ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギリシャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギリシャ」に関する情報が集まったページです。

PR:伝説のバズレシピ「ドライマンゴー×ヨーグルト」を超えられるか? 明治ブルガリアヨーグルトの「腸いい足しレシピ」が至高
店で出せるレベルでおいしい。(2019/10/11)

事前コンパイルで高速起動
Facebookがモバイルアプリ用JavaScriptエンジン「Hermes」を公開
Facebookは、JIT(Just In Time)よりも高速にアプリが起動するAOT(Ahead Of Time)を採用したJavaScriptエンジンをオープンソースで公開した。(2019/10/11)

スピン経済の歩き方:
「日本経済が成長しないのは、中小企業が多いから」は本当か
少子化に歯止めがかからない。出生数は90万人割れが確実となっていて、これは推計よりも早いペースだという。このままだと日本経済がさらに悪くなりそうだが、“治療法”はあるのだろうか。筆者の窪田氏は「中小企業改革」を挙げていて……。(2019/10/8)

「手塚治虫AI」爆誕! 漫画の神様が「TEZUKA2020」として現代に蘇る
AIが執筆した漫画は2020年公開予定。(2019/10/1)

ブランドカラーも一新:
東芝メモリ、新社名「キオクシア」のロゴ発表
 東芝メモリは、2019年10月1日付で社名を「キオクシア」に変更するのを前に、9月30日、東京都内で報道関係者向けの説明会を実施。新たなロゴやコーポレートカラーなどを発表した。(2019/9/30)

「Creepy Nuts」DJ松永、DJの世界大会で優勝 “世界一のDJ”に祝福の声「有言実行し続けてまじでかっこいい」
有言実行! おめでとうございます!(2019/9/29)

ミッキーがとらわれの身に! ディズニーシーハロウィーンのハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」の見どころレポート
一緒に踊って楽しみたい!(2019/9/19)

頭頂部をツルツルにする“ザビエルハゲ”は薄毛じゃないし、「ザビエル自身はフサフサだった説」もある【漫画版】
教科書のあの絵画は一体……。(2019/9/12)

『地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する
旅は人を詩人にする――。(2019/9/1)

【ナニコレ?】「3つの点が人の顔に見える現象」の、なんだか覚えにくい名前
(2019/8/28)

【ナニコレ?】意外と知らない「東京タワー」の正式な名前
(2019/8/24)

【ナニコレ?】ひじの先の「ぶつけるとめちゃくちゃしびれるアソコ」の名前
(2019/8/21)

「バッファオーバーフロー攻撃」を知る【前編】
知っておきたい「バッファオーバーフロー攻撃」とは? 主要な4種を紹介
メモリに許容量以上のデータを送り込む「バッファオーバーフロー攻撃」にはさまざまな種類がある。主要な4種類について、それぞれの特徴と攻撃手法について説明する。(2019/8/21)

美しいだけの国 ――東京レッドライン:
少女娼婦の不協和音 切り離された肉体が汚れてもお前は完璧に美しい Lv. 近衛りこ
アレキサンドライト――#5。(2019/8/18)

【ナニコレ?】炭酸用ペットボトルの底の「花びら型の形状」を表すかっこいい名前
(2019/8/17)

【ナニコレ?】「お盆に飾る、キュウリやナスで作った動物」の名前
(2019/8/13)

【ナニコレ?】ご祝儀袋で使う「壱、弐、参」などの難しい漢数字の名前
(2019/8/9)

5Gと健康被害【最終回】
5G導入に反対する市民運動「われわれはモルモットではない」
人体への深刻な悪影響はないという調査結果に基づき、各国各地で5Gの導入や実証実験が進められている。一方でこれに反対する市民運動により導入を中止した自治体もある。進歩と停滞、どちらを選ぶべきか。(2019/8/9)

5Gと健康被害【最終回】:
5G導入に反対する市民運動「われわれはモルモットではない」
人体への深刻な悪影響はないという調査結果に基づき、各国各地で5Gの導入や実証実験が進められている。一方でこれに反対する市民運動により導入を中止した自治体もある。進歩と停滞、どちらを選ぶべきか。(2019/8/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(141):
変なアイコン、変な名前だからって、マルウェアだと決め付けないで!
Windows 10をシャットダウンや再起動する際に、「Elara このアプリがシャットダウン(再起動)を妨げています」というメッセージ画面を目にしたことがあるでしょうか。少し古めのノートPCをお使いなら見たことがあるかもしれません。見たことのないアイコンとアプリ名にギョッとするかもしれませんが、心配はありません。(2019/8/7)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI時代のキャリア形成 仕事を奪われない人材になるには?
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマはAIと人間の仕事について。(2019/8/7)

【ナニコレ?】謎すぎる名前の由来を持つ、「世界最小の哺乳類」の名前
(2019/8/5)

【ナニコレ?】国会の議長席にある、一度も使われたことのない「最強アイテム」の名前
(2019/8/1)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

もっと「ソアリン」が楽しくなる! アトラクションに秘められた“ストーリー”と特別ツアーをとことん紹介
「S.E.A」って何? カメリア・ファルコって何者? わかって乗ると、もっと奥深いかも。(2019/7/30)

池澤夏樹インタビュー【中編】:
池澤夏樹が「人類の終末」を問い続ける意味
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの中編。(2019/7/30)

池澤夏樹は「科学する」【前編】:
池澤夏樹が『2001年宇宙の旅』からひもとく「AI脅威論」の真実
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの前編。(2019/7/29)

東芝メモリ、社名を「キオクシア」に変更 「上場企業への第一歩を踏み出す」
東芝メモリホールディングスが、10月1日付で社名を「キオクシアホールディングス」に変更する。(2019/7/18)

東芝メモリ、社名を「キオクシア」に変更 名実ともに東芝から離れる
ついに社名からも「東芝」が消えます。(2019/7/18)

名実ともに東芝から独立:
東芝メモリ、「キオクシア」(Kioxia)に社名変更へ
東芝メモリホールディングスは2019年7月18日、2019年10月1日付で社名を「キオクシアホールディングス」に変更すると発表した。同社の子会社である東芝メモリも同様に、キオクシアに社名変更する。(2019/7/18)

製造マネジメントニュース:
東芝メモリが社名変更、2019年10月から「キオクシア」に
東芝メモリホールディングスは2019年7月18日、2019年10月1日付で社名を「キオクシアホールディングス株式会社(英:Kioxia Holdings Corporation)」に変更すると発表した。傘下の東芝メモリを含め、同社グループ各社の社名が東芝メモリからキオクシアに置き換えられる。(2019/7/18)

【ナニコレ?】「ザビエルハゲ」とも呼ばれる、あの独特の髪形の名前
(2019/7/14)

【ナニコレ?】「キリンの頭にある、皮膚に覆われた目立たない角」のカッコいい名前
(2019/7/13)

【ナニコレ?】「!?」という記号の、ちょっと不思議な名前
(2019/7/12)

【ナニコレ?】「アルミホイルを噛んだときに走る電流」のカッコいい名前
(2019/7/11)

【ナニコレ?】「イルカの頭にある、音波を集める部分」のかわいい名前
(2019/7/10)

【ナニコレ?】「歌詞の前に付くグニャグニャした『へ』みたいな記号」の名前
(2019/7/9)

【ナニコレ?】トレンチコートの「肩のアレ」の、意外と知らない名前
(2019/7/8)

【ナニコレ?】「リュックに付いている謎のブタ鼻」の意外な名前
(2019/7/7)

【ナニコレ?】「雨が降ったときのあの独特の匂い」を表す、なんだかカッコいい名前
(2019/7/6)

3DCGアニメでよみがえる「聖闘士星矢」、主題歌はThe Strutsが歌う「ペガサス幻想」英詞版
セイントセイヤー!(2019/6/27)

「本田圭佑のやったことは、2500年前にもピタゴラスがやってた」説 「お金払ってサッカー教えます」が実は合理的な理由
「教わる人にお金をあげる」は実は理にかなっている?(2019/7/2)

奇抜な廃墟と戦争記念碑に圧倒される 旧共産圏を巡る写真集『旧共産遺産』が6月20日に発売
独特なオーラを放つ不思議な場所を撮影しています。(2019/6/16)

「ゲームに負けた平成」から“令和の逆襲”へ:
【独占】「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来
ミニ四駆の生みの親、タミヤの田宮俊作社長に、プラモデルの現状、そして令和時代を迎えた今後の在り方について語ってもらった――。(2019/6/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
中国が突き進む「一帯一路」と、ユーラシア鉄道網の思惑
中国が進める広域経済圏構想「一帯一路」。ユーラシア大陸全体に及ぶ構想において「鉄道」は重要なインフラだ。この鉄道網の整備の行方は、日本の政府や企業にとっても大きな影響を及ぼす。(2019/5/31)

ビットコインが1年前の価格を回復 97万円まで上昇した背景
4月から始まったビットコインの価格上昇が止まらない。一時、97万円まで上昇し、1年前の価格を回復した。この背景には、米中貿易摩擦などの政治的混乱、新たな資産クラスとしての見方、1年後に迫った半減期などがある。(2019/5/28)

開発者自らが語る
画面を閉じても止められないWebブラウザ攻撃手法「MarioNet」の危険性
「MarioNet」というWebブラウザベースの攻撃を研究者が作り出した。HTML5のAPIを悪用したこの手法は、Webブラウザのタブを閉じた後でも攻撃者が標的のシステムを悪用し、botネットを作成できる。(2019/5/20)

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売
富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。(2019/5/14)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「機械学習に50年の歴史あり」 人工知能が歩んできた道
いまの「第三次AI(人工知能)ブーム」はいつまで続くのか? これまでのAIの歴史を振り返りながら考えてみたい。(2019/4/19)

危険すぎるだろ! 毒入りだった「マッチ売りの少女」のマッチ
すごいもの売り歩いてた。(2019/4/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。