ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「Intel TXT」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Intel Trusted eXecution Technology

ラック、ブレード、メインフレームにも留意
「サーバは8つの機能で比較すべし」 有識者が語る、その真意とは
サーバハードウェアを購入する場合、プロセッサ数、メモリ容量、ストレージ容量など検討する要素はたくさんある。主要ベンダーが提供するサーバを比較する際は、8つの重要な機能を綿密に評価すべきだ。(2019/2/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバル競争に向けまったなし――サイバーセキュリティー強化が日本のIoTビジネス成功の鍵
IoT時代の到来で高まるサイバーセキュリティーのリスクをどう管理すべきか。セキュリティーを品質の1つとして定義し、競争優位に生かす新たな取り組みについて議論する。(2016/6/22)

ビジネスニュース:
IntelがVMwareと提携、より安全性の高いクラウド環境の構築を目指す
クラウドを利用する企業は増えているものの、セキュリティに関する懸念は根強く残っているようだ。Intelは、仮想化技術を専門に手掛けるVMwareと提携し、より信頼性の高いクラウド環境の提供を目指すという。(2012/8/30)

ステルスマルウェア対策を備えたUltrabookでサイバー攻撃を防げ!
古いPCを使い続ければ、セキュリティ上のリスクが年々増大していくばかりだ。巧妙になる一方の高度なマルウェアに、最新の防御機能を備えたクライアントPCへのリプレースで対処するという選択肢を考えてみたい。(2012/5/16)

第3世代がやってきたぞー!:
インテル、“Ivy Bridge”こと「第3世代Core」を正式発表
22ナノメートルプロセスルールと3Dトライゲートトランジスタ技術を導入した、インテルの新世代CPUが登場する。デスクトップPC向けモデルのTDPは最高で77ワットとなった。(2012/4/24)

vProの2000日
2006年の6月に登場したvPro Technologyは、2012年2月29日で2000日になるという。そんな雪降るよき日に、「vPro テクノロジーサミット 2012」が行われた。(2012/2/29)

インテル、“Sandy Bridge-E”シリーズCPUと“X79”チップセット発表
インテルは、コンシューマーデスクトップPC向けCPUの最上位シリーズとなる第2世代インテル Core i7プロセッサーの新モデルと対応チップセットを発表した。(2011/11/14)

エクサスケールは2018年に来る!
インテルが同社のデータセンター事業に関する説明会を行い、その中で、次世代Xeon、Itaniumのほか、インテル MIC アーキテクチャについて言及した。(2011/8/31)

“アンチセフト”は国境を越えてPCを守る:
“Sandy Bridge世代”のvProで日本ビジネスの継続性と省電力を
インテルは、5月10日に第2世代 Coreプロセッサー・ファミリーに実装されたvProを訴求する説明会をおこない、強化された“アンチセフト”などがデモで紹介された。(2011/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
「SSDの主流は120Gバイト前後へ」――リード毎秒500Mバイト超の高速モデルが登場
Windows 7 SP1のDSP版が販売開始となったが、PCパーツショップではそれ以上に毎秒500Mバイトの高速SSDやPCIスロット付きMini-ITXマザーの人気が過熱していた。(2011/4/18)

インテル、「Xeon E7」「Xeon E3」を投入
インテルは、基幹サーバ向けのXeon E7ファミリーと小規模システム向けのXeon E3ファミリーを発表した。(2011/4/6)

イマドキのイタモノ:
年の初めは“Sandy Bridge”をグリグリと走らせた
“Sandy Bridge”と呼ばれる第2世代のCore iシリーズが間もなく“正式”に発表されるといううわさ。が、その発表前の新年早々から新世代CPUの性能を検証してしまった!(2011/1/3)

PCの運用管理業務を支援 vPro技術を活用した新サービスが登場
インテルのクライアントPC管理技術「vPro」を利用したヘルプデスクやセキュリティ対策の新サービスをインテルとパートナー各社が発表した。(2010/10/25)

vProの1500日
vProの登場は2006年の9月(日本では10月)。その後、世界経済の状況が大きく変化し、IT管理で求める機能も変わったという。そのvProの“いま”をインテルが語る。(2010/10/25)

ITmedia ブロガーズ・ミーティング リポート:
PR:ハードウェア技術が切り開くPCの運用管理とセキュリティの未来像
インテルは、2006年に発表した「インテル vPro テクノロジー」でPCの運用管理とセキュリティ対策の課題解決に取り組む。ITmedia オルタナティブ・ブログ主催のブロガーズ・ミーティングでは、同テクノロジーで目指すPCの未来像について、インテルと参加したブロガー陣による活発な議論が交わされた。(2010/10/19)

DynaTop・おぼえていますか:
東芝が10年ぶりに放つ液晶一体型PC――「dynabook Qosmio DX」の実力に迫る
「dynabook Qosmio DX」は東芝が久々に投入した液晶一体型PC。Core i5やフルHD液晶、BDドライブ、地デジチューナー、SpursEngineを備え、価格が意外に安い注目機種だ。(2010/8/9)

データセンターでXeonが増殖する
インテルは、今後成長が期待されるデータセンターで新世代Xeonを導入するメリットを訴求する説明会を開いた。(2010/5/25)

元麻布春男のWatchTower:
進化しすぎたXeonの憂うつ
インテルとAMDが2010年3月の末に相次いで発表したサーバ向けCPUの新モデル。今回はXeonの新モデルからインテルのジレンマを解説する。(2010/6/15)

Citrix Synergy 2010 Report:
クライアント・ハイパーバイザーはPCセキュリティの次なる一手
Citrixが発表したクライアント・ハイパーバイザー「XenClient」は、PCセキュリティに新たな方法を提供するのが狙いだという。(2010/5/19)

Intel、32nmプロセスのXeonプロセッサを発表
Xeon 5600は32nmプロセスを採用し、パフォーマンスと電力効率を高めている。暗号化を高速化するセキュリティ機能も備える。(2010/3/17)

Xeonも32ナノ世代へ:
32ナノ、6コアモデルも登場──Xeon 5600シリーズ発表
XeonにWestmere世代の2CPU対応新シリーズが登場した。上位モデルでは6コアを内蔵し、2CPU構成のシステム全体では実に24スレッドの同時処理が可能になる。(2010/3/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
「新製品? 山のようにありますよ。インテルのだけ」――GPU内蔵のCore i3/i5がデビュー
年明けのアキバで話題をさらったのはインテルだ。新しいCore i3/i5をはじめ、H57/H55/Q57マザーから新型Atomマザーまで、これでもかというラインアップを一斉に発売し、説明に追われる店員のノドを枯らせていた。(2010/1/12)

イマドキのイタモノ:
“かっとび”GPUを統合した「Core i5-661」の実力を正式発表“前”に検証する
「Clarkdale」と呼ばれていたCore iシリーズがまもなく“正式に”発表される。「32ナノプロセス」「GPU統合」と初物づくしのCPUはどんな性能を見せるのか?(2010/1/4)

インテルTXTによるトラステッド・コンピューティング:
第3回 企業システムにもたらすメリット――使い勝手と信頼性は両立するか?
コンピュータをトラステッドな(信頼できる)状態にするための「インテル トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー(インテルTXT)」は、企業システムにどのようなメリットをもたらすのだろうか。今回は、インテルTXT、およびトラストチェーンの利用シーンを考えてみよう。(2008/4/11)

インテルTXTによるトラステッド・コンピューティング:
第2回 不安だらけのPC、“安心”できるための要件とは?
「信頼できるコンピューティング」を実現する技術として注目されている「インテル トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー(インテルTXT)」だが、企業システムにこの新技術を適用することで、どのような恩恵が得られるだろうか。今回は、インテルTXTに求められる要件を紹介する。(2008/3/14)

ホワイトリストとハードウェアでPCを守る、インテルがセキュリティ技術を披露
インテルは、セキュリティ技術「TXT」に関する説明会を開催。ホワイトリストを利用してPC起動時に実行環境の信頼性を確認する手法を紹介した。(2008/2/29)

インテルTXTによるトラステッド・コンピューティング:
第1回 インテルTXTが実現する真のセキュアなプラットフォーム
企業システムに対するセキュリティ上の脅威が高まる今、その脅威に対抗するためにインテルは「インテル トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー(インテルTXT)」を開発した。この新しいセキュリティ技術は、本当の意味での「信頼できるコンピューティング」を実現するものとして注目されている。(2008/1/29)

“2代目”インテルvProはセキュリティを強化
インテルは、企業向けのPC管理プラットフォーム「vPro」の最新動向を発表した。第2世代ではハードウェアベースのセキュリティ機能が強化された。(2007/10/11)

「Intel TXT」で強くなった新世代のvProをアピール
インテルは、10月11日に開催されたイベントで“Weybridge”vProで導入された新しい認証技術について説明を行った。(2007/10/11)

Intel、セキュリティを強化した新vProテクノロジー“Weybridge”を発表
Intelは、オフィス向けの管理機能「vProプロセッサー・テクノロジー」の次期モデル(開発コード名“Weybridge”)を発表した。(2007/8/28)

Intel、新vProプロセッサテクノロジーを発表
Intelが高性能、低消費電力でセキュリティ機能を向上した、新vProテクノロジーを発表した。(2007/8/28)

Intelが説明する「ハードウェアだからできるセキュリティ」
インテルは「トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー(TXT)」を中核としたセキュリティへの取り組みについて説明した。(2007/6/8)

インテルが“ナマPenryn”を日本で披露
「最も知られた人物の1人」とインテルが紹介するゲルシンガー氏が来日。話題盛りだくさんのIDF北京を総括した。(2007/4/20)

元麻布春男のWatchTower:
仮想化技術に見るインテルとAMDの個性
新世代のCPUに必須の機能なのにユーザーにその効果がイマイチ認識されない「仮想化技術」。インテルとAMDのそれぞれ異なるアプローチから「仮想化技術」普及の道を探る(2007/3/19)

Intel、新vProプラットフォーム「Weybridge」で狙うもの
Intelは、自社の「vPro」テクノロジー用の最新プラットフォームの投入準備を進めている。TXTでは、アプリとメモリの高度な制御を可能とする。(2007/3/19)

「セキュリティ問題はクライアントで起きている」、インテルがセキュアVM開発に協力
インテルと筑波大学は、クライアントにセキュアな環境を提供することを目指す「セキュアVM」の開発に関して協力する。(2006/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。