ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iida Art Editions」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iida Art Editions」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「au Design project」15周年:
INFOBARやiida、幻のコンセプトモデルも展示 「ケータイの形態学 展」を見てきた
au Design projectが発足してから15年がたった。KDDIは15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展」を、東京・丸の内の「GOOD DESIGN Marunouchi」で7月21日から7月31日まで開催する。au Design project〜iida、そして幻のコンセプトモデルまでを展示する。(2017/7/20)

草間彌生さんコラボの水玉模様ロールケーキ 堂島ロールのモンシュシュが販売中
赤地に白の水玉模様の生地でクリームを包んだ「草間ロール」が、草間さんの展覧会に合わせて販売されている。(2012/1/27)

iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
KDDIの携帯電話ブランド「iida」から、Art Editions Conceptが発表された。第1弾の草間彌生氏に続き、作品を手がけたのは、彫刻家の名和晃平氏とフラワーアーティストの東信氏だ。(2010/7/23)

iida 2010夏モデル、Art Editionsのコンセプトも
KDDIの携帯ブランド「iida」。7月13日、デザイナー坪井浩尚氏と映像作家・音楽家の高木正勝氏による新モデル「LIGHT POOL」、彫刻家・名和晃平氏とフラワーアーティスト東信氏によるArt Editionsのコンセプトモデルが発表された。(2010/7/22)

KDDI、iida新機種と周辺アイテムを発表――Art Editions Conceptも登場
iidaの新モデル「LIGHT POOL」とLIFE STYLE PRODUCTSの6アイテムが登場。あわせて、ケータイをアート作品に昇華させたArt Editions Concept「PixCell via PRISMOID」「BOTANICA」も発表した。(2010/7/13)

iida Art Editions:
彫刻家、フラワーアーティストが携帯をデザインすると――iidaのコンセプトモデル
草間弥生氏とのコラボケータイで注目を集めたiidaのArt Editions。第2弾では、彫刻家の名和晃平氏とフラワーアーティストの東信氏がケータイデザインに挑んだ。(2010/7/13)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年上半期
2009年に+D Mobileをにぎわせたニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、料金プランや新販売方式に関する記事もランクインした。(2009/12/28)

携帯電話だけじゃない――iidaが創造する新たな“広がり”
「ライフスタイルをデザインする」というコンセプトの元に誕生したKDDIのブランド「iida」。これまでに携帯電話と周辺機器あわせて9モデルを発売してきたが、KDDIはどのような手応えを感じているのか。そして新発表した“秋冬モデル”の狙いとは。(2009/9/10)

テーマは“積層、未来、ロボット”:
KDDI、iidaの新モデル「PLY」「PRISMOID」を発表――ロボット付き携帯のコンセプトも
KDDIが「iida」ブランドの新製品とコンセプトモデルを発表。5つの層を積み重ねた「PLY」と、深澤直人氏がデザインを手がけた「PRISMOID」という2つの新モデルのほか、「LIFE STYLE PRODUCTS」として周辺機器23製品をラインアップ。“ロボット”付きのコンセプトモデル「Polaris」を発表した。(2009/9/9)

Mobile Weekly Top10:
ドコモがiPhoneを諦めないなら、気になるのは「価格」
先週のアクセスランキングでは、ドコモとソフトバンクの決算発表会見の記事や、草間彌生氏とコラボレートした「Art Editions YAYOI KUSAMA」の発売リポートが人気を集めた。(2009/8/11)

ふぉーんなハナシ:
「Art Editions YAYOI KUSAMA」は個装箱も特別だった
赤と白の水玉を想像していましたが、意外な箱に包まれていました。(2009/8/3)

人生が最高に燃え上がった――草間彌生氏、「Art Editions YAYOI KUSAMA」発売に“万歳”
KDDIは、草間彌生氏が手がけた「Art Editions YAYOI KUSAMA」3作品の展示販売会を都内で開催。草間氏がArt Editions YAYOI KUSAMA発売の喜びを語ったほか、購入者の1人目に草間氏から作品が手渡された。(2009/7/31)

auが100万円ケータイ 芸術家とコラボした「iida」モデルで
前衛芸術家の草間彌生さんとコラボしたauのiidaケータイ3機種は、10万円〜100万円で7月30日に発売する。(2009/7/24)

価格は100万円と10万円:
iida「Art Editions YAYOI KUSAMA」3モデルを7月30日に発売
KDDIは7月24日、iidaブランド初のArt Editionsモデル「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」の3モデルを7月30日から販売すると発表した。(2009/7/24)

ふぉーんなハナシ:
「ノブレス携帯」って発売するの?
この疑問にお答えしないのは、迂闊(うかつ)だと思いますので。(2009/5/27)

HDムービー、ソーラー充電、防水スポーツ、読書──個性的なau 2009年夏モデル8機種
KDDIが5月25日に発表したau 2009年夏モデルは、個性豊かな8機種をラインアップ。EZブックコンテンツが快適に楽しめる「biblio」や防水スポーツケータイ「Sportio water beat」、HDムービーカメラ搭載の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」、ソーラーパネル搭載の「SOLAR PHONE SH002」など多彩な端末をそろえた。(2009/5/25)

Mobile Weekly Top10:
Samsungのケータイが世界一になった件
iidaやWILLCOM NSなど、日本だけでも多種多様なモデルがある携帯端末。海外でもニーズに合わせたさまざまな製品が発表されている中、Samsung電子が“世界一”という携帯電話を発表した。(2009/4/20)

Mobile Weekly Top10:
金属好きにはたまらない「G9」の質感
KDDIが春商戦の終盤に発表した新ブランド「iida」は、さまざまなデザイナーとコラボするためのステージとして用意されたという。そのファーストモデル「G9」は、なかなか上質な金属の質感がそそる。(2009/4/15)

携帯電話がアートになった日:
「私はiidaのケイタイ電話を心から愛している」――世界のクサマが紡いだ“iida Art Editions”
KDDIはauケータイの新ブランド「iida」誕生を祝うパーティーを開催した。会場には多数の芸能人らが招待されたほか、「Art Editions YAYOI KUSAMA」を手がけた前衛芸術家の草間彌生氏も出席した。(2009/4/10)

神尾寿のMobile+Views:
「iida」が秘める可能性と、目前の課題
KDDIが“auらしさを取り戻す”ための取り組みとして展開するのが、新ブランドの「iida」。“デザインのエコシステム構築”を目指すという視点は注目すべきものだが、そこにはいくつかの課題もありそうだ。(2009/4/8)

ケータイだけでなく、ライフスタイルをデザインする──「iida」の狙い
KDDIが4月7日に発表した、デザインに注力する新しいブランド「iida」とは、いったいどのような考えから生まれたのか。発表会の模様と新たに登場した製品から見えてきたKDDIの狙いをまとめた。(2009/4/8)

写真で解説する「Art Editions YAYOI KUSAMA」
デザインにこだわったauの新ブランド「iida」の中でも、ひときわ異彩を放つ「Art Editions YAYOI KUSAMA」シリーズ。世界的アーティストの草間彌生さんとコラボレートした「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」を写真で解説する。(2009/4/7)

自分の声が入ったオリジナル曲を作成──「iida Calling」キャンペーン
KDDIは4月7日、新ブランド「iida」の発表に合わせて、ユーザー参加型のキャンペーン「iida Calling」をスタートすると発表した。札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5カ所でタッチアンドトライイベントも実施する。(2009/4/7)

バッグ? いいえ、ケータイです au新ブランド「iida」端末を写真でチェック
質感の高いステンレスフレーム端末から、ハンドバッグにしか見えない端末、“ツタ”のようなACアダプターまで――auの新ブランド「iida」を写真でチェックしよう。(2009/4/7)

au design projectの発展系:
ケータイを通じて“暮らし”もデザイン――KDDIの新ブランド「iida」
携帯電話と周辺機器を通じて、利用者の暮らしもデザイン――。KDDIが、au design projectの発展系となる新ブランド「iida」(イーダ)を立ち上げた。第1弾として金属で上質感を表現した携帯電話「G9」を発表。前衛芸術家の草間彌生氏がデザインした“アートとしてのケータイ”もリリースする。(2009/4/7)

「iida」シリーズ:
草間彌生氏が手がける“アート”な携帯電話3作品――「iida」Art Editionsモデル
KDDIは、前衛芸術家の草間彌生氏が手がけた携帯電話「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」を発表した。新ブランド「iida」のArt Editionsモデル。(2009/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。