ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「税金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!税金→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で税金関連の質問をチェック

専門家のイロメガネ:
iDeCoの改正で逆に格差は拡大する?
私的年金である個人型の確定拠出年金、iDeCoに全ての会社員が加入できるように改正されると報じられました。iDeCoには大きな節税メリットがあるため、一見、会社員にとっては朗報と思えますが、いくつか落とし穴があることには注意が必要です。(2019/8/21)

GfKジャパンが2019年上半期の家電/IT機器販売動向を発表、PCの買い替え需要増す
GfKジャパンが8月14日に2019年上半期の家電とIT市場の国内販売動向に関する調査結果を発表した。PCは消費税増税やWindows 7サポート終了を控えていることもあり、買い替え需要がさらに増している。プリンタは、インクタンクを搭載した高単価な製品が伸長した。(2019/8/14)

GDP速報値 市場予測上回るも、「本当に厳しいのは10〜12月」
 4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、個人消費や設備投資など内需の堅調さを支えに3四半期連続のプラス成長を確保し、市場の事前予測を上回る強い結果だった。ただ、原動力の一つとなった個人消費は改元に伴う10連休など一過性の要因で押し上げられた側面もある。景気の先行きについては、10月に控える消費税増税後の消費動向が懸念されるほか、泥沼化する米国と中国の対立が企業の設備投資意欲などに影を落としかねない。(2019/8/9)

特に小売業に課題:
消費増税、約半数の企業が「対応できていない」 問題のある業務は?
アドビシステムズが「消費税増税に伴う業務に関する実態調査」を実施。増税に向けた業務対応の進捗について聞いたところ、半数近い企業でまだ対応ができていないことが分かった。(2019/8/7)

紙巻きや加熱式などで10月から:
JT、消費増税で115銘柄の価格改定を申請 「セブンスター」「メビウス」など10円値上げ
日本たばこ産業が、消費税増税に向け、たばこ製品115銘柄の価格改定を財務省に申請。申請が通れば、「セブンスター」や「メビウス」など115銘柄が1箱10円値上げされる。(2019/8/6)

ふるさと納税、トップの泉佐野市は250万件・498億円集める 控除額トップは横浜市の137億円
ただし、上位4市町は新制度から除外されました。(2019/8/2)

イメージキャラクターに山本美月さん:
10億円でクラウド会計乗り換え促進 マネフォがキャンペーン
消費税増税に伴う軽減税率制度開始をチャンスと捉え、クラウド会計サービスを提供するマネーフォワードは、新規利用企業に総額10億円を支給するキャンペーンを始める。(2019/7/31)

製造マネジメントニュース:
CMOSイメージセンサーはAIで成長を持続へ、車載向けの量産も開始するソニー
ソニーは2019年7月30日、2020年3月期(2019年度)第1四半期の決算を発表した。第1四半期の業績は、売上高は前年同期比1%減の1兆9257億円と減収となった。また、収益についても、営業利益は同18%増の2309億円、税引前利益は同26%減の2310億円、四半期純利益は同33%減の1521億円と、営業利益を除いて減益となり、やや苦戦した結果となった。(2019/7/31)

PR:消費税増税前、OS/Officeサポート終了……「そのうち買う」なら今がいい! 買うべきPCはこれだ!!
消費税が8%→10%に増えると、PCや家電など高価な買い物ほど影響が大きい。特にPCは2020年1月にWindows 7の延長サポートが終わるというトピックもあり、まさに買い替え時を迎えている。(2019/7/30)

10月1日から公衆電話の通話料が値上げ 増税の影響で
NTTコミュニケーションズは2019年10月1日からの増税に伴い、公衆電話から加入電話等への10円での通話可能時間を短縮し、実質値上げする。(2019/7/23)

公衆電話も消費税アップ分を転嫁 10円でかけられる時間、1.5〜0.5秒減る
区域内の場合、10円でかけられる時間は5年で4秒減ることになります。(2019/7/22)

今日のリサーチ:
消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。(2019/7/19)

消費税増税で10月から:
日本郵便、郵便料金を変更 通常はがきは1円、レターパックは10円値上げ
日本郵便が、消費税増税に伴い郵便料金を10月1日から値上げすると発表した。(2019/7/9)

郵便料金、10月から値上げ発表 新デザインの切手も登場
消費税増税分を転嫁する措置です。(2019/7/9)

今日のリサーチ:
消費増税で子育て世代は駆け込み需要よりも「スマートでお得」重視?――オウケイウェイヴ調査
2019年10月に予定されている消費税増税を前に、最近の消費者の行動や意識について「OKWAVE」の投稿やその属性データなどから特徴を分析しました。(2019/7/4)

SMSで納税催告、東京都がスタート 「お伝えしたいことがあります」などメッセージ
東京都主税局が、携帯電話のSMSを使って納税催告。仕事などで日中電話に出られなかったり、訪問しても不在の納税者にSMSで催告することで、連絡手段を拡充する。同時に、SMSを使った振り込め詐欺にも注意を呼び掛けている。(2019/7/3)

消費増税で結婚が増える? 5人に1人が駆け込み結婚
結婚を予定している男女への調査によると、消費税増税が結婚のきっかけとなるとした人が5人に1人にのぼった。(2019/6/28)

新卒2年目、手取りが減った……!? 最低知っておきたい「住民税」のこと
ギョっとしましたね……(遠い目)。(2019/6/25)

消費税増税の負担、20〜40代女性を直撃 博報堂調査、対策は「外食控えて自炊」「副業で収入増」が上位
守りと攻めで増税対策する意向。(2019/6/17)

G20が最終リミットか:
それでも、くすぶる「消費増税延期」論
政府は5月下旬の月例経済報告で「緩やかに回復」の表現を維持した。このため、政府・与党内では予定通り10月に消費税率が10%に引き上げられるとの見方が強まり、金融市場でも増税延期待望論はしぼんだ。それでも延期論はくすぶり続けている。(2019/6/11)

全社員が無関係ではない
間もなく開始の「軽減税率」、情シスも経理部も事業部も対策は万全か?
軽減税率は全ての企業活動に影響する重要事項であるにもかかわらず、対策がいまだ十分になされているとはいえない。制度スタートまでに対策を講じておくべきポイントをまとめた。(2019/5/28)

泉佐野市、ふるさと納税で返礼率70%「最後の大キャンペーン」 Amazonギフト券40%コースも
申し込みは5月31日までなので注意。(2019/5/27)

「現金志向」の日本 キャッシュレスで訪日客増期待
 政府は10月の消費税率引き上げ時に中小事業者での買い物やサービス利用に対し、クレジットカードや電子マネーといった現金以外のキャッシュレスで決済した場合、代金の原則5%を消費者に還元する制度を導入する。(2019/5/23)

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準
シャープがスマートホームサービス「COCORO HOME」を発表した。IoT家電同士の連携に加え、秋にはセコムやKDDI、関西電力などと協力し、食材の宅配や家事代行などの生活サービスを追加する。(2019/5/20)

ふるさと納税「除外は驚き」 アマゾンギフト券上乗せ中の大阪・泉佐野市
6月に始まる「ふるさと納税」の新制度から除外されることになった大阪府泉佐野市は14日、「非常に驚いている。なぜ参加できないのか、理由・根拠を総務省に確認し、判断が適切なのかどうか考えたい」とするコメントを発表した。(2019/5/15)

自動車税をLINE Payで支払ってみた Pay-easyより楽チンで手数料もなし
自動車税をLINE Payで支払ってみた。金額的なメリットはないが、煩雑な文字入力などがなく便利だ。(2019/5/14)

製造マネジメントニュース:
ソニー決算は税引前利益が初の1兆円超え、半導体は1000億円の設備増強を検討
ソニーは2019年4月26日、2019年3月期(2018年度)の業績について発表。営業利益、税引前利益、純利益ともに過去最高を更新。税引前利益では初の1兆円超えとなる好業績を実現した。(2019/5/1)

空港などの「免税店」はなぜ安く買えるのか?
そういえばなんで?(2019/4/27)

ロボアドに税金の自動最適化機能 THEOの独自性はどこか?
税金の自動最適化機能をTHEOが6月から提供開始する。ロボアドバイザーではリバランスに伴い税払いが発生することが多いが、それを最適化する仕組みだ。競合のWealthNaviも税の最適化機能を提供している。(2019/4/19)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済もOK、補助金も受けられるモバイルPOSは? 主要サービスを紹介
個人店や小規模店舗であればmPOSの導入が効果的であり、mPOSサービス各社は決済サービスへの登録申請も代行してくれる。消費税増税に伴う軽減税率対策の補助金を受けるには、指定のレジを購入する必要がある。ここでは、軽減税率対策補助金に対応した主要なmPOSサービスを紹介したい。(2019/4/18)

「イートインで食べる」の申し出で10%、申し出ナシなら8% 軽減税率の扱い、コンビニ各社共通の方針固める
申し出なくても、イートインの使用禁止には当たらないそうです。(2019/4/17)

景気を冷やさないモデルケースを:
「6兆円の消費税対策」の効果は? 税率10%まで半年、“成功体験”にできるか
10月に予定される消費税率10%への引き上げまで、半年を切った。過去に5%と8%に引き上げた際は消費や成長率の下押しを招いており、今回、政府は6兆円を超える手厚い対策を講じている。消費税率を引き上げても、景気を冷やさないモデルケースをつくり、消費税増税の“成功体験”にできるかが問われている。(2019/4/9)

GAFAへの反発、世界で広がり 日本でもGoogle申告漏れ指摘
GAFAの課税逃れには世界各国で反発が広がっている。日本でも東京国税局が米グーグルの日本法人が利益をシンガポールに移していたとして、約35億円の申告漏れがあったと指摘していたことが1月に判明。収益が巨額にもかかわらず低税率国に利益を集め節税しているGAFAは、本来払うべき税金を払わず、高税率国のインフラにただ乗りしているとの批判にさらされている。(2019/4/8)

縮減率は平均66.8%:
RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験
東京都は、RPAによる作業自動化の共同実証実験結果を発表した。主税局やオリンピック・パラリンピック準備局などの29業務を対象に実施した結果、25業務で年間換算438時間の縮減効果が得られたという。(2019/4/1)

PR:軽減税率の対策もOK、POSレジアプリ「Airレジ」を導入すべき理由
現在、8%の消費税率は、2019年10月1日から10%に上がることが決まっている。そうした影響の緩和策として計画されているのが「軽減税率制度」だ。この軽減税率制度に対応した、リクルートライフスタイルのモバイルPOSアプリ「Airレジ」の魅力を紹介する。(2019/3/29)

政官学とメディアを覆っている?:
増税「空気」を吹き飛ばせ 消費税10%で自滅の恐れ
家庭でも職場でも「空気を読めない」と俗世間は渡り難いが、国家は別だ。政策が「空気」で決まるようなら、その国は自滅しかねない。消費税増税はどうだろうか。10月に税率を10%に引き上げるべきという「空気」が政官学とメディアを覆っている。(2019/3/25)

高齢者支援が重荷に:
「見えない増税」に注意! 健保組合の保険料が10年で10万円アップ
日本の医療保険制度を支える健康保険組合の経営悪化が進行している。健康保険組合連合会が昨年末に発表したデータによると、平成29年度は加盟約1400組合のうち4割以上が、支出が収入を上回る赤字状態となった。背景にあるのは高齢者向け医療費の慢性的な増加で、健康保険に加入する現役世代が高齢者の医療費を支える構図が強まっている。こうした中、加入者が負担する保険料はこの10年で10万円も上がり、手取り収入は押し下げられる一方だ。日本経済は緩やかな回復基調が続いているというが、消費者(加入者)の負担感は当面拭えそうにない。(2019/3/13)

これからのAIの話をしよう(データ編):
“数字に弱いニッポン”、統計不正で露わに 「データの歪み」なぜ放置? 国会議員×元日銀マンが斬る
続々と問題になる、政府による統計不正。厚生労働省の「毎月勤労統計」の報道を皮切りに、データをめぐる諸問題について、エコノミストの鈴木卓実さんと立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が議論した。(2019/3/13)

リテールテックJAPAN2019:
低コストで軽減税率対策とスマホ決済を実現 レジアプリ「あっと決済」
ビジコムが、シンプルなレジアプリ「あっと決済」を3月1日に提供開始した。軽減税率対策やキャッシュレス決済へ手軽に対応できる。利用料金や月額料金はかからず、店舗側は端末代や決済手数料のみを負担する。(2019/3/5)

モバイル決済で店舗改革:
タブレットやスマホがレジ端末に “軽減税率”対策でも注目したい「mPOS」
お店のキャッシュレス化において、必須となるのが対応するレジだ。現在、レジの買い替えは千載一遇のチャンスでもある。そうした中、注目したいのが「モバイルPOS(mPOS)」と呼ばれるPOSシステムだ。(2019/3/5)

INFOBAR xvの「SIMピン」単体販売がほぼ確定 2個入りで600円(税・送料別)
久々のau Design project端末として登場した「INFOBAR xv」。その本体に付属する「SIMピン」がauオンラインショップで単体販売されることがほぼ確定した。価格は2個セットで600円(税・送料別)だ。(2019/2/21)

納税も電子地域通貨「さるぼぼコイン」で 納付書をアプリで読み取るだけ――岐阜・飛弾市で2019年4月から開始
岐阜県飛騨・高山地域の電子地域通貨「さるぼぼコイン」が、2019年4月から公金の納付に対応。飛騨市の市県民税、国民健康保険料、水道料金などを、専用スマホアプリで支払えるようになる。支払いのために市役所窓口やコンビニエンスストア、金融機関に出向く必要がなくなり、市民の利便性が向上する。(2019/2/22)

「F-REGI 公金払い」活用:
大阪市、Apple Payで納税可能に 全国の自治体で初
地方自治体の税金支払いでもキャッシュレス化が進む。コンビニ収納用のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取り、Apple Payで税金などが支払える自治体が登場。(2019/2/14)

キャッシュレスポイント還元実施で:
女性の3割が、現金派からキャッシュレス派に転向
10月に10%に引き上げられる消費税への対策として、キャッシュレス決済にポイント還元を行う見通しだ。女性の多くが、これを機にキャッシュレスに積極的になるかもしれない。(2019/2/8)

製造マネジメントニュース:
ソニーの3Q決算は“実質”減収減益も、2020年代見据えた攻めの布石
ソニーは2019年3月期(2018年度)第3四半期の決算を発表。第3四半期(単独)の業績は、売上高は前年同期比10%減の2兆4018億円、営業利益は同7%増の3770億円、税引前利益は同1%減の3405億円、四半期純利益は同45%増の4290億円と減収増益となった。(2019/2/4)

軽減税率制度の認知は9割超、準備の必要性も5割超に リクルート調査から
POSレジアプリ「Airレジ」を提供するリクルートライフスタイルは、小規模店舗を対象に実施した「消費増税・軽減税率制度に関する店舗の意識調査」の結果を発表。軽減税率制度について94.1%が「知っている」と回答し、準備状況については制度を認知している店舗の50.3%が必要性を感じていると答えた。(2019/1/18)

小売・流通アナリストの視点:
庶民と金持ちの格差広がる 消費税増税のポイントは景気対策ではない!
2019年10月に消費税が10%に引き上げされる。これがなぜ景気の落ち込みにつながるか? 増税すれば消費者の財布から消費の原資を奪うのは当然だが、最大の理由は消費税の所得逆進性にあるのだ。(2018/12/20)

19年10月実施予定:
軽減税率の「内容理解している」人は4割未満 増税後は8割以上が「買い控え」
マーケティングリサーチのインテージは12月18日、2019年10月に10%へと引き上げられる消費税増税に関する意識調査の結果を発表。増税と同時に実施される軽減税率について「内容を理解している」人は36.2%にとどまることが分かった。(2018/12/18)

名義預金に太陽光パネル……:
よくある相続税のトラブル事例とは
知っているようで知らない「相続税」。気になるのは「相続税のトラブル例」だ。実際にある事例を聞くことで、事前の対策がより万全に行えるかもしれない。(2018/12/17)

「いつものお店が使えない」といったことも
税理士が解説 あまり話題にならない「軽減税率の落とし穴」とは
軽減税率制度の開始を前に「入念に準備しないと大変なことになる」と税理士が心配することとは何だろうか? 企業は何に備えるべきなのかを聞いた。(2018/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。