ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「堀井雄二」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「堀井雄二」に関する情報が集まったページです。

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
世界に誇るゲーム楽曲をあらためてもう一度聞き直したい
東京2020大会の開会式が思い出されます。(2021/10/14)

すぎやまこういち氏死去 90歳 「ドラクエ」作曲家
「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲などで知られる作曲家のすぎやまこういちさんが9月30日に死去した。90歳だった。(2021/10/7)

すぎやまこういちさん、90歳で死去 堀井雄二、鳥山明ら「ドラクエ」制作チームも哀悼「皆さんの心の中に、先生は生き続けるはず」
ドラクエシリーズだけでも500曲以上を手掛けました。(2021/10/7)

敗血症性ショックのため:
すぎやまこういちさんが死去 「ドラクエ」シリーズの作曲手掛ける スクエニ「音楽はゲームの世界で生き続ける」
人気ゲームソフト「ドラゴンクエスト」シリーズの作曲で知られる、作曲家のすぎやまこういちさん(本名:椙山浩一)が敗血症性ショックのため、亡くなっていたことが分かった。ゲームの開発元であるスクウェア・エニックスが明らかにした。90歳だった。(2021/10/7)

“オホーツクに消ゆ”の聖地 JR北海道「釧網本線」全通90周年、位置情報ゲームと“テクテク網走めぐり”観光コラボ! 10月1日から
テクテクライフ×釧網本線コラボの臨時列車も走る〜。(2021/9/30)

「巣に帰るドローンかわいい」「入場曲にドラクエの曲」 東京五輪開会式にさまざまな声、幻の演出も
【日本第1号メダル】柔道女子48キロ級で渡名喜風南選手が銀メダルを獲得!(2021/7/24)

「ドラクエ3」リメイク決定 順番を3→1→2にして「驚き」を
1988年に社会現象となった「ドラクエ3」のリメイクが決定。ドラクエの生みの親として知られる堀井雄二さんは続けて1と2も作りたいと話す。(2021/5/27)

「ドラクエ12」は「ダークな感じ、大人向け」 コマンドバトルも一新
スクウェア・エニックスが「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」の開発を進めていると発表した。「ダークな感じ」の「大人向けドラゴンクエスト」という。(2021/5/27)

「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」ついに正式発表! コマンドバトル一新、ちょっとダークな「大人向けドラクエ」に
発売時期やハードはまだ不明。(2021/5/27)

「ドラクエ3」がリメイク決定! HD-2Dグラフィックでロトの伝説がよみがえる
(2021/5/27)

ドラクエ35周年記念特番、27日に配信 堀井雄二さん出演で新作への期待高まる
スクウェア・エニックスが「ドラゴンクエスト35周年記念特番」を5月27日の正午からYouTubeで配信する。(2021/5/13)

スクエニが「ドラクエ」シリーズ最新作を発表する生放送を5月27日配信 早くも「ドラクエ12」がトレンドに
期待が高まる。(2021/5/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「鉄道を盛り上げるボランティア」の報酬は何か 網走に学ぶ
JR北海道は、SL列車「SL冬の湿原号」を釧路側、「流氷物語号」を網走側と、2つの観光列車を東部で冬に運行している。しかし新型コロナの影響で「あばしりオホーツク流氷まつり」が中止。運行中止の恐れもあった「流氷物語号」の運行を後押ししたのはボランティア団体だった。その活動から、ボランティアの報酬について考える。(2021/3/19)

月刊乗り鉄話題(2021年3月版):
特別ゲストは堀井雄二さん 奇跡のコラボ「流氷物語号×『オホーツクに消ゆ』」聖地巡礼レポート
「乳首の色で意見が分かれてもめた」という伝説の真相も……!? 熱すぎる濃厚ツアーでした。(2021/3/12)

月刊乗り鉄話題(2021年2月版):
乗り鉄が厳選、鉄道好きに勧めたい「Kindle Unlimitedで読める鉄道漫画」11選
読み始めたら止まらなくなる作品たくさん……!(2021/2/12)

月刊乗り鉄話題(2020年12月版):
名作『オホーツクに消ゆ』×JR北海道「流氷物語号」 奇跡のコラボができるまで
「観光列車と名作ファミコンゲーム」を結んだ熱きコラボの裏側とは。ボス、大変です……! 堀井雄二さん、荒井清和さんからメッセージも。(2020/12/18)

本田翼、スタッフが28歳の誕生会を“ドラクエ風”に祝福 フェイスシールドにドット文字で「おめでとう」
よく見るとスライムも!(2020/7/21)

ドラクエウォーク開発秘話 愛されるゲームはどう作る? ニューヨークで堀井雄二さんら語る
Appleから「進化した名作ゲームたち」としてNYCで紹介されたドラクエウォーク。堀井雄二さんとスクエニのキーパースンに話を聞いた。(2019/12/13)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【後編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏による特別講義の後編――。コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。(2019/7/22)

ひろゆきの仕事哲学【前編】:
【独占】ひろゆきが語る「“天才”と“狂気”を分けるもの」
平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。前編のテーマは「“天才”と“狂気”を分けるもの」――。(2019/7/18)

位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」は何が新しいのか?
スマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が2019年内に配信される。現実世界がドラクエのフィールドとなり、現在地付近から目的地を決めながら冒険を進めていく。実在する「ランドマーク」も登場し、ご当地クエストも用意される。(2019/6/3)

「ドラクエ12の準備進めている」エグゼクティブプロデューサーがコメント
(2019/6/3)

「ドラクエ」最新作は「歩く」スマホゲーム 「ドラクエウォーク」発表
スクウェア・エニックスがスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」を2019年内にリリースする。(2019/6/3)

「ドラクエ新作発表会」に期待集まる スクエニ株など急伸
投資家は気が早い。(2019/5/28)

スマホ向け「ドラゴンクエスト」新作の発表会、6月3日開催
堀井雄二さんも登場。(2019/5/27)

平成最高のゲームは「クロノ・トリガー」 ファミ通、ゲームファン7100人に調査
平成最高のゲームは「クロノ・トリガー」――ゲーム誌「週刊ファミ通」が、ゲームファン約7100人に聞いた調査で、こんな結果が出た。(2019/4/22)

『ファミ通』読者が選ぶ「平成のゲーム最高の1本」、「クロノ・トリガー」に決定
2位は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、3位は「ニーア オートマタ」。(2019/4/22)

「剣と魔法の淡路島」に転生した高校生の冒険を描くローカルRPG「はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-」が想像以上にガチだった
行きたくなる。(2019/4/14)

「ドラゴンクエスト」映画化 ドラクエ5原案で8月公開
(2019/2/13)

「今日から一人で再スタート!」 モーニング娘。を卒業した飯窪春菜、SNSを開設し女優へのチャレンジを宣言
Instagramには藤子不二雄Aさんや堀井雄二さんとの写真も。(2018/12/18)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【中編】:
『ジャンプ』伝説の編集長は『ドラゴンボール』をいかにして生み出したのか
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長である鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、漫画界で“伝説の編集者”と呼ばれる鳥嶋さん。今回は『ドラゴンボール』がいかにして生まれたのかをお届けする。(2018/10/29)

『Dr.スランプ』で「マシリト」と呼ばれた男・鳥嶋和彦の仕事哲学【前編】:
ドラゴンボールの生みの親 『ジャンプ』伝説の編集長が語る「嫌いな仕事で結果を出す方法」
『ドラゴンボール』の作者・鳥山明を発掘したのは『週刊少年ジャンプ』の元編集長・鳥嶋和彦さんだ。『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さんをライターからゲームの世界に送り出すなど、「伝説」を残してきた鳥嶋さんだが、入社当時は漫画を一切読んだことがなく『ジャンプ』も大嫌いだった。自分のやりたくない仕事で、いかにして結果を出してきたのか。(2018/10/26)

なんて日だ! 本田翼、YouTubeでゲーム実況チャンネル開設
初回配信は9月22日21時から。チャンネル登録待ったなし。(2018/9/21)

「古畑任三郎」のオープニングをファミコン風に再現 挑むのはあの「ポートピア連続殺人事件」……!?
もちろん犯人は……。(2018/7/11)

そして伝説がはじまった……! 5月27日が「ドラゴンクエストの日」に認定!
初代「ドラゴンクエスト」の発売日にちなんで。(2018/5/27)

最高に楽しくて最高に腕が疲れた! 27日オープン「ドラゴンクエストVR」をいち早く体験したら箸が震えた
モンスターの攻撃で死んで、重い剣を振り回しすぎて腕まで死んだ!(2018/4/26)

「ドラクエVR」を先行体験! 戦士になってスライムを斬りまくってきた
4月27日からVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」(東京都新宿区)で稼働する「ドラゴンクエストVR」の先行体験会が報道関係者向けに開催された。戦士となり、ドラクエの世界を冒険してきた。(2018/4/25)

ドラクエの世界がVR ZONEで体験できる! 堀井雄二氏も「こんなでかいゾーマ本当に倒せんの?」とびっくり
4月27日に稼働開始。予約受付は4月20日から。(2018/4/3)

スライム斬る感触も 「ドラゴンクエストVR」が4月27日稼働
「ドラゴンクエスト」の世界観を体験できるVRゲームが「VR ZONE SHINJUKU」で4月27日から稼働する。(2018/4/3)

SFC時代の名作RPG「クロノ・トリガー」Steam版リリース → UIやグラフィックがスマホ版仕様で不評の嵐に
レビューは「ほぼ不評」という状態に。(2018/2/28)

名作RPG「クロノ・トリガー」PC版、Steamで配信開始
RPG「クロノ・トリガー」PC版の配信が「Steam」でスタートした。堀井雄二さんや鳥山明さん、坂口博信さんといった人気クリエイターが手掛けた名作だ。(2018/2/28)

「カタカナは20文字だけ」「没アイテムで宝箱がカラッポに」 ファミコンハードの限界に挑んだ制作者たち
あの手この手で容量を節約。(2018/1/7)

「ミニスーファミ」に収録してほしかったソフト14選
あれもこれも……入れてほしかった……。(2017/10/18)

「ドラクエX」が“地上波史上最長”6分のCM 「FNS27時間テレビ」内で一夜限りの放送
5分番組より長いCM。(2017/9/6)

タレントの椿姫彩菜が改名 「姫」が付いていることに「疲れました」
「なかなか変換でも出づらい」とも。(2017/8/29)

PS4・3DSで「ドラクエ1〜3」配信決定! 「ドラクエ1」は“ある方法”で無料配信も
「ドラゴンクエスト」「ドラゴンクエストII」については8月10日から。(2017/8/7)

堀井雄二の地元で体感するドラクエ30年と原点 「ドラクエミュージアム」&「堀井雄二展」、洲本会場レポート
2016年の東京から回ってきたドラクエ30周年企画展。最後の淡路島・洲本会場は、古き赤レンガ倉庫がファンタジー世界を演出するマダンテ級のイベントだった。(2017/8/2)

堀井雄二の出生地でドラクエのスタンプラリーを体験 海や城に待つ魔物たち、洲本はリアルドラクエワールドだった
ドラクエの生みの親が誕生した淡路島の洲本で、ドラクエのイベントが開催中。25年来のドラクエ好きが冒険してきた。(2017/7/31)

ぱふぱふは俺に効く! 山田孝之、「ドラクエXI」特別CMで顔芸連発&人生初の“子役”に挑戦
いつも通りいい顔してる。(2017/6/15)

デザインフェスタvol.45:
今すぐ冒険に出られそうな革製「ショルダーガード」がかっこよすぎ! 名だたる有名人がかぶった伝説の兜も登場
今まで見た革製品で一番かっこよかった。(2017/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。