ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フルスライド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フルスライド」に関する情報が集まったページです。

「シャア専用」もあった 初のフルフェイスケータイ「FULLFACE 913SH」(懐かしのケータイ)
スライド型のディスプレイ面から物理キーを排除した「FULLFACE 913SH」。「機動戦士ガンダム」の登場人物シャアをモチーフにしたデ「シャア専用」モデルも登場しました。(2018/8/5)

振る操作やなぞる操作にも対応 全画面ケータイ「FULLFACE 2 921SH」(懐かしのケータイ)
ディスプレイ面に物理キーを搭載しない「FULLFACEスタイル」のスライド式ケータイ「921SH」は、モーションセンサーやタッチセンサーを新たに搭載。初代よりも操作性を向上しました。(2017/11/11)

3.5インチディスプレイ+光TOUCH CRUISER対応のフルスライド――「AQUOSケータイ W64SH」
フルスライドボディが特徴的なシャープの「AQUOSケータイ W64SH」。大型の3.5インチNEWモバイルASV液晶や光TOUCH CRUISER、Bluetooth、FMトランスミッターなど、AV機能を満喫できるデバイスや機能が充実している。(2008/10/27)

フルスライドの「SH706i」、新規バリュー一括は4万2630円──分割は月々1645円から
7月11日、ワンセグ、フルワイドVGA液晶、ドルビーモバイル搭載のフルスライドケータイ「SH706i」が都内量販店に並んだ。バリューコースの端末価格は、新規の一括払いが4万3470円。分割払いは頭金3150円、月々の支払いは1645円(24回分割の場合)から。(2008/7/11)

フルワイドVGA液晶搭載のフルスライド「SH706i」、7月11日発売
NTTドコモが、70xiシリーズ初のフルワイドVGA液晶を搭載スライド端末「SH706i」を7月11日に発売すると発表した。(2008/7/3)

写真で見る「PANTONE Slide 825SH」
女性をメインターゲットに、全24色のカラフルなラインアップで人気を博した「PANTONEケータイ 812SH」の後継機種が「PANTONE Slide 825SH」だ。コンパクトなフルスライドボディに多彩な機能を搭載する。(2008/6/30)

写真で解説する「SH706i」
「SH706i」は、光TOUCH CRUISER、高精細な3インチフルワイドVGA液晶、臨場感あふれるドルビーモバイルを搭載したスライド端末。ソフトバンク「FULLFACE 2 921SH」との違いなど、機能や操作性をチェックした。(2008/5/28)

ワンセグ、フルワイドVGA液晶、ドルビーモバイル搭載のフルスライド──「SH706i」
70xiシリーズの端末ながらフルワイドVGA液晶を搭載し、ワンセグやドルビーモバイルといったシャープ端末の特徴を受け継ぐ「SH706i」。上位機種「SH906i」と共通のベールビューや光TOUCH CRUISERも装備する。(2008/5/27)

「W61SA」の“ここ”が知りたい(1):
“フルスライド”を閉じたままでどんな操作ができる?――「W61SA」
W61SAは、3インチディスプレイとタッチセンサーを備えたフルスライド端末。タッチセンサーの使い勝手や、過去の三洋電機製端末にあった機能が復活しているかという質問が多かった。(2008/5/20)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(7):
スケジュールをPCと同期できるのか―「FULLFACE 2 921SH」
「FULLFACE 2 921SHの“ここ”が知りたい」第7回は、端末内のデータをPCへバックアップする方法や、スピーカーやサウンド設定の仕様、メディアプレーヤーの特徴についてチェックした。(2008/5/16)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(6):
YouTubeやニコニコ動画は閲覧できる?――「FULLFACE 2 921SH」
今回の「FULLFACE 2 921SH」“ここ”が知りたいは、YouTubeやニコニコ動画への対応や、PCサイトブラウザ、jigブラウザの操作性をチェックした。(2008/5/14)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(5):
マルチジョブやメールの使い勝手は?――「FULLFACE 2 921SH」
「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい第5回では、複数の機能を切り替えられるマルチジョブ機能の操作性や、細かい部分で使い勝手が改善されたメールについてチェックした。(2008/5/7)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(4):
もっさりしてる?――「FULLFACE 2 921SH」
「FULLFACE 2 921SH」には、画面切り替え時に効果がかかる「画面エフェクト」が用意されている。この機能を有効にすると、どれくらいキーレスポンスが違うのか試してみた。(2008/4/28)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(3):
閉じたまま通話できるのか――「FULLFACE 2 921SH」
タッチセンサーやモーションセンサーなどが目を引く「FULLFACE 2 921SH」だが、ダイヤルキーの押し心地やキーレスポンスなど、基本的な操作性をについての質問も多く寄せられた。(2008/4/25)

SANYOブランドのフルスライドKCP+端末「W61SA」の予価、3万円台の前半
関東地域では4月26日に発売が予定されている、SANYOブランドのKCP+端末「W61SA」の予価が都内量販店で掲示されていた。新規契約、機種変更ともに、フルサポートコースの価格は3万円台の前半となっている。(2008/4/22)

3インチ有機ELのフルスライド――「W61SA」、4月17日から順次発売
3インチ有機ELディスプレイを搭載したフルスライドケータイ「W61SA」が、4月17日から順次店頭に並ぶ。KCP+を採用したハイエンドモデルで、デジタルラジオ、ワンセグ、FMトランスミッター、Bluetoothなどの機能を装備する。(2008/4/17)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(2):
モーションセンサーを使った便利な機能はあるのか──「FULLFACE 2 921SH」
FULLFACE 2 921SHは、自在なカーソル操作を可能にするタッチレガートセンサーに加え、端末の向きを検出するモーションセンサーも搭載し、このセンサーを活用した、ちょっと変わった機能も用意している。(2008/4/4)

「FULLFACE 2 921SH」の“ここ”が知りたい(1):
タッチレガートセンサーの使い勝手は──「FULLFACE 2 921SH」
3.2インチのフルワイドVGAディスプレイを搭載したフルスライドボディに独自の機能“タッチレガートセンサー”と“モーションセンサー”を搭載し、少々変わった使い勝手を提供するFULLFACE 2 921SH。まずはタッチレガートセンサーの使い勝手を調べた。(2008/4/3)

メインカメラとサブカメラの写真を合成──「ひとり旅録」、FULLFACE 2 921SHに搭載
(2008/3/17)

開発陣に聞く「FULLFACE 2 921SH」:
タッチレガートセンサーとモーションセンサーで実現した“新しいUI”
独特の表情を持つフルスライド端末「FULLFACE 2 921SH」は、端末を閉じた状態でもさまざまな操作が行える機能を備え、前モデル「FULLFACE 913SH」から“真のハイエンド”端末へと進化している。その進化のポイントを開発陣に聞いた。(2008/3/17)

フルスライド端末「FULLFACE 2 921SH」発売──スパボ新規、実質負担は月1480円から
ソフトバンクモバイルが3月14日から、シャープ製のフルスライド端末「FULLFACE 2 921SH」の販売を開始した。新スーパーボーナスを利用した新規契約時の価格は8万3520円で、月々2000円以上の利用があれば実質1480円/月の支払で購入できる。(2008/3/14)

FULLFACE 2「921SH」のトランジションエフェクトにアクロディアの3Dレンダリング技術
(2008/3/13)

シャープ製フルスライド端末「FULLFACE 2 921SH」、3月14日発売
ソフトバンクモバイルは3月14日から、モーションセンサーとタッチセンサーを搭載したフルスライド端末「FULLFACE 2 921SH」の販売を開始する。(2008/3/13)

さらに写真で解説する「W61SA」
世界で初めて3インチ有機ELを搭載したのが、三洋電機製のフルスライド端末「W61SA」。「ネクストスタイル、ネクストディスプレイ」をコンセプトに、大画面と相性がいいAV機能の使い勝手にこだわった。(2008/2/4)

写真で解説する“インターネットマシン”「922SH」(ソフトウェア編)
“サイクロイド”“フルスライド”と、携帯電話の新たな形状を提案してきたシャープから、また1つ独特のフォルムを持った端末が登場した。それが“横折りたたみ”とでも呼ぶべき「インターネットマシン 922SH」だ。(2008/2/2)

写真と動画で解説するFULLFACE 2「921SH」
モーションコントロールとタッチセンサーの搭載で、閉じたまま使える機能が増えるとともに、利便性が向上したFULLFACE 2「921SH」。どんなことができるのかを写真と動画で見ていこう。(2008/1/28)

振って操作、傾けて横ワイド画面、なぞって操作――進化したFULLFACE 2「921SH」
フロント部に大画面を搭載したFULLFACEをスペックアップし、操作体系を進化させたのがFULLFACE 2こと「921SH」。モーションセンサーとタッチセンサーの搭載で、閉じたまま利用する際の操作性が大幅に向上した。(2008/1/28)

3インチ有機EL、タッチセンサー、Bluetooth搭載のフルスライド――「W61SA」
auの春モデルでは最大の3インチ有機ELディスプレイを搭載する「W61SA」は、KCP+プラットフォームを採用したフルスライド型のハイエンド端末。デジタルラジオ、FMトランスミッター、Bluetooth、オーディオ機器連携など、音楽機能も充実する。(2008/1/28)

“シャア専用”ケータイ登場、充電台はモノアイが光るザクヘッド──「913SH G TYPE-CHAR」
フルスライドケータイ「FULLFACE 913SH」に“シャア専用”モデルが登場。シャアのパーソナルカラーを模したボディカラーに加え、バンダイ製の12分の1シャア専用ザクヘッド型充電台も付属する特別モデルとなっている。(2007/10/22)

フル装備、フルスライド、フルコーディネート……さて一番人気は?──ソフトバンクの夏モデル読者人気投票
ソフトバンクモバイルの2007年夏モデル15機種で、ITmedia読者が“欲しい”と思った機種は何だろうか。人気投票の結果はこうなった。(2007/8/24)

抽選で1Gバイトメモリが当たる──「FULLFACE 913SH」デビューキャンペーン
シャープが「FULLFACE 913SH」購入者を対象としたキャンペーンを実施。抽選で1GバイトのmicroSDが当たる。(2007/8/9)

「FULLFACE 913SH」の“ここ”が知りたい(3):
スライドを閉じた状態で何ができるのか──「FULLFACE 913SH」
ワンセグや音楽プレーヤー機能を備えた「FULLFACE 913SH」。ワンセグの連続視聴時間、音楽の連続再生時間はどれくらいなのか。またスライドを閉じた状態で何ができるのか。(2007/8/7)

「FULLFACE 913SH」の“ここ”が知りたい(2):
キーロックのオン/オフボタンはどこにあるのか──「FULLFACE 913SH」
スライドケータイで重要なのが、バッグなどに入れたときに誤ってボタンが押されることを防ぐ「誤操作防止(キーロック)機能」。913SHのキーロックは使いやすいか。(2007/8/6)

「FULLFACE 913SH」の“ここ”が知りたい(1):
スピーカーはステレオなのか──「FULLFACE 913SH」
開くとケータイ、閉じるとAVプレーヤーとして使える「FULLFACE 913SH」。本体のスピーカーはステレオなのか、着信通知ランプはどこにあるのか、国際ローミングに対応しているのか──といった質問が届いた。(2007/8/2)

704iシリーズや「EXILIMケータイ」「FULLFACE 913SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ドコモの「SH704i」「F704i」「SO704i」、auの「W53SA」「W53CA」「W54T」、ソフトバンクの「913SH」「812SH s」「814SH」「815SH」「814T」「815T」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/7/30)

“フルフラット”なスライド端末「FULLFACE 913SH」、スパボ新規の実質負担は2万円台後半
フルスライドデザインを採用したシャープ製のHSDPA対応端末「FULLFACE 913SH」の予価が都内の量販店で掲出された。新規契約で新スーパーボーナスに加入すると、実質負担2万5920円で購入できる。(2007/7/27)

パナモバ製の「P704iμ」ほか、各種夏モデルが多数JATE通過
ドコモの「704i」シリーズと思われる、パナソニック モバイル製の「P704iμ」、LG電子製の「L704i」ほか、シャープの“フルスライド”ハイエンド機「913SH」など、多くの端末がJATEを通過した。(2007/6/15)

写真で解説する「FULLFACE 913SH」
すべての操作キーをダイヤルキー側に集約したスライド端末「FULLFACE 913SH」は、スライドを閉じた状態で、ワンセグ、カメラ、メディアプレーヤーを利用できるAVケータイ。多機能ながら厚さ16.8ミリをスリムボディを実現している。【写真追加】(2007/5/22)

閉じると全キーが隠れるフルスライドAVケータイ──FULLFACE「913SH」
スライド端末ながら、操作キーをすべてダイヤルキー側に移動し、フル画面液晶を実現した“FULLFACE”「913SH」。厚さ16.8ミリの薄型ボディに、下り最大3.6Mbpsの3Gハイスピード、ワンセグ、AVRCP対応のBluetoothなど、多彩な機能を搭載する。【写真追加】(2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。