ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ふるさと納税」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ふるさと納税」に関する情報が集まったページです。

日本の今のような年金制度がスタートしたのはいつから?【FPさんに聞きました】
ファイナンシャルプランナー(FP)さんにお金に関して聞いてみるクイズ企画。(2022/6/30)

国民年金を受け取るためには、最低限どのくらいの期間、保険料を納付しなければいけないの?【FPさんに聞きました】
ファイナンシャルプランナー(FP)さんにお金に関して聞いてみるクイズ企画。(2022/6/28)

ふるなび、ふるなびコインの交換先に「楽天ポイント」追加
 アイモバイルの運営するふるさと納税サイト「ふるなび」は、6月21日より「ふるなびコイン」の交換先として「楽天ポイント」を新たに追加したと発表した。(2022/6/27)

「マイクリ」:
ふるさと納税の返礼品にNFT ブロックチェーンゲームのアイテム、北海道余市町が全国初
北海道余市町は、ふるさと納税の返礼品として、ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」(マイクリ)のゲームアイテムNFTの取り扱いを始めた。余市町は5月7日からNFTアートの返礼品を提供していて、今回は第2弾となる。ブロックチェーンゲーム内で利用できるNFTの返礼品は、全国で初めて。(2022/6/23)

年金の保険料を支払うべきなのに支払っていない人の割合は?【FPさんに聞きました】
ファイナンシャルプランナー(FP)さんにお金に関して聞いてみるクイズ企画。(2022/6/21)

石川県白山市が“ふるさと納税”返礼品にEIZO製23.8型/27型液晶を追加
EIZOは、同社製ビジネス向け液晶ディスプレイ2製品が石川県白山市の“ふるさと納税”返礼品として追加採用されたと発表した。(2022/6/21)

国民年金の保険料は、電子マネーでも支払うことができる?【FPさんに聞きました】
ファイナンシャルプランナー(FP)さんにお金に関して聞いてみるクイズ企画。(2022/6/18)

ふるさと納税の現金還元を禁止へ 「キャシュふる」を受け総務省が告示改正の手続き進める
告示改正は来週にも行う予定です。(2022/6/17)

総務省、“ふるさと納税で現金還元”を規制へ 「キャシュふる」騒動受け
金子恭之総務大臣は、ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れる事業を規制する方針を示した。地方税法に基づく、寄付金の募集基準を定めた告示を来週にも改正するという。(2022/6/17)

スピン経済の歩き方:
なぜスシローは「おとり広告」をやらかしたのか 「また起きる」これだけの理由
回転寿司チェーン「スシロー」の「おとり広告」が炎上した。テレビ広告で盛んに宣伝していたが、それらの広告は「偽造」だったのだ。「モラルが低下している」「本社と現場の間に溝がある」といった指摘があるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2022/6/14)

人気メーカー5社比較:
もはやオシャレ家電? 人気の「セカンド冷凍庫」しのぎ削るメーカー、焦点は2つ
食品買いだめやコストコなど大容量商品の一般化、ふるさと納税の返礼品などを追い風に、人気上昇中の「セカンド冷凍庫」。各社の人気セカンド冷凍庫を分析すると、ある特徴が見えてくる。キーワードは、「スリム」と「大容量」だ。(2022/6/14)

日本国籍がない人でも国民年金を受け取ることはできる?【クイズFPさんに聞きました】
ファイナンシャルプランナー(FP)さんにお金に関して聞いてみるクイズ企画。(2022/6/14)

総務相「制度趣旨から外れる」:
「キャシュふる」、わずか2日でサービス終了 ふるさと納税の返礼品“現金化”で物議、経緯まとめ
ふるさと納税の返礼品の代わりに現金を受け取れる「キャシュふる」が、わずか2日でサービスを終了した。「黒に近いグレーなサービス」などと物議を醸していた上、金子恭之総務相も記者会見で「制度の趣旨から大きく外れたもの」とコメントしていた。(2022/6/12)

ふるさと納税で現金もらえる「キャシュふる」、わずか2日で終了 総務大臣の「趣旨から大きく外れている」発言受けて
ネットでは同サイトに対し、疑問の声も上がっていました。(2022/6/10)

ふるさと納税で現金バックの「キャシュふる」、サービス終了 金子総務大臣の「趣旨に反する」発言受け
ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れるとして波紋を呼んでいる「キャシュふる」がサービスを終了した。サービス発表後2日での幕引きとなる。(2022/6/10)

ふるさと納税で現金付与のキャシュふる、早くも全額返金 自治体からは「無関係」
ふるさと納税で現金がもらえる」と銘打った「キャシュふる」。6月8日にサービスを開始したが、早くも利用したユーザーに対して、違約金込みで全額返金となった。(2022/6/9)

ふるさと納税で現金バックの「キャシュふる」、自治体名の無断利用で謝罪 全額返金
ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れるサービス「キャシュふる」を提供するDEPARTUREは、提携関係のない自治体の名称を同サービスのWebサイト上で無断掲載したとして謝罪した。一部ユーザーには入金額に違約金などを加えて全額返金するという(2022/6/9)

返礼品の代わりに現金付与 ふるさと納税サイト「キャシュふる」開始
 システムやアプリ開発などを行うDEPARTURE(東京都新宿区)は6月8日より、返礼品の代わりにお金がもらえるふるさと納税サイト「キャシュふる」をリリースした。(2022/6/9)

ふるさと納税で現金が受け取れるWebサイトが登場 魚沼市「関係ない」→運営会社「事前の断りなく使用」で謝罪
【追記あり】総務省は「制度の趣旨から大きく外れたもの」と考えているということです。(2022/6/9)

ふるさと納税で“現金”が受け取れるサービス登場 総務省「趣旨に合っていない」
ふるさと納税で、返礼品の代わりに現金が受け取れるというサービス「キャシュふる」が波紋を呼んでいる。スタートアップのDEPARTURE(東京都新宿区)が提供を始めたサービスで、寄附金額の20%を現金で受け取れると謳う。(2022/6/9)

各家庭にもう1台:
「セカンド冷凍庫」が一躍人気になっている“なるほど”な理由 シャープに聞いた
「セカンド冷凍庫」が注目を集めている。家にもう1台冷凍庫を置くというと、部屋が手狭になるなどマイナスな印象を受けるかもしれないが、直近2年間で国内出荷台数は2倍近くに急増。人気の背景には、食品買いだめやコストコなど大容量商品の人気上昇のほかにも、追い風があるようだ。詳しい理由をシャープに聞いた。(2022/6/8)

官民協働で新しい奈良に:
星野リゾート、旧奈良監獄をホテルに エリア一体整備で24年開業予定
奈良市は5月31日、星野リゾート、合人社計画研究所、法務省と協働で、鴻ノ池運動公園及び旧奈良監獄連携プロジェクトを本格始動すると発表した。(2022/6/3)

泉佐野市、メタバース内でふるさと納税呼び掛け 返礼品を3Dモデル化して展示
大阪府泉佐野市が、ふるさと納税の呼び掛けを目的にVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に出展する。開催元のHIKKYによれば、自治体がふるさと納税の呼び掛けを目的に同社のイベントに出展するのは初という。(2022/6/1)

au PAY マーケット、達成条件に応じて最大9%還元の「買い得メンバーズ」開始
au PAY マーケットは、7月1日から「買い得メンバーズ」を開始。達成条件に応じて最大9%のPontaポイント還元と、前月の購入金額に応じた最大1000円割引クーポンを提供する。(2022/6/1)

年金の保険料を払っている人が死んでしまったら、年金は受け取れなくなる? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第6回)(2022/6/1)

LINE、「LINEでふるさと納税」のサービス提供開始 さとふると協業
 LINEは、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふると、ふるさと納税事業に関する協業について基本合意書を締結した。LINEアプリを通じてふるさと納税が可能となる「LINEでふるさと納税」の提供を開始する。(2022/5/23)

「LINEでふるさと納税」スタート
LINEアプリを通じてふるさと納税できる「LINEでふるさと納税」がスタート。(2022/5/18)

扶養に入ると、将来受け取る「年金の額」はどうなるの? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第5回)(2022/5/19)

5品目を追加:
新潟県三条市、スノーピーク商品を「ふるさと納税」に再出品 品切れ品も復活
新潟県三条市は、ふるさと納税の返礼品で出しているスノーピークの商品を、新たに5品目追加すると発表した。既存の返礼品とともに5月13日午後8時より再出品する。(2022/5/13)

スノーピークのアウトドア商品、ふるさと納税の返礼品に 人気で即日品切れも
新潟県三条市のふるさと納税の返礼品が追加。スノーピークの「ステンレス真空マグ」は品切れになったことも。(2022/5/12)

年金の保険料を「未払い」のままにしていると、どうなっちゃうの? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第4回)(2022/5/11)

サンゴの島:
JT、限定デザインの「ウルマ」を沖縄で発売 首里城復興に寄付
JTは5月16日、首里城をモチーフとしたパッケージのウルマを沖縄県限定で発売する。(2022/5/6)

年金が生活費としてあきらかに足りない場合、どうすればいい? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第3回)(2022/5/3)

電気代をふるさと納税で支払い 「ふるなび」、みんな電力の利用申し込み開始
 アイモバイルの運営するふるさと納税サイト「ふるなび」は、4月20日よりみんな電力との契約手続き(利用申し込み)を開始した。契約完了翌月より、「【みんな電力】電力ポイント」を使った電気代の支払いが可能となる。(2022/4/25)

「レイバーだ!」「かっこいい」 JR西日本、人型ロボットと融合した工事車両「多機能鉄道重機」開発
安全な地上から高所作業ができるそうです。(2022/4/25)

IoT見守りLED電球を「ふるさと納税」の返礼品に 青森県むつ市
青森県むつ市とNTTレゾナントは21日、IoT見守りサービス「goo of thingsでんきゅう」をふるさと納税の返礼品に登録したと発表した。(2022/4/21)

食べ物に人気集まる:
ふるさと納税の返礼品 「魚介」や「米」を抜く人気1位は? コロナ禍で利用増
カリーグズは、2020〜21年に「ふるさと納税」を行い返礼品をすでに受け取った人に、「ふるさと納税でもらってよかった返礼品 人気ランキング」調査を行った。1位は「肉類」が選ばれた。(2022/4/20)

動物園がAmazon活用 「ほしい物リスト」で直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。Amazonの「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/20)

材料技術:
55%高濃度CeF成形材料を用いた洗面/浴室グッズを共同開発
パナソニック プロダクションエンジニアリングとケーワールドismは、植物由来のセルロースファイバー(CeF)を55%の高濃度で樹脂に混ぜ込んだ成形材料「kinari」を用いた洗面/浴室グッズを共同開発した。(2022/4/20)

動物園がアマゾン活用 「ほしい物」をリストで直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。通販サイト「アマゾン」の「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。動物園の財政的な支援につながるだけに、専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/19)

年金は、別に収入があるともらえないの? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第2回)(2022/4/20)

年金が破綻したらどうなる? 1円ももらえないの? FPさんに聞いてみた
年金についての素朴な疑問をFPさんに聞いてみる不定期連載(第1回)(2022/4/13)

世界最小のお城を築城 超微細3Dプリント技術を使って瓦や石垣を精巧に再現
実物の約17万分の1スケールと髪の毛と同等。吹けば飛んで二度と見つからない。(2022/4/3)

500人に聞いた:
日々意識して節約しているもの 3位「通信費」、2位「水道・光熱費」、1位は?
保険マンモスは、「節約しているもの」について調査を実施した。節約を日々意識して実践している人に、「何を節約しているか」と聞いたところ、1位は「食費」だった。(2022/3/30)

2021年北海道にオープン:
古民家を活用、サウナ併設の「りとりーとびれっじToma」が半年で利用者200%増
空き家や古民家を活用し地方創生事業を展開するLCフィールドパートナーズは、2021年7月オープンの施設「りとりーとびれっじToma」の利用者がオープン当初の200%増となったと発表した。好評の理由は?(2022/3/22)

スマホで「ふるさと納税のワンストップ特例申請」 シフトプラスとNTT Com共同開発
 シフトプラスとNTTコミュニケーションズは、ふるさと納税のワンストップ特例申請に伴う、寄附者の申請手続きと、自治体の申請処理の負担軽減を実現するオンライン申請システムの共同開発に合意した。同システムは、シフトプラスより自治体向けに、5月より提供開始を予定している。(2022/3/22)

LINEリサーチ調べ:
「ふるさと納税」で選んだ返礼品1位は「肉」 2021年度調査
LINEリサーチは、日本全国の男女LINEユーザーを対象に、ふるさと納税の認知率や利用経験率、利用理由について調査した。2021年にどんな返礼品を選んだか聞いたところ、男女ともに1位は「肉」だった。(2022/3/13)

楽天Gのウクライナ支援基金、開始約1週間で8億円集まる ふるさと納税で支援の自治体も
楽天グループが2月末に創設した「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」の募金額が8億円を突破した。ふるさと納税を活用して、支援する自治体もある。(2022/3/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どうせだったら、副業で給与超え?
企業マインドを起業マインドに変えて、給料以上の収入を目指してみよう。(2022/3/10)

ふるなび、最大で12%分の「ふるなびコイン」還元のキャンペーン実施
 アイモバイルは、運営するふるさと納税サイト「ふるなび」にて、最大で寄附金額12%分の「ふるなびコイン」を付与するキャンペーンを、2月18日より開始した。(2022/2/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。