ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「税金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!税金→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で税金関連の質問をチェック

関連キーワード

フリーランスになって初の「確定申告」やってみた “SaaSで申告”は楽にできるのか?(前編)
確定申告の季節がやってきた。筆者はこれまでも、ふるさと納税や医療費控除などのために毎年確定申告をやってきたが、今回は一味違う。2023年夏に、勤め先であったアイティメディア社を退職してフリーランスとなったからだ。(2024/2/26)

「鬼畜と言われた」 子どものお小遣いから保険料を“天引き” リアルすぎる「明細書」に反響「いい税教育」
小4から介護保険料まで取るとか少子高齢化すぎる。(2024/2/25)

なぜ北海道「人口5000人の町」に23億円の企業版ふるさと納税が集まったのか
のべ23億円以上の企業版ふるさと納税を集めた「人口5000人の町」が北海道にある。理由を町長に聞いた。(2024/2/8)

野沢直子、3年別居の夫と“離婚”&再婚予定も「ガチの貧乏笑」 還暦でのバイト生活に「はじめは惨めに思っていた」「やってみたらおもしろくて」 
自宅ローンや固定資産税の支払いに追われているもよう。(2024/1/22)

カーボンニュートラル実現に必要なこと:
PR:CO2の「可視化」から「削減」までをワンストップで支援――カーボンニュートラルの実現に向けて企業がまず始めるべき一歩とは?
全世界でGXの動きが加速する中、KDDIは2023年10月31日から法人向けに、カーボンニュートラル実現をワンストップで支援するサービス「KDDI Green Digital Solution」の提供を開始した。サービス開発に当たり、タッグを組んだのがCO2排出量の可視化や削減サービスなどを手掛けるアスエネだ。本記事では同社の代表取締役CEOの西和田浩平氏と、KDDI ソリューション推進本部 サービス企画部長の梶川真宏氏が対談し、世界と比べた日本企業によるカーボンニュートラルの取り組み状況と今後の動向、最初のステップとなる可視化の重要性、両社がタッグを組んだ背景などを語り合った。(2024/1/18)

ビール需要増取り込みへ、各社でブランド刷新相次ぐ 令和6年事業方針
ビール大手4社の今年の事業方針が11日、出そろった。令和8年にビール系飲料の税率が一本化するのを見据え、手ごろになる狭義のビールの需要増を取り込む熾烈(しれつ)な競争が今年も続きそうだ。(2024/1/12)

楽天グループ、繰延税金資産700億円を取り崩し
楽天グループは、2023年12月期連結業績で繰延税金資産の一部取り崩しを実施すると発表した。(2024/1/11)

楽天ペイが国税のスマホアプリ納付に対応 上限額は30万円/回
楽天ペイメントは12月21日、「楽天ペイ」が国税のスマホアプリ納付に対応したと発表した。これにより国税スマートフォン決済専用のWebサイト「国税スマートフォン決済専用サイト」から楽天ペイで国税を納付可能になった。また、納付時に「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」が使用可能になった。(2023/12/21)

定形郵便、84円→110円に24年秋ごろ値上げ 消費税増税除き約30年ぶり
はがきも63円→85円に値上げ。(2023/12/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今年の漢字は「税」だが“本当の増税ラッシュ”は来年から 企業が取るべき対策とは?
「税」が今年の漢字となったとはいえ、増税は2024年度からが本番となる。また、原則的には「税金」ではないものの、給与から直接天引きされる社会保険料の高騰も踏まえると、企業や一般家計はますます切り詰めた生活となる可能性がある。(2023/12/15)

加熱式たばこ増税に異論噴出 たばこメーカー「世界的な動きと逆行する」
防衛費増額に伴う増税に関し、政府・与党が12日示した、たばこ税のうち加熱式たぼこの税負担を紙巻きと同じ水準に引き上げる案に対し、異論が噴出している。(2023/12/13)

2023年「今年の漢字」は「税」に決定 「増税議論」や「インボイス制度」などから
2022年は「戦」でした。(2023/12/12)

Tech TIPS:
【Excelの基本】思いのままにオートフィル(自動入力)相対参照/絶対参照/複合参照
Excelで他のセルの値を参照して計算する際、単に参照先のセルを選択しただけでは、オートフィルで数式をコピーした際に値がおかしくなってしまうことがある。例えば、消費税などを特定のセルに入力しておいて、常にそこを参照先とするような場合に発生しがちだ。このような場合、数式をコピーしても、参照先のセルが移動しないようにする必要がある。このようなセルの参照方法について整理してみた。(2023/12/1)

国保など公金の大半、オンライン納付OKへ 総務省、8年9月までに
地方税のオンライン納付システム「eLTAX(エルタックス)」について、総務省は、税金だけでなく、国民健康保険料など公金も納付できるようにすることを決めた。住民や事業者の利便性向上が狙いで、遅くとも令和8(2026)年9月までのスタートを目指している。(2023/11/20)

auじぶん銀行が「阪神タイガース日本一キャンペーン」開催 1カ月もの円定期預金が年3.8%に
auじぶん銀行は、円定期預金の金利をアップする「阪神タイガース日本一キャンペーン」を開催。預入期間1カ月の円定期預金(1カ月もの円定期預金)を新規で預け入れると年3.8%(税引後年3.02%)の特別金利が適用される。(2023/11/6)

「最大14万人分の納税者情報が持ち出された」──福岡県が発表 NTT西子会社の元派遣社員が不正アクセス
福岡県は、業務を委託したNTTマーケティングアクトProCXのコールセンターで、システムを保守していたNTTビジネスソリューションズの元派遣社員が不正に個人情報を持ち出し、流出させていたと発表した。(2023/10/17)

拝観料DX:
「祈る行為に税金はかけられない」――延暦寺から学ぶ、宗教とキャッシュレス化の難しさ
2019年6月、宗教とデジタルの複雑性について考えさせられる出来事があった。約1000の寺院が加盟する京都仏教会が、拝観料などを電子マネーやクレジットカードで支払う「キャッシュレス化」に反対する声明文を出したのだ。他方で、比叡山延暦寺はキャッシュレス化を進めている。そこに取り組む理由とは何か。(2023/10/11)

インボイス開始「不安尽きない」「企業側も理解していない」 事業者、割れる対応
消費税のインボイス制度開始が10月1日に迫る中、これまで納税を免除されてきた小規模事業主らの対応は割れている。(2023/9/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“1兆円超え”目前のふるさと納税 10月の「改悪」が、自治体にも国民にもデメリットである理由
ふるさと納税のいわゆる「改悪」が10月に施行される。9月内にかけ込み的にふるさと納税の利用者が増えており、関心も高まっている。(2023/9/22)

10月以降「インボイス残業」発生へ 人件費「全国で月3400億円分」増加か LayerX試算
消費税のインボイス制度が10月1日にスタートすると、対応のための新たな業務が発生し、全国で毎月約3400億円の人件費が発生する可能性がある――LayerXがこんな調査結果を発表した。(2023/9/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリン価格が高い! 税金の代わりに“財源”を確保する方法とは
ガソリン価格の高騰が止まらない。庶民の生活にダメージを与えているわけだが、価格を下げるためにどのような手があるのか。(2023/9/15)

労働市場の今とミライ:
ウワサの「サラリーマン増税」の真意 政府はなぜ、転職の活性化に期待するのか
政府税制調査会が検討を打ち出した、退職金増税を含むいわゆる「サラリーマン増税」が国民の不安を招き、大きな注目を集めた。政府はこうした増税案も含む「三位一体の労働市場改革」で、どんな社会を目指しているのか。その真意を人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2023/9/12)

「二重課税の解消を」──JAF、ガソリン価格高騰で政府に声明
ガソリン価格が高騰を続ける中、JAFが政府に対し、ガソリンの小売価格にかける税金などについて再考を求める声明を発表。「自動車ユーザーが到底理解・納得できない仕組みを一刻も早く解消するべき」と訴えている。(2023/9/6)

第5回 建設・測量生産性向上展:
東京国税局 国税実査官が解説!建設業も人ごとではない“インボイス制度”
2023年10月1日に施行される「インボイス制度」は、工事発注側の「仕入税額控除」の処理方法が変わるため、建設業界にも影響を与える。納付する消費税額は、課税売上に関わる消費税額(売上税額)から、課税仕入れなどに関連する消費税額(仕入税額)を引くことで求められる。仕入税額控除の要件には、帳簿と請求書などがあるが、新制度によって請求書に関してはインボイス(適格請求書)の保存が必要となる。(2023/9/5)

Epic Games、PCゲームで“プラットフォーム税ゼロ”施策 独占販売を強化か
米Epic Gamesが、PCゲーム販売プラットフォーム「Epic Games Store」で、販売手数料を条件付きで0%にする施策を始めると発表した。これまでは売上の12%を手数料として取っていたところ、条件を満たすゲームについては全額が販売者に入るようにする。現地時間10月16日に開始する予定。(2023/8/24)

信託型ストックオプション、国税庁の“突然見解”で14億円特損 PKSHA Technology
AIベンチャーのPKSHA Technologyが、第3四半期決算で14億6600万円の特損を計上。国税庁が信託型ストックオプションに関して「給与所得」と見なす見解を発表したことを受け、役職員に代わって追加の源泉所得税を支払うという。(2023/8/15)

導入直前、徹底解説:
フリーランスエンジニアは、インボイス制度とどう向き合えばいいのか
インボイス制度が2023年10月に導入されます。いままで免税事業者であったフリーランスエンジニアにはどのような影響があるのか、今後どのように対応したらよいのか、分かりやすく解説します。現在フリーランスで活躍しているエンジニアの皆さん、今後フリーランスになることを視野に入れている皆さん、そしてフリーランスエンジニアとビジネスを行う可能性のある皆さん必読です。(2023/8/9)

オンライン決済と税務処理を一体化 Stripeが新サービス「Stripe Tax for platforms」を提供
Stripeが「Stripe Tax for platforms」の提供を開始した。決済だけでなく税務処理も自社サービスに組み込んで利用できるようになる。(2023/8/8)

イーロン・マスク氏、「Apple税についてティム・クックと話し合うよ」とポスト
X(旧Twitter)のオーナー、イーロン・マスク氏は、クリエイター収益化改善についてのポスト(旧ツイート)で、いわゆる「Apple税」を軽減するようAppleのティム・クックCEOと話し合うと語った。(2023/8/3)

App Store以外のアプリストアが認められても効果なし? 「サイドローディング」議論の行方
デジタル市場競争会議にて、サードパーティーのアプリストアの解放について議論されています。その主な論点となっているのがApple税ともいわれる30%ほどの手数料です。App Storeの審査基準も透明性がなく、手数料と合わせてイノベーションを阻害しているというのがデジタル市場競争会議の意見です。(2023/7/28)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】旅費交通費の精算、注意すべきポイントは?
旅費交通費の精算、注意すべきポイントは?──インボイス制度の中身(仕入税額控除編)をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2023/7/21)

ベンチャー財務やSaaS経営者に衝撃 税処理ひっくり返った「信託型SO」とは何か? 専門家に聞く
国税庁が示した見解により、信託型SOを巡る税処理が大きく変わり、企業の金銭的・事務的負担が増える可能性がある。影響を受けたスタートアップにはどんな負担がかかるのか。(2023/7/4)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】クレカ決済の経費、明細書で処理できますか?
クレカ決済の経費、明細書で処理できますか?──インボイス制度の中身(仕入税額控除編)をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2023/6/27)

税金を重複納付できるバグ? 「地方税お支払サイト」で 過払い3000万円
地方税共同機構は、「地方税お支払サイト」で、不具合により税金の重複納付が発生したとして謝罪した。636件で合計約3000万円が本来支払うべき額に加えて過剰に納付された。(2023/6/16)

産業動向:
年金受給者が対象、老後の住まいと大規模修繕に関する実態調査
カシワバラ・コーポレーションは、老後の住まいを考えるきっかけづくりが目的の「老後の住まいに関する実態調査」を、全国の年金受給者を対象にインターネットで実施した。2023年4月の税制改正におけるマンション長寿命化促進税制の創設を受け、「大規模修繕に関する実態調査」も併せて行った。(2023/6/16)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
信託型ストックオプション「最大55%課税」でスタートアップが悲鳴 抱えていた“2つの欠陥”
スタートアップが優秀な人材獲得の一助にしている「信託型ストックオプション」。国税庁が原則として給与所得と見なすと発表したことで重税が懸念され、スタートアップが悲鳴を上げている。(2023/6/2)

生前贈与に関する税制改正、「知らない」が約7割
ベンチャーサポート相続税理士(東京都中央区)は、全国の60代以上の親を持つ男女1017人を対象に「生前贈与」に関する調査を実施した。「令和5年度税制改正大綱」の生前贈与に関して「知っている内容はあるか」聞いたところ、「この中に知っている改正内容はない」と回答した人は67.9%だった。(2023/5/31)

少子化加速の危険性も?:
社会保険料も「税」である
社会保険料も「税」である。社会保険料の引き上げによって少子化が加速する可能性も。(2023/5/24)

日本企業の6割が法人税ゼロの現実 「ゾンビ企業」対「赤字企業」
「ゾンビ企業」が増えている。日本経済にとっての問題は、ゾンビ企業以上に「日本の企業の6割が法人税を納めていない点」にあるのではないか? (2023/5/19)

インボイスQ&A:
【インボイス制度の一問一答】適格請求書を受領した際、確認すべきことは?
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)が令和5年(2023年)10月1日に導入されます。インボイス制度の中身(仕入税額控除編)をQ&A形式で解説します。筆者は税理士の山口拓氏。(2023/5/18)

「ゆうちょ通帳アプリ」でATMの入出金や各種払込が可能に
ゆうちょ銀行が「ゆうちょ通帳アプリ」の機能を拡充。払込書をカメラで読み取る各種払い込みやQRコードでの税公金の納付、ATMでの入出金に対応する。(2023/5/16)

スマホ決済で請求書払い、どのくらいの人が知っている? MMDの調査より
MMD研究所が「請求書払いとeL-QR(地方税統一QRコード)に関する調査」の結果を発表。請求書で支払っている料金や税がある人は57.5%で、スマホ決済で支払えることの認知は43.1%となった。(2023/5/12)

個人事業主348人に聞く:
確定申告で困ったこと 3位「会計ソフトの使い方」、2位「税法の理解」、1位は?
弁護士ドットコム(東京都港区)は、個人事業主348人を対象に「確定申告に関する調査」を実施した。(2023/5/11)

加熱式が狙い撃ち:
たばこは課税の理解を得やすい“財政物資”か フィリップ モリス ジャパン副社長に聞く
防衛費増額の財源を賄うための増税などにより、たばこは1本相当で3円ほど引き上げられる。し好品を販売している企業に対しては厳しい視線が注がれる。フィリップ モリス ジャパン副社長に税負担について聞いた。(2023/5/12)

厳しさ増す経営環境:
たばこ税、防衛財源で“また”増税 フィリップ モリス ジャパン副社長の見解は?
防衛財源を確保するために再びたばこが増税され、値上げされる見通しだ。たばこ1本相当で3円ほど引き上げられる。フィリップ モリス ジャパン副社長に、課税対象になった立場としての事情を聞いた。(2023/5/11)

川口春奈、盗撮被害に「やはりいい気分ではない」 苦言投稿に怒りや心配の声続々「有名税一言では片付けられない」
「みんなが幸せに静かに穏やかに暮らせればそれだけでいい」(2023/4/27)

Apple対Epic訴訟、控訴裁はほぼApple支持も反ステアリング規則は違法との判決
いわゆるApple税を巡るAppleとEpicの訴訟で、控訴裁はAppleの主張をほぼ認める判決を支持。ただし、「反ステアリング規則」は違法とした。これにより、開発者はApp Store以外での支払いオプションを表示できるようになる見込みだ。(2023/4/25)

d払い、請求書払いで500万ポイント山分けキャンペーン
NTTドコモは、4月18日〜6月30日に「d払いの請求書払いをご利用でdポイントが必ずもらえる!500万ポイント山分けキャンペーン!」を開催。4月17日から地方税統一QRコード「eL-QR」に対応している。(2023/4/18)

楽天ペイの請求書払い始まる ポイントで税金も支払い可能 ただし上限金額は30万円
楽天ペイメントは4月17日、楽天ペイによる請求書払いサービスを開始した。電気、ガス、水道などの公共料金のほか、地方税統一QRコード「eL-QR」に対応し、固定資産税などの地方税が支払える。(2023/4/17)

楽天ペイ、決済上限額を10万円から50万円に拡大 地方税支払いへの布石か?
楽天ペイは4月11日に規約を改定し、楽天ペイで1回に支払える金額の上限を、従来の10万円から最大50万円に拡大した。うち、楽天ポイントの利用はダイヤモンド会員以外は3万円としている。(2023/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。