ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

「FireWire」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FireWire」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ITはみ出しコラム:
「Mac mini」の買い替えに「iMac」を選んだ理由 新マシンで迎える令和
待ち望んでいた「Mac mini」の新モデルが2018年に出ましたが、スペックも価格も高くなったので、これなら「iMac」でいいかも……と思い切って買っちゃいました。(2019/5/5)

ITはみ出しコラム:
「iPhone SE」の引退にみる “古き良きもの”と決別してきたApple
iPhone XS/XRに注目が集まる中、iPhone SEの引退を惜しむ声もあります。これまでもAppleは“古き良きもの”と決別し、ときに思い切った進化を促してきました。(2018/9/16)

Mostly Harmless:
自分で何でも作ろうとするApple それは、可能かもしれない
2020年にAR/VRヘッドセットの発売が噂されているApple。自社開発にこだわるAppleは、全てのコンポーネントを含めて自社で完結できるのでしょうか。(2018/5/11)

Windows 10が備えるセキュリティ機能(4):
情報を保護するWindows 10の「BitLocker」と「WIP」
Windows 10が備える5段階のセキュリティ対策機能を順に解説する本連載。連載第4回は情報の保護について紹介する。「BitLocker」によるデバイス保護と「Windows Information Protection(WIP)」によるデータ分離、漏えい対策が重要だ。(2017/9/26)

CloseBox:
さらばiPod、同期、母艦
消えたのはiPod shuffleとiPod nanoだけではない。(2017/7/28)

産業社会におけるデジタル化の価値(3):
デジタル社会の進展に伴い重要性が増すセキュリティ対策
「デジタル化」とは何か――。デジタル化が産業社会にもたらす変化と価値について、全4回で解説する。第3回では、デジタル化の流れの“受け皿”となる産業用ネットワーク/インダストリアルIoT(IIoT)と、それに関連したセキュリティの話題を取り上げます。(2017/5/23)

「258B6QUEB/11」で作業がはかどる:
PR:Mac使い必見! フィリップスのUSB Type-C搭載ディスプレイが最高に便利
USB Type-Cならケーブル1本で周辺機器も、充電も、ディスプレイも使える! MacBookユーザーはPhilipsの「258B6QUEB/11」に注目だ。(2017/2/28)

立ちどまるよふりむくよ:
15年前のiPodファースト・インプレッション
iPodが発表されたのは2001年10月24日。15年前の今日だ。その後、日本で発売された現物をレビューした記事(2001年11月17日初出)をどうぞ。(2016/10/24)

日本でも「Thunderbolt Display」は販売終了へ Appleはもう外付けディスプレイを作らないのか?
しばらく新モデルが出ていなかったApple純正の外付けディスプレイ製品。ついに「Thunderbolt Display」の販売終了が告知された。(2016/6/24)

アミュレット、ポータブルHDDケース「RebDrive」にFireWire 800/USB 3.0対応モデル
アミュレットは、同社製ポータブルHDDケース「RebDrive」シリーズのラインアップにFireWire 800/USB 3.0接続対応モデルを追加した。(2016/5/26)

「iPhoneのイヤフォンジャックをなくさないで!」の署名、21万人超え
Appleが「iPhone 7」(仮)で3.5ミリのイヤフォンジャックをなくし、Lightning接続にするといううわさを受けて始まったオンライン署名に21万人以上が署名した。(2016/1/9)

iMacの新型発表! 21.5インチにRetina 4Kモデルが登場、27インチはすべてRetina 5Kに
新型のマウスとキーボードが付属。(2015/10/14)

週末アキバ特価リポート:
「SSD750」シリーズ400Gが5万円切り! SIMフリーの「Nexus 7」も1万8000円切りに
BUY MORE秋葉原本店の大規模セールでは、PCI Express接続のSSD750 400Gバイトモデルがリテール品でも5万円を切るほか、SIMフリーNexus 7も2万円を余裕で切るなど、刺激的なPOPが踊っている。(2015/6/27)

センチュリー、Thunderbolt 2接続対応の外付け拡張ドック「AKiTiO THUNDER2 DOCK」
センチュリーは、Thunderbolt 2接続に対応したMac用拡張ドック「AKiTiO THUNDER2 DOCK」の販売を開始する。(2015/5/18)

アミュレット、Mac用ポータブルSSD「RebDrive SSD」に容量1Tバイトモデルを追加
アミュレットは、同社製のMac用ポータブルSSD「RebDrive SSD」「RebDrive FireWire 800 SSD」の2シリーズに容量1Tバイトモデルを追加した。(2015/3/5)

センチュリー、FireWire接続にも対応した3.5インチ外付けHDDケース
センチュリーは、USB 3.0およびeSATA/FireWire接続をサポートした外付けHDDケース「裸族の一戸建てスーパーコンボ SATA6G」を発売する。(2015/2/19)

ヤノ、FireWire800接続にも対応する4ベイ搭載RAID対応外付けHDD
ヤノ販売は、RAID対応の4ベイ搭載外付けHDD「SafeTANK」シリーズの販売を開始する。(2015/2/19)

ラインアップは3モデル:
Mac miniも第4世代CoreとYosemiteにアップデート
2012年10月以来、約2年ぶりに省スペースPC「Mac mini」に新モデルが登場した。ラインアップは、従来の2モデルから3モデルに拡張された。価格は5万2800円(税別)から。(2014/10/17)

デンノー、RAID-0/1対応のアルミ製外付けHDDケース
デンノーは、2ベイ仕様の外付け型HDDケース「ST2-6G」シリーズを発表。Mac向けのFireWire800接続対応モデルも用意している。(2014/9/8)

アミュレット、FireWire接続対応SSD「RebDrive FireWire 800 SSD」に512Gバイトモデルなど2製品を追加
アミュレットは、同社製のUSB 2.0/FireWire接続対応の外付け型SSD「RebDrive FireWire 800 SSD」シリーズに容量256Gバイト/512Gバイトの2モデルを追加した。(2014/8/28)

週末アキバ特価リポート:
Lian-Liケースが超特価、オリオスペックのリニューアルセールが熱い!!
オリオスペックが店内を改装し、8月23日(土曜日)にリニューアルセールを実施している。マニアックな特価対象品を多くそろえるほか、店内に作られたイベントスペースの催しにも注目したい。(2014/8/23)

センチュリー、USB 3.0+eSATA+FireWire接続に対応したベアHDDクレードル
センチュリーは、3種の接続インタフェースを備えたクレードル型のベアHDD外付けアダプタ「裸族のお立ち台スーパーコンボSATA6G」を発売する。(2014/4/17)

センチュリー、USB 3.0+FireWire800+eSATAをまとめて増設できるThunderbolt外付け拡張ドック
センチュリーは、AKiTiO製となるThunderbolt接続対応の汎用拡張ドック「THUNDER DOCK」の取り扱いを発表した。(2014/3/12)

広田稔のMacでいきます(26):
「MacBook Air」で使いたい!! 自宅&モバイルを快適にする10のアクセサリー
新年度に向けてMacBook Airを購入するなら、一緒にそろえておきたい周辺機器もチェック!(2014/3/5)

いまさら聞けないUSB 3.0の話:
PR:今すぐ使えるUSB 3.0 SuperSpeed開発環境
いよいよ普及期を迎える「USB 3.0 SS」。そこにはどんな市場が広がっているのだろうか。期待が高まる新規格だが、今すぐに使用可能なUSB 3.0 SS開発ツールは、思ったほど多くはない。ハード/ソフトウェア両面でユーザビリティに優れ、ストレスなくUSB 3.0 SSデバイスを開発できる環境とは?(2014/2/28)

ロジテック、“一眼レフユーザー向け”のRAID対応外付けHDD
ロジテックINAソリューションズは、写真投稿サイト「東京カメラ部」とのコラボレーションモデルとなる大容量外付けHDD「LHR-4BRH80EFU3WR」を発売する。(2014/2/6)

アミュレット、Mac向けの外付けポータブルSSD「RebDrive SSD」
アミュレットは、Mac OS Xフォーマット隅の外付けポータブルSSD計2製品「RebDrive SSD」「RebDrive FireWire 800 SSD」を発売する。(2013/11/11)

HGST、4ドライブ/RAID対応のMac向け大容量ストレージ「G-SPEED Q USB3.0シリーズ」
HGST/G-Technologyブランドのプロ向け4発大容量RAIDストレージが登場。最大容量は16Tバイト、価格は19万8000円から。(2013/9/10)

初回出荷分は5000円で手に入る:
パラレルス、Windows 8.1とMavericksに対応するMac用仮想化ソフト「Parallels Desktop 9 for Mac」
パラレルスが仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 9 for Mac」を発表した。Windows 8.1やMavericksに対応したほか、クラウドストレージとの連携機能を強化。Windows 8への対応もより一層進んだ。(2013/8/29)

ベルキン、MacBook Air/Pro向けアルミスタンドなどアクセサリ計38製品を投入
ベルキンは、MacBook Air/Pro用のアルミ製スタンド「F5L083eb」など、Mac/MacBook向けアクセサリ計38製品を発表した。(2013/7/22)

LaCie、“ポルシェデザイン”コラボHDDにUSB 3.0対応モデルを追加
エレコムは、LaCie製外付けHDDのラインアップにUSB 3.0接続対応モデル計3シリーズを追加した。(2013/5/22)

広田稔のMacでいこうず(18):
気分よくMacを使うために覚えたい「システム環境設定」10のポイント(後編)
Macを買ったらまずチェックしておきたいのが「システム環境設定」。後編ではネットワークの設定やユーザー管理、バックアップの項目を見ていこう。(2013/5/13)

LaCie、RAID-10にも対応したUSB 3.0/FireWire外付けHDD
エレコムは、LaCie製となるRAID対応のUSB 3.0/FireWire外付けHDD「LaCie 4big quadra USB3.0」を発売する。(2013/4/23)

Windows Server 2012クラウドジェネレーション:
第8回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows Server 2012の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/4/18)

LaCie、アルミデザイン筐体採用USB 3.0外付けHDD「LaCie d2 quadra USB3.0」に3Tバイトモデルを追加
エレコムは、LaCie製となるUSB 3.0外付けHDD「LaCie d2 quadra USB3.0」のラインアップに3Tバイトモデルを追加した。(2013/2/27)

アスク、mLogic製のMac用外付けPCI Express拡張ボックス「mLink」など2製品の取り扱いを開始
アスクは、米mLogic製となるMac用外付けPCI Express拡張ボックス「mLink」、MacBook Pro用ドッキングステーション「mDock」の取り扱いを開始する。(2013/2/25)

Windows 8レボリューション:
第14回 ディスクを仮想化する記憶域プール機能
Windows 8の新機能である記憶域プールを使えば、複数のディスクを組み合わせて高速化したり、耐障害性を向上させるほか、ディスク・サイズを仮想化して大きなディスクに見せる、シン・プロビジョニングが行える。(2013/1/10)

広田稔のMacでいくぽ(12):
新iMacを買う前にチェックしておきたい10の疑問
Mac連載第12回目は、いよいよ販売が始まった新iMacのファーストインプレッションをお届けする。で、ほんとに薄いの?(2012/12/5)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第4回 Light PeakからThunderbolt
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第4回は、新しいI/Oインタフェーステクノロジーとして注目されている「Thunderbolt」について紹介する。(2012/12/5)

LaCie、アルミ製デザイン筐体採用HDD「d2 quadra」にUSB 3.0対応モデルを追加
エレコムは、LaCie製外付けHDD「d2 quadra」シリーズの新モデル「LCH-D2Q020Q3」の取り扱いを発表。USB 3.0/FireWire800/eSATA接続に対応する。(2012/11/14)

10万8800円から、11月出荷:
エッジ5ミリの超薄型「iMac」が登場
Ivy Bridge世代のクアッドコアCPUを搭載した最新「iMac」は、液晶ディスプレイのエッジの厚さがわずか5ミリしかない超薄型ボディを実現した。(2012/10/24)

13インチMac Book ProにRetinaモデル登場 iMac、Mac miniも刷新
2560×1600ピクセルのRetinaディスプレイ搭載13インチMac Book Proが登場。エッジ部が5ミリというiMac、高速化したMac miniも。(2012/10/24)

価格もサイズもそのまま:
CPUをIvy Bridge世代に、基本性能を強化した新「Mac mini」
アルミユニボディの小型PC「Mac mini」が1年ぶりにモデルチェンジ。第3世代Coreプロセッサ・ファミリーのCPUを搭載し、メモリやストレージ容量を強化した。(2012/10/24)

価格は14万4800円から:
アップルが「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発売――2560×1600ドット表示、19ミリ厚ボディ
「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」に13インチモデルが追加された。19ミリ厚のボディに2560×1600ドット表示のRetinaディスプレイ、デュアルコアの第3世代Core i5/i7を搭載する。(2012/10/24)

アスク、AES-256暗号にハードウェア対応の外付けHDD
アスクは、Rockstorの外付けHDD「COMMANDER 3F」の取り扱いを開始する。(2012/8/10)

MacBook Pro Retinaモデルがカスタマイズ可能に FireWireアダプタも発売
「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の2.3GHz版はこれまでストレージを拡張できなかったが、AppleのMacストアでの購入時にプロセッサ、メモリ、ストレージをそれぞれ選べるようになった。(2012/8/2)

Retinaモデルがやってきた:
まるで“なめたくなる”ようなディスプレイ――写真で解説する「MacBook Pro Retina」
話題の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」がついに編集部にも届いた。非光沢パネルの15インチMacBook Proや、13インチMacBook Airと比較しながら、薄くなったボディや美しい液晶ディスプレイを見ていこう。(2012/6/15)

D89クリップ(48):
Retina ディスプレイを搭載し、薄型化した
Apple WWDC 2012キーノート現地レポート。Retinaディスプレイを搭載したMacBook Proや、iOS 6でさらに進化したSiriなど、注目の内容を紹介する(2012/6/12)

WWDC 2012現地リポート:
次の時代を切り開く「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」速攻レビュー
WWDCで発表されたハードウェア新製品の目玉は「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」だ。この注目製品をいち早く入手したので、早速実機を紹介をしたい。(2012/6/12)

既存の13/15インチモデルもIvy Bridge世代へ:
アップルが「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を発表――2880×1800ドット表示の15.4型ワイド液晶、18ミリ厚ボディ
アップルが新世代の「MacBook Pro」を発売。18ミリ厚の薄型ボディに2880×1800ドット表示のRetinaディスプレイ、クアッドコアの第3世代Core i7、GeForce GT 650Mを搭載する。(2012/6/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。