ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミツバチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミツバチ」に関する情報が集まったページです。

衝撃の自由研究! 小学生による「宿題をさいごの日まで残しておいた時の家族と自分の反応」が話題を呼ぶ
一周回って高度な自由研究。(2019/9/9)

人事部長に求められる能力とは?
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。欧米の真似でもない、うまくいっている会社の真似でもない、日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方や施策について思索・指南する。(2019/8/16)

職業人生で、「キャリア・アンカー」を意識することは重要だ
米国の心理学者、エドガー・シャインが提唱した有名な「キャリア・アンカー」は、職業人が自らのキャリアの形成・選択を考える際に、もっとも大切にしたい価値や欲求のことを言う。ちなみに、アンカー(anchor)は船の錨(イカリ)のことで、“動かせない点”といった意味である。(2019/8/8)

誕生日プレゼントのHIKAKINぬいぐるみに大号泣 大喜びの女の子の動画が人気、HIKAKINさん本人も反応
「HIKAKIN君に届け〜」→届きました。(2019/7/13)

中国国境で当局が旅行者のスマートフォンに情報収集アプリを密かにインストール──Guardian報道
新疆(しんきょう)ウイグル自治区のイスラム教徒監視を強化している中国当局が、キルギス共和国からの国境で旅行者のスマートフォンにデータ収集アプリをインストールしていると、Guardianが報じた。(2019/7/3)

付き合い方:
人事部は、AIによって消滅するか?
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。それは、OSが違えば、アプリが動作しないのと同じである。欧米の真似でもない、うまくいっている会社の真似でもない、日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方や施策について思索・指南する。(2019/7/2)

スウェーデンに世界最小のマクドナルドがオープン! 店内はミツバチのお客さんで大繁盛
店内には所せましと来店客が……。(2019/6/1)

結局は……:
「採用学」は本当に使えるのか
組織・人事に関わる全ての施策は、日本人の特性や自社の独自性への洞察なしには機能しない。それは、OSが違えば、アプリが動作しないのと同じである。日本企業において本当に機能する組織・人事の考え方は……。(2019/5/17)

エコ聖堂、光の塔……ノートルダム再建に斬新案が続々 論争が過熱
パリのノートルダム大聖堂火災が15日で1カ月を迎えるのを前に、屋上再建に向けて「緑の温室に」「光の塔にしよう」など斬新デザインの提案が相次いでいる。(2019/5/13)

医療技術ニュース:
ヒトが潜在意識下で地磁気に対する感受性を持つことを発見
東京大学は、ヒトが潜在意識下で地磁気に対する感受性を持つという証拠を発見した。研究成果の意義に加え、今回の実験手法は、ヒトの磁気感受性や第六感の研究者にとって1つの指針になると考えられる。(2019/4/10)

住宅街で目撃されたナゾの団子状のかたまりの正体は……!? ミツバチの引っ越しがインパクト大だと話題に
このときのミツバチは温和ということで安心。(2019/3/25)

的確に表現すること:
「あなたの強みは何か?」に、どう答えるか
ドラッカーが盛んに強調したように、個人にとっても組織にとっても、「強み」は非常に重要である。では、あなたの強みは何か? と聞かれて、どのように答えればいいのか。(2019/3/22)

「夏目友人帳」ニャンコ先生がみつばち姿に! 一番くじがファミマで販売 C賞以下もうれしいアイテムばかり
ハンドクリームほしいな。(2019/3/7)

世界レベルで低い:
日本の「従業員エンゲージメント」が低い、4つの事情
日本企業の「従業員エンゲージメント」は、世界で最低レベルにあるそうだ。なぜこのような状況に陥ってしまったのか。原因を考察すると、4つの理由が出てきて……。(2018/12/27)

「物心ついたころから昆虫好きの昆虫少年」 Twitterのヒアリ鑑定人「ヒアリ警察」の人柄を探ってみた
Twitter屈指の昆虫ガチ勢。(2018/12/8)

PR:頑張る力は「言葉」から生まれる 前代未聞の眼鏡を作り上げたジンズ・井上氏の熱意の理由【前編】
アイウェアブランド「JINS」を展開するジンズは2015年、それまでになかったコンセプトの眼鏡を発売し、世間を驚かせた。体の状態を知ることができるセンシングアイウェア「JINS MEME(ジンズ ・ミーム)」だ。困難を伴うプロジェクトを育ててきた井上一鷹氏を突き動かしている信念とは何だろうか。その思いに迫った。(2018/3/5)

高性能で超省エネ:
AIは“人の脳への回帰”でさらに進化する?
AI(人工知能)をさらに発展させるヒントは、人間の脳にあるかもしれない。「ISSCC 2018」で、フランスCEA-Letiに聞いた。(2018/2/21)

尻から虹がでるおならがファンタジー ARでたくさん「おなら」ができる変テコなアプリがiOS向けに登場
スワイプで自由自在におなら。(2017/12/30)

飛び回る蜂の大群 巨大なハチの巣を除去する動画が恐ろしい
いやホント、どうしてこうなったの!?(2017/11/26)

矢立肇の孫がまさかの美少女キャラクター化 マンガでサンライズ名作を紹介、第1回は「クロスアンジュ」
まさかの孫設定。(2017/10/25)

手の平サイズのトトロだー! ちっちゃいモフモフな「となりのハムスター」さんがかわいくて癒やしの塊
(キャベツを)たべようたべようわたしはげんき!(2017/10/14)

難しい:
ワークライフバランスが、いっこうに進まない理由は3つ
「ワークライフバランス」とは、仕事(労働時間)と生活(労働以外の生活時間)の調和がとれた状態を言う。女性のライフイベントや親の介護などにも柔軟に対応できるようにするために、労働時間を減らしていくことと理解されている。ただ……。(2017/9/1)

目からうろこの行政サポート活用術:
こんなにある、中小企業向けの補助金・助成金
前回は、政策を読み込み、キーワードを探し出して、関連する会議や団体を見付け、関係省庁によるお金の動きや公募を見付る方法を紹介したが、実はそこまでしなくても、容易に補助金や助成金を見付ける方法がある。(2017/8/18)

IoTと製造業の深イイ関係(4):
「CeBIT 2017」にみる、ドイツにおけるインダストリー4.0の現在地
脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第4回は、「CeBIT 2017」の取材から見えてきた、ドイツにおけるインダストリー4.0の取り組み状況を報告する。(2017/5/30)

マクドナルドのハッピーセットに「リラックマ」が初登場! いろんな仕掛け付きのコラボおもちゃがかわいい
4月15日・16日には特別な“週末プレゼント”も。(2017/4/9)

年間労働時間は2000時間前後:
業務効率の向上で長時間労働は解消できない
長時間労働を解消するために、もっとも重要なことは何か。(2017/3/13)

PR:首都高は実は最強の観光スポット! 意外な魅力あふれる「首都高PAツアー」へ繰り出した
単なる移動手段にするにはもったいない。(2017/3/13)

モチベーションの低下を防げるか:
「同一労働同一賃金」は、新しい実力主義
公平を期した処遇制度が持つ複雑さは、モチベーションの低下を招く。(2017/2/1)

「規制が遅かった」は結果論:
谷川連盟会長は、クビをかけて将棋を守った
「プロ棋士対コンピュータ」は、見せ物にすぎない。「規制が遅かった」も、部外者による結果論である。(2017/1/27)

長時間労働の是正から:
「働き方改革」は、健康寿命を延ばす
徐々にでも労働時間が減っていくのは、今の生活というより、むしろ先々に必ず迎える高齢期を見据えると、非常に良いことである。(2017/1/24)

エネルギー列島2016年版(36)徳島:
小水力発電所が農山村に復活、ため池には水上式の太陽光発電
「自然エネルギー立県」を目指す徳島県では農山村で発電プロジェクトが拡大中だ。山間部の高低差を利用した小水力発電所が42年ぶりに復活したほか、農業用ため池では水上式の太陽光発電所が運転を開始した。水素エネルギーの導入にも積極的に取り組みながら電力の自給率を引き上げていく。(2016/12/27)

オウム「あーらよっと」 最新の研究でオウムが道具を自作できることが判明
オウム「もっとダンボールをくれ」(2016/12/1)

高齢男性で家事をやっている人は、何%?
男性は、年をとっていくときに何を考えておくべきか。(2016/11/15)

ユニモルフユニット、1/10の薄型化を可能に:
人と未来をつなぐ、TDKが6つの「IoX」を提案
TDKは、「CEATEC JAPAN 2016」で、「人と未来をつなぐ、Io“X”テクノロジー」をテーマに大きく6つの「IoX」と、薄型ユニモルフユニットなどIoXを支える最新のデバイス技術などを紹介した。(2016/10/5)

星6つ! カバヤ食品「花粉スーパーミントタブレッツ」をレビュー!
今回選んだのはカバヤ食品の「花粉スーパーミントタブレッツ」(192円/税込、店頭価格)です。(2016/9/9)

“生命らしい動き”を持つ機械人間「オルタ」、石黒教授らが発表 実物を見てきた
生命らしさを持つ機械人間「オルタ」(Alter)を東京大学と大阪大学が発表。(2016/7/29)

【閲覧注意】ビジュアルがアカン 居酒屋「米とサーカス」で昆虫食フェア「未来の食卓、昆虫料理」を開催
虫が苦手な方は閲覧注意です!(2016/7/12)

高齢者福祉の三原則:
日本と大きく違う、デンマークの高齢者像とは
1988年、デンマークでは「プライエム」(老人介護施設)の新規開設を禁止した。その理由とは?(2016/7/4)

山形豪・自然写真撮影紀:
サバンナの最恐動物、ラーテル
ラーテルという生き物を知っているだろうか。NHK教育テレビの「おかあさんといっしょ」という番組内で、この春までやっていた「ポコポッテイト」という人形劇の主人公が、ラーテルをモチーフにしたものだった。今回はこのラーテルを紹介しよう。(2016/6/24)

なぜOcadoはロボットを作ったのか
小売業者向け倉庫管理ロボットシステムができるまで
Ocadoは、自社倉庫の課題を解決するためロボットを開発した。ネックだった制御用の通信システムも解決。これらとソフトウェアを合わせたソリューションの外販まで手掛けている。(2016/6/9)

本当の健康寿命は、男性82歳、女性85歳
健康寿命が男性71歳、女性74歳と聞いて、違和感を覚える人もいるのではないだろうか。(2016/6/6)

ファンシーで優しい世界……猫ちゃんと仲良しなうさぎさん
仲良しな猫とウサギにほっこり。(2016/5/22)

作られた「高齢者像」を鵜呑みにするな
高齢者白書などが発表された際、「大変だ」「かわいそうだ」という点だけに焦点が当たったニュースになってしまっている。しかし……。(2016/5/6)

アニメ化記念インタビュー:
「戦争をしている国の子どもにも届けてほしい」 ちばてつやが「風のように」に込めた日本人らしさ
インタビュアーはアニメ「風のように」のプロデューサーを務めるエクラアニマルの豊永ひとみ。(2016/3/20)

ちばてつやの短編「風のように」劇場アニメ化へ クラウドファンディングで支援募集
5月以降、下北沢トリウッドで公開予定。(2016/2/26)

「ウチは特殊だ」が変革を阻む
「他業界や他社」と「自社」の共通点に目を向けることが大切です。(2016/2/2)

新連載・内田恭子の「いつもそばに本があった」:
真っすぐな“子ども心”を失った大人になっていませんか?
キャスターの内田恭子さんにとって「本」は人生の大切な一部だそうです。本から学んだこと、影響を受けたことは数知れず。この連載ではその中で出会った本たちをエピソードとともに紹介します。(2016/1/29)

高齢者の暮らしの問題は「家」なんじゃないか
要介護者対象の老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの「施設」に対して、税金をつぎこみ続けても問題はいっこうに解決には向かわない。(2015/11/17)

面接で人を見抜けるはずがない
要件の設定と質問の仕方を変えるだけで見抜けるようになるほど、人間は単純ではない。(2015/11/2)

就活が大学生活の妨げになる本当の理由
今シーズン、日本経団連が就職活動の開始時期を遅らせたが、うまくいかなかった。また就活スケジュールの変更が議論されるだろうが、何十年も前の就職協定の時代から振り返ってみれば明らかなように、時期をどうにかすれば解決する問題ではないのだ。(2015/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。