者の最新スポットも知っておきたいものです。(2010/12/21)

年始に立てた目標は実現できましたか?
(2010/12/15)

今知っておくべき中国の製造事情(4):
中国リーダー企業と“フォロワー”日系製造業の格差
日本企業の中国進出を支援してきたベンダ企業が見た中国本土の製造業事情とは? 日本企業、中国企業の違いや市場の変化などを事例を交えて紹介していきます。(2010/10/5)

グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント(1):
市場変化に対応するための日本製造業の課題
生産のグローバル化を超え、いまや設計・開発のグローバル化とローカライズが求められる時代。世界同時開発・市場投入で勝負をするために、日本企業が行うべきこととは(2010/9/28)

日本では成功モデルを地道に積み重ねる シスコ・平井社長
新社長に先月着任したばかりのシスコシステムズ・平井氏に、同社がグローバルで注力する新たな事業について話を聞いた。(2010/9/24)

韓国政府も積極姿勢、仁川で見た未来都市の姿【後編】
産官学の密な連携によって都市開発が推し進められている韓国・仁川経済自由区域。10年後の完成に向けて変わりゆく都市の基盤にあるものとは。(2010/9/17)

原宿からフランス、そして世界へアニソンを発信!! 「Anime Songs Night in Harajuku〜 Jump to the world 〜」リポート
Kalafina、米倉千尋、ELISA、喜多修平、Daisy×Daisy、TOKYO BRASS STYLEらが出演したアニソンシンガーを集めたライブイベントの様子をお伝えする。(2010/9/15)

上海万博に出現した未来都市、それを支えるテクノロジーとは?【前編】
経済成長著しい中国を象徴する一大イベント「上海万博」には、今なお連日多くの人々が訪れている。そこでは上海をはじめ世界各国の都市における、あるべき未来の姿を目にすることができた。(2010/9/13)

TD-LTEとWiMAXは「マーケットが異なる」――Huaweiヴェヴェガート氏
ファーウェイ・ジャパンがLTEの世界的な動向や同社のLTE製品に関する説明会を開催。「2012年までに上位キャリア50社のうち60%以上がLTEを展開する」など、Huaweiのレネイ・ヴェヴェガート氏がLTEの展望を語った。(2010/9/7)

全国的に酸性雨は減少傾向――2010年ウェザーニューズ調査
(2010/8/13)

新テクノロジーフレームワーク「HD-PLM」を実装:
シーメンスPLMのNX7はiPadやiPhoneも活用可能
(2010/6/18)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ゲイムマンは今あえて「上海」を取り上げてみたよ
第86回は「上海」を取り上げてみましょう。定番パズルゲームとして、PCやゲーム機のみならず、携帯電話やiPhone/iPadでも大人気。連載5周年ですし、ちょっと思い切って、あの場所へ行ってプレイしました!(2010/6/14)

上海万博にHuaweiの基地局あり――TD-LTEのデモを体験
上海万博では、China MobileがTD-LTEのテストエリアを会場に展開している。今回はHuaweiの屋外基地局を使ったデモンストレーションを見学し、TD-LTEを使った高解像度のテレビ会議や動画配信を体験した。(2010/6/7)

時速300キロでLTEはどうなる――上海R&Dセンターで見たHuaweiの最新技術
時速300キロで走行するリニアモーターカーで、LTEはどれだけのパフォーマンスを発揮するのか? Huaweiが上海に新設した巨大なR&Dセンターを訪れ、同社の最新無線技術を取材した。(2010/6/3)

Ericsson Business Innovation Forum 2010:
3Gの普及やTD-LTEの開発で世界市場をけん引する――Ericssonが語る中国の展望
3Gサービスの開始や独自技術の開発など、世界中から注目を集めている中国。Ericssonはこの巨大市場へどのように挑んでいくのだろうか。Ericssonのプレス向けイベントで、その戦略や中国市場の今の姿が紹介された。(2010/6/2)

いま知っておくべき中国の製造業事情(2) :
中国国内生産・販売における障害とその対策〜クラボウの中国進出
日本企業の中国進出を支援してきたベンダ企業が見た中国本土の製造業事情とは? 日本企業、中国企業の違いや市場の変化などを事例を交えて紹介していきます。(2010/5/31)

本田雅一のTV Style:
飛び抜けた実力を示すシャープの4原色3Dテレビ技術
5月中に3Dテレビを発表するというシャープ。その試作機は、ほかの3Dテレビを知っている人なら確実に驚くであろう、明るさと鮮やかな色を持っていた。(2010/5/24)

誠 Weekly Access Top10(2010年5月1日〜5月7日):
上海万博のロボット、“魯班ちゃん”を見にいきたい
中国がその威信をかけて臨んでいる上海国際博覧会。中国各省や各国がさまざまな展示を行っているが、筆者は山東館のパビリオンで展示されているという「魯班ちゃん」なるロボットが気になった。(2010/5/14)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
「中国炎上地図」まで掲載しちゃう“政府系”新聞サイト
国家主席直々の指導でネット世論の動静に敏感な中国当局。その分析に積極的な「人民日報」のWebページに「え、これ大丈夫?」な調査結果が公開されている。(2010/5/14)

農民発明家が開発したロボットが見つけられなかった件
記者はゴールデンウィーク、上海を訪れた。万博に出品すると聞いた農民発明家作のロボットを探したが、ついに見つけることはできなかった。(2010/5/11)

Gumblar関連のマルウェア感染が常態化
トレンドマイクロは4月のマルウェア感染報告ランキングを発表した。(2010/5/7)

やっぱり青い線路:
「プラレール」初の中国車輌「CRH2型 和諧号」、上海万博で販売
タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」初の中国オリジナル仕様商品「CRH2型 和諧号」を上海万博の会場などで販売する。(2010/4/30)

樋口健夫の「笑うアイデア、動かす発想」:
「飛行船=パビリオン」計画、挫折した日本人と実現したフランス人の話
1975年に開かれた沖縄海洋博。三井グループのパビリオンとして、飛行船をパビリオンとして利用するプランを提案したのだった。(2010/4/28)

いま知っておくべき中国の製造業事情(1) :
日系製造業 中国進出の歩みと変化
日本企業の中国進出を支援してきたベンダ企業が見た中国本土の製造業事情とは? 日本企業、中国企業の違いや市場の変化などを事例を交えて紹介していきます。(2010/4/22)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
Twitterが使えない中国からフォローされたでござる、の巻
多くの中国人からほとばしる本能が“ある”日本人女優のTwitterを盛り上げている。あれ? 中国ってTwitter使えるんだっけ?(2010/4/22)

新社長就任にともなう記者説明会:
シーメンスPLMの新社長は、元航空機設計者
(2010/4/20)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
アジア市場攻略の鍵は「現地化」
特集「世界で勝つ 強い日本企業のつくり方」を終えるに当たり、日本企業がアジア市場に進出する際に鍵となるキーワードとして「現地化」が見つかりました。読者アンケートなどを交えて、分析します。(2010/3/31)

W杯や上海万博に便乗するスパムが相次ぐ、添付のPDFに要注意
話題にイベントに便乗したスパムでユーザーをだまし、添付の不正ファイルを開かせようとする手口が見つかっている。(2010/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。