ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「HubSpot」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HubSpot」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。(2024/2/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年2月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2024/2/6)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年1月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2024/1/9)

人気のサービスや技術、接続と速度、セキュリティなどを網羅:
インターネットトレンドを分析した年次報告書、Cloudflareが発表 「生成AI」カテゴリーではOpenAIが首位に
Cloudflareは、1年を通じて観測されたインターネットのトレンドやパターンをさまざまな指標で分析した年次報告書を発表した。(2023/12/15)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年12月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/12/5)

生成AIは「どこまで」コンタクトセンターの仕事を奪ったのか 人間がやるべき仕事は?
ChatGPTの登場により、AIが人間の仕事を奪う議論が信ぴょう性を持つようになりました。今回はコールセンターに焦点を当て、実際にAIはどこまで入り込んできているのか、人間がやるべき仕事について考えてみます。(2023/11/29)

ビジネスに使える「生成AIツール」6選【後編】
SNSマーケティングが面倒ではなくなる「生成AIツール」3選
企業がマーケティングにSNSを活用するのは一般的になった。一方でSNSの効果的な活用方法に悩む企業は少なくない。SNSマーケティングの成功に役立つ生成AIツール3つと、その特徴や課題を紹介する。(2023/11/9)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年11月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/11/14)

Spotify、好きなアーティストのグッズ購入ハブ「Merch Hub」追加
Spotifyは、ユーザーの利用履歴に基づいてパーソナライズしたファングッズ紹介ハブ「Merch Hub」を発表した。複数のアーティストのグッズを1カ所で表示できる。(2023/10/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年10月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/10/10)

幼稚園の運動会で行われた「マツケンサンバ玉入れ」が天才の発想 玉入れとマツケンサンバの悪魔合体で楽しそう
踊り明かそう。(2023/10/5)

開発や運用における「生成AI」の実力【第3回】
生成AIで「オブザーバビリティ」「レジリエンス」はどう変わる?
生成AIが進化することで、企業のオブザーバビリティ(可観測性)やレジリエンス(障害発生時の回復力)にどのような変化をもたらすのか。専門家の意見を踏まえて紹介する。(2023/10/2)

実践セールス・イネーブルメント:
売り上げが伸びない原因は「個人」のせいではない 今、営業組織の変革が求められているワケ
(2023/9/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年9月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/9/12)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】マーケティングオートメーション
マーケティングオートメーション(MA)とは何をするためのものなか。どのようなベンダーがどのようなツールを提供しているのか。(2023/9/29)

ライブ配信の「どこでもドア」:
“データの民主化”促す「Firework」 動画ソリューション業界に地殻変動を起こすか
オンライン上でも実店舗と同様のショッピング体験を実現できるSaaSソリューションを提供する「Firework」。開発企業のトップに話を聞いた。(2023/9/1)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年8月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/8/1)

1960万以上のサービスアカウント情報が漏えいしている、Flareが窃取ログを分析
Flare Systemsは1960万件を超える窃取されたログデータを分析し、SalesforceやOktaといったアプリケーションのアカウントデータが漏えいしている可能性を示した。(2023/7/27)

HubSpotのCMOが語る「マーケティングリーダーが今こそ持つべき視点」【後編】:
「広告」「イベント」「ROI改善」 アフターコロナのB2Bマーケターが生きる道は?
キャンペーンのコストが増大する一方でマーケティング施策のROIを見る目は厳しくなっている。どうすればいいのか、HubSpotのCMOが語った。(2023/7/13)

HubSpotのCMOが語る「マーケティングリーダーが今こそ持つべき視点」【前編】:
AIの時代だからこそ「ブランドマーケティング」が必要になる
世界と日本のマーケティングトレンドとこれからマーケターが向き合うべきことについて、HubSpotでCMOを務めるキップ・ボドナー氏が語った。(2023/7/5)

IT企業デスクツアー:
外資ITで働くみんなのデスク環境 HubSpot日本法人の机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、CRM(顧客関係管理)ツールを提供するHubSpot日本法人で働く人のデスクを探る。(2023/7/4)

HubSpot Japan調べ:
マーケ職と営業職の半数以上が「生成AIを聞いたことがない」 理由は?
マーケティング職または営業職に従事するビジネスパーソン1000人を対象に実施した「生成AIに関する意識実態調査」。生成AIについて「聞いたことがない・知らない」と回答した人は55.6%だった。(2023/6/30)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年6月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/6/6)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「カスタマーサクセス」に必要な素養は? AIに転職用レジュメを書いてもらった
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「カスタマーサクセスに必要な能力」です。(2023/4/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年4月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/4/4)

日程調整SaaS対決:
生産性を激上げする日程調整ツール対決 Calendly vs Spir
発展途上の日程調整ツールではあるが、コロナ禍を経て確実に変わった商習慣の中ではこれまで以上に業務の効率化に寄与してくれるはずだ。私は近いうちに「日程調整ツールで候補日程を提示しないのは失礼だ」と言われる日が来ると信じている。それぐらい、メールやチャットでのアナログな日程のやり取りには無駄が多い。(2023/3/31)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第5回】
無料版もある電子サインツール「PandaDoc」は何ができる? 有償版との違いは
テンプレートからのドキュメント作成、ドキュメント承認ステータスの追跡など、さまざまな機能を持つ電子サインツールが「PandaDoc」だ。無料版もあるPandaDocの特徴は。(2023/3/31)

テレワークで脚光の「電子サイン」ツール6選【第2回】
Dropboxの電子サインツール「Dropbox Sign」の強みはやっぱり“あの機能”?
HelloSignの買収によって生まれた、Dropboxの電子サインツールが「Dropbox Sign」だ。どのような強みを持つのか。特徴的な機能を紹介する。(2023/3/27)

接続可能なデータソースを年末までに100種類増、Qlikが「Connector Factory」を発表
多用なデータソースを接続するニーズが増す中、Qlikは「Connector Factory」を発表した。SaaSアプリケーションやデータソースに接続するコネクター機能を継続的に拡張する。(2023/3/10)

「使っていないと置いていかれる?」――Okta年次調査で今後利用が進むアプリが判明
Okta Japanは業務アプリケーションの利用動向に関する年次調査「Businesses at Work 2023」を公開した。調査から、業務アプリケーションの利用ランキングや急成長したアプリケーション、今後成長するアプリケーションの方向性が見えてきた。(2023/3/2)

今日のリサーチ:
日本の営業活動の「無駄」が前年比約1500億円分増加、残念DXでむしろ状況が悪化?――HubSpot Japan調査
HubSpot Japanによる日本の法人営業に関する定点調査の結果です。(2023/2/17)

顧客数が急成長した「Kandji」とは?:
2021〜2022年に最も人気の業務アプリから分かる“次に来る注目アプリ” 「Figma」「Notion」に続くのは?
Okta Japanは2023年2月16日、業務アプリの利用動向に関する年次調査「Businesses at Work 2023」の結果を発表した。2021年11月1日〜2022年10月31日の間で最も顧客数が多いアプリは「Microsoft 365」だった。(2023/2/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年2月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/2/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年1月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/1/10)

COBOLのモダナイゼーションテクニック【第5回】
“脱COBOL”を「自動化ツール」に頼り切ってはいけないのはなぜ?
COBOLプログラムのソースコードを、別のプログラミング言語に自動変換するツールはモダナイゼーションの助けになる。ただし万能ではない。自動化ツールを採用する場合の注意点は何か。(2022/12/14)

今日のリサーチ:
日本のビジネスパーソンの「仕事のやりがい」 昇進・昇給や会社の評価より重要なのは?
HubSpot Japanは、日本のビジネスパーソン計1372人を対象に、「顧客との関わり方に関する理想と現実」をテーマに意識調査を実施しました。(2022/12/9)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏に捧げるTwitterの収益を向上させるための5つのアイデア【前編】
イーロン・マスク氏が主張する「言論の自由」の議論はさておき、Twitterはビジネスユーザーと自社のためにプラットフォームを改善する余地があるはずだ。(2022/11/25)

COBOLのモダナイゼーションテクニック【第2回】
COBOLをやめる“大変だけど最善の方法”とは?
レガシーなCOBOLプログラムをモダナイゼーションする方法は幾つか存在する。そのうち専門家が「手間が掛かるが最善だ」と評する方法とは何か。その評価の根拠とは。(2022/11/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年11月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/11/1)

満足度の高いSaaSツール:
満足度の高いCRMツール きめの細かい丁寧なサポートで人気の1位は【2022年10月版】
ユーザー満足度の高いCRMツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/10/31)

トップ10言語の特徴も紹介:
謎めく「言語ランキング」の世界、Python vs. Javaが無意味な訳
モバイル開発やWeb開発を手掛けるCleveroadは、プログラミング言語の主要な人気ランキングとして、「TIOBEインデックス」と「PYPL」の2つを取り上げて比較した。併せてランキング上位の言語の特徴や動向を解説した。(2022/9/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年9月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/9/6)

「Windows 365」と「Azure Virtual Desktop」はどちらを選ぶべきか【第4回】
Azure Virtual Desktopを1円でも安く使う“賢い方法”とは?
MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」(AVD)の料金体系は、同じく同社のDaaSの「Windows 365」とは大きく異なる。両者の料金体系の違いと、Azure Virtual Desktopのコスト要素を説明する。(2022/8/30)

「ハイブリッド営業」で勝つ:
「ハイブリッド営業」(デジタル×アナログ)はアフターコロナのB2Bの生き残り条件
コロナ禍をきっかけに、企業の営業活動のデジタル化は大きく進展しました。一方で、さまざまな課題も浮き彫りになっています。アフターコロナを見据え、これからの営業はどうあるべきかを考えてみましょう。(2022/9/14)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/8/2)

スモールスタートが可能に:
HubSpotが無料版「CMS Hub」を提供 お金をかけずにどこまでできる?
HubSpotが「CMS Hub」の無料版を提供開始。CRMとの連携を活用したWebサイトの構築と運営管理を低コストで実現。(2022/7/26)

テレワークに“黄信号” 世界8カ国の働き手90%が「燃え尽き症候群」? 日本の課題はコミュニケーション
テレワークが浸透し、働き手のワークライフバランスは改善されたように見えるが、世界8カ国の働き手の90%が“燃え尽き症候群”の兆しを感じているという。調査をしたHubSpot Japanは「仕事とプライベートの切り替えが困難になっていることが原因にある」と指摘する。(2022/7/8)

Microsoft肝いり「Project Volterra」とは【後編】
MicrosoftのArm搭載PC「Project Volterra」を買う人、買わない人を分ける条件
Armプロセッサ搭載デバイス「Project Volterra」のターゲットは明確だ。あえてターゲットを絞るMicrosoftの戦略は、吉と出るか凶と出るか。専門家の見解は。(2022/7/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/7/5)

Microsoft肝いりの「Project Volterra」とは【前編】
Mac mini似だけじゃない MicrosoftのArm搭載PC「Project Volterra」の特徴は?
「Project Volterra」は、MicrosoftがAI関連開発者向けに開発したArmプロセッサ搭載デバイスだ。Appleの「Mac mini」に似た見た目からは分からない、Project Volterraの本当の特徴を探る。(2022/7/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。