ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハイチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイチ」に関する情報が集まったページです。

世界を読み解くニュース・サロン:
月旅行に挑むZOZO前澤氏、海外からの評価は「イマイチ」な理由
通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が月周回旅行をする初の個人客に選ばれ、話題になっている。ロケット開発費など莫大な資金を支払う前澤氏を、海外メディアはどのように見ているのか。(2018/9/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大坂なおみを悲しませる、マスコミの信じられない質問
一躍、時の人になった。テニスの全米オープン女子シングルスで日本人史上初の四大大会初優勝を成し遂げた世界ランキング7位・大坂なおみのことだ。ただ、マスコミから信じられない質問が飛び交っていて……。(2018/9/18)

大坂なおみ選手、好きな車は「白のGT-R」(速いから) 日産ブランドアンバサダーに就任
「私は私」と語る一幕も。(2018/9/13)

大坂なおみ、優勝杯を手に両親と3ショット 「コム デ ギャルソン」も白いドレスで祝福
初優勝、おめでとうございます!(2018/9/10)

SpaceX、2018年に人工衛星「SES-12」打ち上げへ
SpaceX社は、2018年の2Q中に「SES-12」の打ち上げを行う。SES-12はどのような役割を持つのか。その詳細をSES社に聞いた。(2018/3/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
代表落ちの本田圭佑は、このまま“終わって”しまうのか
本田圭佑が苦しい立場に置かれている。これまで日本代表の常連だったのに、10月に行われる国際親善試合で代表落ち。かつての「大黒柱」は、このまま消えてしまうのだろうか。それとも……。(2017/10/6)

スピン経済の歩き方:
「ゾンビ」がショッピングモールに集まる深い理由
ゾンビ映画によく登場する舞台がある。ショッピングモールだ。多くの人が買い物を楽しむ舞台で、なぜゾンビが登場して、店内を徘徊するのか。筆者の窪田氏によると……。(2017/7/25)

頭にそびえ立つ建築物 世界各国の「ミス・ユニバース」衣装がツッコんだら負けだった
どの国も美しい……そして見事なエンターテインメント。(2017/1/28)

水曜インタビュー劇場(風車公演):
小さな会社の「台風発電」が、くるくる回る日
「台風接近中」と聞くと、ほとんどの人が「建物の中でじっとしておこう」と思うはずだが、暴風を追い求めている人がいる。風力発電を開発しているチャレナジーの清水CEOだ。台風の強い風を使って、どのように発電するかというと……。(2017/1/2)

自然エネルギー:
日本の投資がアフリカへ、躍り出る途上国の再エネ
英米の政府機関と米Bloombergは、発展途上国58カ国を対象とした再生可能エネルギーに関するレポート「Climatescope 2016」を公開した。発展途上国は導入規模、投資のいずれにおいても先進国を超え、地域ごとに独自の成長を見せている。日本からの投資は中東や北アフリカに集中しており、企業では九州電力が目立つ。(2016/12/26)

台風の目までクッキリ 宇宙から撮影した台風18号が圧倒的な勢力を示す
ハリケーン「マシュー」の映像もNASAが公開。(2016/10/4)

海外医療技術トレンド(12):
医療ドローンのイノベーションとルールづくり
IoT(モノのインターネット)との関連もあって、昨今注目が集まってい無人飛行機(ドローン)。医療分野への適用も世界各地で始まっている。(2016/3/30)

水曜インタビュー劇場(正月編):
ドローンが人間を救う! 世界初の“救援隊”出動
2016年、ドローンがさまざまな場で活躍しそうだ。可能性が広がる中で、ドローンを使って「被災地の地図を作る」動きが進んでいる。世界初のプロジェクト「ドローンバード」とは、一体どういった仕組みなのか?(2016/1/1)

どら焼き味もあるよ! ドラえもんとコラボしたハイチュウ、11月10日に発売!
ハイチュウ40周年、ドラえもん35周年。(2015/10/17)

毎日2万曲が「勝手に」生まれる――“ユーザーが自由すぎる”音楽コラボアプリ「nana」の狙い
スマホで歌や演奏を録音して他ユーザーと合奏するアプリ「nana」が10代女子に人気だ。運営に勝手で歌バトルをしたり、音楽と関係ない声優オーディションをしてみたり――その“自由すぎる使われ方”について聞いてみた。(2015/5/29)

知らずに飲めない:
「牛乳で胃に膜」はウソ? 忘年会シーズン、知っておきたい“お酒の常識”5選
忘年会にお正月、新年会と、これから続く宴会シーズン。お酒に関する間違った知識で、失敗してしまっていませんか?(2014/12/17)

パーソンファインダー新機能も:
東日本大震災から3年――Google「4年目の決意表明」に六本木で触れる
パーソンファインダーではSMSを使って検索できる新機能などが加わります。展示イベントでは被災地を走ったストリートビューカーなどが登場。(2014/3/4)

【豆知識】Google先生がゾンビの倒し方を教えてくれるぞ! ハロウィーン限定、今すぐ検索してみよう
Googleで「魔女」とか「ゴースト」とかハロウィーンっぽい単語を検索してみてください。右側にジョークが表示されますよ。(2013/10/30)

INSIGHT NOW!:
人や組織に影響を与える「共通言語」
組織の中で必要なノウハウや大切にすべき価値観などは、多くが「言葉」で伝わっていく。共通言語を大切にしている2つの組織を紹介する。(2013/10/17)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
日本のコンテンツは普及しているのか――答えはWikipediaで
よく「日本のアニメは海外でも普及している」と言われるが、どこまで広がりを見せているのだろうか。海外での普及度を確かめるべく、Wikipedia日本語版の全項目について、他言語でのページ作成状況を集計してみた。すると……。(2011/11/9)

「Google Earth」10億ダウンロード記念サイト 東日本大震災の被災地写真も紹介
Google Earthの10億ダウンロード突破を記念し、特設サイトが登場。05年から現在までの世界の出来事を、当時のGoogle Earthの画像で振り返ることができる。(2011/10/11)

郷好文の“うふふ”マーケティング Special版:
PR:夜空に虹は、かかるのか!? 「DO.プロジェクト」始動――レノボ・ジャパン
中田英寿さんが、赤い文字で“DO”と描く。ロボットスーツを着て重いパーツを軽々と持ち上げる……このCMの正体は、レノボ・ジャパンの「DO.プロジェクト」。自分でやることを決め、実行する人を応援するキャンペーンの裏側に迫った。(2011/9/15)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
ソーシャルビジネスからエヴァの缶詰まで、広がる“おいしい”保存食の活躍(後編)
東日本大震災後、利益度外視で被災者にパンの缶詰を届けたパン・アキモト。保存食として救缶鳥プロジェクトというソーシャルビジネスに役立てられているほか、企業のプライベートブランドにも利用されている。保存食でありながらしっとりした食感でおいしいパンの缶詰はどのようにして生まれたのか。開発秘話を秋元義彦社長に尋ねた。(2011/7/22)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
10万缶の“パンの缶詰”を被災地へ、パン・アキモトの支援活動とは(前編)
保存食なのにふわっとおいしい――2010年のハイチ大地震のとき、子どもたちが「こんなにおいしいパンを食べたのは生まれて初めて」と喜んでいたのがパン・アキモトの「パンの缶詰」だった。東日本大震災発生後、社長の秋元氏は自社も被災していたにもかかわらず、現地へ10万缶のパンを送っている。秋元氏が考える、保存食によるソーシャルビジネスとは?(2011/7/15)

「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
6月11日から、東京・恵比寿の東京都写真美術館で「世界報道写真展 2011」が開幕した。8月7日まで。(2011/6/17)

その義援金はどこへ行く?:
震災に便乗したネット犯罪をシマンテックが解説
東日本大震災に見舞われた被災地へ世界規模で支援活動が行われる一方で、インターネット上では慈善団体を装ったオンライン詐欺が横行している。(2011/4/27)

杉山淳一の+R Style:
第47鉄 災害と復興と洋菓子――2008年夏、柏崎
大震災に襲われた街が復興するまで、どれくらいの時間が必要なのだろう? 震災のニュースは、時間の経過とともに扱いが小さくなり、1年も経てば人々が思い出すことも少なくなる。しかしその程度で街は回復しない。被災地では1年以上経っても、震災は続くのだ……。(2011/4/25)

今こそIT・ネットの出番:
地震、その時Googleは 「1秒でも惜しい」と怒涛の開発、海外にもバトンつないで
Googleは震災後、「Person Finder」「自動車・通行実績情報マップ」など関連サービスを立て続けに公開した。“開発基地”は東京オフィスの隅のこたつ机。「1分1秒でも惜しい」という思いでひざを突き合わせて議論していた。(2011/4/5)

トーハン、医療従事者向け電子書籍の緊急無料配信を開始
トーハンは、同社が運営する医療従事者向け電子書籍サイト「Medical e-hon」で、災害医療関連コンテンツの無料配信を開始した。(2011/3/15)

米Apple、トップページで日本向け救援金呼びかけ
米Appleのトップページに、iTunes Store経由で救援金の寄付を受け付けるリンクが設けられた。(2011/3/14)

ユニセフに聞く、ハイチ支援の舞台裏
デンマーク・コペンハーゲンにあるユニセフ(国連国際児童緊急基金)の物資供給倉庫に、ニコ生リポーターのジェイムスさんが潜入。ハイチへの救援物資を管理するシャネル・ホールさんに、大地震後のハイチの現状や支援の裏側を聞く。配信は2月5日23時0分〜。(2011/2/3)

2010年のTwitter、ワールドカップやiPadが話題に
今年Twitterでは、ワールドカップやiPad、Androidなどが人気急上昇トピックとなった。ワールドカップ関連でブブゼラや予言ダコのパウルもトップ10に。(2010/12/14)

松田雅央の時事日想:
災害が起きても、“きれいな水”を飲みたい
上下水の設備が整っており、どこでも安全な水を飲める恵まれた国、日本。しかし災害が起きれば、不衛生な水しかなくなるといったケースも起こりうる。本記事ではそんなときに威力を発揮する、独立型の小型浄水設備を紹介しよう。(2010/11/2)

エグゼクティブ会員の横顔:
「30代で修羅場をくぐり人間力を鍛える」――日本エリクソン・坂田氏
ITと通信の融合が急速に進んでいる。IT業界から通信業界へと転身した日本エリクソンの坂田氏は、これまで培ってきた経験と行動力でマーケティングを推進してきた。(2010/10/22)

NPO法人がクラウドサービスでスタッフ間の情報共有を効率化
NPO法人3団体がクラウドベースのコラボレーション製品「Lotus Live」を導入する。(2010/10/15)

せかにゅ:
「ガスマスクにもなるブラジャー」発売 男性版も発表?
2009年のイグ・ノーベル賞を受賞した「ガスマスクブラ」がオンラインで購入できるようになった。さらに、ブラかどうかは分からないが、男性用のデバイスも間もなく発表されるようだ。(2010/9/24)

Googleマップも「リアルタイム」に 開始から5年、正式版に移行
5周年を迎えた「Googleマップ」が正式版に。今後は、交通や天気、仲間の位置情報などを反映できる「リアルタイム」なサービスにしていく。(2010/8/6)

Mobile Weekly Top10:
Googleの上半期検索ワードランキング 1位は「iPad」、2位は……
グーグルが発表した2010年上半期の検索ワードランキングでは、1位と2位に携帯端末がランクインした。(2010/7/8)

Google検索トップ、PCは「iPad」・モバイルは「ハッシュタグ 話題」 10年上半期
10年上半期に日本で話題となったGoogle検索ワード上位には「iPad」「Xperia」「radiko」が。(2010/7/7)

IVS 2010 Spring:
「ソーシャルゲームという言葉は消える」 Zynga、EA幹部が語る「ソーシャル」
国内外のベンチャー経営者らが集まった「IVS 2010 Spring」は「ソーシャル一色」。オープニングに登場したEAのPlayfish部門とZyngaの幹部がソーシャルゲームについて持論を述べ、将来の日本参入も示唆。(2010/6/18)

USBワームが世界のマルウェアの筆頭に――McAfee報告書
USBメモリなどから感染するAutoRunワームが、世界のマルウェアの筆頭に浮上した。(2010/5/19)

KDDI America、プリペイドケータイ間で国際通話度数を分け合う「国際通話度数シェア」
KDDI Americaが、米国で提供中のプリペイドケータイサービス向けに、国際電話の通話度数を分け合うサービスを4月1日から開始する。(2010/3/23)

Twitter募金、チリ地震被災地支援も
Twitterでつぶやくだけで参加できるチリ地震被災地支援募金がスタートした。(2010/3/3)

ハイチ地震に便乗するスパムで詐欺メールが増加 Symantecの月例報告書
1月はハイチ大地震便乗スパムやアダルトフィッシング詐欺などが横行した。(2010/2/16)

GoogleがWindows向けChromeブラウザの脆弱性を修正、情報提供者に報酬も
Google Chrome 4.0.249.89がリリースされた。脆弱性を発見した研究者には1337ドルの報酬が支払われる。(2010/2/12)

「まとめ」人気で急成長 NAVERに聞く「人を信じる検索」
「NAVERまとめ」人気でNAVERへのアクセスが拡大している。目指すのは「人を信じる」検索。人手を加えた検索で、次世代の検索プラットフォームを築きたいという。(2010/2/1)

オルタナブログ通信:
離陸する電子書籍ビジネス
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、約230人のブロガーが、日々ITにまつわる時事ネタなどを発信している。今週は「Google」「iPhone」「Twitter」「電子書籍」をテーマに紹介しよう。(2010/1/29)

その善意は伝わらない?――ハイチ大地震に見る企業の社会貢献
ハイチ大地震をうけ、カリブ海に近い米国では、企業からもさまざまな支援の手が挙がっている。しかし、支援に関する情報がソーシャルメディアを駆け抜けるうちに「一人歩き」を始め、せっかくの善意が正しく伝わらなかったり、あるいは人々の誤解が原因となって、予期せぬ非難や失望を招いてしまったというケースもあるようだ。(2010/1/27)

JALのマイレージでハイチ支援募金 Webで受け付け
JALのマイレージを使い、ハイチ大地震で被災した子どもの救援活動に募金できる。(2010/1/26)

ユーザー心理に付け入る手口:
「ウイルスを検出したのでお金を払って」――偽ソフト詐欺の傾向と対策
Webサイトで突然ウイルス感染の警告と何かを要求するメッセージが出た。2009年に激増し、記者も経験した「セキュリティソフトを購入せよ」と恐喝する詐欺の傾向と対策を紹介しよう。(2010/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。