ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「草間彌生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「草間彌生」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【展覧会ができるまで】まさかの借用料! 世界的美術作品を借りるにはいくらかかるのか?
モナリザとか、いくら払ったら借りられるんだろう。(2019/5/14)

PR:「うまくやれない人間たち」を辛く、悲しく、明るく描く 心がざわつくのに読んでしまう、阿部共実マンガの魅力
別冊少年チャンピオンで新連載『潮が舞い子が舞い』を開始した阿部共実。思い出すだけで心臓がおかしくなる作品の数々を振り返ります。(2019/3/13)

「美大は“絵で食べる方法”を教えてくれない」 漫画『ブルーピリオド』作者と完売画家が考える“美術で生きる術”
漫画家の山口つばささん、画家の中島健太さんによる対談。美大や美術界の一端がわかる……!?(2019/2/23)

月刊乗り鉄話題(2018年12月版):
列車もトークもガンガン加速 “爆速”ローカル鉄道、ほくほく線「鉄分たっぷりツアー」が楽しすぎた
久野さん&南田さんが同行。このお二人、朝からずっとしゃべっておられました。(2018/12/19)

「au Design project」15周年:
INFOBARやiida、幻のコンセプトモデルも展示 「ケータイの形態学 展」を見てきた
au Design projectが発足してから15年がたった。KDDIは15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展」を、東京・丸の内の「GOOD DESIGN Marunouchi」で7月21日から7月31日まで開催する。au Design project〜iida、そして幻のコンセプトモデルまでを展示する。(2017/7/20)

複数ハッシュタグやコメントからもトレンド把握:
ソーシャルリスニングツール「Crimson Hexagon ForSight Platform」がInstagram分析を強化
ブレインパッドは、同社が販売するソーシャルリスニングツール「Crimson Hexagon ForSight Platform」が本格的なInstagram分析に対応したと発表した。(2017/7/10)

意外な才能! 平野ノラの絵画センスがガチだった「上手! おったまげ!」
普通にうまくてビビる。(2017/6/6)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
ギンザ シックスが「規格外」である理由
東京・銀座6丁目にオープンしたばかりの「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。さっそく大行列ができるなど、早くも人気の商業施設になりそうです。実はギンザ シックスにはほかの商業施設にはない特徴がいくつかあるのです。(2017/4/22)

銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」開業
松坂屋銀座店の跡地にオープン。高級ブランドをはじめ241店舗が入居。(2017/4/20)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
次世代放送まであと1年! 活発な動きを見せる8K最前線(前編)
(2017/4/4)

古い椅子をスケスケ素材で修復したアートがふしぎ空間
透明部分はアクリル樹脂を使っているとのこと。(2016/11/21)

草間彌生が2016年度文化勲章を受賞 2017年には個展も開催予定
「今後もなお一層、自分の芸術を高めるために努力を惜しむことなく闘ってまいります」(2016/10/28)

「東京ブランド」のロゴ「& TOKYO」公開 五輪エンブレム問題を受けて発表も慎重に
「○○(食べ物)& TOKYO」など「&」前にさまざまなものを付けて活用できるそう。(2015/10/11)

車体に水玉模様! 草間彌生さんデザインの高速バス登場
アバンギャルドです。(2014/7/8)

道後温泉のホテルに草間彌生ルーム誕生 ベッドも壁も床の間も水玉びっしり
ホテルのロビー一角にも「水玉カフェ」がオープン。(2014/1/10)

草間彌生デザイン:
六本木ヒルズに「水玉ガーデン」オープン、GALAXYコラボカクテルを提供
サムスン電子ジャパンは、六本木ヒルズで開催される「水玉ガーデン」への協賛を発表した。「GALAXY」のコラボカクテルを提供する。(2013/7/19)

六本木ヒルズの初音ミクカフェ、第2弾が決定 ツインテール割引も
ミク主演のオペラ「THE END」限定デザインの等身大フィギュアもある。(2013/6/27)

デジタル時代のマーケッターに問う(前編):
デジタルマーケッターよ、デジタル“だけ”マーケティングをしていないか?
6月13日に開催されたイベント「Adobe Digital Marketing Forum」において、「そもそもデジタルマーケティングとは何なのか」というテーマでパネルディスカッションが行われた。(2013/6/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/5/8)

「初音ミク・カフェ」が六本木ヒルズに期間限定オープン
六本木ヒルズおよび森美術館の10周年を記念した「LOVE展:アートにみる愛のかたち」の一環。(2013/3/27)

シャガールから草間彌生、初音ミクまで 森美術館で10周年記念「LOVE展」
ただでさえ天使のミクさんがシャガールと並んで森美術館の「LOVE展:アートにみる愛のかたち」に。(2013/1/9)

2年越しの六本木アートナイト、テーマは「アートでつくろう、日本の元気」
「六本木アートナイト」が2年ぶりに3月24日から25日の2日間にかけて開催される。(2012/3/21)

草間彌生さんコラボの水玉模様ロールケーキ 堂島ロールのモンシュシュが販売中
赤地に白の水玉模様の生地でクリームを包んだ「草間ロール」が、草間さんの展覧会に合わせて販売されている。(2012/1/27)

タイムアウト東京つぶ子のオススメ:
カネゴン店長に世界一有名な猫、水玉! 正に芸術の秋
お仕事ばかりではいけません。エグゼクティブならば、若者の最新スポットも知っておきたいものです。(2011/8/30)

iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
KDDIの携帯電話ブランド「iida」から、Art Editions Conceptが発表された。第1弾の草間彌生氏に続き、作品を手がけたのは、彫刻家の名和晃平氏とフラワーアーティストの東信氏だ。(2010/7/23)

iida Art Editions:
彫刻家、フラワーアーティストが携帯をデザインすると――iidaのコンセプトモデル
草間弥生氏とのコラボケータイで注目を集めたiidaのArt Editions。第2弾では、彫刻家の名和晃平氏とフラワーアーティストの東信氏がケータイデザインに挑んだ。(2010/7/13)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
神保町「古書大入札会」で電子書籍の未来を考えた
電子書籍の登場で、古書の位置付けも変わりつつある。東京・神田神保町の「七夕古書大入札会」を見学して、デジタル化による古書流通革新の可能性について考えてみた。(2010/7/8)

世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
世界最高のアートフェアとされる「Art Basel」(アートバーゼル)が、今年も開幕。6月16日が一般の初日だが、トップクラスのコレクターを含む招待客のみが来場できる15日のプレビューは、毎年、特別なにぎわいを見せる。(2010/6/21)

月間ランキングで振り返る+D Mobile 2009年上半期
2009年に+D Mobileをにぎわせたニュースを月間ランキングで振り返る。アクセスランキングという性格上、端末発表会の記事がほとんどを占めるが、料金プランや新販売方式に関する記事もランクインした。(2009/12/28)

「元気がないau」、iidaブランドで再生へ
「元気がないと言われているauだが、iidaでもう一度活力を感じてもらえた」――KDDIがiida新機種を投入し、さらなるイメージアップを図る。(2009/9/9)

Mobile Weekly Top10:
ドコモがiPhoneを諦めないなら、気になるのは「価格」
先週のアクセスランキングでは、ドコモとソフトバンクの決算発表会見の記事や、草間彌生氏とコラボレートした「Art Editions YAYOI KUSAMA」の発売リポートが人気を集めた。(2009/8/11)

ふぉーんなハナシ:
「Art Editions YAYOI KUSAMA」は個装箱も特別だった
赤と白の水玉を想像していましたが、意外な箱に包まれていました。(2009/8/3)

人生が最高に燃え上がった――草間彌生氏、「Art Editions YAYOI KUSAMA」発売に“万歳”
KDDIは、草間彌生氏が手がけた「Art Editions YAYOI KUSAMA」3作品の展示販売会を都内で開催。草間氏がArt Editions YAYOI KUSAMA発売の喜びを語ったほか、購入者の1人目に草間氏から作品が手渡された。(2009/7/31)

auが100万円ケータイ 芸術家とコラボした「iida」モデルで
前衛芸術家の草間彌生さんとコラボしたauのiidaケータイ3機種は、10万円〜100万円で7月30日に発売する。(2009/7/24)

価格は100万円と10万円:
iida「Art Editions YAYOI KUSAMA」3モデルを7月30日に発売
KDDIは7月24日、iidaブランド初のArt Editionsモデル「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」の3モデルを7月30日から販売すると発表した。(2009/7/24)

HDムービー、ソーラー充電、防水スポーツ、読書──個性的なau 2009年夏モデル8機種
KDDIが5月25日に発表したau 2009年夏モデルは、個性豊かな8機種をラインアップ。EZブックコンテンツが快適に楽しめる「biblio」や防水スポーツケータイ「Sportio water beat」、HDムービーカメラ搭載の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」、ソーラーパネル搭載の「SOLAR PHONE SH002」など多彩な端末をそろえた。(2009/5/25)

Mobile Weekly Top10:
金属好きにはたまらない「G9」の質感
KDDIが春商戦の終盤に発表した新ブランド「iida」は、さまざまなデザイナーとコラボするためのステージとして用意されたという。そのファーストモデル「G9」は、なかなか上質な金属の質感がそそる。(2009/4/15)

5分で分かる、先週のモバイル事情――4月4日〜4月10日
KDDIがau design projectを発展させた新ブランド「iida」を発表。イー・モバイルは、上りの通信速度を最大5.8Mbpsに高速化し、対応端末を4月17日に発売する。3月の携帯電話の契約数は、大手3キャリアがそろって20万超の純増を達成。ドコモは通販大手のオークローンマーケティングを買収し、新たな市場の開拓を目指す。(2009/4/13)

携帯電話がアートになった日:
「私はiidaのケイタイ電話を心から愛している」――世界のクサマが紡いだ“iida Art Editions”
KDDIはauケータイの新ブランド「iida」誕生を祝うパーティーを開催した。会場には多数の芸能人らが招待されたほか、「Art Editions YAYOI KUSAMA」を手がけた前衛芸術家の草間彌生氏も出席した。(2009/4/10)

ケータイだけでなく、ライフスタイルをデザインする──「iida」の狙い
KDDIが4月7日に発表した、デザインに注力する新しいブランド「iida」とは、いったいどのような考えから生まれたのか。発表会の模様と新たに登場した製品から見えてきたKDDIの狙いをまとめた。(2009/4/8)

写真で解説する「Art Editions YAYOI KUSAMA」
デザインにこだわったauの新ブランド「iida」の中でも、ひときわ異彩を放つ「Art Editions YAYOI KUSAMA」シリーズ。世界的アーティストの草間彌生さんとコラボレートした「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」を写真で解説する。(2009/4/7)

「機能競争は終わった」と小野寺社長 新ブランド「iida」で「次の競争」へ
「携帯電話は機能競争から次の競争に」――KDDIの小野寺社長は、auの新デザインブランド「iida」で、2台目、3台目需要を開拓すると語る。(2009/4/7)

自分の声が入ったオリジナル曲を作成──「iida Calling」キャンペーン
KDDIは4月7日、新ブランド「iida」の発表に合わせて、ユーザー参加型のキャンペーン「iida Calling」をスタートすると発表した。札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5カ所でタッチアンドトライイベントも実施する。(2009/4/7)

バッグ? いいえ、ケータイです au新ブランド「iida」端末を写真でチェック
質感の高いステンレスフレーム端末から、ハンドバッグにしか見えない端末、“ツタ”のようなACアダプターまで――auの新ブランド「iida」を写真でチェックしよう。(2009/4/7)

au design projectの発展系:
ケータイを通じて“暮らし”もデザイン――KDDIの新ブランド「iida」
携帯電話と周辺機器を通じて、利用者の暮らしもデザイン――。KDDIが、au design projectの発展系となる新ブランド「iida」(イーダ)を立ち上げた。第1弾として金属で上質感を表現した携帯電話「G9」を発表。前衛芸術家の草間彌生氏がデザインした“アートとしてのケータイ”もリリースする。(2009/4/7)

「iida」シリーズ:
草間彌生氏が手がける“アート”な携帯電話3作品――「iida」Art Editionsモデル
KDDIは、前衛芸術家の草間彌生氏が手がけた携帯電話「ドッツ・オブセッション、水玉で幸福いっぱい」「私の犬のリンリン」「宇宙へ行くときのハンドバッグ」を発表した。新ブランド「iida」のArt Editionsモデル。(2009/4/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。