ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「卒業旅行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「卒業旅行」に関する情報が集まったページです。

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ
みんな気合い入りまくり。(2020/1/12)

タビジョのスマホ街ある記(南イタリア編):Huawei「P30」と「P30 lite」で撮り比べ!
特にカメラが詳しいわけでもないとある旅好きのITmediaスタッフが、有給休暇で旅に出てひたすらスマホカメラで写真を撮り、その旅を紹介するだけの不定期連載です。今回使ったのは「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」。個人でP30 liteを使っているのだけど、P30を使う機会にも恵まれたので、撮り比べをしてみた。(2020/1/9)

古田雄介の週末アキバ速報:
Windows 7卒業で肉カード、4TB SSDで寺院巡り――謎コラボキャンペーンが続々!
冬のボーナス商戦が始まり、年末から年明けにかけてメーカーや代理店も絡んだ積極的なキャンペーンが動き出している。自作PCと関係あるものから無いものまで、とりあえず得しておこうぜ!(2019/12/14)

「混雑してないから遊び放題」 志摩スペイン村の自虐サイト話題に 広報「自虐のつもりはなかった(笑)」
映り込む人がいないからインスタ映えもしやすい――三重県志摩市のテーマパークのキャンペーンが「振り切っている」と話題に。(2019/2/14)

タイヤでかすぎ、ベンツに和室にレンジローバー 「魔改造ジムニー」オートサロンに集結
ジムニーの改造ベース車っぷりは日本一ぃぃぃ。(2019/1/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ヒップをきれいに見せたい女性が増加 「ブラジリアンビキニ」ブームの真相
露出度が高く、ヒップを美しく見せるブラジリアンビキニがブームになっている。縮小を続けた女性の水着市場も底を打ったとみられているが、背景には何があるのだろうか。ブームの仕掛け人に聞いた。(2018/9/25)

中小・Uターンは減少:
18年卒の内定率、過去最高の92.7%
18年3月卒業予定の学生の内定率は92.7%で、過去最高を更新した――人材採用コンサルティングのディスコ調べ。(2017/10/24)

夏目幸明の「経営者伝」:
組織を引っ張るためには「夢を語るしかない」
自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち。彼らはどのように困難を乗り越え、成功を手にしたのか。前回に引き続き、経済ジャーナリストの夏目幸明氏がマクロミルの創業者、杉本哲哉氏のエピソードをお伝えする。(2017/8/15)

プロエンジニアインタビュー(5):
教えて! キラキラお兄さん「どうしたらシリコンバレーでエンジニアとして働けますか?」
米国在住15年、シリコンバレーでエンジニアとして働く@elcaminoreal255さん(エル氏)は、「生涯プログラマーを貫くなら、シリコンバレーがオススメ」と言う。エル氏がそう考える理由、そして米国のエンジニアの日常とは――?(2017/6/19)

DMP成功まで、あと1センチ(12):
データ分析の結果を、どうビジネスに生かすのか
DMPで顧客の傾向やビジネスのタネを見つけたものの、ここで他社と同じような施策に走ってしまっては、その効果も半減してしまうでしょう。今回は、DMPを用いた具体的な施策についてのお話です。(2017/4/7)

アップルPickUp!:
歓送迎会で喜ばれる! 春の出会いと別れがよりエモくなる方法
ひと味違うメッセージを演出。(2017/3/23)

PR:ビジネスマンや就活生は要注目! 「日経電子版+SIM」がお得な理由
新生活を前にして、新聞の購読を検討しているユーザーも多いだろう。そんな人にオススメなのが、ケイ・オプティコムの「日経電子版+SIM」。日経電子版と5GBまたは10GBの通信量がセットになっており、新聞をお得に読める。その詳細を見ていこう。(2017/3/8)

週刊「調査のチカラ」:
「社長の年齢」別で見る企業の業績 黒字企業の社長は40代が最多、赤字企業は?
年配者の人生経験か、若者の自由さか。若者と大人、世代による違いに戸惑うことありますね。今回の週刊「調査のチカラ」は世代による違いに注目したまとめをお届けします。(2016/2/13)

テレビ史上初! 「けいおん!」全シリーズをノンストップ24時間一挙放送決定! CS「TBSチャンネル2」で
映画版も惜しみなく放送!(2016/1/17)

ヤンマガ37・38合併号で『みんな!エスパーだよ!』『砂の栄冠』完結
巻頭カラーは『代紋TAKE2』『モンタージュ』などで知られる渡辺潤さんの新連載『クダンノゴトシ』。(2015/8/10)

Weekly Access Top10:
今日のお昼ごはんの写真を10年後に見るかもしれない
スマートフォンで撮った写真はひたすらストレージにためていますが、10年経った時一体どんな感想を持つのでしょうか……。(2015/6/1)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第29回:
“四者四様”の恋愛模様が奇跡の連鎖を起こす オムニバスマンガ「今日の恋のダイヤ」の秀逸な構成にうなった
月が変わって、季節はもう秋ですねえ。女心と秋の空……そんなわけで女心をテーマにした大人向けのマンガをご紹介します。(2014/9/5)

転職者の3人が“転職旅行”――市場規模は?
旅行の口コミサイトを運営するトリップアドバイザーは、これまであまり話題にされてこなかった人生の節目の旅「転職旅行」の実態を調査し、その結果を発表した。(2014/7/31)

キャリアニュース:
卒業旅行よりも利用者は多い? 転職者の35%が“転職旅行”を経験
トリップアドバイザーの調査によると、「転職する際に、休暇を取れた」のは79%。そのうち、45%が「転職旅行へ行った」という。(2014/7/30)

「転職旅行」のススメ 卒業旅行よりも大きな市場だった
旅行会社は転職者向けの企画とかどうですか?(2014/7/18)

卒業旅行で人気の行き先、圧倒的に「国内」が多数派
長期休暇が取得できる最後のチャンスかもしれない卒業旅行。人気の旅行先はどこだろうか? エクスペディア ジャパン調べ。(2014/3/4)

本屋探訪記:ノマドを語るなら東京西荻窪にある「旅の本屋のまど」に行け
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は西荻窪の「旅の本屋のまど」を紹介する。(2014/2/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/27)

卒業旅行のプランは? 「パッケージ型」の若者、「自分たちで企画」の中高年
あなたが行った卒業旅行のプランは、どのような形式ですか? 学生時代に卒業旅行へ行った20〜60代のビジネスパーソンに聞いた。ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ調べ。(2014/1/15)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
就活生がこの時期にやるべき、たった2つのこと
12月1日、就職活動が解禁になりました。リクナビやマイナビといった就活サイトがオープンし、焦っている学生もいるでしょう。でも、焦っても仕方がありません。就活生がまずすべきこととは……?(2013/12/2)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
この時期に内定が出ない就活生の「敵」とは?
昨年12月1日に就活が解禁されて約半年。2014年卒予定の学生達の就職活動は、そろそろ終盤戦です。あなたの身の回りに、今の時期にまだ内定が出ておらず苦しんでいる就活生はいませんか?(2013/6/3)

【ガガガ文庫】3月の新刊情報
ガガガ文庫3月の新刊も要チェックです。(2013/3/21)

ゆるキャラ「やなな」引退へ 新潟での“卒業旅行”をライブ配信
引退が決まっている、岐阜市柳ケ瀬商店街非公式キャラクター「やなな」が卒業旅行で新潟へ。新潟のご当地キャラ「レルヒさん」とともに湯沢高原スキー場を訪れ、スキーなどにチャレンジする。配信は3月21日13時30分〜。(2013/3/19)

【日本三大奇祭】参加者がただひたすら悪態をつきまくる奇祭「悪態まつり」に潜入してきたぞばかやろー!
無言の天狗に飛び交う罵声。こ、この祭りは一体……!(2012/12/18)

ペロペロ(^ω^):
映画「けいおん!」“聖なる夜”に地上波初放送決定!
やったああああああああああああああああああああああ!(2012/11/22)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
就活は大変! なのに「就活が大好きな就活生」がいる不思議
10月1日。多くの企業で内定式が行われ、最近では内定が出た学生たちがSNSのプロフィール欄を一斉に書き替える日です。就活は終わった……しかし中には、さらに就活を続ける学生がいます。なぜなら彼らは「就活が大好き」だからなのです。(2012/10/1)

バーゼルワールド2012訪問記:
腕時計ファンが押し寄せて街のキャパシティを超えるバーゼルワールド、取材の拠点は隣国ドイツ?
世界最大級の腕時計の祭典「バーゼルワールド」。開催期間中、バーゼルの宿泊施設はどこも予約で満員。筆者は毎日、隣国のドイツから特急で通うのだった。(2012/3/22)

「けいおん観光」付き:
「けいおん!」ロンドンツアー第2弾 間もなく販売開始
「けいおん!」劇場版のイメージツアー第2弾が間もなく発売。映画に登場するシーンを歩く「けいおん観光」付きだ。(2011/12/27)

映画「けいおん!」とコラボしたJALのフィンランド&イギリスツアー登場
映画「けいおん!」とコラボした、JALのWeb限定海外ツアーが登場。琴吹紬の別荘があるフィンランドと、キャラが卒業旅行に行くロンドンを巡る。(2011/11/1)

タダで世界一周旅行してみませんか?――ただしキョーレツなホテルで
トリップアドバイザーは学生を対象に、世界一周の旅行をプレゼントする。ただし宿泊するのは“汚いホテル”ばかり。旅行者からは「もはや人が泊まる場所ではない」といった“怒り”が立ち込めるホテルとは、一体どんなところなのだろうか。(2011/1/26)

コンパクトデジカメ販売ランキング(2010年6月21日〜27日):
「IXY 30S」急伸、裏面照射CMOSは新たなヒットか
キヤノン「IXY 30S」もランクインし、ぐっとバリエーションが増えた裏面照射型CMOSセンサー搭載デジカメ。今後も採用製品は増えそうだ。(2010/7/5)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「東方見文録」弾幕系じゃない方の“東方”
連載第83回は「東方見文録」。ナツメのファミコン参入第1弾でしたが、カルトな展開のアドベンチャーゲームとして、翌年発売の「アイドル八犬伝」と並び称される存在でした。エンディングも衝撃的。(2010/3/2)

最強フレームワーカーへの道:
2010年、計画の立て方は石川遼くんに学ぶ
新年になり、読者のみなさんもいろんな計画を立てていることかと思います。こうした計画立案は、わたしたちにとっては日常的なことですが、大人顔負けの計画を立案し、卒業文集で宣言している小学生がいました。それはプロゴルファーの石川遼選手です。(2010/1/12)

アニメが「命を吹き込んだ」――未来の“N”端末「ノブレス携帯」誕生の秘密
Production I.G制作のアニメ「東のエデン」に登場する“近未来感あふれるケータイ”は、実はNEC製だった――。バイク乗りのための携帯として作られたモックアップは、いかにして“アニメのキーアイテム”になったのか? NEC担当者も驚く精巧な作画で“命”を得た「ノブレス携帯」の秘密を探る。(2009/5/21)

惜しいけど……違う
先週のアクセスランキング1位には、アニメ「けいおん!」の話題がランクイン。実は、乙女も最近はまっているアニメがあるのです。(2009/5/18)

データベース専門の学習管理サービス:
内定者を遊ばせない! DB資格取得の支援サービス
(2008/10/2)

卒業関連サイトでビジター増、3月の国内Webサイト調査
春休みのため、オンラインゲームサイトのビジターも増えた。(2008/5/8)

EZweb向け電子書籍配信サービス「徳間書店モバイル」が登場
(2007/2/8)

MS Live Searchの「2006年検索王」はロナウジーニョ
Yahoo!の検索女王ブリトニーを抑え、Windows Live Searchではロナウジーニョが検索王に輝いた。(2006/12/15)

いち早く検証し、データベース(DB)を業界標準サーバへ移行
Eコマースサイトのパフォーマンス向上を通じ多様化する顧客化の旅行ニーズにこたえる
国内・海外のパッケージ・ツアーの申し込みから、ホテルや航空券のオンライン予約まで、あらゆる旅行ニーズに対応していく基盤として、JTBは会員制のオンライン予約サービス「JTB INFO CREW」を展開している。急増する会員に対して豊富な旅行情報を高いサービスレベルで提供し、24時間365日の安定運用を実現するため、DBサーバのマイグレーションを目的とするITインフラの再構築に踏み切った。(2006/10/30)

電子辞書を持って海外旅行へ行こう(1):
ハードウェアから“海外旅行用辞書”を考える
勉強や調べ物のみならず、海外旅行の時にも強い味方になる電子辞書。どんなモデルを持っていけば旅先で活用できる?(2004/12/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。