ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhoneセキュリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhoneセキュリティ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「パスコードロックをかけない従業員」が災いを招く
iPhone最大のセキュリティリスクは「ダメなユーザー」 徹底したい安全3カ条とは
iOS端末の安全は高い評価を誇るが、警戒すべき“脆弱性”を抱えている。それは、「どのような行動が危険を招くか」を理解していないユーザーの存在だ。(2017/8/10)

ホワイトペーパー:
iPhone管理者なら答えられないとまずい「4つの質問」
「iPhoneは絶対に安全だ」と思い込んでいるとしたら、それは間違いだ。iPhoneもセキュリティ問題とは無縁ではなく、適切な対策が求められる。では、何をすればよいのか。(2017/1/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPhone管理者なら答えられないとまずい「4つの質問」
「iPhoneは絶対に安全だ」と思い込んでいるとしたら、それは間違いだ。iPhoneもセキュリティ問題とは無縁ではなく、適切な対策が求められる。では、何をすればよいのか。(2016/11/18)

どんな暗号化技術よりも信頼できる――
iPhone「iOS」の安全性をITプロが信じるようになった“2010年の転換点”
Appleの「iOS」のビジネスレベルのセキュリティがITプロフェッショナルから称賛されている。iOSは高度なデータ保護機能と暗号化機能を備えた強力なビジネスプラットフォームだという。(2016/5/10)

iPhoneロック解除ツールをFBIに提供したのはサン電子子会社ではなかったらしい
FBIがサンベルナルディーノの乱射事件の捜査のために使ったiPhoneのロック解除ツールは、うわさされているサン電子傘下のイスラエルCellebriteのものではなく、プロのハッカー集団から購入したものだとWashington Postが報じた。(2016/4/14)

「Apple vs FBI」一時休戦に
FBIがiPhoneのロック解除、それでも「勝者はApple」との声も
サンバーナディーノで起きた銃撃事件の容疑者が使っていたiPhoneのロックをFBIと司法省が解除できた。Appleに対する法的措置は取り下げたが、プライバシーの問題が解決したわけではない。(2016/4/6)

米司法省が訴えを取り下げ:
「iPhone」ロック解除拒否問題が決着
米国の銃乱射事件における「iPhoneロック解除拒否問題」は、米司法省が解除要請を取り下げたことで、決着はついた。だが、法の執行とプライバシー保護との境界線を引くことの難しさが課題として残る。(2016/4/4)

プライバシーを守るAppleの姿勢も強調
「iPhone SE」と9.7インチ「iPad Pro」の登場を悔しがる人々の本音
Appleが3月21日(米国時間)に発表した「iPad Pro」の新モデルと「iPhone SE」は、既に「iPad」と「iPhone」を所有しているオーナーたちを悔しがらせているというが、はたして、それほどの“モノ”だろうか?(2016/3/30)

多くの技術メーカーは味方に立つも:
iPhoneのセキュリティ訴訟、Appleが不利に?
「iPhone」のセキュリティ解除の問題で、AppleとFBIの対立が続いている。Appleの決断を支持すると表明する技術メーカーも多いものの、専門家の中には、FBIの要請が妥当とする意見も、もちろんある。(2016/3/14)

「Apple vs. FBI」はまだまだ続く
「iPhone」のバックドア論争で見えてきた、裁判所の命令が“時代遅れ”な理由
GoogleやMicrosoftといった大手クラウド事業者が「RSA Conference 2016」のパネルディスカッションで、データ暗号化を巡るAppleと米連邦捜査局(FBI)の法的争いについて論議した。(2016/3/9)

攻防が続くApple vs FBI:
iPhoneのセキュリティ問題は“パンドラの箱”
「iPhone」のセキュリティ解除問題について、AppleとFBIの攻防が続いている。Appleは、もし一度解除を許せば、それは“特定の1台”だけにとどまらない危険性があると主張する。さらに、セキュリティ解除用のソフトウェアを開発すれば、犯罪者や敵国政府などの手に渡ってしまう恐れがあり、「悪意を秘めた“パンドラの箱”を開けることになる」との見解を示した。(2016/3/8)

Apple、対FBI問題での支持団体リストを公開・更新中 Intel、Twitter、EFF他
AppleがFBIにiPhoneのロック解除ツールを提供すべきかどうかを判断する3月22日の法廷審問を前に、IntelやTwitterなどのIT企業や人権保護団体が続々とAppleを支持する法廷助言書を提出しており、Appleが公式サイトでそのリストを公開した。【UPDATE】Microsoft、Facebook、Google、Amazonなども追加された。(2016/3/4)

Apple、命令取り消しの申し立て、MicrosoftやGoogleもApple支持で共闘か
Appleに対し、連邦地裁がテロ事件解決のためにiPhoneのセキュリティ機能を解除するコードをFBIに提供するよう命令したことに対し、Appleがその命令の取り消しを申し立てた。また、Microsoft、Google、Facebookらが来週にもApple支持の共同文書を提出するとみられる。(2016/2/26)

Appleがロック解除を要請されたiPhoneは1台だけではないことが裁判資料で明らかに
テロ事件解決のためにFBIにバックドアツールを提供することは「悪しき先例を作る」として裁判所命令を拒否しているAppleが、これまでに少なくとも12台のiOS端末についてバックドアツールの提供を要請されていたことが明らかになった。Appleはいずれの要請も受け入れていない。(2016/2/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルが「iPhoneロック解除」に応じることができない理由
米国で「iPhoneロック解除」をめぐって大きな論争が起きている。騒動を詳しく見ていくと、この問題は米国だけのものでなく、私たちの生活にも影響を及ぼすかもしれないことが分かってきた。(2016/2/24)

Apple対FBIのiPhoneバックドア攻防は続く──AppleがQ&Aを公開
FBIは「サンバーナーディーノ事件に関する訴訟は犠牲者と正義のためのもの」という声明を発表し、Appleは「このケースは1台のiPhoneあるいは1回の捜査で終わるものではない」として理解を求めるQ&Aページを公開した。(2016/2/23)

iPhoneにバックドアは作らない
Apple ティム・クックCEOが裁判所の命令を拒否してまで守りたかったもの
サンバーナーディーノ銃乱射事件で使用されたデバイスのロック解除のため、裁判所はAppleにiPhoneのバックドア作成の裁定を下した。だが、CEOのティム・クック氏は反対表明している。その理由とは。(2016/2/23)

Facebook、TwitterのドーシーCEOもAppleのバックドア拒否に賛同表明
Appleのティム・クックCEOが、犯罪捜査協力のためにiPhoneのバックドアを提供せよという裁判所命令への拒否を宣言したことに対し、GoogleのピチャイCEOに続いてTwitterのドーシーCEOもApple支持をツイートで表明した。Facebookも企業として賛同の声明を発表した。(2016/2/19)

GoogleのピチャイCEO、AppleのクックCEOの決断にTwitterで賛同表明
AppleのクックCEOがユーザーのプライバシー重視を理由にFBIへの協力を拒否した件について、GoogleのピチャイCEOがTwitterで賛同を表明した。(2016/2/18)

Apple、FBI捜査のためのiPhoneバックドア命令を拒否──自由を脅かすもの
Appleのティム・クックCEOが、銃乱射事件解決のために犯人のiPhoneのセキュリティ機能をオフにせよという米政府の命令に反対するという公開書簡を発表した。FBIの要望はiPhoneにバックドアを設けろというもので、これを受ければ今後の顧客のプライバシーに大きな影響を与えることになるとしている。(2016/2/17)

4G LTEなら大丈夫といえるか
こんな時だからこそ気になる携帯電話のセキュリティ、安全性を高めるには?
4G LTEネットワークの進歩により、携帯電話でのデータ転送のセキュリティは強化されている。とはいえ、セキュリティは依然としてネットワークによって大きく異なるのが実情だ。(2016/1/18)

ITmedia エンタープライズ 年間アクセスランキング 2015年版
2015年もあと2日で終わり。Windows 10登場、マルウェア感染アプリ、マイナンバ−制度など、今年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありましたが、ITmedia エンタープライズで最も反響があったのはどの記事だったのでしょうか。(2015/12/30)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
iPhoneウイルスの現状――iOSの安全神話は捨てるべき
iOSを搭載したiPhoneなどにおける“安全神話”が崩れつつある。これまでの状況を振り返りながら、今後どうすべきかについて考察してみたい。(2015/11/27)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
「iPad Pro」の業務利用でシタリ顔したい
プレゼンテーション用デバイスとしてますます人気を呼んでいる「iPad」。最新モデル「iPad Pro」を手にする日ももうすぐです。最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介します。(2015/9/11)

安全なスマートフォンは存在するのか
オバマ大統領が「iPhone」を使わない“やっぱり”な理由
全てのスマートフォンは盗聴可能なのだろうか? NSAの元職員であるエドワード・スノーデン氏の暴露によって通信機器へのハッキングを心配する声が高まっている。今取ることができるベストな対抗策を探る。(2014/6/27)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第21回 スマホのセキュリティ対策を万全にする(Android編)
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法までを取り上げる本コーナー。第21回では、Androidにおけるセキュリティ対策を紹介する。(2013/5/8)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第20回 スマホのセキュリティ対策を万全にする(iPhone編)
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法までを取り上げる本コーナー。第20回では、iPhoneにおけるセキュリティ対策を紹介する。(2013/4/17)

マルウェアの歴史――1990年から2010年
世にコンピュータウイルスが登場してから数十年が経った。ブレークスルーを迎えた1990年から現在までの変遷をみていこう。(2011/11/12)

Androidの「警告」、チェックしてる?――モバイルマルウェアの増加にシマンテックが警鐘‎
スマートフォンが普及する中、これらを狙うマルウェアも増加している。特にAndroidのセキュリティモデルはiPhoneよりもハッカーに狙われる危険性が高いと、米Symantecのマーク・カノック氏は指摘する。(2011/7/20)

iPhoneとiPadの「脱獄」サイト、未修正の脆弱性利用に懸念高まる
iPhoneとiPadを誰でも簡単に「脱獄」させることができてしまうというWebサイトが公開された。これにより発覚した脆弱性が悪用される恐れもあるとセキュリティ専門家は危惧する。(2011/7/7)

AndroidとiPhoneのセキュリティ意識は? トレンドマイクロが調査
トレンドマイクロは、12歳以上のインターネットユーザーを対象に携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した。(2011/7/6)

誰が、なぜ? 史上最悪規模・ソニー個人情報流出事件を時系列順に整理
ソニーグループのオンラインサービスから最大1億件以上の個人情報が流出した可能性のある事件は突発的なものなのか、あるいはどこかに伏線があったのか──出来事を時系列順に整理した。(2011/5/6)

企業のスマートフォン/タブレット活用とセキュリティ
企業がスマートフォンやタブレット端末を活用するうえで参考となるコンテンツを集めた。(2010/12/13)

オルタナブログ通信:
元年とは言うけれど――電子書籍がもうからない6つの理由
約240人のブロガーによって日々、ITにまつわる時事情報などが発信されているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今回はその中から、「mixi」「Facebook」「電子書籍」「iPhone」などを紹介しよう。(2010/12/10)

JailbreakMe脆弱性に関するQ&A
iPhoneを「脱獄」させるためにiOSが抱えるゼロデイ脆弱性を使用していることは、すべてのiOSデバイスが危険にさらされていることを意味する。この脆弱性を介した攻撃が起きる可能性は高いため、一問一答方式で問題を整理してみた。(2010/8/10)

幾つの方法でiPhoneを遠隔的に悪用できますか?
AppleのiOSにドライブバイジェイルブレイクを可能にする脆弱性があることはご存じだろう。ジェイルブレイクPDFを使用して、幾つかのテストを行ってみた。(2010/8/5)

iPhoneの「脱獄」ツールに不審なコード、iOSに未解決の脆弱性か
iPhoneを「脱獄」させるためのツールにiOSの未解決の脆弱性が使われ、別の攻撃に利用される恐れもあるとセキュリティ各社が警告している。(2010/8/4)

iPhoneワームはiPadにも感染、セキュリティ企業が実験
Panda Securityは、「脱獄」させたiPadをiPhoneワームに感染させる実験を行った。(2010/6/25)

iPhoneのロック解除を誘うスパム、ユーザーを不正サイトに誘導
BitDefenderは、iPhoneの不正利用を促す手口でマルウェアへ感染させる攻撃に注意するよう呼び掛けている。(2010/4/15)

不正アプリの配信実験で8000台のiPhoneとAndroid携帯にダウンロード
無害な天気予報に見せかけたiPhoneとAndroid携帯向けの不正アプリを配布する実験をセキュリティ研究者が行った。(2010/3/10)

1分で分かる2009年のセキュリティ業界
2009年も残すところあと1週間となった。さまざまな側面から2009年が振り返られているが、本稿は、F-Secureが先日発表した2009年のセキュリティを総括したリポートのフルバージョンを紹介しながら、セキュリティ業界の2009年はどのような年だったのかを駆け足で振り返りたい。(2009/12/24)

企業システムや携帯狙いのワームが猛威に、F-Secureが2009年を総括
2009年のセキュリティの脅威から、Downad/ConfickerワームやiPhoneを狙うワームが深刻な問題になったとF-Secureが指摘している。(2009/12/2)

「初のiPhoneワーム」作者、アプリメーカーに就職へ
iPhoneの壁紙をリック・アストリーに変えてしまうワームの作者が、iPhoneアプリのメーカーに採用されたことを自身のTwitterで明らかにしたという。(2009/11/27)

ダウンロードに潜む脅威、ユーザー心理に付け入るサイバー犯罪
マルウェアで騒ぎを起こすという攻撃は過去のものになり、現在は情報窃盗と詐欺が主流になった。2009年はユーザーの心理に付け入り、こうした攻撃を仕掛けるケースが目立ったようだ。(2009/11/26)

イケメン好きのためにある……わけではない「面喰い検索」
ORF2009で、「面喰い検索」という検索エンジンを見つけた。イケメン好きとしては見逃せないと、チェックしに行ったのだが……(2009/11/24)

実害を及ぼすiPhoneワームが出現、「Ikee」よりも危険に
「Ikee」ワームはiPhoneの壁紙を書き換えるだけだったが、今回のワームはそれよりもはるかに危険だという。(2009/11/24)

Cisco、iPhone用セキュリティアプリを無料でリリース
Ciscoが同社で収集している脅威情報を利用したiPhone向けセキュリティアプリをApp Storeで提供開始した。英語版だが日本からも入手できる。(2009/11/21)

オルタナブログ通信:
電気自動車から新市場が生まれる?
日々、225組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は、「電気自動車」「Twitter」「iPhone」をテーマに紹介しよう。(2009/11/20)

せかにゅ:
初のiPhoneワームの作者、「こんなに広がるとは」と後悔
iPhoneに感染する初のワームを作成した青年は、多くの人から脅迫を受け、「行動する前にもっと考えるべきだということを学んだ」と話している。(2009/11/17)

携帯電話は安全か? 「初のiPhoneワーム」に学ぶ教訓
iPhoneに感染する初のワームが登場した。今のところは大した被害はないが、「携帯電話は安全だ」と信じているユーザーは誤った安心感を捨てるべきだ。(2009/11/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。