ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FileNet」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FileNet」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスプロセス自動化がもたらす新しい世界
ビジネスプロセス自動化は、可能な限りの場面で人の存在を排除することにより、市場における変化のペースに対応する。(2014/9/26)

投資の優先順位が高いのに、実際には手が付けられない理由:
日本の風土にマッチしたECMとは?
ITRの「IT投資動向調査2014」によると、「全社的なコンテンツ管理インフラの整備」「情報・ナレッジの共有/再利用環境の整備」といった、ECMに関連するトピックに高い関心を示す企業は多い。にもかかわらず実際の投資にまで至らないのはなぜだろうか。(2014/3/27)

非構造化データの統合管理に強み、米ZLが新バージョンを発表
非構造化データの統合型アーカイブソリューションを展開するZL Technologiesが最新版製品を発表。国内パートナーを拡充し、日本での事業を強化する。(2013/10/16)

ユーザーエクスペリエンス向上:
IBM、住宅ローン処理を効率化する新ソリューションを提供開始
米IBMは現地時間9月5日、金融業の貸付業務プロセスに「モバイルアプリ対応」「分析機能」の2つを統合した包括的なデジタルローン処理プラットフォームの提供を開始した。(2013/9/9)

SharePointもNetWeaverも連携:
「LibreOffice 4.0」がリリース マイクロソフトもOSS向けOfficeを開発中?
TDFがOSSのオフィススイートを発表。マイクロソフトがLinux版、Android版Officeリリースを「真剣に検討」しているという未確認情報も。(2013/2/8)

IBM Information On Demand 2009 Report:
予測分析でIBMが見る情報活用の近未来
企業の情報活用をテーマにした「IBM Information On Demand 2009」の基調講演が、米国時間の10月26日にラスベガスで行われた。同イベントでは「情報分析が求められている」というメッセージが繰り返された。(2009/10/27)

Salesforceのデータも検索可能に:
「Google Search Appliance」、検索結果比較ほか新機能追加
企業向け検索アプライアンスのGSAに、検索機能向上のための比較検討機能と、Salesforce.comのデータを検索できるコネクタが追加された。(2009/8/20)

Information On Demand Autumn Forum 2008:
ルイ・ヴィトンも採用したIBMの情報活用戦略、中核をなす「InfoSphere」が日本で旗揚げ
情報が持つビジネスの価値を解き放ち、誰もがそれを活用できるようにする――IBMは情報活用戦略「Information On Demand」を2006年から大々的に打ち出している。その中核をなす情報統合ソリューション「InfoSphere」が日本でも発表された。(2008/11/19)

IBM Information on Demand 2008 Report:
ビジネス最適化を導くIOD、日本の中小企業に商機見いだす
BIツールや産業別サービスの提供などを通じて企業の情報活用を推し進めるのが、IBMの戦略「Information on Demand」だ。同戦略が生み出す「ビジネス最適化」について、アンブッシュ・ゴヤールGMに聞いた。(2008/10/30)

IBM Information on Demand 2008 Report:
情報からビジネスの価値を引き出すInformation on Demand、BIで新たな局面へ
米IBMの情報活用戦略「Information on Demand」が加速を続けている。ラスベガスで開催した「IBM Information on Demand 2008」では情報からビジネスの価値を引き出し、有効に活用することの重要性が強調された。(2008/10/29)

日本IBM、情報活用の専門機関を設立 FileNetやCognosの支援も
日本IBMは企業の情報活用を支援する専門機関を神奈川県に設立した。140名の技術者が支援に参加し、買収したFileNetやCognosの製品も扱う。(2008/5/8)

J-SOXが追い風?:
レガシー資産を生かすwebMethodsのアプローチとは
ITシステムは、「作る」より「買う」、「買う」よりも既存部品で「組み立て直す」ことでビジネス上の価値を迅速に引き出せるようになってきた。SOA基盤を提供するwebMethods/ソフトウェア・エー・ジーにとっては、J-SOXこそ追い風だという。(2008/4/16)

IBM、エンタープライズサーチの「OmniFind Enterprise Edition 8.5」をリリース
OmniFind Enterpriseの最新版は、Lotus製品との連携を強化している。(2008/3/13)

IBM、企業向けSNS活用サービスを発表
「Enterprise Adaptability」は、企業によるSNS導入を支援するサービス。(2008/3/5)

IBM――「マッシュアップは有望だが、ITガバナンスも必要」
IBMでは、マッシュアップの管理と標準化を目指し「Lotus Mashups」を年内にリリースする予定だ。(2008/1/24)

Lotusphere 2008 Orlando Report:
企業に押し寄せるWeb2.0の潮流、Lotusなら選り取り見取り?
昨年、Lotus Connectionsを投入し、企業向けのソーシャルソフトウェアという新たなカテゴリーを確立したIBMは、Web2.0の流儀に合わせるべく、Lotusphere 2008でさらなるロードマップを明らかにした。(2008/1/22)

MS、無料の企業向け検索サーバソフト「Search Server 2008 Express」発表
Microsoftの「Search Server 2008 Express」では、エンタープライズ級の機能と使いやすさを組み合わせた。(2007/11/7)

IBM Information on Demand 2007 Report:
「Info 2.0」でもIBMとジャストシステムは協業強化へ
ラスベガスのIBM Information on Demand 2007カンファレンスで、IBMがジャストシステムのセッションに同席し、Info 2.0とxfyの連携をデモした。両社はその絆を一層深めているようだ。(2007/10/17)

IBM Information on Demand 2007 Report:
加速するIBMのInformation on Demand戦略
ラスベガスの「Information on Demand 2007」でIBMは、情報を解き放ち、顧客に真のビジネス価値をもたらすInformation on Demand戦略をさらに加速すべく、一連の製品群を発表した。(2007/10/17)

検索技術ラボも開設:
ユニバーサル検索に対応、Google検索アプライアンス最新版
日本市場でも提供されるGoogle検索アプライアンスの最新版。新機能「ユニバーサル検索」と、Googleが新たに開設した技術検索支援サイトに迫る。(2007/10/11)

Google、企業向け検索アプライアンスの最新版発表
「Google Search Appliance 5.0」は、1度のクエリーで異なる種類の検索が可能な「ユニバーサル検索」機能を備える。(2007/10/11)

Analysis:
ECMはITを業務に近づけることができるか
エンタープライズ・コンテンツ管理」(ECM)という製品ジャンルをご存知だろうか。欧米では確固たる市場が存在し、今後4、5年は年平均十数%の伸びが期待されているようだ。(2007/9/3)

IBM、フランスに原子力発電関連のサービス拠点を設立へ
IBMは世界の原子力発電業者に向けたサービス提供を、「原子力先進国」のフランスを拠点として行っていく。(2007/7/3)

エンタープライズサーチの新バージョンとコネクタを発表――日本オラクル
日本オラクルは企業向け検索エンジンの新バージョン「Oracle Secure Enterprise Search 10g Release 1(10.1.8)」と、同製品で利用できる検索コネクタを発表した。(2007/4/2)

Officeとの連携が最大の強みとなるか、SharePoint Server 2007
ドキュメント管理ソリューションのSharePoint Server 2007は、同時リリースされた2007 Office Systemとの連携によってその威力を十分に発揮できる。だが、導入には幾つか注意すべき点もある。(2007/3/23)

ドキュメント管理機能を一新したSharePoint Server 2007
すぐに使えるワークフローの提供やドキュメントライブラリの強化により、SharePoint Server 2007は、従来のバージョンよりもさらにドキュメント管理に適した製品となっている。だが、こうしたソリューションを使った作業がユーザーに負担と思われてしまうと、ドキュメント管理の効果があがらない恐れもある。(2007/3/19)

特別企画 Lotusphere 2007に見るIBM Lotusの戦略:
IBMコラボレーション製品は、どこへ向かうのか?
「一蓮托生」とは同じハスの花の上に生まれ変わること、あるいはハスの根がつながっていることから生まれた言葉だという。情報共有基盤もコンテンツの資産化により、ユーザーと製品ベンダが一蓮托生の関係になりやすく、ユーザーは製品ロードマップに注目せざるを得ない。今回は、今年1月に米国で行われたLotusphere 2007の発表内容から、Notesの未来と戦略を客観的に洞察していこう。(2007/2/28)

Microsoft、BPMのためのアライアンス結成
Microsoft Business Process Allianceは、比較的安価なBPM技術の選択肢を企業に提供することを目的とする。(2007/2/28)

Lotusphere 2007 Orlando Report:
SNSとWeb 2.0を企業に融合させるLotus Notes/Domino
好調な業績に慢心することなく、常に革新を求めるLotus Notes。Lotusphere 2007では、SNSやWeb 2.0技術の取り込みを図った新製品群を披露し、企業内外を問わないコラボレーション環境を提供しようとしている。(2007/1/23)

Interview:
BPMのパイオニア、Fuegoの資産を受け継ぐBEA
BEAは、SOA実現に向けて、統合されたサービスプラットフォームとしてAquaLogicファミリーを売り込んでいる。その重要なコンポーネントの1つである旧FuegoのBPM製品が、いよいよ10月、初の日本語版として投入される。(2006/9/25)

IBMの次なる一手は?
わずか3週間ばかりの間に、IBMは4社のソフトウェア企業を取得することに成功した。これらの企業は、IBMは全社的な成長戦略とどう関係しているのかを考える。(2006/8/25)

IBM、コンテンツ管理企業のFileNetを買収
この買収により、顧客企業の業界にさらにフォーカスしたコンテンツ管理ソリューションを提供できる、としている。(2006/8/11)

Interview:
「われわれはERPに逃げない」── 情報を解き放ち業務を改善するIBMの情報管理ソリューション
IBMは旧来の単なるデータ保管という殻を破り、データベース市場のゲームを変えようとしている。同社のアンブッシュ・ゴヤールGMは「われわれはERPに逃げない」と話す。(2006/5/9)

エンタープライズコンテンツ管理のすすめ:
衝撃をもたらすのはOracleとMS? ECMベンダーへ転身急ぐコンテンツ管理ソフトベンダー
法規制への対応や情報共有などコンテンツ管理におけるニーズの拡大を受けて、コンテンツ管理ソフトベンダーはECMベンダーへ転身しようとしている。事業拡大を続けるECMベンダーの動向を読み解く。(2006/2/28)

アイログ、JRulesとOracle BPEL Process Managerを統合
ソフトウェアコンポーネントを提供するアイログはILOG JRulesとOracle BPEL Process Managerを統合し、日本での販売を開始することを明らかにした(2005/7/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。