ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ふるさと納税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ふるさと納税」に関する情報が集まったページです。

「旬のフルーツ」から「明太もつ鍋」まで 日本各地の食べ物を集めたミニチュアセット「ふるさと納税便」が登場!
名産品食べたくなってきたので、ちょっとふるさと納税してくる!(2021/2/16)

税務署に行かなくても確定申告できるなら、その方が楽ですしリスクも減るという話
緊急事態宣言の延長を受け確定申告の期限が1カ月ほど延長されました。(2021/2/3)

シャープのマスク、「ふるさと納税」の返礼品に
シャープが三重工場で製造している不織布マスクが三重県多気町のふるさと納税(ふるさと応援寄附金)の返礼品に採用された。(2021/2/1)

au PAYの「たぬきの大恩返し」、2月はドラッグストアなどで20%ポイント還元
KDDIは「たぬきの大恩返し」として、ドラッグストアやスーパーなどで「au PAY」を利用すると最大20%のPontaポイントを還元するキャンペーンを開催。au PAY マーケット限定で、さらに10%還元も行う。(2021/1/28)

自分は関係ないって思っていませんか? 皆さん確定申告の季節がやってきました
知識と情報が足らずに困ることが多いようです。(2021/1/20)

インターステラの採用戦略(後編):
インターステラテクノロジズが「ホリエモンのロケット採用」に踏み切った理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社が今後事業を拡大していくためには、人材を呼び込むことも大きな課題だ。後編ではISTの今後の計画と、採用戦略について明らかにする。(2021/1/19)

インターステラの採用戦略(前編):
ホリエモンが「次の基幹産業は宇宙ビジネスだ」と断言する理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社ファウンダーのホリエモンこと堀江貴文が宇宙ビジネスが自動車産業などに代わって日本の基幹産業になる可能性を語る。日本が持つ技術的・地理的なポテンシャルの高さがあった。(2021/1/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか
2020年末、珪藻土バスマットなどにアスベスト(石綿)が混入していたとして大騒動になった。はたして、真相は解明されるのか。結局は、“うやむや”にされてしまう可能性もある。(2021/1/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」新春特別編:
「終電繰り上げ」は再成長の準備 2021年の鉄道ビジネス、“前向きなチャレンジ”が闇を照らす
鉄道業界で、2020年を“どん底”にして21年を上向きにしていく手掛かりとは? 終電繰り上げは経済に影響を与えるが、再成長に向けて今やるべきことだとも捉えられる。厳しい旅行業界では“趣味性の高い旅”が回復の鍵だ。つらい状況でも前向きなチャレンジを応援したい。(2021/1/2)

大のアニメ好きたちが選ぶ“もっと評価されるべき2020年アニメ”発表 「放課後ていぼう日誌」「宝石商リチャード氏の謎鑑定」を抑えた1位は?
カルト作「ジビエート」も上位に。(2020/12/30)

今日のリサーチ:
Sansanが「ビジネス関係人口2020」を発表 エコツーリズムやローカルベンチャーに注力する自治体が上位に
Sansanのデータ統括部門DSOCは、2020年にビジネスにおける関係人口が多かった地方自治体をまとめた「ビジネス関係人口2020」を発表しました。(2020/12/25)

泉佐野市のふるさと納税3.0 次は返礼品を開発の新境地
 ふるさと納税に7月から復帰した大阪府泉佐野市が新境地を模索している。返礼品が地場産品に限定される中、10月には、泉佐野市内で返礼品開発を行う取り組みを支援する新制度「#ふるさと納税3.0」をスタート。地場産品の創出へ市内外の企業が続々と名乗りを上げている。返礼品をめぐる訴訟で国と争い、最高裁で逆転勝訴した同市が、再びふるさと納税を活性化させることができるのか注目される。  (牛島要平) (2020/12/21)

PayPayがふるさと納税に対応 「さとふる」をミニアプリ化
さとふるとPayPayが、モバイル決済アプリ「PayPay」内でふるさと納税を行える機能の提供を始めた。(2020/12/18)

PR:メルペイが「年末年始まるっと還元キャンペーン」開始 抽選で1万ポイントプレゼントやもれなく50%(最大1万円分)ポイント還元も!
藤岡弘、さんが登場する「メゾンメルカリ」新CM放送もスタート。(2020/12/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
返礼品は「高級レストラン食事券」や「温泉利用券」 ふるさと納税に新たなブーム、企業のメリットとは
ふるさと納税の返礼品に“体験型”が増えている。「洋服仕立券」「レストラン食事券」「温泉利用券」などが登場。提供する企業や農家が享受するメリットとは。(2020/11/26)

PR:自治体向けビジネス拡大を目指すアプリベンダーが乗り越えるべき「LGWAN対応の壁」とは
国が掲げる「クラウド・バイ・デフォルト」の原則をきっかけに、地方公共団体でもクラウド化の波が一層強まりつつある。ただし、彼らにクラウドサービスやアプリケーションを提供する事業者にとって頭の痛い課題が、自治体専用ネットワーク「LGWAN」への対応だ。しかしこの課題をいち早くクリアすることで他社より優位に動けるだろう。素早く、効率的にこの課題を乗り越える方法を聞いた。(2020/11/25)

【楽天BLACK FRIDAY】ふるさと納税もポイントアップ対象 ホタテ・カニ・肉・フルーツなど人気の返礼品10選
(2020/11/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
新ワザ「無限くら寿司」の本質が「マスク転売と同じ」と断言できるワケ
「トリキの錬金術」が規制されてまもなく、新たなGo To Eatの裏技「“無限”くら寿司」が発見された。くら寿司側が公式サイトで大きく画像を掲示しており、利用を促す姿勢が目立つ。しかし、実質無料となる理由は、政府が財源を支出しているからに他ならない。政府が懐を痛めるということは、私たちの納めた税金がこのような“裏技”に注ぎ込まれるということを意味する。(2020/10/30)

au PAY ふるさと納税、寄付額に対し1%のPontaポイント還元 2021年1月1日まで
ふるさと納税サービス「au PAY ふるさと納税」は、寄付額に対して1%のPontaポイント(au PAY マーケット限定)を還元するキャンペーンを開催する。期間は10月12日〜2021年1月1日。(2020/10/12)

コロナ禍でもスーパーはオンラインより「リアル店舗」重視 消費者が求めるキーワードは「発見」や「社会貢献」
約9割の人がネットスーパーよりも食品スーパーを重視しています。(2020/9/22)

ダウンロード販売率が74%に:
前年同期比42.3%減! プレステ4がサッパリ売れないソニーの業績が“絶好調”な理由
任天堂のライバルであるソニー。2020年度第1四半期(4〜6月期)決算では、売上高でも営業利益でも“絶好調”の業績をたたき出している。その要因は何なのか? 答えはソフトウェアのダウンロード販売率にあった。(2020/9/14)

「CAMPFIRE」がPayPay導入 クラウドファンディングサービスで初
クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」が、支払い方法にキャッシュレス決済サービス「PayPay」を追加。法人のプロジェクト起案者は、支援の決済方法にPayPayを設定できる。(2020/9/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
狭域での事業を通して思うコミュニケーション方法
リモートで済ませるべき内容とFace to Faceにする内容の仕分けをすることが、業務を進める上で大切なスキルになるのではないだろうか。信頼関係を築くために、いかに2つの手段を組み合わせていくかが重要だ。(2020/9/3)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【8月31日〜9月6日】
(2020/8/31)

災害支援のデジタル化:
寄付金・水・電力・医療の包括的な災害支援、「平時にも使える」強みで自治体のレジリエンスを強化
ふるさと納税のWebサービスを自治体に提供しているトラストバンクは、この仕組みを災害時の寄付金募集にも応用し、水資源、緊急医療、エネルギーのサービスも追加して、災害支援を包括的にカバーする新規事業を開始した。全てのサービスが非常時だけでなく、日常でも使えることが特長で、いざというときに自治体担当者がイチからオペレーションを学ぶ必要が無く、即時に対応できるのが他に無い強みとなっている。(2020/8/28)

年度内に50以上のサービスをデジタル化へ:
マイナンバーカードをスマホで読み取り 加賀市が行政手続きのデジタル化に踏み切れた理由
石川県加賀市は、トラストバンクとxIDが手掛ける「LoGoフォーム電子申請」を導入。スマートフォンでマイナンバーカードを読み取ることで、登録情報を申請フォームに連携させる。新型コロナウイルス対策や自治体の業務効率化に向けたデジタル化のニーズが高まる中、同市はなぜいち早く実現に踏み切れたのか。(2020/8/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
当事者意識が全ての原動力〜空き家問題を動かす〜
2033年に3軒に1軒は空き家になるとの予測もあり、隣は空き家という状況が、どの市町村でも見られる風景になる。今後さらに空き家率が上昇すると、生活インフラの維持・管理も難しくなる地域が増える。(2020/8/13)

石川県加賀市が行政手続きをオンライン化 “脱・対面、書面、押印”へ
石川県加賀市が、スマートフォンアプリとマイナンバーカードを使った個人認証サービスを活用し、行政手続きをオンラインで完結させるツールを導入。人間ドックの助成金申請を皮切りに、受け付け範囲を拡大していく。(2020/8/12)

奥谷孝司氏と佐々木丈也氏が語る:
「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取るべき行動とは何か。奥谷孝司氏(オイシックス・ラ・大地/顧客時間)と佐々木丈也氏(三井住友カード)が語った。(2020/8/4)

スマホ決済の利用者はマイナンバーカードの申請率が高い KDDIの調査から
KDDIらは、7月30日に「マイナポイント」に関する調査結果を発表。マイナンバーカードの申請時期は「2020年」が34.0%、交付申請のきっかけには「マイナポイントの申し込み」が36.3%で最多に。申し込み意向は約5割となった。(2020/7/30)

泉佐野市が「ふるさと納税」に復帰 「10億円赤字」の病院に支援を募る
泉佐野市は、ふるさと納税制度から一時除外されていました。(2020/7/17)

マッチョ貴族が暴れ回る観光PRゲーム、宇治市が公開 これぞ“宇治抹チョ”
京都府宇治市がスマホ向け観光PRゲームを公開。過去に公開したプロモーション映像を実際にゲーム化した。(2020/7/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ふるさと納税「復活」の泉佐野市を支持すべき2つの理由
ふるさと納税の対象から、泉佐野市を除外した国の行為が違法であることが、最高裁で確定し、泉佐野市が今年のふるさと納税先として復活する見通しとなった。ふるさと納税には批判もあるが、泉佐野市がこれまでに置かれていた状況を鑑みれば、ふるさと納税における制度の範囲内で創意工夫することについて、必ずしも「眉をひそめる」結果であるとはいえない。(2020/7/10)

マッチョ貴族が京の名所で大暴れ 宇治市のゲーム風PR動画がとうとう本物のスマホゲームに
7月10日、AndroidとiOS向けに配信開始。(2020/7/7)

漫画『放課後ていぼう日誌』、豪雨で作者が被災 ファンからエール続々「無事でなによりです」「穏やかな日常が戻りますように」
「怪我はありませんが、執筆を継続できる状況ではない」とのこと。(2020/7/7)

熊本豪雨で役所のサイトダウン→有志が災害情報サイト立ち上げ 八代市の情報集約
豪雨で大きな被害を受けた熊本県八代市の災害情報を集約したWebサイト「熊本豪雨2020情報サイト」を、有志が7日にオープンした。(2020/7/7)

明智光秀からの謀反のお知らせハガキが届くチャンス再び 福知山市への寄付の返礼品に
ときは今!【追記あり】(2020/7/4)

新連載・「新時代」のマーケティング教室:
存在感を増す「応援する消費」から考える、マーケティングの意義
東京都立大学で教授を務め、マーケティングに詳しい水越康介氏の新連載。今回は新型コロナで注目を集めている「応援消費」について解説するとともに、いま、マーケティングすることの意義について考える。(2020/6/17)

「au Wowma!」が「au PAY マーケット」へ名称変更 総額100万Pontaポイントのプレゼントも
総合ショッピングモール「au Wowma!(エーユーワウマ)」は、5月21日に「au PAY マーケット」へ名称変更。これを記念し、総額100万Pontaポイントを抽選でプレゼントするキャンペーンや100円オフクーポンを配布する。(2020/5/21)

全国巡回中の「ムーミンマーケット」が初のオンライン開催 ムーミンバレーパークのグッズも買える
1周年のアニバーサリーグッズもラインアップに。(2020/5/17)

大樹町の要請で打ち上げ延期:
新型コロナで苦渋の決断――ホリエモン出資の宇宙ベンチャー・インターステラ稲川社長が“打ち上げ延期決定前”に明かしていた「人材育成と成長戦略」
北海道大樹町の要請によって延期になった国産小型ロケット「MOMO5号機」の打ち上げ――。ホリエモン出資の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズは同機の打ち上げを、宇宙事業が「実験」から「ビジネス」に進化する転換点と位置付けていた。ITmedia ビジネスオンラインは4月20日の時点で稲川社長に単独インタビューを実施。同社が進める人材育成、今後の成長戦略についてのビジョンを聞いていた。延期とされた5号機の打ち上げが、同社や日本の宇宙産業にとっていかなる意味を持っていたのかを問い掛ける意図から、その一問一答を掲載する。(2020/5/13)

トヨタから「助っ人エンジニア」も受け入れ:
ホリエモン出資のロケット「MOMO5号機」が5月2日に「打ち上げリベンジ」 新型コロナの影響で無観客打ち上げ
ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)は4月20日、小型ロケット「MOMO」5号機を5月2日に打ち上げると発表した。(2020/4/20)

セキュリティ・アディッショナルタイム(41):
衛、走る――変わらない価値を追求し続ける、Hardeningの挑戦
複数人でチームを組んでビジネスを「衛る」技術を競うイベント、「Hardening 2020 Business Objectives」が沖縄で開催。「ビジネスの目的」は何なのか、それをどのように守っていくのかを9チーム、約100人の参加者が体験した。(2020/4/7)

フィンテックの今:
過疎化、高齢化……地方金融の課題をどう解決するか Fintech協会理事の神田潤一氏インタビュー
人口減少や少子高齢化など多くの課題を抱える日本の地方社会。金融に目を向けて見ても、地域を支えてきた地方銀行の経営は厳しさを増している。こうした地方の課題をフィンテックはどう解決していくことができるのか。(2020/3/25)

「佐藤さんゆかりの地」を全国の佐藤さんと共に聖地化していく「佐藤の会」発足 佐野市が会員募集
佐藤さんじゃなくても入会できます。(2020/3/11)

森永卓郎が提言〜ふるさと納税の泉佐野市除外は法治国家の否定だ
過去に行儀が悪いということだけで「無期限謹慎」?(2020/3/7)

今日のリサーチ:
「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。(2020/2/28)

月刊乗り鉄話題(2020年2月版):
はいさーい!! 日本最南端の鉄道「ゆいレール」に乗ってきた
ゆいレール乗車+冬の沖縄を楽しむ乗り鉄的旅行ガイド。時には再建を願ってしんみりしましょう。【写真50枚】(2020/2/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
僕たちはどんな幸福も「慣れっこ」になってしまう
望ましい状態を手に入れてもそれに慣れっこになってしまい、満足度が以前の状態に逆戻りしてしまう。どうすれば幸福になれるのだろうか?(2020/2/20)

ふるさと納税訴訟、泉佐野市が敗訴 市長コメント「判決は全く受け入れがたい」 上告へ
判決は「泉佐野市が提供する返礼品は突出して極端なもの」などと指摘。(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。